エクセル 名前ボックス 消えた。 名前をつけた範囲の変更【Excel・エクセル】

エクセル復元対策

エクセル 名前ボックス 消えた

エクセルでチェックボックスの作り方 では、さっそくエクセルでチェックボックスを作る方法を説明していきましょう! 【事前準備】開発タブを表示させよう あなたのエクセルのタブに「開発」と書いてある項目がありますか? あればここは飛ばして大丈夫です。 チェックボックスを作ったり、マクロを使用したりなどエクセルで複雑な作業をする際には開発タブが必要になるので、ない人は次の手順で表示させます。 その方法はすごく簡単です。 すると、下の画像のようにマウスカーソルが十字型になります。 チェックボックスを設置したい場所でドラックすれば、このようにチェックボックスが設置されます。 複数のチェックボックスを設置しよう チェックボックスを複数設置したい場合は、チェックボックスをセル内に収まるサイズにし、チェックボックスが入っているセルをオートフィルで増殖できます。 チェックボックスの大きさは変更できない このままだとなんか小さいな~ でも、大きさを変更しようと思って外部の枠を引っ張っても全然大きくならない!どうやって大きさ変更するの?? このようにお困りの方は多いです。 でも残念ながらこのチェックボックスの大きさを変更することはできません。 フォントの大きさの変更もできません。 ただし、フォント部分を削除してセルに直接文字入力する(チェックボックスと切り離して文字を作る)と見かけ上フォントだけは大きくなります。 私も最初あれ?と思いましたが、覚えれば簡単です。 Ctrl+左クリックでチェックボックスを選択状態にしたあと、 Deleteキーを押すと削除できます。 エクセルのチェックボックス活用例 そもそもチェックボックスって何に使えるのか、エクセル初心者にはイメージしづらいかと思います。 次の項目からは、エクセルでチェックボックスを使う具体的な方法例を紹介します! チェックボックスのON・OFF判定 チェックボックスにチェックが入っているか(ONになっているか)、チェックが入っていないか(OFF状態か)の判定ができます。 下画像のようにチェックが入っていると「TRUE」、チェックが入っていないと「FALSE」とリンクしたセルに表示されるようになっているはずです。 同様に、すべてのチェックボックスに同じ作業をしてTRUEとFALSEが表示されるようにしましょう。 ちなみに、この作業はオートフィルでコピーできません。 どうしても1個1個リンクするセルを作るのが面倒な場合は、マクロを使います。 コントロールの書式設定からリンクするセルを選んでOKを押しただけではまだTRUEもFALSEも表示されません。 必ず一度チェックを入れる必要があります。 ただし、値をオンにしてからリンクするセルを選択すればデフォルトでONになりTRUEが表示されます。 いちいちチェック入れて外してをしないでデフォルトでオフ状態でFALSE表示はできないの?と思うかもしれませんが、これまたマクロを使えばできますが初心者には難しいので割愛します。 チェックボックスにチェックが入っている数を数える では、次にチェックが入っている数を数えてみます。 ここからは関数の知識が必要になります。 特定の条件に当てはまる数を数えるには COUNTIF関数を使います。 すると、このようにチェックに応じて数が自動的に表示されます。 具体的活用例 チェックが入っている野菜の合計金額を算出 今度は、チェックが入っている(TRUEになっている)場合、特定範囲の合計を求めることができる SUMIF関数を使ってみます。 上記画像は、野菜の値段がそれぞれ設定してあり、チェックが入っているものだけの値段の合計を算出します。 つまり、「TRUEかFALSEが表示される範囲」の「TRUE」だった場合の「値段の項目がある範囲の合計」を求めることができます。 すると、チェックに応じて自動的に金額が表示されるようになります。 アーカイブ アーカイブ• カテゴリー• 人気記事• ビジネスマンに必須スキルのエクセルですが、表計算やグラフを作るだけがExcelのすべてではありません。 いまどき履歴書を手書きで書く人っていますか 笑 まあまだいるとは思いますし、手書きじゃないと不採用にす... ソフトバンクエアーを解約したらAirターミナルはただのゴミでしょうか? いいえ、実は無線アクセスポイント... Excelのシートの名前を変更したいんだけど、めっちゃ量があって大変。 これを一括で変換できないんだろう... 視聴率ってどうやって計測しているかご存知ですか? 我々がただTVを見ただけでは視聴率に換算されません。... Appleの在宅勤務アドバイザーは、自宅をオフィスにしてMacやiPhone、iPadなどのApple製品のカ... 私は7年近くコールセンターで働いたことがあります。 なので、コールセンターで働くオペレーターの気持ちはよくわかり... iPhoneに搭載されている人工知能Siriですが、実は言語の設定ができます。 自分が勉強したい言語に設... プログラミング初心者はProgateやドットインストールをやったことがあってもpaizaのスキルチェックをした... 戸建ての場合、1階にWiFiルーターがあると2階に電波が届かないケースがあります。 そんなときは、屋内配...

