ヤマハ yas 109。 【2019年】コスパ最強サウンドバー!壁掛けOK!壁寄せテレビスタンドOK!Amazon Alexa内蔵の最強サウンドバー★ヤマハ YAS

【2019年】コスパ最強サウンドバー!壁掛けOK!壁寄せテレビスタンドOK!Amazon Alexa内蔵の最強サウンドバー★ヤマハ YAS

ヤマハ yas 109

仕様と総評|文句なしの出来 抜粋して掲載。 4GHz Bluetooth Version 4. 2 SBC,AAC対応 対応距離最大10m 消費電力 最大30W 待機時0. 2W ~ 2. 2W 使用機能による 固有機能 サラウンドモード 3Dサラウンドモード バスエクステンション ミュージックエンハンサー クリアボイス 自動スタンバイ機能 副音声切替 YAS-109はサブウーファーが内蔵された一体型のサウンドバーです。 省スペースなのが最大のメリットで、 「小さく、安く」というコンセプトは変わらずに継承されています。 (発売時価格はYAS-108と1000円しか変わらず、サイズは据え置き) その上で3Dサラウンド機能「DTS Virtual:X」に対応して前方・左右はもちろん、上下後方からも包み込むような出力が魅力です。 「今までテレビのスピーカーしか使ってこなかった人が最初に購入するサウンドバー」 エントリーモデルであるYAS-109はまさにコレです。 ホームシアタースピーカーに関しては上を見れば果てしなく遠くまで存在しています。 「しっかり効果を体感したい」「スペースは取りたくない」「安いほうがいい」 まさに、コスパを求める人に最適な三拍子が揃ったスピーカーです。 1万円を切る激安のサウンドバーもありますが、体感としては 「外付けスピーカー置いただけ」になりがち。 YAS-109はあくまでも「ホームシアタースピーカー」として、しっかり鳴らしてくれるのが魅力です。 私のテレビが5年ほど前の物なのもあるでしょうが、音を比較すると雲泥の差でした。 全然聞こえてなかった音が拾えています。 YAS-109の外観・写真 Alexaで出来ること• ボリュームアップ、ダウン• Amazon Musicと連携して音楽の再生• 天気や交通情報を確認するなどの基本的機能 私はAlexaスピーカーのAmazon Echoを複数台所持していて、当然リビングにも設置しています。 重複して作動してしまうので、私の場合は完全に不要でした。 本体マイクをOFFにすることで完全無効化ができますので、不要な人もご安心下さい。 下記YAS-108との比較で詳しく書いておりますが、Wi-fi接続をしなければ消費電力、待機電力共に前機種よりも省エネです。 個人的にはスマホ内の音楽をすぐに鳴らせるのが便利で、Wi-fiは接続したままにしています。 Amazon Music Unlimitedは月額780円の「音楽聴き放題」サービスです。 YAS-109から直接音楽を再生することが出来て、凄く便利です。 なお、Spotifyは専用アプリから連携し再生できますが、Amazon MusicはAlexa機能を利用して再生を行います。 今後のアップデートでAlexa機能をOFFにした状態でも使えるようになると良いのですが…。 0 Ver 4. 2 消費電力 27W 30W 待機電力 0. 3W or 1. 2W 0. 2W~2. 2W ネットワーク機能 無し 有線接続 Wi-fi接続 Alexa連携 Spotify再生 AmazonMusic再生 BluetoothのVerが謎に下がっておりますが、音声送受信においてはまったく関係ありませんのでご安心を。 やはり最大の違いはネットワーク機能への対応で、それに伴って最大消費電力や最大待機電力が上昇しています。 待機電力に関しては最小値が改善しているので、下記表のように不要な機能をOFFにすればYAS-108より節約できるのも特徴です。 HDMIコントロールオフ 0. メディア・評論家向け非公開内覧会で体験したを引用致します。 【高音の音質】 前モデル「YAS-108」は大ヒットして価格comのランキングでも1位ですが、 さらに音質の向上を図るべく、スピーカーの振動版やコイルなど細部まで見直したそうです。 実際に聴いても効果は明らか。 素の音(特性)が改善され、電気的な後調整(EQ)が少ないようで、より自然で耳触りも良く感じます。 【低音の音質】 同シリーズは年々低域の質感表現能力が高くなってきましたが、 前YAS-108と比較してもさらにスッキリとキレのある低域が楽しめます。 また、 製造上のバラつきも少なくなるよう工夫しているとのことで、本機の特徴のひとつである「DTS Virtual:X」の効果も精度が向上した印象。 前機種YAS-108は初期不良とまでは言わないものの、テレビ等との相性不良で交換対応をしてもらったというレビューが見られました。 こればかりは多くのユーザーの手に届かないと難しいでしょうが、YAS-109ではそういったことが無いといいですね。 大幅な進化は 謳 うたわれていませんが、よほどの価格差が無い限り前機種を購入するメリットはなさそうです。 まとめ|価格が落ち着けば超オススメのサウンドバー 参考: ネックは価格です。 私は発売前予約をしたのでその時点で 28,000円。 エントリーモデルとしてはちょっと高い。 しかし、 前機種YAS-108も発売前予約時点では27,000円でした。 発売直後から価格競争が始まり、 1ヶ月後には21,000円まで落ちています。 その後在庫切れで価格が微上昇しますが、発売3ヶ月後からは長期間20,000円台をキープしています。 YAS-109も同様の価格推移をするのではないでしょうか? 25,000円以下なら「テレビを見たい」「HuluやNetflixで映画を見たい」などのニーズに対するエントリーモデルとしては敵無しだと感じます。 エントリーモデルはコスパありきなので、無理して高い時期に買うのは勿体無いです(ブーメラン) 急ぎでない人は価格を見ながら、購入機会を待つのが良いでしょう。 結論は「超オススメ」です。

