スター ウォーズ パドメ 役。 『スター・ウォーズ』ジェダイワンピ、パドメの草原のピクニックワンピ、惑星スウェット発売

スターウォーズの簡単な質問ですEP1でパドメは侍女役をしている人ですか?そ...

スター ウォーズ パドメ 役

映画関係者による書籍には映画の制作にまつわるたくさんの情報が詰まっている。 これを読みながら当該のシーンまで飛ばして映像を確認するなんてことをするとより面白く映画が楽しめること間違いなし。 そう、やっていることは製作者のコメンタリーを聞きながら映画を観たり、メイキング映像を見るのと変わりがない。 その情報量が桁違いに多いのが映画関連書籍の魅力と言える。 先日世界文化社から発売された『私はC-3PO』は「スター・ウォーズ」の映画作品全てに出演した唯一の俳優、アンソニー・ダニエルズがその舞台裏を綴った撮影回顧録だ。 世界文化社から出版された『私はC-3PO』。 などで購入可能 本書ではアンソニーが舞台役者を志したきっかけから始まり、テレビへの出演、イギリスでの俳優事情を簡潔に紹介。 そしてその後の人生を大きく変えることになった『ザ・スター・ウォーズ』(『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の最初のタイトル)のC-3POオーディションへの参加とジョージ・ルーカスとの出会い、C-3POのコスチューム制作から各タイトルの制作秘話や、ILMへの所感、ブルーレイ版やDVD版でも公開されなかった初のカットシーンの紹介、さらには悪夢とも言える「ホリデースペシャル」にまで言及している。 アンソニーはアカデミー賞授賞式をはじめとした公のイベントから「スター・ウォーズ」に関連するほぼすべてのプロモーション、CMやアニメーションなどC-3POが出演するものには全て出演している。 本書はそんな彼にしか語れない舞台裏をぶっちゃけた内容で、「スター・ウォーズ」関連書籍はもちろんのこと、映画関連書籍の中でも珍しい書籍となっている。 中にはほぼ全ての映画ビジネスに共通するような事柄まで触れているので、スター・ウォーズを一度しか見たことがないという映画ファン、ライトなファンでも手にとってほしいと言えるくらい。 今回はその本の中でもごくごく一部、スター・ウォーズファンが知り得なかった新事実を5つ紹介しよう。 C-3POはアナキンとパドメの結婚式に立ち会えなかった!? 今回紹介する中で個人的に最も驚愕の事実だったのがこれ。 『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃 』からはデジタル撮影に完全に切り替わった作品で、プリクエル・トリロジーは舞台のほとんどがクロマキー合成のための緑、または青のセットで作られたというのはファンにとって周知の事実。 本書の中でアンソニーはこのクロマキー合成に対して「グリーンの海」と皮肉を交えて強い嫌悪感を示しているが、「スター・ウォーズ」が人気すぎる故にファンからの執拗な追跡を逃れるための策の一つでもあったことを考えるとある意味仕方がないように思える。 クロマキー合成は現在の映画制作にとって必要不可欠な技術となっていて、一概に否定できないが、エピソード2のラストシーンのアナキンとパドメの印象深い結婚式で、付添でいたはずC-3POとR2-D2が撮影現場に同席しておらず、2体はグリーンバックで撮影されたという新事実を知ると、「流石にそれはやっちゃ駄目だろ!」と思ってしまった。 アンソニーは一般的な結婚式を思い出して想像力に任せて演技し、さらにこの当時の現場をウィットに富んだ文章で綴っているのでぜひ笑いながら読んで欲しい。 エピソード7のエンディングの撮影時はまだ3POの腕は赤色だった 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』で公開されたC-3POの赤い左腕には多くのファンが驚き、その過程についてあれこれ議論したことだろう。 が、この理由は撮影開始前にアンソニーに伝えられることなく、アンソニーはC-3POの赤い腕の背景に「NO FORGIVENESS」というメッセージを添えた缶バッチを作ってまで撮影の間抗議をしていたとのこと。 アンソニーはプレミア試写で初めてエピソード7を鑑賞した際にエンディングでミレニアム・ファルコンに向かって左手をふるC-3POの腕がCGで金色に差し替えられていることに驚き、J・Jからの思いやりのある贈り物として驚いたと綴っている。 また、この赤い腕にはさらなるオチがあるので期待して本を買って読んでほしい。 緑色の液体が3POのメッキを剥がしてしまった 『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』でプージに化けたレイアがサーマル・デトネーターでチューバッカ捕獲の懸賞金増額の交渉をするシーンで、C-3POはジャバの激昂から緑色の液体を被ってしまう。 