次の

エクセル(Excel)で2つのプルダウンリストを連動しよう♩+INDIRECT関数

エクセル 名前ボックス 消えた

エクセルのシートが表示されない(消えた)時に復元させる まずは、シートが消え時の現象として、たんに シートが最小化されている場合と、本当に消えた(非表示になっている)場合の2通りのパターンがあります。 それぞれのパターンの解決方法を紹介します。 シートが表示されない(消えた)時の復元方法(1) エクセルの左下が、次のようにバーのようなものが表示されてないですか? これは、 シートが最小化されているだけで、シートが消えているわけではないです。 復元手順 『元に戻すボタン』か、『最大化ボタン』を押せば、シートが復元されます。 シートが表示されない(消えた)時の復元方法(2) 続いては、本当にシートが消えている場合。 これは、 シート(正確にはウィンドウ)そのものを非表示にする操作をした可能性があるので、シートを再表示させます。 シートが表示されない(消えた)時の復元方法(3) 次の復元方法です。 例えば、下のエクセルのようにシートは表示されていないのに、ステータスバー(下の赤枠)には 平均、個数、合計が表示され、名前ボックス(左の赤枠)にも名前が表示されている場合は、シートは明らかに存在しています。 実際に、僕はこの現象が発生して『新しいウィンドウを開く』をやってみたら、復活できました。 どうも、複数のブックを同時に開いていて、別なブックで『新しいウィンドウを開く』をしていた時に発生するようです。 シートが表示されない(消えた)時の復元方法(4) 4番目の復元方法です。 そうすると、消えていた(隠れていた)シートが表示される場合があります。 シートが表示されない(消えた)時の復元方法(5) 続いては、 他のシートの見出しはあるのに目的のシートの見出しがない場合。 つまり、見出しがないから目的のシートも表示されていないパターンです。 これはそのシートを非表示にしているのが原因なので、再表示すれば復活することができます。 もし、『再表示』が薄い文字になって選択できない場合は、 非表示になっているシートがないことを示しています。 次に、表示になっていたシートが選択されている状態で『OK』クリック。 すると、シートが再表示されます。 エクセルのシート見出し(タブ)が表示されない時の復元方法(6) 続いては、シートではなく、 見出し(タブ)が消えた時の解決方法。 次の画像のように、シートの見出し(タブ)が消えていることがあります。 これを、シート見出しが表示されるようにします。 そうすると、シート見出し(タブ)が表示されるようになります。 アドインファイル(拡張子がxlam)を開いた時もシートは表示されない これは可能性が低いですが、間違って 通常のエクセルとは異なるアドインファイル(拡張子がxlam)を開いた時は、シートは表示されません。 もし、他の方法でも解決できない場合は、 開いているエクセルファイルの拡張子を確認してください。 『シート見出しを表示する』は選んだブックのみ影響をうける 余談ですが、シート見出しの表示を解決する方法で紹介した 『次のブックで作業する時の表示設定』は全てのブックに影響をあたえません。 『次のブックで作業する時の表示設定』をよく見ると、ブックを選ぶプルダウンリストがありますね。 同時に開いているブックがここに表示され、例えばブックを選んで『シート見出しを表示する』につけないで『OK』を押すと、 選んだブックだけが影響を受けてシート見出しが非表示になります。 つまり、 他のブックはこの設定の影響をうけないということで、逆にいうと、他の人からもらったエクセルだけがシート見出しが非表示になっていることもあるわけです。 いずれにしろ、シート見出しが非表示になっている場合は、落ち着いて今回紹介した方法で解決していきましょう。 シートやタブが表示されない時の6つの復元方法のまとめ シートやシート見出し(タブ)が『表示されない』というのはあまり起こる現象ではないですが、もし起きた場合は、今回紹介した方法で解決してください。 シートや、シート見出しが消えていても、別にエクセルが壊れているわけではないので、あわてずに落ち着いて解決していきましょう^^.

