進撃の巨人 129話 ネタバレ。 【進撃の巨人】最新話129話「懐古」のネタバレ解説考察感想 by タキ

進撃の巨人ネタバレ最新129話確定【ついにエレンがマーレ大陸に?】

進撃の巨人 129話 ネタバレ

2020年6月9日 火 発売の別冊少年マガジンに掲載予定の進撃の巨人本誌129話のネタバレ最新確定速報をお届けします。 進撃の巨人の では、無血で飛行艇を乗っ取る方法を模索する104期の姿が描かれていました。 同期と争いたくないアルミンたちに対し、ライナーは「お前たちが手を出す必要はない」と発言。 しかし、アルミン、コニー、ミカサ、ジャンも協力することを決意します。 フロックをだまし、飛行艇を手に入れるまであと一歩のところまで迫りますが、作戦は失敗。 コニーはアルミンが撃たれたのを見て、ダズとサムエルに銃を向けるのでした。 今回は「【進撃の巨人本誌ネタバレ129話最新話確定速報】マガトが犠牲になりハンジたちはマーレに向かう」と題し紹介していきます。 現在進撃の巨人は129話となっていますが、これまでの話を読み返したいと思われる場合は、単行本を 電子書籍でお得に読みましょう。 電子書籍でしたら 売り切れも気にせず、外に出ることなく すぐに 無料で読むことができます。 更には2020年秋にアニメFinalSeasonも始まりますので、アニメも一緒にイッキ見してみませんか? 今すぐ読み直したいと思ったら下のリンク先で、おすすめのサイトを紹介していますのでチェックしてください。 進撃の巨人ネタバレ129話最新話速報 進撃の巨人128話読み終えて マガトはカッコ良かったしアニとライナーが背中合わせて戦ってるのカッコ良かったしキヨミめっちゃ強いしサムエルとコニーの所は複雑な感じだし面白かった! 129話以降も気になるっ! — ITKさん【シノン推しの会No.85】 13ypWuZbDOMLogX 進撃の巨人最新話129話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。 ここからネタバレを含みますので注意してください。 それぞれの戦い 同期であるダズとサムエルを殺してしまったアルミンとコニー。 人類にためとはいえ、人間、それも同期を殺してしまったのが相当ショックなようです。 その頃、アニとライナーは巨人に変身してイェーガー派と戦っていました。 地下ではジャンとハンジ、マガトらがキヨミと合流。 今の状況に絶望しますが、とにかく超巨大巨人の歩みを止めなければと、船で移動することに。 そのうなじにイェーガー派が飛んできますが、ミカサのおかげでうなじを切られることはありませんでした。 雷槍に気を付けるようアニに伝え、別の場所へ移動するミカサ。 その頃、フロックはキヨミたちが逃げているのに気づきますが、ミカサとハンジによって妨害されてしまいます。 フロックの周りにいたイェーガー派を片付けるも、別の場所からキヨミを狙う銃弾が…。 何とか避けたものの、次なる銃弾がキヨミたちに放たれました。 もうだめかと思いましたが、ライナーが間に入り、キヨミたちを守ってくれたのです。 すかさずイェーガー派から雷槍を打ち込まれるライナー。 さすがのライナーでも雷槍の傷みは堪えるようです。 その裏ではマガトが銃でイェーガー派に応戦し、次々と敵を仕留めていきます。 キヨミたちを守ろうと手を伸ばすアニにも雷槍が撃ち込まれ、左手が破壊されてしまいました。 倒れたキヨミたちを立たせ、船まで走れと指示を出すマガト。 アニはキヨミたちの盾になろうとしますが、そこへ大量の雷槍が撃ち込まれます。 顔面に狙いを定めた雷槍がアニを襲い、まずいと思った次の瞬間、なんとライナーがアニを守ってくれのです。 現状に驚くフロック 巨人と人間が協力しながら戦う姿が信じられないフロック。 また、これまで敵だった者たちが協力する姿にも驚いていました。 イェーガー派のほかの隊員はこの戦いに乗り気ではないようです、みな青ざめた表情をしています。 そんな隊員たちを鼓舞するフロック。 