この緑色の液体はおもちゃのスライムだと思っていたらそうではなく、実はただのオイル交換で汚れた手を洗う洗剤だということが明らかに。 しかし、この洗剤は漂白剤入りで、小道具スタッフはそのことを失念してしまったがために拭き取った際、塗装の金メッキまで剥がしてしまった。 結局再塗装のためにC-3POのコスチュームは送られることになり、アンソニーはこれを「高くついた失敗」だと振り返っている。 またこの他にもジャバの側近のビブ・フォーチュナとの初対面時に発した「嫌な予感がする」という名台詞はアンソニーからジョージに向けて提案した追加セリフであったことを告白している。 『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のプロモーションで来日したアンソニー・ダニエルズ エピソード2では当初裸の3POが引き続き出る予定だった またまたエピソード2の話だが、この本の中でアンソニーはラーズ家に仕えているC-3POが前作から引き続き裸の状態で登場することを写真付きで明かしている。 裸の状態で再会したC-3POは、「外交儀礼ドロイドとして恥ずかしく思う」とパドメに向けて悩みを打ち明ける。 その直後にパドメは近くにC-3PO用の覆いの入った箱を見つけ、C-3POに装着するという流れになっていた。 本書の中ではこのパドメとC-3POの一連のセリフのやり取りが記されているので、ファンにとっては幻のシーンの確認としてぜひ一読して欲しい。 またセリフ中には「私は機械に疎いもので……」という一言もあり、これが実にC-3POらしい間抜けな一言で思わず「お前も機械だろ!」と笑いながら突っ込んでしまった。 結局このシーンは撮影されたもののジョージから「ストーリーがもたつく」という理由でカットされたわけで、アンソニーはこのシーンのカットに対してかなり不服に思っている模様。 僕もこのシーンはカットしないでいたら後のジオノーシスのドロイド工場で放った「こんなのアリ? 信じられない! 機械が機械を作っている!」という迷セリフが際立ったのに、と思ってしまう。 エピソード4でR2と激突事故を起こさないための工夫 最後は原点である『エピソード4 新たなる希望』について紹介しよう。 ルークが購入したドロイドを家に持ち帰る際、赤い色のR2ユニットが故障。 C-3POからR2-D2をオススメされてオーウェンに提案し、2体は再び一緒になる。 その後、口減らずなC-3POは恩着せがましく「忘れるなよ。 今度ムチャしたら助けないからな」と言いつけ、ラーズ家の入り口に向かって進むみ、次のシーンに切り替わる直前に一度C-3POが止まってR2-D2に体を向けて「お先にどうぞ」というポーズをとる。 一瞬の出来事なのであまり気にならないが、このシーンでのリハーサルでは何度もR2-D2がC-3POと激突することがあり、その度にアンソニーは転倒の危険にさらされていた。 これはR2-D2をリモコン操作しているスタッフが視覚的にC-3POとの位置関係が把握できていなかったことからR2-D2を止めるタイミングを見計らうことができなかったという。 そこでアンソニーは一度立ち止まって「お先にどうぞ」というポーズをとることで操縦士に「停止するべき位置」を知らせたというのがこのシーンの秘話となっている。 さらにこのシーンがR2-D2との初共演で、本の中でアンソニーは「初めて共演するシーンで相棒に殺されかけるとは」とユーモアたっぷりに振り返っている。 他にも『私はC-3PO』の中ではアンソニーが知りうる範囲で「映画の魔法」の種明かしを随所で告白しているので、「スター・ウォーズ」ファン、特にC-3POのファンは手にとって熟読して欲しい。 本を読んでいて複雑な気持ちにさせられたのが、エピソード4の世界的な大ヒットからのムーブメントでC-3POというキャラクターが脚光を浴びているにもかかわらず、なかなか自分が「中の人」だと告白できない現状に対しての苛立ちと、撮影中から抱いていたスーツアクターとしてのアンソニーの心中だった。 ルーカスフィルムのマーケティングの観点から立つと仕方がないと思いつつも、今回の書籍で明らかになった撮影中にアンソニーが受けた扱いを考えるとそのやりきれない気持ちに共感する。 読んでいくうちにだんだんとウルトラマンのスーツアクターだった古谷敏のエピソードを思い出した。 『ウルトラマンになった男』という自伝で古谷敏も、過酷な撮影現場での日々に大変な思いをし、また別の撮影となっていた科学特捜隊のメンバーが「輝いて見えていた」と告白しており、アンソニーも同じようにまたマーク・ハミルやハリソン・フォードのようなスターが脚光を浴びている中、自分にスポットライトが当たらなかったことを悔しがっていたと告白している。 現在はこの時代よりかは幾分かスーツアクターに対するリスペクトが強くなったものの、スーツアクターは共通して同じような感情を抱き、悩むものなんだと再認識し、考えさせられた。 『私はC-3PO』はなどで発売中。 価格は2400円(税別)。