次の

Excelのチェックボックスを削除する方法|Office Hack

エクセル 名前ボックス 消えた

「」では、図のような表のA6からA11番地に「支店名」という名前を、 B6からB11番地に「全支店売上」という名前をつけてみました。 そして、「」では、登録しておいた名前を、ドロップダウンリストの設定に使ったり、 数式に使うことで、便利さを実感していただきました。 また、普段ならでも、名前を使うことで絶対参照の設定が不要になって、数式の設定が簡単になることも、「」のページで実感していただきました。 データが増えたり減ったりして、名前をつけておいた範囲を変更したい時には そんな、なかなかツカエる名前ですが、新たなデータが増えたので、その名前をつけておいた範囲を変更したい場合にはどうすればいいでしょう? 図のように、支店が増えたので、管理するデータが増えたなんて、あるあるです。 【練習用データを操作しながらご覧いただいている方】 図のようにデータを追加してみてください。 データだけ入力できればそれでいいので、増やした箇所の罫線や行の高さなどまで整えなくても大丈夫です。 実際に「支店名」という名前で登録してある範囲はA6からA11番地ですし、「全支店売上」という名前で登録してある範囲もB6からB11番地です。 データが増えたので、それぞれの名前に登録してあるセル範囲も、データを追加したセルも含むよう変更したいところ。 それでは早速、その変更の操作をしてみましょう! どのセルが選択されていても構わないので、[数式]タブ、[定義された名前]グループの[名前の管理]ボタンをクリックすると、 その文書に登録されている名前が一覧になったダイアログボックスが表示されます。 まずは範囲の変更を行いたい名前を選択します。 今回は「支店名」という名前も、「全支店売上」という名前も範囲の変更を行いたいので、どちらから変更を行っていもいいのですが、今回は最初に「支店名」という名前のついた範囲を変更してみることにしましょう。 一覧で「支店名」という名前をクリックで選択すると、ダイアログボックス下部の[参照範囲]に、その名前に登録されている範囲が表示されます。 その[参照範囲]に表示されているものを拡大したのがこれ。 「 !」は「シート」という意味、「 :」は「から」という意味なので、選択した「支店名」という名前の範囲は、「Sheet1のA6番地からA11番地ですよ」ということになります。 この範囲を変更したいので、[参照範囲]の右端にある をクリックすると、 ダイアログボックスが小さくなり、現在その名前に登録されている範囲が、「アリの行列」のようなグルグル動く点線で囲まれます。 今回は、A6からA12番地を正しい範囲としたいので、そのA6からA12番地をします。 この時、せっかくダイアログボックスが小さくなって範囲選択しやすくなったのに、それでも範囲選択するセルのところにダイアログボックスが覆いかぶさってしまい、範囲選択できない場合は、してから、範囲選択します。 改めてしたことで、ダイアログボックスに表示されている範囲を変更することができました! ダイアログボックスを元の大きさに戻すために、右端にあるボタンをクリックすると、 ダイアログボックスを元の大きさに戻すことができます。 でもここで気を抜いてはいけません! この変更を有効にするため、図のようなチェックマークのボタンをクリックすると、ここで初めて変更が有効になります! 続いて、「全支店売上」という名前で登録されている範囲も変更したいので、一覧から「全支店売上」をクリックで選択します。 そう、ダイアログボックスをいちいち閉じなくても、変更の操作を続けて行うことができるんです。 一覧で「全支店売上」という名前を選択したので、ダイアログボックス下部の[参照範囲]に、その名前に登録されている範囲が表示されます。 この範囲を変更したいので、[参照範囲]の右端にある をクリックすると、 ダイアログボックスが小さくなり、現在その名前に登録されている範囲が、「アリの行列」のようなグルグル動く点線で囲まれます。 今回は、B6からB12番地を正しい範囲としたいので、そのB6からB12番地をします。 この時、せっかくダイアログボックスが小さくなって範囲選択しやすくなったのに、それでも範囲選択するセルのところにダイアログボックスが覆いかぶさってしまい、範囲選択できない場合は、してから、範囲選択します。 