ファルコの作戦とは? そんな中、車力の巨人に変身したピークは船の近くまで来ていました。 その背には、ガビ、ファルコ、イェレナ、オニャンコポン、さらにリヴァイの姿が…。 また、アニとライナーは、キヨミたちの乗る船にイェーガー派を近づかせまいと必死に戦っていました。 大量の雷槍を受けながらも、船を死守するアニとライナー。 そんな姿を見たファルコはある作戦を思いつき、ピークから下りて駆け出していきました。 その時、船に乗ったキヨミたちを守るマガトのところへ、アルミンを担いだコニーがやってきました。 アルミンをマガトに任せ、ある決意を固めるコニー。 そこへピークも到着しますが、ガビたちを降ろし、すぐさま戦いへ向かいます。 アニとライナーを救うのは? イェーガー派によって次々と雷槍を打ち込まれるアニとライナー。 これまで幾度となく巨人と戦ってきたイェーガー派は、かなりの戦力を持っている様子。 さらに雷槍も持っているため、アニとライナーが巨人になって戦っても簡単に勝てるわけがないのです。 そんなイェーガー派の攻撃を受け続けたアニとライナーは、すでに戦う余力が残っていません。 意識が朦朧とする中、ついにイェーガー派がアニとライナーに襲い掛かります。 しかし、アニとライナーの後ろからコニーが現れ、襲い来るイェーガー派を次々と倒し始めたのです。 そんなコニーを屋根の上から銃で狙うイェーガー派。 しかし、ミカサとハンジによってコニーを狙う者たちは仕留められていきます。 ジャンやピークもこの戦いに参戦し、まさに人間vs人間の戦いに…。 コニーたちの本気の戦いぶりを見たイェーガー派も、総力戦をあげて襲い掛かってきました。 次の瞬間、辺りが光り輝き、ファルコが顎の巨人となって現れたのです。 フロックの初巨人化 それぞれが戦いを繰り広げる中、フロックを狙うピークの姿が…。 しかし、ピークの攻撃を避けたフロックは、アルミンやキヨミたちが乗り込んだ船に向かい、雷槍を打ち込もうとしていました。 エルディアを救うのは俺だと高らかに宣言するフロックですが、ガビに撃たれ、海に落ちてしまいます。 元々この戦いに乗り気でなかったイェーガー派ですが、フロックを失ったことでさらに戦意喪失してしまいます。 そのおかげで、イェーガー派を倒すことが出来たミカサたち。 飛行艇は入手できませんでしたが、マーレに行くための船は手に入れることが出来ました。 早く乗り込むようにオニャンコポンに指示されるハンジたち。 そんなハンジたちに、巨人化したファルコが襲い掛かってきたのです。 エレンが初めて巨人になった時と同じように、ファルコもまた、その力をうまく制御できていない様子。 手当たり次第に暴れまわるファルコを押さえつけようと近づくピーク。 しかし、ピークは素早く動くファルコによって首を噛まれてしまい、そのまま地面に落下してしまいます。 そこへマガトが駆け付け、うなじからファルコを救出することに成功するのでした。 マガトの決断 ついに全員が船に後込み、マーレ大陸へと向かい始めました。 アニはミカサ、ライナーはジャンとコニー、ピークはハンジ、ファルコはマガトといった風に、マーレの戦士が敵であるエルディア人に支えられるという奇妙な光景が…。 しかし、マガトはファルコをオニャンコポンに託し、ある決断を下します。 その決断とは、マガトだけこの場に残るというもの。 追手にやられたらこれまでのことが水の泡になるため、ここに残り、敵を倒し続けるというのです。 ガビとファルコには、船に乗り込んだ後にこの事実が伝えられるのでした。 マガトとキースが和解 船を見送ったマガトですが、すぐにイェーガー派に見つかってしまいます。 ここまでかと思いましたが、なんとキースが現れ、マガトのことを助けてくれたのです。 作戦を実行する際にアニが見た塔の人影は、キースだったことが判明。 キースとマガトは和解し、共に戦うことを決意します。 別の船に大量の爆薬が積まれていることを教えるキース。 その船は最後の軍艦で、爆破させてしまえばイェーガー派がアルミンたちの乗る船を追いかけることは出来なくなるとのこと。 