慢性 蕁 麻疹 原因。 Yahoo ist jetzt Teil von Verizon Media

じんましん(蕁麻疹)

慢性 蕁 麻疹 原因

而反覆發作,發病時間超過六週以上,便稱為慢性蕁麻疹,占蕁麻疹患者約30 %左右。 這類患者大多數找不到誘因,治療上比較困難,病情可能持續數個月或是好幾年,時常不明原因的反覆發生且發作時來去如風,。 經血清免疫學檢查,發現有不少患者血清中存在自體免疫性抗體,而導致病人久治不癒的原因常常就是全身性自體免疫疾病在作怪,如紅斑性狼瘡, 冷澱球蛋白血症,血管炎 等所引起。 病因: 急性蕁麻疹 引起急性蕁麻疹的原因很多,大部份的過敏反應發生是因病患本身的過敏體質,若又接觸到環境中的過敏原或是其它特定原因而引起身體的免疫反應,引起的因素可能有 : 最常見的為對食物與藥物過敏,另外蟲咬、花粉、灰塵、黴菌、動物的毛髮及皮屑等都可以使過敏的人生蕁麻疹。 很多醫師一碰到病人長蕁麻疹,就跟病人說:「皮膚過敏」,這種講法並不正確,例如下列的蕁麻疹並不全都是過敏反應所產生的:• 冷、熱、陽光、水也使某些特異體質的人生蕁麻疹,有的人則在皮膚被壓到的地方發生蕁麻疹• 寄生蟲、細菌及濾過性病毒感染也可使人發生蕁麻疹。 內在疾病如紅斑狼瘡、惡性腫瘤也可引起蕁麻疹。 有的人在動、流汗、情緒緊張、高溫的環境、洗熱水澡時也可出現蕁麻疹,這種蕁麻疹特稱為「膽素型麻疹」。 有的人的皮膚在搔抓或劃過的 地方會浮起來產生蕁麻疹,這種症狀就被稱為為「皮膚劃紋症」• 某些遺傳疾病也可使罹患者出現蕁麻疹。 壓力及情緒緊張都可使所有的蕁麻疹惡化,特別是膽素型蕁麻疹。 酒也能使某些特異體質的人生蕁麻疹,但常常酒是使已有的蕁麻疹惡化的因素,而不是引起蕁麻疹的原因。 病患若由生活經驗中或是透過敏感測試確定自己的過敏原是哪些,只要避開過敏原通常可以避免過敏反應的再發。 檢查與診斷: 慢性蕁麻疹 自體免疫是指免疫系統針對自體組織成分或改變了的組織成分發生免疫反應,產生抗體和致敏的淋巴細胞,由此而引發的疾病稱為自體免疫疾病。 慢性蕁麻疹患者大約有 40 %~ 50 %具有自體血清皮膚測驗 ASST 呈陽性反應。 有專家將慢性蕁麻疹患者血清作自體皮下注射,可以再現局部風疹或紅斑;若將患者血清注入正常人皮下,可導致嗜鹼性細胞釋放顆粒。 且可以在患者血清中找到抗免疫球蛋白 E 受體的自體抗體或抗免疫球蛋白 E 的自體抗體。 這些自體抗體在沒有遇到外來過敏原的情況下 , 也會自己將導致過敏的肥胖細胞活化起來引起蕁麻疹。 約 15 %的慢性蕁麻疹患者具有抗甲狀腺自身抗體的存在,如抗甲狀腺球蛋白抗體及抗甲狀腺微粒體抗體,故早期自體性甲狀腺炎併發之慢性蕁麻疹亦需注意。 