改めてすることで、ダイアログボックスに表示されている範囲を変更することができました! ダイアログボックスを元の大きさに戻すために、右端にあるボタンをクリックすると、 ダイアログボックスを元の大きさに戻すことができます。 繰り返しますが、ここで気を抜いてはいけません! この変更を有効にするため、図のようなチェックマークのボタンをクリックすると、ここで初めて変更が有効になります! これで、範囲を変更したかったもの全ての変更が終わったので、最後に[閉じる]ボタンをクリックしてダイアログボックスを閉じます。 スポンサーリンク 名前をつけた範囲を変更するだけで、あらゆる箇所の表示が変わった! データの追加に合わせて、名前に登録されている範囲を変更しただけなのに、な、な、なんと! その名前を使っている数式の結果が変わりました! 支店が追加された分、全支店数を表示しているB3番地も、順位を表示しているC6からC11番地も、それに合わせて結果の表示が変わっています! なぜ数式の結果が変わったのか? もうお気付きの方もいらっしゃいますね? 例えば、B3番地をすると、そのセルに設定されている数式の中身を数式バーで確認できるわけですが、B3番地に設定されている数式は「「支店名」という 名前のついた箇所の、」という意味であり、けして「何番地から何番地までのセルの個数を数えてね」という数式ではありません。 更に、順位欄の先頭のセルであるC6番地をして、数式バーでそのセルの数式の中身を確認してみます。 やはりこちらも、「「全支店売上」という 名前のついた中でしてね」という意味で、けして「何番地から何番地の中で順位付けしてね」という数式ではありません。 このC12番地の数式は、1つ上のC11番地のなので、 コピー元となる数式が入っているC11番地をし、 すれば、 追加した欄にも数式を埋めることができました。 スポンサーリンク 利点がいまいち実感できなければ、あえて不便さを実感してみよう さて、前の章では、 名前に登録された範囲を変更するだけで、その名前を使った数式や設定の結果表示まで一気に変わる という、名前を使う最大の利点と言っても過言ではない利点をご紹介しましたが、中にはこの利点を実感できない方もいらっしゃるかもしれません。 そんな場合もご心配なく。 「便利さ」を実感できなければ、「不便さ」を実感すれば、おのずと「うわぁ、これ便利〜」ってなります。 【練習用データを操作しながらご覧いただいている方】 画面左下のシート見出しをクリックして、「Sheet2」に切り替えておいてください。 この表は、先程までと同じ作りの表ですが、支店の名前が入力されているセル、売上が入力されているセルそれぞれに、名前を登録していません。 名前を登録していないので、B2番地のの設定にも、当然名前を使っていません。 実際にその設定を確認してみましょう。 表示されたダイアログボックスの[設定]タブで、[入力値の種類]が[リスト]になっていることから、これがドロップダウンリストの設定であることが分かります。 このダイアログボックスの[元の値]欄が、リストで一覧表示されるデータの在りかを設定するところなわけですが、ここには「A6からA11番地」のデータが表示されるように設定されていることが分かります。 名前ではなく、 セル番地で指定されているわけですね。 確認が終わったら、[キャンセル]ボタンをクリックして、ダイアログボックスを閉じておきます。 B3番地に設定されている数式も確認してみましょう。 B3番地をすると、数式バーでそのセルに入力されている数式の中身を確認できます。 このセルには、「A6からA11番地」のよう、数式が設定されています。 やはりこの数式も、名前ではなく、 セル番地で指定されています。 更に、順位欄の先頭のセルであるC6番地をして、数式バーでそのセルの数式の中身を確認してみましょう。 ここに設定されている数式は、「B6からB11番地」の中でするよう、数式が設定されています。 やはりこの数式も、名前ではなく、 セル番地で指定されています。 ここで新たに支店名と、その売上の数字を追加しました。 追加入力したことで、Excelの「リストオートフィル」という機能が働き、C12番地に自動的に数式が入力されますが、エラーメッセージが出ています。 