キースから手渡された銃で、軍艦を爆破させるマガト。 一方、船から地上の戦いを見つめるハンジたち。 大きな爆発を見たガビは、マガトたちが犠牲になったことを悟り、涙を流すのでした。 その隙にライナーとアニが巨人化してイェーガー派に応戦。 飛行艇を乗っ取ろうとしていたアルミンとコニーはダズとサムエルに邪魔され、コニーは二人を射殺してしまいます。 今後どうなるのでしょうか? 考えられる展開を紹介していきたいと思います。 瀕死のアルミン サムエルに撃たれたアルミンですが、ここからどうするのでしょうか? 巨人化して傷を治すにも、巨人化に伴う熱風でコニーや飛行艇を巻き込んでしまう可能性があります。 また、傷のダメージで巨人化する体力も残っていないかもしれません。 つまり、アルミンはこの場で巨人化することはないでしょう。 しかし、重傷なのでどこかで休ませる必要があるはず。 現在ライナーとアニがイェーガー派と応戦しており、ミカサたちはキヨミと共に地下へ逃げ込んでいます。 リヴァイはイェレナやガビたちと共におり、この作戦には参加することなく体を休めています。 唯一行動できるとすればピークでしょうか。 車力の巨人となったピークが現れ、アルミンとコニーを連れて逃げる展開もありそうですが、ピークは単独で別の作戦を遂行している可能性もあります。 このままアルミンが死んでしまう展開はないと思うので、どこかで休んで体力を回復させるでしょう。 キヨミから明かされる東洋の一族の謎 ミカサに助けられたキヨミたちアズマビトは、ハンジやマガトと共に地下へ逃げ込んでいます。 外ではライナーとアニが応戦しているので、地下に敵が攻め込んでくる可能性は低そう。 しかし、いつ命を落とすかわからない危険な状況には変わりありません。 そのことを悟ったキヨミは、東洋の一族の秘密をミカサに打ち明けるのではないでしょうか。 アルミンたちが無事に飛行艇を乗っ取っていれば船内でミカサとキヨミの対談が待っていたかもしれませんが、この状況では難しい状態です。 ここでミカサの秘密が明らかになることを期待しましょう。 次に手を汚すのはアルミンかジャン 126話で、子供や友達を殺すような兵士になるところだったと語っていたコニー。 母に誇れる兵士になりたい、困っている人を助けに行こうと言っていたコニーは、128話でダズとサムエルを殺してしまいました。 それぞれが何かから吹っ切れる展開が続いてきただけに、次はアルミンやジャンが手を汚す展開が待っているのではないでしょうか。 アルミンは未だエルヴィンの代わりになれなかったことを悔やんでいますし、ジャンはマルコのことでライナーを許せていません。 また、128話ではイェレナが「暴力はなくならない」と意味深な発言もしています。 今後はアルミンやジャンが中心となって、同期や仲間であったイェーガー派を殺す展開が待っているかもしれません。 感想・予想ネタバレツイート 進撃の巨人 128 アニとライナー巨人化 何年ぶりかな女型が出てきたのは、アニはもちろん可愛いが車力のピークも可愛い。 進撃の巨人128 マーレ勢の心情は良くわかるけど調査兵団勢は結局何がしたいの?賽はもう投げられ今さら世界を救うとかそんな野暮な話はない。 今まで何の為に戦ってきたのか?お互い争った末結果は結果。 これではイェーガー派が報われない。 僕は今後のエレンの動向次第ではあるがイェーガー派に一票 — 吉GYuu JUDYMAR11978276 進撃の巨人 128 フロックとっとと退場してほしい気持ちとイケメンだから残ってほしい気持ちがある。 アニって冬眠する前ソロでしか戦ってなかったから新鮮。 はやくピーク来てほしいけどリヴァイイェレナと一緒なのか?それか奇襲?アルミン死にそうな顔面だけど距離的に巨人化出来ないか。 あの極限状態で夢見た「悪魔を倒す更なる悪魔を目覚めさせるのが自分の使命」という物語にすっかり酔っちゃったんだろうな。 — ハンセイ neoamakusa まとめ 進撃の巨人本誌の では、アズマビトの整備士と飛行艇を確保するために話し合う104期生たち。 