清木場俊介 脱退理由。 清木場俊介の現在は「唄い屋」として活動!EXILE脱退理由が衝撃

「唄う」ためにEXILEを脱退した清木場俊介。ソロ活動11年目だから唄えた、自身の軌跡

清木場俊介 脱退理由

スポンサーリンク 清木場俊介さんは脱退した今でも、EXILEとは良好な関係性であるようです。 引用: これにはEXILEファンも涙したのではないでしょうか。 清木場俊介、シンガーソングライターとして地道に活動 EXILE脱退後はシンガーソングライターとして活動し始めた清木場俊介さん。 EXILE時代のSHUNのファンはついてきてくれましたが、新しく清木場俊介としてのファンを獲得するのは容易ではなかったと思います。 グループを脱退した人が一度はぶつかる壁ではないでしょうか。 ですが、 地道に活動していれば、新しいファンも多く出来て、清木場俊介個人として認められるようになりました。 周りはこのように評価しています。 ・今までEXILEに戻ってきてくれ!って思ってたけど、この人は個人で評価してもらうべき人ですね。 ソロでやってるときの方が、いいところいっぱい出てます。 引用: 真面目にコツコツと頑張っていれば、いつかは評価される日がくるのです。 清木場俊介、ウェディングソング「幸せな日々を君と」が話題に 2014年5月21日に発売された清木場俊介さんの「幸せな日々を君と」が、結婚式で歌われるようになりました。 この曲は清木場俊介さんが友人の結婚式のために書いた曲だそうで、静かなバラードで歌い上げ、その歌詞にも注目してほしいです。 友人の結婚式のために書いた曲と言えば、例えばGLAYのTERUさんや、木村カエラさんなども挙げられます。 素敵なウェディングソングは永遠に歌い継がれますので、清木場俊介さんのこの曲も定番ソングになっていくかもしれませんね。 清木場俊介、「唄い屋」として活動 歌手・清木場俊介さんは「唄い屋」と紹介されることが多いです。 「唄い屋」という言葉ではピンとこないかもしれませんが、尾崎豊さんや長渕剛さんなどがそう形容されています。 スポンサーリンク 清木場俊介さん自身も尾崎豊さんや長渕剛さんに憧れていた部分がありますので、光栄なことではないでしょうか。 ただ、初めはEXILE色が強かったようで、なかなか「唄い屋」としては認められなかったようです。 EXILEはアイドルでもなく、ダンスと歌が融合した新しい形の歌手として出てきましたので、そのイメージを払拭するのには時間がかかったのでしょう。 ですが、清木場俊介さんは自分のなりたい歌手象を求めて脱退したわけですから、「唄い屋」と呼ばれるまでに成長したことは喜ぶべきことです。 元EXILEメンバー・清木場俊介。 EXILE時代情報 EXILEの初期メンバーとして活躍されていた清木場俊介さん。 EXILE時代はどのような存在だったのでしょうか。 清木場俊介さんがEXILEのボーカルとなったきっかけは、地元ローカル局のボーカルオーディションで優勝し、その時に偶然avex社員の目に留まり、HIROさんに紹介されて、EXILEの曲をATSUSHIさんとレコーディングしたことからでした。 この時、HIROさんは清木場俊介さんの歌声に惚れて、EXILEのツインボーカルとしてデビューすることになったのです。 ここからEXILE第一章が始まりました。 清木場俊介さんの歌声はATSUSHIさんととてもマッチしていて、聞き心地が良かったのを覚えています。 正直言ってしまえばTAKAHIROさんより断然歌は上手かったですし、ATSUSHIさんとの調和がとれていたと今でも思っています。 清木場俊介のEXILE脱退理由~音楽性の違いから4年半で電撃脱退 出典: 2001年9月、清木場俊介さんはEXILEのボーカルとしてデビューしました。 EXILEは歌って踊れる新しい感覚のグループとして、瞬く間に人気になりました。 ジャニーズとは対照的なグループでセンセーショナルでしたし、新鮮でした。 ですが EXILE・SHUNは2006年3月に、約4年間半活動してきたEXILEを電撃引退し世間を驚かせました。 清木場俊介、EXILEの音楽性に違和感を感じ2006年3月に脱退 引退理由は清木場俊介さんが求めている音楽性と、EXILEの方向性にズレを感じ始めたからだそうです。 EXILEのシンガーとしてスターダムに駆け上がり、ミリオンセラーや紅白出場を決めるなか、2006年に清木場はあえて脱退することを選択。 今振り返ると、王道的なロックミュージックを志向する清木場にとって、EXILEとは異なる道を進むことは必然だったのかもしれない。 清木場はMCで 「本当の自分ではないイメージが大きくなって、すごく怖くなった」と、その時を振り返った。 引用: 歌って踊れるのではなく、もっと深い部分で魂をゆさぶるような歌手になりたかったということなのでしょう。 清木場俊介、EXILEに染まらないように抗っていた 脱退理由にもなりましたが、清木場俊介さんは当時からEXILEの進む方向に違和感を感じていたようです。 周りが作り上げるイメージに抵抗するように、「本当の自分」を見失わないように抗ってきたのです。 いつも思っていた、「俺は俺だ」と。 だから、SHUNの存在が大きくなればなるほど、彼の中の違和感も膨らんだ。 20代の彼は、その理屈を飲み込めなかった。 「俺は俺だ」、心の中で叫び続けていた。 <僕は僕の唄いたい唄を唄う> <君は君のゆく道をゆけばいい> 8ビートのギターロックだ。 踊れない。 ドン引きの観客もいた。 その反面、声を重ねる観客もいた。 引用: そこまでしても清木場俊介さんは、自分の追い求める歌手象を貫き通したかったのでしょう。 ファンの反応も分かった上でも、曲げられない信念だったのだと思います。