次の

『スター・ウォーズ』4K UHD コンプリートBOXから伝説エピソードを発掘!(Movie Walker)

スター ウォーズ パドメ 役

現在発売中の全9作を収めた「スカイウォーカー・サーガ 4K UHD コンプリートBOX」には、既発パッケージの特典に数々の貴重映像を追加。 『スカイウォーカーの夜明け』を含めた特典から驚きのエピソードを集めた。 シルエット、瞬時に判断する3秒ルール、個性、信憑性、マニア的要素が揃えば力強いデザインになると力説。 相手役はナタリー・ポートマン。 ジェイク・ロイドら候補者3人が、「天使なの?」の名ゼリフがあるシーンを演じた。 クワイ=ガンがワイヤーを対岸に張り、間一髪助かるというアクション場面だ。 音響効果のベン・バートとマシュー・ウッドによるサウンド解説が「宇宙のサウンド」。 スター・デストロイヤーの音は、偶然バートが泊まったホテルのエアコンの音だったことも明かされる。 ダース・ベイダーの衣装は風に乗ってマントを翻す闇の魔王のイメージ。 胸当てとヘルメットはルーカスの好きな侍風に。 パドメの実家で恋愛ものの王道展開 パドメの実家をアナキン クリステンセン が警護で訪れる未公開シーンの「パドメの実家」。 家族は「初めて恋人を連れて来た」と彼を歓迎。 「ただの友達」と彼女は否定するが、まんざらでもなく…。 エピソード4の初稿脚本を基にコミック本を執筆したライターによるメイキングが「明かされた秘話」。 初稿ではハン・ソロが宇宙人、ルークがインディ・ジョーンズ的な人物だったことを明かす。 NGの瞬間、ハリソン・フォードがマイクを口に入れるシーンも収める。 プレビズ映像をスティーヴン・スピルバーグが手伝ったことも判明する。 当初、レイアが乗る宇宙船がミレニアム・ファルコンだった。 TV『スペース1999』に登場した船が似ていたため変更したと語られる。 彼を映画会社に売り込んだのはルーカスだった。 ただし改造したマシンガンが左利き用だったため、エピソード4のトルーパーは全員左利きに。 エピソード6でパルパティーンが第2デス・スターを訪問した際に並ぶトルーパー軍団の半分は、背景画で描かれたものだった。 「カクカクした動きがマシンっぽい」とも。 フィル・ティペットは「ストップモーション用のパペットを所有していたことが(エピソード4の)モンスター・チェスのヒントになった」と説明する。 世界最高レベルのトラッキング撮影だった。 マイクをバルブの中に押し込んで録音した。 通常、ト書き部分は監督が読むが、「全体を把握したい」という監督の要望で、マーク・ハミルが代役を務めた。 ボイエガには彼女がレイ役ということは隠されたが、それを後で知った彼は「彼女にだまされた!」。 最初は頭に宙に浮く羽があるものや細長、ずんぐり型もあった。 監督のセンスが光るシーンだったが「本題にすぐ入るべき」と監督が思い直しカットされた。 「まさか遺作になるとは」と監督。 「これが私の最高傑作よ」という彼女の言葉が涙を誘う。 納得できる理由を考えることから始めた」と「コンセプトを語る」で監督。 性格はJ・Jそのもので声も彼が当てた。 当初は脚本になかったが、レイアとの関係を考え抜いた彼がJ・Jに提案した。 フィッシャーの死去でレイア登場シーンは『フォースの覚醒』のフッテージ映像を利用。 新3部作に全作出演した彼女の娘ビリー・ロードも協力。 (Movie Walker・【DVD&動画配信でーた編集部】).

次の

スターウォーズエピソード1のあらすじを解りやすく解説!アナキン役の子役の現在は?