人類に残された時間が少ないことを悟ったマガトは、地鳴らしを止め、自分たちの過去を未来に語り継ぐためにも我々の行動に目をつぶってくれないかと提案しますが、アルミンたちも人類のために行動することを決意します。 アルミンとコニーはどうにか飛行艇まで近づきますが、同期のダズとサムエルと再会。 そして最新話確定速報として129話のネタバレを紹介してきました。 129話ではアルミンとコニーがダズとサムエルを殺したのは序章にすぎず、多くの人間の血が流れました。 無血で飛行艇を手に入れたかったアルミンですが、さすがに簡単にはいきません。 人間を殺すことを躊躇していたファルコやコニーが覚悟を決めて戦いに挑む姿が印象的でした。 今回は出番がなかったエレンは、今どうなっているのでしょうか? また、マーレの現状とは? 130話が楽しみですね。 以上「【進撃の巨人本誌ネタバレ129話最新話確定速報】マガトが犠牲になりハンジたちはマーレに向かう」と題しお届けしました。

次の

進撃の巨人129話ネタバレと感想!ライナーとアニをファルコが助けガビがフロックを倒す!|ワンピース鬼滅の刃ネタバレ考察ガジライフ

進撃の巨人 129話 ネタバレ

進撃の巨人 第129話『懐古』あらすじ 飛空艇を飛ばすには、アズマビトの整備士をもってしても、半日が必要。 その間にエレン達は上陸地点から600kmを地ならししてしまう。 そもそも四面楚歌の状況で、イェーガー派から半日飛空艇を守ることは不可能。 こうした絶望的な状況で、キヨミが提案をします。 船で飛行艇を牽引して、大陸にあるアズマビト所有の格納庫へ行き、そこで整備をしては、と。 キヨミやアズマビト達は船に走り、ライナーとアニは彼らを守りますが、雷槍のダメージにより追い詰められます。 ファルコも巨人になり、総力を挙げてイェーガー派から船を守ろうとする中、フロックが1人抜け出し、船に雷槍を打ち込もうとしますが、ガビに撃ち落とされます。 船が出航する中、マガト元帥は残り、増援の列車を脱線させたキースとともに、イェーガー派の手に渡らぬようマーレから鹵獲した巡洋艦を爆破させるのでした。 マガト元帥の愛情 知性巨人になってから初めての巨人化で自分を制御できないファルコを、マガト元帥は刃で切り出します。 その手つきは今まで切り出してきた誰よりも丁寧で優しく、傷一つつけないものでした。 アルミンでさえ、エレンの腕を切り落とす勢いで刺したものですが。 あの子達がただ普通に生きることができたら 俺は…どんなに嬉しかったか 「あの子達」の中にジークもちゃんと含まれていましたが、彼は今、どこで何をしているのでしょうね? トルコ帽の少年の生死は? 飛空艇を整備して飛べるようにするまで最低でも半日かかる、つまりエレンの上陸地点から600kmの範囲が地ならしされてしまうと知った時、ジャンの脳裏に浮かんだのは、レベリオで共に飲み交わしたトルコ帽をかぶった少年達でした。 この少年は、エレンの走馬灯にも現れています。 彼らと飲み交わす前、エレンは彼らのキャンプを前に涙を流していました。 私はその涙を、この後キャンプが反エルディア人勢力に襲撃され、少年が命を落とすことになる未来が見えたからだと考察しました。 その事件が、エレンを地ならしに駆り立てたとも。 しかしジャンは、共に飲み、共に笑う少年を思い起こしています。 彼が死んでしまっているのなら、あのような形でジャンの回想には出てこないでしょう。 となると、少年はまだ生きていることになります。 では、エレンの涙の理由は? もしかしたらエレンはあの時、自分自身が引き起こした地ならしにより、少年とその家族、同胞を全て殺してしまう未来を見ていたのでしょうか? もしそうだとすれば、エレンは「予定されている未来を実現するために行動している」ことになりますが、自由を何よりも重視するエレンが、未来に従うなんて考えにくいですし、ちょっとここは分かりませんね。 