次の

【2019年】コスパ最強サウンドバー!壁掛けOK!壁寄せテレビスタンドOK!Amazon Alexa内蔵の最強サウンドバー★ヤマハ YAS

ヤマハ yas 109

それが ちょうど1年経った今年の7月に後継機としてパワーアップした「YAS 109」が発売となりました! 実はわたし自身「YAS 109」が発売することを知らずに、先月まで「ヤマハ YAS-108」を ビックカメラ店頭で何度も試し聞きして、その音の良さに感動し、絶対に購入しようとしていた矢先のニュースで、更に「YAS 109」は108よりも更に進化しているため、絶対にこれを買うしかありません!! そこで、購入前にまず、「YAS 109」にどんな機能があるのかおさらいしていきましょう! 設置 設置が手軽なので、女性でも簡単に設置できます。 テレビ台の設置はそのままテレビ台に置くだけです。 壁掛けの場合は、 同梱のスペーサーを使えばOKです。 壁掛けの場合でも、壁に穴を開けたくない場合は、下記のを購入して取り付ければOK!壁寄せテレビスタンドの場合も、同じです。 音 テレビ番組だけでなく、レンタルしてきた 映画、スポーツ、ゲーム、音楽を迫力ある音で楽しめます。 またクリアボイス機能搭載なので、テレビのナレーション、映画のセリフが心地よく聞こえ、人の声が聞き取りにくい方にはオススメの機能です。 さらに、バーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」に対応しているので、前方・左右・後方だけでなく、 上方向からも音に包まれるような広がりも再現できるようになっています。 大きさ 幅、高さ、奥行きは、108と変わらないので、すでに108をお持ちの方は、109にしても大きさは変わりなく利用できます。 4kgに留めています。 外観 yas 109 外観 YAS108譲りの ファブリック素材で、とてもオシャレで部屋のインテリアに合わせられます。 yas-109 インテリア yas109前面 yas109背面 内蔵のAlexaボイスコントロール 今回の1番の目玉機能といえば、この Amazon Alexa(アマゾン アレクサ)を内蔵したAVS(Alexa Voice Service)機能だと思います。 このアレクサを使うと何ができるかというと、部屋の中でスピーカーと会話できます!• YAS109を声で操作できます。 「アレクサ、音量上げて」「アレクサ、ジャズをかけて」「アレクサ、90年台のJ-POPをかけて」「アレクサ、次の曲はなに?」「アレクサ、次の曲をかけて」「アクレサ、音楽を止めて」• お天気を確認できます。 「アレクサ、明日の天気は?」• タイマーをセットできます。 「アレクサ、10分間のタイマーをセットして」 ちなみに、声で操作できるサービスは、以下の3つのサービスです。 (2019年6月現在)• Amazon Music• Kindle• TuneIn 今なら、です。 Amazonプライムに加入していない会員でも、月980円で好きなアーティストの曲が聴き放題!! 更に更に!! YAS109はサウンドスピーカーの姿をしながら、実は スマートホーム機器を操作することが可能です。 以下の Zigbee対応のスマートホームハブ内蔵機器(Alexa対応家電コントローラー)とYAS109を接続すれば、自宅の電気を付けたり消したりすることもできます!