インフルエンザうつる期間。 インフルエンザっていつまでうつるの?休む期間や家族の感染予防

いつからいつまで?インフルエンザがうつる期間|発症直後が一番うつりやすい

インフルエンザうつる期間

「熱っぽいなぁ」と思って病院に行ったら、インフルエンザと確定しました。 でも数日後はどうしても抜けることのできない仕事が・・・! こんな時に気になるのは、周りにインフルエンザをうつしてしまうことですよね。 感染力のピークや外出時の注意点など見て行きましょう。 インフルエンザの感染力があるのはいつまで? 体の中のウイルスの量は、発熱量に比例します。 熱が高いほど、体の中にウイルスがたくさんいるので、感染させる力が強いです。 感染力がある期間は 「発症から5日、そして解熱から2日は感染力がある」とか 「発症する1日前から発症後5~7日頃まで周りの人にうつしてしまう可能性があり 発症してから最初の3日間が最も感染力が高い」と言われていますので この期間は外出は避けたほうが良いのです。 ウイルスが体内に入っても、発症するしないはその人の免疫力にかかってますので 自分と接触した人が100%インフルエンザになるとは限りません。 発症した日に接触した人がインフルエンザになったからといって それは自分が直接うつしたかどうかはわからないのです。 体内に入ったウイルスの量や免疫力が強いか弱まっているかで変わってきます。 もしどうしても外出するなら インフルエンザの感染経路はいくつかあります。 咳やくしゃみからうつる 飛沫感染 手などについたウイルスが体内に入る 接触感染 空気中に浮遊するウイルスによって感染する 空気感染などがあります。 咳やくしゃみはマスクで防ぎましょう。 いっしょの部屋に長時間いる人にもマスクをしてもらいます。 ウイルスは湿度が高いと感染力が下がるので、加湿器などを使うとさらに良いです。 バスタオルなどを洗って、部屋に干しておくだけでも違います。 スポンサードリンク 接触感染については、 自分の手についたウイルスをまず取り除くことと さわった可能性のある場所を消毒することです。 手はアルコール消毒をまめにしましょう。 ドラッグストアなどで携帯用のものも売っています。 職場などでは電話の受話器、パソコンのマウス、ドアノブ、階段の手すりなどが 接触感染の経路になります。 さわってしまったら、すかさず消毒しましょう。 そして用事を済ませたら、なによりもすぐに帰ることです。 逆バージョンでウイルスを持った人が自宅に来てしまったら 自分はインフルエンザにかかってないのに、自宅に来た人が実はインフルエンザが治ってすぐのタイミングだった・・・ そういうこともあるかもしれません。 でも大丈夫! 必ず発症するとは限らないのです。 まずは来訪者がさわったであろう部分を、全て消毒しましょう。 それから窓を開けて空気の入れ替えをした上で加湿器をかけたり なければやかんでお湯を沸かしたり、洗濯物を干したりして部屋の湿度を上げます。 そしてしばらくは きちんと栄養を取って、暖かくして早く寝るようにしましょう。 体が弱ってなければ、たとえウイルスを吸い込んでも発症しないものです。 私もレジの仕事の時には、お客さんの咳やくしゃみをまともにかぶることがたびたびありますが インフルエンザにはもう20年以上かかっていません。 免疫力が下がっていると、予防接種をしていてもインフルエンザに何回もかかるものです。 日頃から健康な体づくりをしておくことが大事です。 まとめ インフルエンザをうつす可能性は、発症前後から1週間ぐらいの期間です。 熱が下がった時点で出勤する場合もあるかもしれませんが マスクと手やさわったものの消毒をしながら、できるだけ早く帰りましょう。