壁の巨人の歩く速度と大陸の広さをガチで計算してみた …半日もあれば 巨人が上陸した海岸からおよそ600kmは…被害に… 全ての大陸を踏み潰すまでには4日…かかるだろう 半日で600km。 4日で全大陸踏破。 長さがイメージできませんが、例えばオーストラリア大陸を横断するインディアンパシフィックが全長3961kmです。 オーストラリア大陸より若干広い大陸が全世界… ちょっと世界が狭すぎないでしょうか? 「半日」の定義を見直してみましょう。 飛行艇の整備にかかる時間について、アズマビトの整備士は「整備工程に1日、十分な設備があれば半日で飛ばせられる」と語りました。 この文脈では、1日=24時間、半日=12時間を表していないことは明らかです。 一般的な労働時間を8時間として、1日=8時間、半日=4時間として計算し直してみますと、14,400kmになります。 最初の計算よりずいぶん世界は広くなりましたが、赤道の長さが約4万kmですので、『進撃の巨人』の世界は、地球よりずっと狭い世界のようです。 ところで、 で壁の巨人の歩く速さを計算しましたが、そこで導かれた速度と、今回の情報から導かれる速度を比較してみましょう。 私の計算では、壁の巨人の歩く速度は時速40kmでした。 速度については、ハンジさんの「馬の駆け足よりも早いくらいだった」発言もあります。 これならば世界の広さも許容範囲内ですし、地ならしの速度も「馬の駆け足よりも早いくらい」でつじつまが合います。 さらに、オディハまでの距離を計算してみましょう。 で考察したように、ウォール・マリアの半径は約240kmです。 高さ50mから見渡せる距離は、 によれば約27kmです。 壁内人類は海を知らないので、ウォール・マリアから海までの距離は27km以上となります。 となると、パラディ島の短辺は、最短約300km。 この時点でオディハまで200kmの地点に迫っていることになります。 おおっ、キヨミ様が「半日もつかは…賭けになります」とも合致しますね! 結論 壁の巨人の歩く速度は時速50km オディハまでの距離は2100km オディハ到着は38時間後 大陸の端から端までの距離は14,400km.

次の

【進撃の巨人】129話・130話「懐古」ネタバレ&感想!

進撃の巨人 129話 ネタバレ

スポンサーリンク エレンが地鳴らしを発動させ混乱する世界。 イェーガー派と反イェーガー派にクッキリと別れていきます。 イェーガー派の筆頭フロックはアズマビドを人質に。 フロックに対抗する反イェーガー派のアニは皆殺しを提案しますがアルミン達は反対します。 どうすればいいとアルミンに聞くアニ。 ハンジはもうマーレは襲われている、私は見ているだけのつもりはないと言います。 それをマガトはエレンの居場所を聞くためイェレナを拷問しようとします。 しかし飛行艇が先だと遮らアルミン達に昨夜の態度を謝罪し少しだけ我々のやる事に目を瞑ってくれと頼みます。 その頃、フロックがキヨミを脅し身の程を弁える事が大事だと語ります。 お気の毒に、繰り返すだけと言うキヨミ。 そこへ反イェーガー派のアルミンとコニーが登場。 フロックにアズマビドの整備士に至急連れてこいと騒ぎます。 ・・・何を言ってるというフロック。 アルミンはマーレの残党がジャンとオニャンコポンを殺したといいます。 海に逃げたから追う、早く整備士を連れてくるんだ!!と叫びます。 そして飛行艇を見つけ港に向かうアルミンとコニー。 港にいるダズとサムエルにフロックの指示で取り付けた爆弾を早くとれと指示します。 しかしダズとサムエルは、お前達は裏切った疑惑があると言います。 仲間だろとアルミンは言い、ダズ達は安心し良かったと起爆装置を外します。 考えるフロックはやはり不安の種は潰しておくとアズマビドの技術者に銃を向けた瞬間、飛びかかるキヨミ。 殺せと命令するフロックと同時にミカサがキヨミの救出に現れます。 「敵襲!アルミン達は裏切った!殺せ!」とフロック。 地下に逃げたミカサ達。 そこに巨人化したアニとライナーが現れ暴徒化します。 裏切ったと聞いたダズとサムエルはアルミンとコニーに銃を向けます。 