ちなみに、内蔵のAlexaを使用しての音楽再生などにはスマートホームハブは必要ありません。 Amazon Echo Plus Amazon Echo Plus(エコープラス)第2世代 Amazon Echo Show(エコーショー)第2世代 Alexaでスマートホーム機器を操作するためには 内蔵のAlexaにAlexaアプリよりスマートホームスキルを追加することで、スマートホーム機器を操作することが可能になります。 Alexa対応のFireタブレットでも利用できます。 ネットワーク接続(有線、無線)対応 YAS109本体と無線LANで接続できるようになっています。 無線で接続する場合は、ヤマハの公式Sound Bar Controller アプリ「Home Theater Controller」をインストールして接続します。 また、通信速度を早くするために、有線LANのケーブルを接続する端子が付いています。 音声が途切れるなどの通信速度が気になる方には有線LANがオススメです。 有線LANのケーブルは、通信速度を最速で利用するために、 CAT-5 以上のSTPストレートケーブルを購入してください。 ストリーミングサービス対応 スマートフォン(スマホ)に入れた「Spotify Connect」アプリを使えば、スマホで再生した音楽をYAS-109のスピーカーで迫力ある音でストリーミング再生で聞くことができます。 手持ちのスマホやタブレットの音楽をスピーカーから再生できる iPhoneやAndroidに入っている音楽や、Youtubeの音声など、普段スマホで再生している音をBluetoothで接続して、スピーカーから再生することができます。 休日や平日の夜など、音楽でリラックスするのも良いですよね。 サブウーファーも接続可能 YAS109はサブウーファーを内蔵していますが、低音が物足りない方は、強化するためにアンプ内蔵の外部サブウーファーも接続できます。 接続はモノラルピンケーブル(RCA to RCA)で行います。 また、いまおすすめの売れ筋サブウーファーのランキングトップ5を1位からご紹介します。 1位 購入する前に 最高のサウンドバーを最高の環境で利用するために、事前に以下についてチェックしておいてください。 テレビがARCに対応しているか 手持ちのテレビが「オーディオリターンチャンネル(ARC)」に対応しているかをチェックしておいてください。 もしARCに対応していれば、テレビ側のARC対応の端子とYAS109側のHDMI OUT ARC 端子をARC対応のHDMIケーブル1本で接続することで、 映像と音声を一緒に伝送することが可能になります。 ちなみに、YAS109には「ARC対応のHDMIケーブル」は同梱されていません。 なので、ARC対応のHDMIケーブルを購入する際は、以下3点に注意してください。 HDMIロゴ入りのHDMIケーブル(19 ピン)!• 信号の劣化を防ぐため、なるべく短い1mのHDMIケーブルが必須!• 3D映像、4K映像を楽しむ場合は、プレミアムハイスピードHDMIケーブルがオススメ 個人的に一番おすすめなのが、国産ブランドのエレコムのHDMIケーブル。 見た目も格好良く、ケーブルもナイロンメッシュ素材で太さもしっかりしており、安心して利用できます。 さらに価格も安くお買い得なのでなお良し!長さは、大体テレビとサウンドスピーカーは1mのケーブルがあれば十分届きます。 心配な方は1. 5mを購入してください。