次の

インフルエンザQ&A|厚生労働省

インフルエンザうつる期間

Contents• インフルエンザの潜伏期間って? インフルエンザに罹ると、その多くは38度から40度の高熱となり強烈な筋肉痛や倦怠感に襲われ、日常生活に支障をきたします。 その様な症状が出るまでの インフルエンザウィルスの潜伏期間はどのくらいなのでしょうか? 実は、 インフルエンザウイルスの潜伏期間は、わずか1~2日くらい、長くても3日といわれているようです。 発症した時の症状として一般的には、「ひどい高熱」「身体のだるさ」「関節の痛みや筋肉痛」「悪寒」「喉が乾燥する」などがあります。 では、症状が出る前の潜伏期間中はうつったりするのでしょうか? インフルエンザウイルスは、発症する1日前から感染力をもっているといわれています。 とすると、感染してほとんどすぐ位には、感染力をもっているということになりますね。 この飛沫に インフルエンザウィルスが排泄され、これを、また別の人が鼻や口から吸い込むことで体内に入ります。 1回の咳で約10万個のウイルスが2mも飛び、くしゃみでは約200万個のウイルスが3メートルも飛ぶと言われているそうです。 なお、鼻や口だけでなく目の粘膜からも入り込むこともあるんだとか。 怖いですね。 接触感染 皮膚や粘膜の直接の接触はもちろん、ドア、スイッチ、手すり、ボタンなどに間接的に触れることなどによっても、 ウィルスが付着し感染していまうこともあるようです。 ウィルスが付いた手を無意識に目や鼻、口などに持っていき、その粘膜から感染することもあるようです。 空気感染 感染者から排出された、空気中に浮遊する ウイルスが、何らかの形で皮膚に付着したり呼吸により吸い込まれたりすることで体内に入ってきます。 ということで、感染者と同じ空間にいることでうつる可能性が高くなります。 しかし、これは周りの家族が観戦しないようにどれほどの予防を行っているかとか、季節性・新型、本人の免疫力によっても大きく異なると思います。 家族のうち感染第1号は子供が多いのだそうです。 というのも、子供が一番体力もなく身体も弱いからだと思います。 そして子供が感染者の場合、周りに感染を拡大させないように配慮するということが難しく、家族間の感染を拡大させてしまう可能性が大きくなるので注意が必要です。 そして、 インフルエンザは感染力が高いことでもよく認識されています。 個人差はあると思われますが、先ほどあったように、発症1日前から発症後7日程度は感染力があると言われているようです。 インフルエンザで学校はいつまで休む? インフルエンザに罹ってしまったら、学校は当然休まないといけません。 「それって、法律で決まってるの?」っていう方がいますが、これって、実は、法律で決まっているんです。 学校保健安全法(2017. 11現在)という法律により、登校しても良いとされるのは、「発症した後5日(発熱した翌日を1日目とする)を経過し、かつ、解熱したのち2日を経過してから」とされています。 つまり、社会人では法律で決まっていないので、本人もしくは会社の判断ということになります。 ということになるので、 インフルエンザに罹った時の対応は、恐らく会社によって、かなりの差があるものと考えられます。 なので、会社や同僚に確認しておくと良いでしょう。 診断書は必要? 児童・学生の場合、文部科学省の定めた先ほどの「発症した後5日を経過し、かつ、解熱したのち2日を経過してから」を守れば、医師の登校許可証は要らないこととされています。 しかし、学校によっては、必要としている学校もあるので確認が必要です。 また、社会人の場合は、会社の規定に定めているところもあるようなので、確認が必要ですが、素人目に風邪と インフルエンザの判断が難しいため、会社を休む場合は、医療機関で判断した診断書の提出を求めるところも多いようです。 社会人の場合休みにくいのは分かりますが、とにかく大原則として、 インフルエンザに感染した場合、最低でも発症から5日間、発熱から2日間が経過するまではお休みです。 スポンサーリンク 『インフルエンザ』のまとめ 今回は、まず、 インフルエンザに罹ったかどうかわからない期間、「潜伏期間」についてみてきました。 長くても3日だそうです。 しかし、その潜伏期間であっても、他人に感染させてしまう可能性があるとは思いませんでしたね。 そして、どうやって インフルエンザに感染するのかを情報提供してきましたが、正直、潜伏期間で感染者本人も気づいてないとすると、なかなか予防しにくいという感じを持ちました。 特に長い時間一緒の家族は予防だが維持になりますね。 そして、やむなく インフルエンザに感染してしまった場合、いつ学校や会社に行っていいのか?について情報提供しています。 学校への登校に浮いては法律で決まっていて、社会人の会社への出社は法律では決められていないわけです。 ですので、会社を休む基準として、最低でも発症から5日間、発熱から2日間が経過するまではお休みするというのを、目安として観ていただくといいようです。 いずれにしても、 インフルエンザにはなりたくはないですよね。 そのためにも、日頃の インフルエンザ予防が大事になってきます。 十分なケアをしながらこの インフルエンザの季節を乗り切っていきましょう。

次の

インフルエンザの潜伏期間はうつるのかな?何かできることはあるの?