スター ウォーズ パドメ 役

父はの産婦人科医 、母シュリー・スティーヴンスは系人の元アーティスト(現在はナタリーの)。 ひとりっ子。 父方は・系からの、母方は・系からのの血を引く。 出身の父方の曾祖母は中、イギリスのを務めていた。 また父方の祖父母はで死亡している。 芸名のポートマン(Portman)は母方の祖母の旧姓である。 3歳の時にアメリカのに移住。 1988年からはで、1990年からはで育つ。 インタビューで「私はアメリカを愛しているけど、気持ちはにある。 そこが本当の家だと思っているから。 」と答えている。 と英語を習ったのち、にあるの小学校に入学する。 本人曰く、高校時代は、試験では常に平均90点以上を維持し続け、成績はオールAだった。 また、高校生の時の化学実験が論文になっている。 これはJournal of Chemical Educationという雑誌に掲載されており、糖の酵素による分解時の水素発生を視覚化するといった内容である。 また高校の最終試験を受けるため、『』のワールド・プレミアには欠席している。 その後、とに現役合格。 1999年にハーバードへ進学しに入寮する。 を専攻し、心理学研究所では ()のアシスタントも務めた。 また、ハーバード大学法学部生が学生新聞に寄稿したイスラエル人の入植を批難する記事に対し、反論記事を寄せている。 2003年に卒業。 2004年春には大学院にて中東問題の研究に参加。 2006年にはにてとについて、ゲストとして講義を行った。 2018年、ユダヤ人のノーベル賞とも呼ばれる Genesis Awards の受賞式出席を辞退し、主催団体に「最近のイスラエルの出来事に苦しみを感じている」「イスラエルの公的行事に参加するのは不快」と伝えた。 キャリア [ ] 1990年代 [ ] 2005年時のナタリー 4歳からダンスレッスンを始める。 10歳の時にのピザレストランで、化粧品会社のとしてされる。 当初モデルに興味は無かったがスカウトの「にも会える」との言葉に惹きつけられたという。 しかし、モデルよりも演技に興味を持ち、俳優を目指す。 1994年にでの舞台『 Ruthless!! 』でデビューする。 同年公開の監督の『』で2,000人以上の候補者からマチルダ役に選ばれて映画デビューを果たし 、国際的に称賛され、誌が後援するヤング・スター賞のドラマ部門最優秀女優賞を受賞。 1996年公開の『』でも批評家に絶賛された。 一気に注目を集めたものの、『』のロリータ役を拒否するなど、ロリータ的イメージやラブシーンを敬遠していた。 1997年には『』を、1995年刊行の新版を基に新たな視点で描いた舞台で主役のを演じる。 1999年から公開の『』新三部作でヒロインのを演じ、上品な美貌と確かな演技力で人気を不動のものにする。 この作品で、ナタリー=強く賢い美人というイメージが印象づけられた。 同年公開の『』ではの娘役を演じ、にノミネートされた。 この頃からファッションモデルとしても活動する。 2000年代 [ ] 大学在学中は学業を優先していたため、映画の出演は少ない。 2001年にが演出した舞台『』に出演し、、、と共演した。 2003年には小さい役ながら『』に出演。 2004年に俳優の初監督作品『』に出演。 同年公開の『』での役でを受賞し、にもノミネートされた。 2005年には『』で役柄に合わせて髪型をにし、この姿ででの『』のワールドプレミアに出席した。 同年4月に出演したテレビ番組『』では新三部作を擁護するなど、自身の自虐的なラップ・ビデオのパロディに出演し、を披露したことが大きな話題になった。 に公開されたの『』では、との共演シーンで5分間以上に及ぶを披露している。 作品では、が丸出しになる場面がある。 2008年公開の『』ではを演じ、同年開催のでは審査員を務めた。 同年、映画製作に興味を持っていることから、映画製作会社()を設立。 自身初の監督作品である短編映画『 Eve』、自身が主演する『 17 Photos of Isabel』(タイトルはのちに『Love and Other Impossible Pursuits』に変更された。 )を手がける。 また、と共演予定だった『 Important Artifacts and Personal Property from the Collection of Lenore Doolan and Harold Morris,Including Books,Street Fashion,and Jewelry』の映画化作品の企画も進めていた。 ホラー映画『』のリメイクに参加予定だったが、のちに離脱した。 2009年にクリスティン・アイルワードと共に映画サイト()を開設した。 ただし現在、サイトは閉鎖されている。 2010年代 [ ] アカデミー賞授賞式にて 2010年に公開された監督作の主演映画『』では、次第に精神が壊れていく役を9キロ減量して演じ、第83回をはじめとするさまざまな賞を受賞。 