ちょっと待ってと言うアルミンをダズは撃ちます。 裏切ったのか仲間じゃないのかとサムエル。 お前達は仲間だ、でも俺はと叫びながらコニーはダズとサムエルを撃ちます。 スポンサーリンク 都市オディハ マガトは飛行艇が飛んでもエレンの位置さえ分からない。 時間は更に掛かる。 そしてここで半日持たせるのは不可能だと狼狽えます。 そこへキヨミが、考えがあると言います。 諫山創「進撃の巨人」129話より引用 ここより南の都市オディハにはアズマビドが所有する格納庫がありそこで整備可能。 すぐさま出航しオディハで整備を完了する手があると提案します。 ハンジは、そこは地鳴らしで壊滅する都市じゃとキヨミに聞キました。 キヨミは、オディハは地鳴らしより先回りできるが、半日もつかは賭けになりますと返します。 マガトは何にせよ、このままここで飛ばす事は出来ないと出航まで15分でしろとそれぞれ一斉に動き出します。 スポンサーリンク 作戦変更 港で船を守るアニとライナーに作戦変更を教え乗船の援護をと頼みます。 諫山創「進撃の巨人」129話より引用 それを聞いたアニはそんな事でエレンに、父のいるレベリオまで辿りつけるのと思います。 そんな中、危険を顧みず外に出てきたアズマビドをフロックは殺せと指示します。 アニは後だ、アズマビドを先にとイェーガー派は言い攻撃しますがライナーとアニも懸命にアズマビドを援護します。 邪魔だと一斉に攻撃するイェーガー派の攻撃がアニを襲いますが、ライナーは身を呈してアニを守ります。 諫山創「進撃の巨人」129話より引用 そんな中、フロックは船で飛行艇を持って逃げていくことに気がつきます。 そして、ありったけの雷槍を持ってこい、船を壊すと指示しエレンが殺されればパラディ島は血の海になる。 全世界からも復讐され親も兄弟も子も皆殺しになる。 心臓を捧げよと檄を飛ばします。 スポンサーリンク 躊躇えば ライナーとアニが集中攻撃されるのを見て、「助けないと」というミカサ。 しかしハンジは増援の列車を私達で止めないと出港も危うい、全滅するとミカサにいいました。 その瞬間に激しい爆音が聞こえ、振り返ったハンジとミカサが見たのは脱線した列車でした。 まさかと言うフロック。 その一方では集中攻撃を受けたアニとライナーは限界を迎えます。 体が・・・動け・・・というライナー。 そして何も見えないと言うアニに反イェーガー派がトドメを刺そうと一斉に飛びかかります。 そこへコニーが加勢に入り、反イェーガーを斬りつけます。 死ね、裏切り者と今度はコニーを攻撃する反イェーガー派ですが、 諫山創「進撃の巨人」129話より引用 ハンジ、ミカサ、ジャンそしてピークが躊躇えば仲間が死ぬと覚悟を決めて攻撃します。 「フロック!!」と叫ぶ反イェーガー兵士に、「分かっている車力に雷槍を打ち込め!」とフロックが指示します。 それぞれ懸命に戦う中、自身に傷をつけたファルコが遂に顎の巨人になり、イェーガー派を襲い掛かります。 そして、一気に連携が崩れるイェーガー派に今しかないと懸命に反撃します。 クソと悔しがるフロックは船底に穴を開けるこの1発にかける。 エルディアを救うのは俺だと隙を見て飛び出しますがガビに撃たれます。 海に落ちるフロック。 良くやったとハンジは言いイェーガー派を何とか抑えます。 スポンサーリンク マガト隊長 出港できるぞとオニャンコポンは叫びます。 諫山創「進撃の巨人」129話より引用 ジャンは次が来ない内にと喋る途中、暴走したファルコが現れました。 ピークは「ファルコ!敵はいない!出てきて!」と叫びますがファルコは攻撃します。 首を噛まれるピークにマガトが現れそのままファルコを押さえろと指示します。 頸に傷を入れ人型に戻したマガト。 良くやったファルコと労わります。 諫山創「進撃の巨人」129話より引用 そして、傷つきながらも反イェーガー派は船に乗り込みます。 すぐに船を出せと殿(しんがり)を務めると言うマガト。 出港する船を見ながら銃を構えます。 まだ敵が残っているとイェーガー派に見つかりますがそれを阻止する男が現れます。 