次の

2万円でテレビの音質が大幅向上!ヤマハサウンドバー『YAS

ヤマハ yas 109

仕様と総評|文句なしの出来 抜粋して掲載。 4GHz Bluetooth Version 4. 2 SBC,AAC対応 対応距離最大10m 消費電力 最大30W 待機時0. 2W ~ 2. 2W 使用機能による 固有機能 サラウンドモード 3Dサラウンドモード バスエクステンション ミュージックエンハンサー クリアボイス 自動スタンバイ機能 副音声切替 YAS-109はサブウーファーが内蔵された一体型のサウンドバーです。 省スペースなのが最大のメリットで、 「小さく、安く」というコンセプトは変わらずに継承されています。 (発売時価格はYAS-108と1000円しか変わらず、サイズは据え置き) その上で3Dサラウンド機能「DTS Virtual:X」に対応して前方・左右はもちろん、上下後方からも包み込むような出力が魅力です。 「今までテレビのスピーカーしか使ってこなかった人が最初に購入するサウンドバー」 エントリーモデルであるYAS-109はまさにコレです。 ホームシアタースピーカーに関しては上を見れば果てしなく遠くまで存在しています。 「しっかり効果を体感したい」「スペースは取りたくない」「安いほうがいい」 まさに、コスパを求める人に最適な三拍子が揃ったスピーカーです。 1万円を切る激安のサウンドバーもありますが、体感としては 「外付けスピーカー置いただけ」になりがち。 YAS-109はあくまでも「ホームシアタースピーカー」として、しっかり鳴らしてくれるのが魅力です。 私のテレビが5年ほど前の物なのもあるでしょうが、音を比較すると雲泥の差でした。 全然聞こえてなかった音が拾えています。 YAS-109の外観・写真 Alexaで出来ること• ボリュームアップ、ダウン• Amazon Musicと連携して音楽の再生• 天気や交通情報を確認するなどの基本的機能 私はAlexaスピーカーのAmazon Echoを複数台所持していて、当然リビングにも設置しています。 重複して作動してしまうので、私の場合は完全に不要でした。 本体マイクをOFFにすることで完全無効化ができますので、不要な人もご安心下さい。 下記YAS-108との比較で詳しく書いておりますが、Wi-fi接続をしなければ消費電力、待機電力共に前機種よりも省エネです。 個人的にはスマホ内の音楽をすぐに鳴らせるのが便利で、Wi-fiは接続したままにしています。 Amazon Music Unlimitedは月額780円の「音楽聴き放題」サービスです。 YAS-109から直接音楽を再生することが出来て、凄く便利です。 なお、Spotifyは専用アプリから連携し再生できますが、Amazon MusicはAlexa機能を利用して再生を行います。 今後のアップデートでAlexa機能をOFFにした状態でも使えるようになると良いのですが…。 0 Ver 4. 2 消費電力 27W 30W 待機電力 0. 3W or 1. 2W 0. 2W~2. 2W ネットワーク機能 無し 有線接続 Wi-fi接続 Alexa連携 Spotify再生 AmazonMusic再生 BluetoothのVerが謎に下がっておりますが、音声送受信においてはまったく関係ありませんのでご安心を。 やはり最大の違いはネットワーク機能への対応で、それに伴って最大消費電力や最大待機電力が上昇しています。 待機電力に関しては最小値が改善しているので、下記表のように不要な機能をOFFにすればYAS-108より節約できるのも特徴です。 HDMIコントロールオフ 0. メディア・評論家向け非公開内覧会で体験したを引用致します。 【高音の音質】 前モデル「YAS-108」は大ヒットして価格comのランキングでも1位ですが、 さらに音質の向上を図るべく、スピーカーの振動版やコイルなど細部まで見直したそうです。 実際に聴いても効果は明らか。 素の音(特性)が改善され、電気的な後調整(EQ)が少ないようで、より自然で耳触りも良く感じます。 【低音の音質】 同シリーズは年々低域の質感表現能力が高くなってきましたが、 前YAS-108と比較してもさらにスッキリとキレのある低域が楽しめます。 また、 製造上のバラつきも少なくなるよう工夫しているとのことで、本機の特徴のひとつである「DTS Virtual:X」の効果も精度が向上した印象。 前機種YAS-108は初期不良とまでは言わないものの、テレビ等との相性不良で交換対応をしてもらったというレビューが見られました。 こればかりは多くのユーザーの手に届かないと難しいでしょうが、YAS-109ではそういったことが無いといいですね。 大幅な進化は 謳 うたわれていませんが、よほどの価格差が無い限り前機種を購入するメリットはなさそうです。 まとめ|価格が落ち着けば超オススメのサウンドバー 参考: ネックは価格です。 私は発売前予約をしたのでその時点で 28,000円。 エントリーモデルとしてはちょっと高い。 しかし、 前機種YAS-108も発売前予約時点では27,000円でした。 発売直後から価格競争が始まり、 1ヶ月後には21,000円まで落ちています。 その後在庫切れで価格が微上昇しますが、発売3ヶ月後からは長期間20,000円台をキープしています。 YAS-109も同様の価格推移をするのではないでしょうか? 25,000円以下なら「テレビを見たい」「HuluやNetflixで映画を見たい」などのニーズに対するエントリーモデルとしては敵無しだと感じます。 エントリーモデルはコスパありきなので、無理して高い時期に買うのは勿体無いです(ブーメラン) 急ぎでない人は価格を見ながら、購入機会を待つのが良いでしょう。 結論は「超オススメ」です。

次の