ゼリー 冷凍保存。 ゼリー・寒天は冷凍保存できる?解凍したらどうなるか検証!違いや特徴&レシピも

ゼリーの賞味期限・消費期限・日持ちについて

ゼリー 冷凍保存

そもそも、ゼリーって何?! ゼリーの定義は 「ゲル状になった状態」です! 液体が程よい硬さに固まっているものをゼリーと言います。 ゼリーは甘いものでお菓子などに使われていますよね! 原材料には、 ・ゲル化剤 ・寒天 ・ペクチン が主に使われています。 また、ゼリーの原料 「ゼラチン」は実は、動物や植物から作られているのです! 煮魚などを作った時に汁が出ます。 その汁が冷えるとゼリー状になりますよね?! それは「ゼラチンが豊富に入っているから」ということなのです。 ゼリーの賞味期限ってまちまち?! 1)手作りゼリー 賞味期限:24時間程度 2)ウィダーインゼリー 賞味期限:10ヶ月程度 3)贈答用のゼリー 賞味期限:半年〜9ヶ月程度 4)その他、市販の安めのゼリー 賞味期限:おおよそ1週間程度 ゼリーと言っても種類はたくさんありますよね! なので、まずは「賞味期限」を目で確認しましょう。 ゼリーの賞味期限切れ、いつまで大丈夫? ・味が変 ・見た目が変 ・変なものが浮いている などのものは、捨てましょう。 ・手作りゼリーも、「菌の増殖」など衛生面を考えると、捨てたほうが良いです。 賞味期限とは「美味しく食べれる期間」という意味なので、 1日過ぎたからもうダメ・・・ではないのです。 そして「常温保存OK!」というゼリーも多いです。 (ただし、ほぼ全ての商品には直射日光避けて保存してくださいと書かれています。 なので、直射日光に当たらないところで保存していることが大前提です。 ) いざ見たときに「賞味期限切れ!」という経験はありませんか? その場合でも、「味や状態」を確認してみましょう。 基本的に 密封されているゼリーや、容器がアルミのゼリーは 2ヶ月程度なら過ぎても大丈夫! とは言われています。 また反対に、 ・お菓子屋さんで買ったゼリー ・市販でも、プラスチックに入っているゼリー ・自分で作ったゼリー は、賞味期限を過ぎたら食べない方が良いのです。 ゼリーの適した保存方法ってある? 基本、ゼラチンで作られているゼリーは 「冷蔵庫での保存」がオススメです! 「冷凍庫での保存」は避けましょう!! (冷凍庫でも保存OK!と書かれているものは大丈夫です) スポンサーリンク なぜ冷凍庫での保存がダメなのでしょう?? それは、ゼリーが 「水分でできている」からなのです。 実際に溶かすと「ドロドロ・・・」や、 「水と分離した・・・」などになってしまいます。 ですが!中には、 「冷凍しても大丈夫だったよ?」「美味しく食べれたよ?」と言う方もいませんか? それは原材料にポイントがあります! 冷凍しても大丈夫なゼリーは? 「アガー」で作っているゼリーです! ですが「アガー」って聞き慣れない言葉ですよね。。。 私はお菓子屋さん勤務をしていたので「アガー!知ってる!」と思いますが、 そうではない方は「何それ??」だと思います・・・ ゼリー=ゼラチンで作ってるんでしょ?と思ってる方も多いでしょう。 ゼラチンは解凍したら「形が崩れる」のです。 夏や冬などに「贈答用のゼリー」をもらった方は悩みますよね・・・ ゼリーを買った次の日にお中元・お歳暮で届いたら、凹んでしまいますよね。 そういう時には、「原材料」を見てください。 「アガー」が入っている場合は、冷凍保存ができます! 市販のゼリーにも多く使われているので、見てみてください。 ダイエットにゼリー? ゼリーダイエット!という言葉を1度は耳にしたことがある方、 いらっしゃいますよね。 確かに「成功体験」が載っているのは事実です。 惹かれるな〜やってみたいな〜と思う方が多いのも分かります。 私の周りにも「ダイエット」をしよう!と思った方は、 ゼリーでダイエットしようと考えてしまうようです・・・。 ですが、 「栄養の偏り」などの面から考えると、オススメ出来ません。 また、ゼリーにも色々な種類がありますよね。 カロリーを見てみてください。 「意外とカロリーのあるゼリー」もあるのです。 痩せようと思ったのに、体調不良になるし、効果も出ない。。。 ということになったら、大失敗になってしまいます。 ダイエットをお考えの方は、「ゼリーはおやつ代わり」と思いましょう。 まとめ ・ゼリーといっても「賞味期限」はバラバラ ・「アルミに包まれているもの」と、「密封されているもの」は期限が長い! ・期限が切れてもこの2つの場合は2ヶ月程度過ぎてても大丈夫。 ・「アガー」が使われているゼリーは、冷凍できる ・その他は冷凍には向いていない ・ゼリーはお菓子感覚。 ダイエットのメインとしては考えない でしたね。