あんたが増援を食い止めたのはあんたかと気がつくマガト。 男はそうだと答えます。 何故、船に乗らなかったかとキースに聞かれます。 マガトは巡洋艦を指差し仲間が乗った船に直ぐに追いつかれる。 あれを残してはいけないと答え、男はならば手を貸そうと言います。 スポンサーリンク キース・シャーディス 巡洋艦に乗り込んだ2人。 海に飛び込むなら今のうちだと話します。 死に時を探していたと語り、何故我々を助けたとマガトは聞きます。 男はシガンシナの砦から教え子を見た。 諫山創「進撃の巨人」129話より引用 そして目的を察し胸が震えたと言います。 あんたが増援を止めてくれなければ我々はここまでだった。 後に語られる英雄となるだろうとマガトが言いました。 じゃあアンタと一緒だと男は返します。 マガトは自分を誇る事は出来ない、子供達を国の都合のいいように壁を壊す事を教えた。 ようやく気づいた。 あの子達が普通に暮らす事がどんなに嬉しかったかと言います。 男はあんたにできなくても誇りに思うよとあの子達も同じだと言いました。 マガトはありがとう、ところでアンタ名前は?と聞きます。 キース・シャーディスと答え、キースに聞かれたマガトはテオ・マガトと答えます。 諫山創「進撃の巨人」129話より引用 そして、巡洋艦に仕掛けた爆弾に火をつけ爆破します。 スポンサーリンク 『進撃の巨人』ネタバレ129-130話のまとめ 諫山創「進撃の巨人」129話より引用 アニとライナーが巨人化し時間を稼ぐ反イェーガー派ですがアズマビドの整備士は飛行艇を整備するには時間がかかると言います。 マガトはそれだけ掛かるのは不可能だと言いました。 キヨミは南の都市オハティでも整備が可能だと提案し反イェーガー派はオハティを目指します。 危険をおかし外に出てきたアズマビドにフロックは目的を察知します。 船を守るアニとライナーを集中攻撃するイェーガー派。 それを見てファルコはガリアードさんだったらと飛び出します。 アニとライナーは変わらず集中攻撃を受け続けます。 ミカサは心配しますがハンジは増援の列車を止めないと、といいます。 しかし爆音と共に列車は脱線します。 驚くハンジ達。 そして限界を迎えたアニとライナーの救援にコニーを先頭に向かいます。 諫山創「進撃の巨人」129話より引用 そして自身を傷つけたファルコが遂に顎の巨人として現れ、イェーガー派を何とか押さえ込みます。 早く船にと言うジャンですがファルコは初めての巨人化で暴走します。 押さえるピーク。 マガトは頸に傷をつけファルコを人に戻し良くやったと労います。 傷つきながらやっと船に乗る反イェーガー派。 オニャンコポンに早く出せ殿をつとめるとマガトは言います。 敵に見つかるマガト。 そしてそれを助ける男。 何故、船に乗らなかったと聞く男にマガトは巡洋艦を指差し仲間にすぐ追いつかれるので残してはいけないと言いました。 男はならば付き合うと行動を共にします。 マガトは増援の列車を止めたのはあんたかと気づき何故だと聞きます。 男はシガンシナで教え子を見て行動を察した。 胸が震えたと答えます。 それを聞いたマガトは、アンタは後の英雄だと言います。 男はじゃあアンタと一緒だと答えました。 マガトは間違いだった。 国の為に壁を壊す事だけ教えた。 普通に暮らしてくれる事がどれだけ嬉しかったかと語ります。 男は誇りに思うと返し、あの子達も同じだと言います。 ありがとうと言うマガト。 男の名前を聞き自身の名前を名乗ります。 諫山創「進撃の巨人」129話より引用 キース・シャーディスとテオ・マガト。 2人は巡洋艦に火をつけ爆破します。 新しい局面を迎えた「進撃の巨人」。 エレンの地鳴らしを止める為に南の都市オハティに向かいます。 傷だらけになりマガトを失った反イェーガー派。 そしてシガンシナから見守り増援を食い止めたキース・シャーディス。 この2人の意思をつぎどういった展開になるのか。 そして傷を癒すリヴァイの活躍はあるのか。 次号を楽しみに待ちたいですね。

次の