批評面、興行収入面の両方で成功した。 この受賞が大きな話題となり、2011年の日本での公開時には、それまでの出演作品の中では『スター・ウォーズ』シリーズ以来の大ヒットとなった。 2011年1月には主演映画『』が全米で公開され、週末初登場1位を獲得。 初ので新境地を開いた。 人物・エピソード [ ] 自身のキャリアで最も長期間演じたこともあり、『スター・ウォーズ』シリーズのパドメ役には最も愛着があるという。 と容姿が似ており、キーラはその理由で『』のパドメの影武者(侍女サーベ)役に抜擢されている。 以降共演はないが、後にキーラは『』3部作を撮り終えた後、「今度ナタリーに会ったら3部作やり遂げたわねって握手しなきゃ」と語っている。 4歳からダンスレッスンを始めており、小学生の頃から腹筋が割れていた。 華奢で線が細い体型にもかかわらず、アクションシーンの撮影の際に殺陣師から「アスリートでも成功しただろう」と言われたほどが高い。 『ブラック・スワン』ではバレリーナ役を演じるために約1年間特訓し、ほぼ全てのバレエシーンを自身で演じた。 8歳の頃からであり、食肉だけでなく、加工品やも食さない。 菜食主義について、「9歳の時に鶏のレーザー手術のドキュメンタリーを観て以来、肉も魚も口にしていない。 ただ動物が好きだから価値観に従うまでです。 絶対に食しません。 」と語る。 非常に礼儀正しいことで知られ、共演者や撮影スタッフ、裏方にまで挨拶を欠かさない。 世界中の美男美女が集まるとも言われるハリウッド映画界において、ハリウッド女優屈指の正統派美女として知られている。 デビュー時から中東女性特有の美貌は米『ピープル』誌などから「究極」「絶世の美女」とも呼ばれ、注目を集め続けてきた。 女性誌に登場する際は身長は低いが健康的で引き締まった腹筋や肢体が美しいと評されている。 デビューから25年が経過してもその美貌は他の追随を許さず、 「ハリウッド・ビューティーナンバーワン」との呼び声も高い。 自他共に認める極度のであり、『ブーリン家の姉妹』でで知られると共演した際、ほぼ同じ身長にもかかわらずあまりのサイズの違いにショックを受けた。 また、ヨハンソンに初めて会うと同時に悪戯好きな彼女に背後から胸を揉まれてしまい、「噂通り本当に(胸が)ないのね。 発育不足ね」と言われてしまった。 これがきっかけでヨハンソンと仲良くなり、後に「着替えている際中に彼女が部屋にそっと入ってきて、いきなり後ろから姿の私の胸をぎゅっと『触診』したのよ。 じっくりと大きさを確かめられたの。 いろんなところをつままれたわ。 」と自虐ネタにしている。 バストサイズは10代から全く変わっておらず、彼女いわく「手のひらで覆い隠せるほど」で、そのため男と間違われたエピソードは多い。 高校時代に空港でに引っかかり、ナタリーが思わずうめき声を出してしまうほど職員に思いっきり胸を触られてしまうが、それでも女性と気づかれなかった。 また、中学生や高校生になっても全く大きくならないので親に心配されていた。 6ヶ国語に精通している。 と (後者は若干なまりがあると言われる)が母語で、それ以外にも、を独学、も学んでおり、流暢に話せる。 また、米トークショー『』において、同番組へゲスト出演する少し前にごく短い期間ではあるが学生として日本にしており、日常会話程度ならも話せることを語っている。 2013年の来日時にはさらに日本語に上達が見られた。 (内の予備選挙)においてを支持していたが、「も好き」とも発言している。 恋多き女性であり、1999年にはと、その後 と、2003年から2004年まではと交際。 その後も、、の等 と交際、2005年にイスラエル人俳優リロン・レボと、2007年にはファッションブランド「」の創始者のひとりで元モデルのと交際、2008年3月頃からはプロモーションビデオで共演したミュージシャンのと交際を始めたが、同年9月には破局と報道された。 2010年12月、『』で共演したフランス人振付師の(Benjamin Millepied)との・を発表。 2011年6月14日に男児をし 、2012年8月に結婚した。 2016年9月に第2子を妊娠中であることが明らかになり、2017年2月に女児を出産した。 だったが、妊娠を契機に2010年12月31日付でを決意し、2011年以降はである。 好きな映画は『』で、主演ののファン。 他に好きな俳優は。 の『』ではキーラ・ナイトレイやと共に役の最有力候補に挙げられていたが後に辞退していた。 最終的にが選ばれた。 