治療: 用藥 除了避開誘發皮膚過敏的過敏原,口服抗組織胺類的藥品是最重要的治療,抗組織胺藥主要在體內阻斷過敏反應物質的生成,因此可以抑制新的過敏反應發生,皮疹的過敏現象也可得到緩解;過去的抗組織胺普遍有嗜睡的副作用,新一代的抗組織胺巳經可以免除想睡覺的副作用,本院內的口服抗組織胺及常用劑量為: Allegra(艾來)早晚飯後服用一顆、Alltec(永康敏)睡前服用一顆、Xyzal 驅異樂 睡前服用一顆。 當過敏反應太強或是轉變為較難控制的慢性蕁麻疹,則需要配合口服類固醇治療,可以有效降低過敏及發炎現象,作為短期的敏感控制並不會對身體造成傷害及負擔,病患可以不需過度擔心;本院的口服類固醇有Prednisolone(康速龍)、Mep(美利)、Mednin(美得寧),醫師會根據病患的過敏情形及控制狀況而調整用藥的劑量,隨著身體敏感情況的改善逐漸減低劑量至一天一次或減至二天一次。 有自體免疫抗體的慢性蕁麻疹患者使用傳統的抗組織胺 往往難以奏效,在給予患者免疫調節藥物或類固醇治療 ,可以 獲得滿意的療效。 發生過敏的局部搔癢難耐,且皮膚不規則粒疹或紅腫也影響美觀,可以撘配外用藥膏來改善局部發炎發癢,這些外用藥膏同樣是抗組織胺類及類固醇的成份,具有抗組織胺成份的如: Sinbaby(金貝比擦劑)、C. B ointment(施美藥膏);具類固醇成份的如: Rinderon-V(臨得隆藥霜)、Topsym(妥膚淨軟膏)、Bestasol(倍達舒乳膏)、Esperson(拭皮爽軟膏)、Elomet(皚膚美得乳膏)、Cort. S ointment(皮質醇軟膏)等,經醫師評估過敏的嚴重度及過敏部位而選擇用藥。 日常生活保健原則 蕁麻疹百分之七十找不出原因,常讓病患摸不著頭緒,很多是體質性的問題,持續復發又不易根治,因此過敏體質的人最好學習如何與它共處,才能盡量在生活中減低困擾:• 洗澡可以使用肥皂或沐浴乳,但水溫不要太高。 依醫師指示,按時服藥,並使用止癢擦劑,或局部冰敷以降低癢的感覺。 不要使用酒精擦拭,有時反而會越擦越癢。 避免熱敷,但可使用冷敷:熱可使癢感暫時緩解,但會讓局部的紅腫更嚴重,使用冷敷可以抑制癢感,也可以收縮血管降低發紅• 避免手抓:手抓止癢會使局部的溫度升高,使血液中組織胺(即引起過敏反應的體內生成物質)釋出,造成發癢局部更加擴大及惡化• 多食用有益或鹼性食物:如富含維他命C及B群之新鮮蔬果• 注意會誘發過敏的食物或藥物,及環境中的誘發因子• 適度運動、避免疲累、避免生活壓力 國人常以為過敏與肝臟功能不好有關 ,常有患者至門診要求檢查肝臟功能或自行服用保肝丸的錯誤觀念 ,其實若有過敏或蕁麻疹 ,及早找過敏免疫專科醫師求治才是正途。