次の

EXILE・ATSUSHIが結婚間近との報道が!3年愛の美人教師とは一体どんな人なのか!? │ raxa information

清木場俊介 脱退理由

両者がツインボーカルで歌うのは、清木場が06年3月にEXILEを脱退し、同4月にテレビ朝日系『ミュージックステーション』で6人体制最後のライブを行って以来、約8年ぶりとなる。 EXILEの公式サイトではATSUSHIとSHUNのツーショットを公開。 清木場も自身のサイトで「俺にとって佐藤篤志は世界で一番のボーカリストです。 そんな彼に一緒に唄いたい、と言われ断る理由は微塵もなかったのです。 この事は誰かに理解してもらってまでもやる事ではありません。 僕は単純に彼と唄う事で今の己のレベルを確かめたかった。 勿論、彼と歌えば必然と昔の様に戻ります。 しかし、清木場が求めたのは昔ではありません。 現在二人がどのレベルでハーモニーを奏でられるか?男なら誰もが知りたいモノです」と理解を求めた。 両者は計3曲をレコーディングし、EXILE ATSUSHIの2年ぶりとなるソロ2ndアルバム『Music』(3月12日発売)に2曲、清木場のソロ活動10周年を記念した企画アルバム『唄い屋・BEST Vol. 1』(3月5日発売)に1曲、それぞれ収録される。

次の

清木場俊介の現在は「唄い屋」として活動!EXILE脱退理由が衝撃

清木場俊介 脱退理由

両者がツインボーカルで歌うのは、清木場が06年3月にEXILEを脱退し、同4月にテレビ朝日系『ミュージックステーション』で6人体制最後のライブを行って以来、約8年ぶりとなる。 EXILEの公式サイトではATSUSHIとSHUNのツーショットを公開。 清木場も自身のサイトで「俺にとって佐藤篤志は世界で一番のボーカリストです。 そんな彼に一緒に唄いたい、と言われ断る理由は微塵もなかったのです。 この事は誰かに理解してもらってまでもやる事ではありません。 僕は単純に彼と唄う事で今の己のレベルを確かめたかった。 勿論、彼と歌えば必然と昔の様に戻ります。 しかし、清木場が求めたのは昔ではありません。 現在二人がどのレベルでハーモニーを奏でられるか?男なら誰もが知りたいモノです」と理解を求めた。 両者は計3曲をレコーディングし、EXILE ATSUSHIの2年ぶりとなるソロ2ndアルバム『Music』(3月12日発売)に2曲、清木場のソロ活動10周年を記念した企画アルバム『唄い屋・BEST Vol. 1』(3月5日発売)に1曲、それぞれ収録される。

次の