次の

手作りゼリーの日持ち・賞味期限!冷凍保存や持ち運び方についても!|食べ物info

ゼリー 冷凍保存

スポンサーリンク 気軽に作れて美味しい&安心して食べれる手作りゼリーは、子供から大人までみんなが大好きなスイーツですよね~。 ただ、 ちょっと気になる点が「手作りゼリーってどれくらい日持ちするのか」ってこと。 多く作り過ぎちゃった、またはあえて多めに作ってゆっくり楽しみたい、お友達にシェアしたい・・そんな時、手作りゼリーの賞味期限が気になります。 その為、菌の培養にはゼラチンや寒天が使われているほどなんですって。 市販のゼリーは賞味期限が長いのに手作りゼリーが日持ちしないのはなぜ? ケーキ屋さんなどのショーケースに並んでいるゼリーの賞味期限は短いけど、そうじゃないタイプのゼリー(プラスッチクのケースに入っていてペロっとめくれるフタ付きゼリーとか、ご進物用のゼリーとか、1口タイプのゼリーとか、ウィダーインゼリーなど)って、賞味期限が1週間~長いものだと数ヶ月だったりもしますよね? 中には、常温保存ができるゼリーもあります。 なのに なぜ、手作りゼリーの賞味期限は短いのかというと ・市販のゼリーは滅菌・熱処理されている ・市販のゼリーには保存料やビタミン剤などの添加物が入っている ・容器いっぱいにゼリーが入っていて密閉されている(空気に触れない) ・アルミ製で菌などが混入しにくい容器が使われている(ウィダーインゼリーなどね) ・衛生的な環境で製造されている などがその理由。 これは市販のゼリーはほとんどアガーで作られている為、冷凍保存しても美味しく食べることができるんです。 なので「冷凍保存するかも・・」なんて時はアガーで手作りゼリーを作るのがおすすめ。 ただ、 実はちょっとした裏技でゼラチンの量を増やせば持ち運びは可能に! 通常、ゼラチンで手作りゼリーを作る場合 材料200g:粉ゼラチン5g の割合で作ることと思いますが、 持ち運びの予定がある場合は スポンサーリンク 手作りゼリーの人気レシピ! 最後に手作りゼリーの人気レシピをいくつか紹介しますね。 で、先程も何度かお話ししてきたんですが、手作りゼリーってゼラチン、寒天、アガーなどの凝固剤を使って作ることと思うんですが、どれで作るかによって食感とか作り方が違ってくるんです。 なので、それぞれの特徴をクオカさんの「」を参考に、一部紹介しますのでお好みのもので手作りゼリーを作ってみてくださいね。 では、ゼラチン、寒天、アガーそれぞれを使った人気の手作りゼリーのレシピを紹介していきますね。 手作りゼリーの人気レシピ!寒天を使った人気の手作りゼリーはコレ <糀甘酒ゼリーボンボン> 1、みかんをペーパータオルの上に取り出し、シロップを除く 2、キウイを縦8等分にカットして、さらに厚さ8mmにカットする 3、小さめのお椀やボウル)などに、幅22cmのラップを敷く(6個用意する) 4、3のラップの上にみかんとキウイを等分に入れる 5、小鍋に糀甘酒と寒天を入れ、よく混ぜてから中火にかける 6、沸いたら1分ほどそのまま加熱して、火からおろす 7、4に等分を注ぎ入れ、容器からはみ出たラップをまとめて輪ゴムなどで留める 8、軽く粗熱を取ってから冷蔵庫で1時間以上冷やす ラップで包んだフルーツゼリー、とても可愛いですよね~。