次の

蕁麻疹(じんましん) Q9

慢性 蕁 麻疹 原因

文/鄧宇筑 蕁麻疹,中醫稱之為風疹塊或癮疹,是一種來得快去得快的極度搔癢性皮膚病,可以發生在任何年齡,皮膚的突然腫脹是因為血管突然擴張,組織液滲透加上局部發炎所造成的,所以又稱為「神經血管性水腫」,常見於嘴唇、眼皮和手腳掌,但若不幸發生於喉嚨,那就比較麻煩了,可能會有胸悶、呼吸困難等症狀,嚴重時甚至可危及生命。 蕁麻疹也不全部可迅速消退,因為臨床上有急性與慢性兩種情況。 急性蕁麻疹占大多數,引發的原因最主要是體質因素,體內的免疫系統對過敏物質產生反應,當吃到或接觸到這些特定東西,皮膚就會有過敏反應使血管擴張、通透性增加而發生蕁麻疹。 急性蕁麻疹是突然發生,但也會迅速消退,在數小時或數日內痊癒。 引起蕁麻疹的過敏原,與哮喘一樣,也是非常的多,如花粉、灰塵、蟲咬、寵物毛髮及皮屑或黴菌等都可能使特殊體質者產生蕁麻疹,其他還有寄生蟲、細菌、病毒的感染或一些內在疾病如膠原病、惡性腫瘤等。 治療急性蕁麻疹,不需花費太大力氣,西醫就是用抗組織胺或是類固醇,一下子就好了;發作時有的臉腫得像氣球一樣,口唇腫的像小丑的花嘴,但數小時後就像洩了氣的皮球,慢慢消下去了。 中醫治療就是利用疏風清熱的方法消退風疹塊,清熱常用石膏、知母、黃芩、紫花地丁等,疏風藥常用蟬蛻、防風、荊芥穗等,另外再加一點利水藥,如地膚子等,幫助腫塊消退。 如果風疹塊持續搔癢發作超過六星期,就稱為「慢性蕁麻疹」,病情可能持續數月或數年,有些人每隔一段時間就發作一次,時間都比較久,給患者帶來相當大的困擾。 西醫認為慢性蕁麻疹是過敏,自然是找不著原因的,即使做皮膚過敏試驗,也沒法真正預測到過敏的確切物質。 因是慢性,還可以查一查身體其他方面的問題,如CBC、total eosinophil count、IgE、ESR、肝功能等,再看看有無其他慢性感染,如齲齒、泌尿道發炎、陰道炎、肝炎或消化道潰瘍、腳癬等,把這些慢性問題解決後,對慢性蕁麻疹的緩解也是很有幫助。 蕁麻疹在中醫眼光來看,也不完全是熱症,也有些是寒症、虛證,所以在古代就把癮疹分為赤疹與白疹兩類,也把蕁麻疹取名為赤白游風。 風熱型蕁麻疹,風疹塊是紅色的,遇熱加劇,夏天比冬天症狀明顯,治療上要疏風清熱;風寒型蕁麻疹,風疹塊是白色的,遇冷或吹冷風加劇,冬天比夏天嚴重,治療上要養血祛風散寒,要常用的是溫熱藥,如當歸、桂枝、麻黃等,臨床上常用「當歸飲子」,以四物湯加入祛風益氣藥,改善血虛血燥的寒症搔癢。 為何在搔癢的症狀中,中醫特別注重補血、養血呢?因為中醫認為,「治風先治血,血行風自滅」,搔癢就是風,養血就可以讓寒症搔癢消去大部,成為中醫治療搔癢的一大特色。 有些人的皮膚不但風疹搔癢隱隱,還口乾、口苦,食慾不振,怕熱倦怠,舌苔厚厚黏黏的,這是屬於常為溼熱症,這種人風疹塊常在身體下半部特別多,皮膚搔抓顯得特別髒,此時可用甘露消毒丹、防風通聖散等。 蕁麻疹不時發作,可以將病發前的食物記錄一下,再用簡單的食物代替,經過兩、三週沒有發作後,再加上其他食物,陸續加入食物的過程,就可能會發現引發蕁麻疹的食物為何。 一般竹筍、芒果、鴨肉、蝦子等能免則免,因為這些較容易造成過敏。 有些蕁麻疹的發生與過敏原是沒有關係的,如在運動、流汗、高溫的環境、情緒緊張、洗熱水澡時出現的蕁麻疹,這些稱為膽素型蕁麻疹(Cholinergic Urticaria),或合併有焦慮症的人身上出現,成因與控制身體血壓與心跳等功能的神經系統釋放出來的某些化學物質有關。 皮膚劃紋症是在搔刮畫過之處產生蕁麻疹,有些人在皮膚壓迫處也可產生蕁麻疹。 不論這些蕁麻疹發生原因如何,西醫首先都是用抗組織胺控制;中醫治療相對來說都是調整體質,在體質陰陽平衡的狀態下,這些過敏性蕁麻疹的發生都有可能消失。 蕁麻疹患者一定要戒菸、酒,飲食以清淡為宜,搔抓能免則免,有些如洗熱水澡、緊身衣褲、戴項鍊、激烈運動、電暖器取暖等等,都要小心,如有發生蕁麻疹,都應該儘量避免。 小心注意加上細心保養,症狀可以得到最大的改善。

次の

蕁麻疹治療痊癒方法(上)轉發可以救人一命!

