笛 読み。 医学用語の読み方について。はじめまして。医学用語の読み方につ...

笛 読み

日 てきせいおん 英 whistling rale 関• 高音性連続性ラ音 250Hz~• 細い気管支で発生する Related Links• 医療用語で、笛音の読み方を教えて下さい!!「てきおん」「ふえおと」どちらなのでしょうか?よろしくお願いします。 循環器では気管支喘息の時等にひゅーひゅーと聴こえるのを笛声音 てきせいおん というのでてきおん かな?• 【笛音/医療用語】 以下のサイトによると、「ふえおと」みたいです。 記載内容から、医療のサイトだと思ったのですが、 判断はお任せします。 以下引用。 英 wheeze wheezes, whistle 同 笛様音、笛声音 whistling rale、水笛音 water... 呼吸音 respiratory sounds• 副雑音 adentitous sounds• pulmonaru adventitous sounds• 連続音 continuous sounds• いびき音• スクォーク squawks• 高音性、ヒューヒュー• 呼気終末に聴取される。 原因は気管支喘息、炎症、腫瘍などにより気道内に分泌物が貯留することによる• 胃酸の逆流でも起こる? 「 英 、 関 、、、、• :心理的な尺度。 単位はsone• :物理的な尺度•

次の

しの笛の楽譜の読み方

笛 読み

笛の書き順【筆順】 読み方 『 笛』の字には少なくとも、 テキ・ ジャク・ ふえの3種の読み方が存在する。 をあけてきらす管楽器。 「笛声・汽笛・銀笛・警笛・胡笛 こてき ・鼓笛・号笛・唐笛・能笛・牧笛・霧笛」• 「磯笛・歌笛・皮笛・草笛・口笛・琴笛・竹笛・縦笛・角笛・横笛」 熟語 鼓笛【こてき】 [楽]太鼓 タイコ と笛 フエ。 霧笛【むてき】 [英語]foghorn [海]霧中信号 fogsignal の一種。 濃霧などで視界不良のときに事故防止を目的に、灯台や船舶がその位置を知らせるために鳴らす音波標識。 風によって聞こえてくる方向が不正確になる欠点がある。 汽笛【きてき】 [英語]steamwhistle 蒸気を吹き出して鳴らす笛。 また、その音。 工場のボイラーや機関車・船舶などの蒸気機関に装置し、時報や合図・信号などに用いる。 鳩笛【はとぶえ】 [楽]おかりな オカリナ。 横笛【よこぶえ】 [楽] [文]『源氏物語』第三十七帖の巻名。 光源氏49歳の二月から秋まで、親友柏木の没後の模様を描く。 夕霧が柏木の北方落葉宮とその母一条御息所を見舞い、御息所から柏木遺愛の横笛を贈られる。 検字番号 検字番号とは、各出版社が刊行した漢字辞典/漢和辞典に記載されている検索字を効率よく探すための識別コードである。 「笛」の検字番号一覧 書籍 出版社 検字番号 角川大字源 角川書店 7003 新大字典 講談社 11605 新潮日本語漢字辞典 新潮社 8475 大漢和辞典 大修館書店 25917 大漢語林 大修館書店 8221 辞書の巻頭や巻末、別巻などに記載された検字番号を用いることで、漢字の掲載ページ・掲載位置を容易に特定することができる。 国語施策.

次の

「愛猫」の正しい読み方、わかりますか?正解率36%!

笛 読み

「湖笛」は昭和38年から39年にかけて毎日新聞に連載された長編歴史小説です。 この本は30年ぐらい前から家にあったもので、最近の文庫本に比べると、文字が小さく、紙も赤茶けています。 大河ドラマに関連して、興味を持ったので今回読むこととなりました。 京極高次(浅井三姉妹の次女初の夫で京極龍子の兄でもあり、母は浅井長政の妹にあたる)を取り上げた小説です。 妹龍子の夫、武田元明が光秀謀反の罪を着せられ(実は荷担してない)、秀吉に詰腹を切らされるところから話は始まります。 作者は湖北の海津で元明の墓を見たときに感動を覚えこの小説を書いたそうです。 そして、高次が関ヶ原の戦いのときに大津城に篭城し、その功績が家康に認められ、若狭を大溝つきでもらうところまでの話が書かれています。 ページ数が700ページを超えており、読むのが遅い方なので、毎日仕事帰りに読んで、20日ぐらいかかりました。 主人公の高次は光秀謀反に荷担して追われる身となるも、友を裏切って逃れ、また、その後、柴田勝家側についたにもかかわらず秀吉から大溝をもらいます。 そして、時勢を読んで秀吉に仕えるも、秀吉の死後は家康に付くというようにして出世していきます。 なんと世渡り上手でしょうか。 しかし、この小説では高次は優柔不断な人物として描かれているわけではなく、むしろこの時代に活躍した他の武将よりも現代人の感覚に近いものを感じました。 また、純粋に父元明の仇を討つため、秀吉殺害に燃える人物として竹若が登場し、変心を重ねる高次とは対照的に描かれています(あとでわかったのですが、元明の子供は秀吉に殺されたという説もあり、登場人物など、どこまでが史実に基づき、どこからが創作なのかがわりません。 あとがきで著者は史実に基づいたと書いているのですが。 そして、大河ドラマの中でも思っていたことですが、最も理解しがたいのは妹の京極龍子です。 夫の元明が秀吉に呼び出されて殺されたすきに略奪され、そのまま秀吉の側室になっているのです。 この小説を読みながら考えたことは、まず、当時の秀吉の力は強大なもので、かつ、何かあると一族皆殺しにされる時代。 龍子は秀吉の寵愛をうけて生きていさえいれば、兄高次や自分の子供たちも何とか生きていけると考えたのではないでしょうか。 事実、高次は柴田勝家の側についていたにもかかわらず、秀吉から大溝をもらい、八幡城、大津城と出世していきます。 そこには龍子の計らいがあったのです。 秀吉を嫌っていた茶々も後に側室となっているように現代人の感覚では単純に判断できないものなのでしょう。 20日間ほど、高次の目線で戦国時代を、そして地元近江を見てきましたが、700ページに近づくあたりから、もうすぐ読み終えてしまうという寂しさを感じながら読んでいました。 次なる本を物色しつつ今はまだ「湖笛」の余韻に浸っています。

次の