マラカイト ハリ トカゲ。 世界でいちばん青いヤツ : ビーボックスアクアリウム 爬虫類・両生類情報

世界でいちばん青いヤツ : ビーボックスアクアリウム 爬虫類・両生類情報

マラカイト ハリ トカゲ

分布 [編集 ] 、、、、、、、南東部 形態 [編集 ] 全長15-26cm。 幼体やメスの成体は緑褐色から茶褐色。 オスの成体は背面が光沢のある緑色で、腹面の両脇は青色。 尾が緑がかった青色になる。 頚部側面に黒い斑紋があり、咽頭部がオレンジ色になる個体もいる。 種小名 malachiticusは「(マラカイト)の」の意で、オスの色彩に由来するものと思われ和名と同義。 体色は環境や気分によってある程度変化させることができる。 生態 [編集 ] やにある岩場に生息する。 半樹上棲で主に地表で生活するが、樹上にも登る。 食性は動物食の強いで、、、、、植物の葉等を食べる。 繁殖形態は。 妊娠期間は3-4ヶ月で、1回に3-5頭の幼体を産む。 人間との関係 [編集 ] ペットとして流通されることもあり、日本にも輸入されている。 主に野生個体が流通するが、飼育下繁殖個体が流通することもある。 属内でも流通量が多いが、近似種も本種の名前で流通している。 で飼育される。 流木や岩等を組んで活動場所や隠れ家にする。 流木や岩はしっかり組み合わせるか固定し、それらが崩れて生体が下敷きにならないようにする。 湿度が高く蒸れた環境で飼育すると、皮膚に粒状の腫瘍ができ最終的に命を落とすことが多い。 予防としてケージ内の通気性を確保し、万が一症状が現れた個体は他個体から隔離し獣医師の判断を仰ぐ。 長期間水分を採らないとすぐに命を落としてしまうが、水容器に気付かないことも多い。 小型の保温用の電球等をケージ内の一部へ照射する。 朝や照明を点灯した際に壁面に霧吹きを吹き付けた水を飲ませたり、水容器に水滴を常に落としたりエアーポンプで水面を動かすことにより水容器に気付かせる。 岩や流木等を組んで活動場所や隠れ家にする。 餌は小さ目のコオロギ等を与える。 餌に対しては事前に野菜等の餌を与えたり、サプリメントを振りかけて栄養価を上げる。 少量の果実も食べるため昆虫ゼリーをケージ内に設置すると食べることもある。 関連項目 [編集 ] ウィキスピーシーズに に関する情報があります。 ハリトカゲ属 参考文献 [編集 ]• 監修 長坂拓也編 『爬虫類・両生類800種図鑑 第3版』、ピーシーズ、、34頁。 この項目は、に関連した 書きかけの項目です。 などしてくださる(Portal:生き物と自然/)。

次の

マラカイトハリトカゲとは

マラカイト ハリ トカゲ

昼行性ですが意外と高温多湿を好むと聞きました。 飼っていてそのようには感じませんでした。 自然界では森林や岩場に棲息しているそうですが、飼育下ではとくに湿度維持にこだわりませんでした。 オスはひじょうに美しい色をしています。 この鮮やかな緑色はなかなか素晴らしいです。 サイズ的にも、俊敏な動きも、小さな小鳥のようです。 対するメスは、地味な色合いです。 これはまぁ、セオリーどおりですが。 オスはメスの気を引くために鮮やかな色合いになり、メスは子供を守るために地味な色合いになるのでしょう。 オスの腹面、これはたぶん婚姻色ですね。 成熟したオスの繁殖期に現れる色です。 頭部の比較、左がオス。 単色のオスに対して、メスは黒い斑紋が目立ちます。 ハリトカゲの由来にもなるトゲトゲのうろこ。 触るとチクチクします。 チョコマカとよく動き回り、いろんな表情を見せてくれる可愛いトカゲでした。 ただ、あまりにも俊敏で吊り扱いが大変でした。 なかなか飼育者になれず、メンテナンス時も逃げ回りましたし。 雌雄はとても仲よくしていましたが、繁殖には至らず、半年ほどでメスが死んでしまいました。 うまくゆけば卵胎生で、数頭の子供を産むそうです。 日光浴も好きでしたが、砂にもよく潜りました。 半樹上性の森林生活者にしては、砂に慣れているのが不思議でしたね。

次の

マラカイトハリトカゲとは

マラカイト ハリ トカゲ

分布 [編集 ] 、、、、、、、南東部 形態 [編集 ] 全長15-26cm。 幼体やメスの成体は緑褐色から茶褐色。 オスの成体は背面が光沢のある緑色で、腹面の両脇は青色。 尾が緑がかった青色になる。 頚部側面に黒い斑紋があり、咽頭部がオレンジ色になる個体もいる。 種小名 malachiticusは「(マラカイト)の」の意で、オスの色彩に由来するものと思われ和名と同義。 体色は環境や気分によってある程度変化させることができる。 生態 [編集 ] やにある岩場に生息する。 半樹上棲で主に地表で生活するが、樹上にも登る。 食性は動物食の強いで、、、、、植物の葉等を食べる。 繁殖形態は。 妊娠期間は3-4ヶ月で、1回に3-5頭の幼体を産む。 人間との関係 [編集 ] ペットとして流通されることもあり、日本にも輸入されている。 主に野生個体が流通するが、飼育下繁殖個体が流通することもある。 属内でも流通量が多いが、近似種も本種の名前で流通している。 で飼育される。 流木や岩等を組んで活動場所や隠れ家にする。 流木や岩はしっかり組み合わせるか固定し、それらが崩れて生体が下敷きにならないようにする。 湿度が高く蒸れた環境で飼育すると、皮膚に粒状の腫瘍ができ最終的に命を落とすことが多い。 予防としてケージ内の通気性を確保し、万が一症状が現れた個体は他個体から隔離し獣医師の判断を仰ぐ。 長期間水分を採らないとすぐに命を落としてしまうが、水容器に気付かないことも多い。 小型の保温用の電球等をケージ内の一部へ照射する。 朝や照明を点灯した際に壁面に霧吹きを吹き付けた水を飲ませたり、水容器に水滴を常に落としたりエアーポンプで水面を動かすことにより水容器に気付かせる。 岩や流木等を組んで活動場所や隠れ家にする。 餌は小さ目のコオロギ等を与える。 餌に対しては事前に野菜等の餌を与えたり、サプリメントを振りかけて栄養価を上げる。 少量の果実も食べるため昆虫ゼリーをケージ内に設置すると食べることもある。 関連項目 [編集 ] ウィキスピーシーズに に関する情報があります。 ハリトカゲ属 参考文献 [編集 ]• 監修 長坂拓也編 『爬虫類・両生類800種図鑑 第3版』、ピーシーズ、、34頁。 この項目は、に関連した 書きかけの項目です。 などしてくださる(Portal:生き物と自然/)。

次の