これについては後でご説明しますので、今は先に進みます。 【練習用データを操作しながらご覧いただいている方】 データだけ入力できればそれでいいので、増やした箇所の罫線や行の高さなどまで整えなくても大丈夫です。 名前を登録していた表の場合は、この後、データを追加したところも範囲に含むよう、名前に登録された範囲の変更を行ったわけですが、今回は名前を登録すらしていないので、当然その操作は必要ありません。 データを追加したので、追加したデータも含めて設定されなければならない箇所を、もう一度確認していきましょう。 ダイアログボックスの[元の値]欄には、「A6からA11番地」という セル番地のデータがリストとして表示されるように設定されていますが、増えたA12番地のデータも含むよう、この設定を変更しなければなりません。 設定にセル番地を使っているので、その設定で使われる範囲を変えたければ、その設定を直接編集するしかないからです。 ところがもし、「「支店名」という 名前のついた箇所を、リストの一覧として表示してね」のように、設定に名前を使っていれば、ドロップダウンリストには常に「支店名」という名前が付いた範囲のデータが表示されるので、支店のデータが増えようが減ろうが、 名前に登録された範囲を変更するだけいいので、そもそもこの設定を直接変更する必要はありません。 今回はダイアログボックスの設定を変更せず、確認しただけで先に進みましょう。 [キャンセル]ボタンをクリックして、ダイアログボックスを閉じておいてください。 今度は、B3番地に設定してある関数。 B3番地をして、数式バーでそのセルの中身を確認します。 このセルには、「A6からA11番地」という セル番地の範囲で、よう数式が設定されているため、増えたA12番地のデータも個数に含まれるよう、この数式を変更しなければなりません。 数式にセル番地を使っているので、計算に使われる範囲を変えたければ、その数式を直接編集するしかないからです。 もし、「「支店名」という 名前のついた箇所の、セルの個数を数えてね」のように、設定に名前を使っていれば、このセルには常に「支店名」という名前が付いた範囲のセルの個数が表示されます。 支店のデータが増えようが減ろうが、 名前に登録された範囲を変更するだけいいので、そもそもこの数式を直接修正する必要はありません。 C12番地は、データを追加した時に、リストオートフィルというExcelの機能が自動的に働いて、勝手に入力されたものです。 そのC12番地をして、数式バーを見ると、「B12番地に入力されている売上は、B6からB11番地の売上の中で何位ですか」という数式になっていることが分かります。 全支店の売上の中でしたいのに、追加したB12番地の売上を含まず順位付けするよう設定されてしまっています。 これは、「順位」欄の先頭であるC6番地の数式も同様で、「B6からB11番地」という セル番地を使ってするよう設定されているため、増えたB12番地のデータも順位付けに含まれるよう、この数式も変更しなければなりません。 数式にセル番地を使っているので、計算に使われる範囲を変えたければ、その数式を直接編集するしかないからです。 でも、もし、「「全支店売上」という 名前のついた中で順位付けしてね」のように、数式に名前を使っていれば、セルには常に「全支店売上」という名前が付いた中での順位が表示されます。 支店のデータが増えようが減ろうが、 名前に登録された範囲を変更するだけいいので、そもそも数式を直接修正する必要はありません。 と、ここまで見ていただいたように、数式や設定でセル番地を指定している場合には、「このセル番地を見に行ってくださいね」という指定になっているため、データが増えたり減ったりすると、その範囲を使っている数式1つ1つ、設定1つ1つをいちいち変更していかなければなりません。 それに対して名前を使っていれば、「この名前の部分を見に行ってくださいね」という指定になるため、データが増えたり減ったりしたとしても、名前の範囲の変更をするだけで良く、数式や設定を1つ1つ変更する必要が無いというわけなんです。 今回の支店のように、その支店そのものが増減する可能性があって、尚且つそのデータを基に様々な数式や設定を行う場合には、名前を使うと変更の手間を一気に減らせるというわけです!.

次の