Donovan サム・ターナー 2019 Avengers: Endgame ジェーン・フォスター 坂本真綾 ルーシー・コーラ 2022 Thor: Love and Thunder ジェーン・フォスター 舞台 [ ]• Ruthless!! (1994年)• The Diary of Anne Frank (1997年)• マウントレーニア(2002年 - 2003年)• 当時:日本リーバ ラックス スーパーリッチ(2003年 - 2004年)• (2015年 - ) ミュージック・ビデオ [ ]• 「 Dance Tonight」(2007年) - 監督作品• 「 Carmensita」(2008年)• ポール・マッカートニー「 My Valentine」(2012年) テレビ [ ]• The Simpsons (2007年) 声の出演 モデル [ ]• 〜 モデル、イメージキャラクター。 日本語吹き替え [ ] 大半の作品でが担当しており、実質、専任となっている。 主な受賞 [ ]• 2010年度 『』• 2004年度 『』• 2010年度 『ブラック・スワン』• 2010年度 『ブラック・スワン』• 2010年度 『ブラック・スワン』• 2010年度 主演女優賞 『ブラック・スワン』• 2016年度 主演女優賞 『』• 2006年度 『』• 2004年度 アンサンブル演技賞 『クローサー』 他多数 関連書籍 [ ]• 『ナタリー・ポートマン THE BEAUTIFUL GIRL』 (、2009年) 脚注 [ ] [1] Portman, N. ; Hurley, I. ; Woodward, J. Chem. Edu. 1998, 75, 1270. 雑誌 2011年9月号• Rolling Stone. の2006年5月20日時点におけるアーカイブ。 2006年5月11日閲覧。 Peretz, Evgenia 2006年4月. Vanity Fair. natalieportman. com. 2010年6月9日閲覧。 2009年8月29日時点のよりアーカイブ。 2010年9月6日閲覧。 Mary-Lea Cox 2006年3月31日. Columbia News. 2006年4月25日閲覧。 2018年11月15日閲覧。 Inside the Actors Studio. Bravo. 2004年11月21日放送. 1101回,シーズン11. Ryan, James 1996年2月25日. The New York Times. ディレクターズ・カット版のDVDは、本名の「Natalie Hershlag」と記載する。 キネマ旬報2005年12月号• com. 2019年5月2日閲覧。 しかし後にダンスシーンについてが起こり、物議を醸した。 NCR2 2008年1月4日. 2008年1月7日閲覧。 SCREEN 2012年9月号• 『』2008年12月上旬号• 201 0年5月号• 『』2010年9月号• Cut 2008年8月号• Something Jewish 2002年5月15日. 2006年5月9日閲覧。 The Hollywood Gossip 2008年3月6日. 2008年8月4日閲覧。 MTV JAPAN Celebrity News 2008年2月29日. 2008年9月27日閲覧。 レヴィーンが音楽誌『』で交際を否定• MovieWalker 2008年9月27日. 2008年9月27日閲覧。 シネマトゥデイ. 2010年12月28日. 2013年3月22日閲覧。 シネマトゥデイ. 2011年6月15日. 2013年3月22日閲覧。 シネマトゥデイ. 2012年8月6日. 2013年3月22日閲覧。 キーラ・ナイトレイも後に辞退している。 2016年12月13日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - (英語)• 英国 , 外国 1952• 英国 , 外国 1953• 英国 , 外国 1954• 英国 , 外国 1955• 英国 , 外国 1956• 英国 , 外国 1957• 英国 , 外国 1958• 英国 , 外国 1959• 英国 , 外国 1960• 英国 , 外国 1961• 英国 , 外国 1962• 英国 , 外国 1963• 英国 , 外国 1964• 英国 , 外国 1965• 英国 , 外国 1966• 英国 , 外国 1967 1968-現在• 1968• 1969• 1970• 1971• 1972• 1973• 1974• 1975• 1976• 1977• 1978• 1979• 1980• 1981• 1982• 1983• 1984• 1985• 1986• 1987• 1988• 1989• 1990• 1991• 1992• 1993• 1994• 1995• 1996• 1997• 1998• 1999• 2000• 2001• 2002• 2003• 2004• 2005• 2006• 2007• 2008• 2009• 2010• 2011• 2012• 2013• 2014• 2015• 2016• 2017• 2018• 2019.

次の