次の

ゼリーの賞味期限・消費期限・日持ちについて

ゼリー 冷凍保存

ゼラチンで作った手作りゼリーの賞味期限。 冷凍できる? 最初に、ゼラチンを使う手作りゼリーの簡単な作り方を紹介したいと思います。 このレシピは、私と子どもがいつもお世話になっているものです。 2.お湯に砂糖を入れ、ゼラチンを入れた後にしっかり混ぜて溶かしましょう。 3.1のジュースに2のゼラチン液を入れながら、泡だて器で混ぜながら入れます。 4.3の液をゼリーカップや容器に入れ、気泡をスプーンで取っておきます。 5.冷蔵庫で約3時間冷やすと完成です。 とても簡単なので、ぜひお試しください! ゼラチンで作った手作りゼリーの賞味期限 このゼラチンを使って作ったゼリーの賞味期限はどれくらいなのでしょうか? 冷蔵庫で保存した場合でも2日が目安です。 2日以上経過してしまうとゼリーの味が落ちてしまうとともに、雑菌が急激に増えてしまいます。 絶対に食べられないということではありませんが、お腹の弱い人や小さな子どもは控えた方が良いでしょう。 ちなみに、ゼラチンの分量で賞味期限が変わる、ということもありません。 ゼラチンで作った手作りゼリーは冷凍できる? では、ゼラチンを使って作ったゼリーは冷凍保存をすることはできるのでしょうか? ゼラチンを使って作ったゼリーは冷凍することができますが、冷凍保存には向いていません。 ゼリーに含まれている水分が離水してしまい、ゼリーのプルプル感を味わうことができなくなってしまいます。 解凍したとしてもゼリー本来の食感に戻ることは無いようです。 寒天で作った手作りゼリーの賞味期限。 冷凍できる? まずは、寒天を使って作るゼリーの作り方を紹介しましょう。 寒天を使う場合は、食感も楽しむことのできるフルーツ缶を使ったレシピがオススメです。 <材料> ・フルーツ缶 お好きな物 1~2缶 500g~600g ・水 缶のシロップと合わせたもの 600cc ・砂糖20g ・粉寒天3g <作り方> 1. フルーツを食べやすい大きさにカットしておきます。 鍋に粉寒天と水を入れ、中火で混ぜながらしっかり溶かしましょう。 2が溶けたら砂糖を入れ、更に混ぜながら溶かします。 容器にフルーツを入れ、寒天液は茶こしを使いながら入れましょう。 泡ができた場合はスプーンで取り除いておきます。 粗熱を取ったら冷蔵庫に入れ固めたら完成です。 寒天で作った手作りゼリーの賞味期限 では、寒天を使って作った手作りゼリーの賞味期限はどれくらいでしょうか? 寒天を使った場合も冷蔵庫で保管しても2日間が目安です。 2日を経過してしまうと味が落ち、雑菌が繁殖してしまうのです。 寒天で作った手作りゼリーは冷凍できる? 寒天で作った手作りゼリーなら冷凍できます! 冷めたら冷凍庫で凍らすのがポイントです。 夏のお弁当のデザートや運動会のお弁当のデザートとしてもピッタリです。 お弁当にはラップでくるんで凍ったまま入れて、保冷剤代わりにも。 寒天は食物繊維たっぷりなので、便秘がちな時などにもいいですね。 まとめ 今回はゼラチンと寒天を使って作った手作りゼリーの賞味期限や冷凍保存について紹介してみましたが、いかがでしたか? どちらの場合も冷蔵庫で保管して2日間が目安となっています。 美味しいゼリーを楽しむためには、早く食べてしまうのが一番のようですね。 ちなみにババロアなど牛乳を使って作った場合は、もっと賞味期限は短くなってしまいます。 牛乳は雑菌が繁殖しやすいので注意しましょう。 ゼラチンで作ったゼリーは冷凍保存はオススメできませんが、寒天で作ったゼリーは冷凍保存できます。 お弁当で持っていくときは、万が一のモレを防ぐために、ラップをしたりタッパーで作って持っていくのが無難です。 アガーを使ったゼリーも冷凍保存ができますよ。

次の