慢性 蕁 麻疹 原因

蕁麻疹の 仕組み 蕁麻疹が起こるメカニズムについて説明していきましょう。 蕁麻疹には血液、血管、皮膚、ヒスタミンが関わっています。 ヒスタミンとは、炭素、水素、窒素でできている「活性アミン」と呼ばれる物質です。 このヒスタミンは脳の中にも存在し、目を覚ましている状態を維持することや記憶力に関わる神経伝達を担っており、食欲を抑制する働きもあります。 したがって、抗ヒスタミン薬を飲むと眠くなって注意散漫になったり、食欲が増加したりすることが知られています。 身体をめぐる血管には血液が流れていますが、この血液は酵素を運ぶ赤血球と免疫・アレルギーに関わる白血球、そして血漿という液体からできています。 蕁麻疹を発症した場合、白血球の一種である「マストセル(mastcell)」と呼ばれる肥満細胞が注目されます。 肥満といっても太ることの肥満とは無関係で、アレルギーを起こすヒスタミンやロイコトリエンなどの原因物質を細胞が抱え込んでいる様子からそう呼ばれています。 このマストセルが、体温が変動したり、ひっかいたりする刺激を受けて、抱え込んでいる物質を血液中に放出することで、かゆみや腫れが起こります。 その部位の血管は、管状の一部が、風船のように膨らんでしまいます。 膨らんだことにより血管の壁のすき間から血漿が漏出し皮膚を押し上げるために、盛り上がった状態になります。 また、拡がった分だけ血流量が増えるため、皮膚が赤くなるのです。 病院は何科にいけばよいですか? 基本的には皮膚科ですが、膠原病(こうげんびょう)などの病気で蕁麻疹がでていることがありますので、大人なら内科、子どもなら小児科でもよいでしょう。 蕁麻疹はうつりますか? 感染によるものではないため、蕁麻疹自体に感染源はなく、うつることはありません。 ただし、感染性蕁麻疹というウィルスや細菌に感染することで発症する蕁麻疹もあります。 お風呂に入った後にできるぶつぶつは蕁麻疹ですか? 蕁麻疹の場合もありますが、一概には言えません。 その形やかゆみの強さ、範囲、経過で区別することになります。 蕁麻疹でもお風呂上がりに悪化することもあります。 蕁麻疹は顔にもでますか? 全身にでます。 顔にもでますし、身体のどこにでもでる可能性があります。 光蕁麻疹の場合は、光が当たりやすい顔にでていることもあります。 蕁麻疹体質は治りますか? 蕁麻疹の原因によります。 アレルギー体質についてはよくなる場合、変わらない場合とさまざまです。 食物が原因になっている場合、卵などはよくなることがありますが、甲殻類、ソバなどは治りにくいことがあります。 特発性蕁麻疹は原因不明ですので、再発を繰り返すことがあります。 遺伝性の蕁麻疹もありますので、治るかどうかは原因にもよります。 蕁麻疹のおさまる時間はどれくらいですか? 数分から数時間で症状がおさまり、多くは24時間以内に治ります。 反対にいうと、24時間以上症状が続けば、蕁麻疹でない可能性があります。 ただ、ある個所にでてから別の個所にもでてきて、24時間で移動したように見える蕁麻疹がでることがありますが、その個所での症状は24時間以内に消失します。 蕁麻疹と肝臓の関係はありますか? 2つの意味があるかもしれません。 肝臓の病気によって起こる蕁麻疹と肝臓での代謝に影響するアルコールなどによる蕁麻疹です。 膠原病や感染症によって起こる蕁麻疹では肝臓に含まれる酵素AST、ALTが上昇します。 肝臓に負担がかかった結果、蕁麻疹になるのか、その因果関係の証明は難しいといえますが、一部に肝炎という感染症にともない起こる蕁麻疹があります。 蕁麻疹のかゆみにはどう対処すればよいですか? とにかくかゆい、という場合は、かゆみを軽減するために患部を冷やす方法があります。 ただし、寒冷蕁麻疹では禁忌です。 そのため、外用薬を冷やして使うようなことも控えましょう。 腫れている場合も同じです。 この場合、症状を鎮めるためには一般的に抗ヒスタミン薬を内服します。 また、原因不明の蕁麻疹を繰り返す場合は、継続的な内服薬を含めた治療が必要になります。 蕁麻疹の原因になるものは今後、食べられないのですか? 食べたいものが食べることができなくて辛い、という声もよく耳にします。 蕁麻疹の原因になる食材については、基本は遠ざけることです。 ただし、食材によっては、経口免疫療法という継続的に経口摂取することで、食べられるようになる場合もあります。 食材がアレルゲンとなった場合の対策についてはを参考にしてください。 参照元:『じんましんの「真」常識』清益 功浩(医薬経済社).

次の