インフルエンザうつる期間

関連記事 2017年11月現在、インフルエンザ発症後の登校可能な日は、学校保健安全法により 発症した後5日を経過し、かつ解熱した後2日を経過してからとされています。 学校保健安全法が適用されるのは、小学校・中学校・義務教育学校・高等学校・中等教育学校・特別支援学校・大学・高等専門学校です。 児童・生徒の出席停止期間の早見表 初めて発熱がみられた日を発症とします。 発症した日を0日とし、発症した翌日から1日、2日と数えます。 発熱初日と解熱した日は発熱期間に含みます。 いったん解熱したあとに再度発熱があった場合は、最後の解熱日で判断します。 <例>2月1日に発症(発熱)し、2月4日に解熱した場合 発熱期間は4日間と数えます。 「発症から5日経っている」という条件は、翌日の2月2日を1日目とするので、発熱から5日目は2月6日になります。 かつ、「解熱してから2日経った」日は2月6日となります。 2月7日には2つの条件をクリアしているので登校が可能です。 専門学校生の出席停止期間 専門学校の場合(高等専門学校を除く)は、学校教育法の学校には指定されていないため、学校保健安全法では出席停止期間などは定められていません。 インフルエンザにかかった場合の出席に関しては、専門学校が独自に規定を定めている場合もあるので、学校に確認しましょう。 幼稚園では、文部科学省の定める学校保健安全法および学校保健安全法施行規則により、インフルエンザの際の登園禁止期間が、小学生以上の学生と同様に定められています。 小学生以上の学生と異なるのは、解熱後3日経っている必要があるという部分です。 また、保育園の場合は学校教育法の学校には指定されていないため、学校保健安全法には定められていませんが、厚生労働省の定める「保健所における感染症対策ガイドライン」により、幼稚園と同じ期間は登園を避けるよう定められています。 インフルエンザ発症後の登園可能な日は、 発症した後5日を経過し、かつ解熱した後3日を経過してからとされています。 幼児の登園停止期間の早見表 初めて発熱がみられた日を発症とします。 発症した日を0日とし、発症した翌日から1日、2日と数えます。 発熱初日と解熱した日は発熱期間に含みます。 いったん解熱したあとに再度発熱があった場合は、最後の解熱日で判断します。 <例>2月1日に発症(発熱)し、2月4日に解熱した場合 発熱期間は4日間と数えます。 「発症から5日経っている」という条件は、翌日の2月2日を1日目とするので、発熱から5日目は2月6日になります。 かつ、「解熱してから3日経った」日は2月7日となります。 2月8日には2つの条件をクリアしているので登園が可能です。 登園・登校許可証について 文部科学省の省令である学校保健安全法に従い「発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日(園児の場合は3日)を経過するまで」がインフルエンザによる出席停止期間となります。 この日数を守って登校すれば、医師による登校許可証は基本的には必要ありません。 ただし、登園・登校許可証を提出する必要がある学校や幼稚園・保育園もあります。 インフルエンザで休むことを連絡した際に確認すると良いでしょう。 診断書について 診断書も、登園・登校許可証などと同じように法律上は提出する必要はありません。 ただし、学校や幼稚園・保育園によっては診断書の提出を求める場合があるため、インフルエンザで休むことを連絡した際に確認をとると良いでしょう。 大学の場合の出席停止期間中の単位取得や出席については、公欠扱いになるケースや診断書が求められるケースなど学校により対応が異なります。 詳しくは各学校に問い合わせてください。 インフルエンザでの大学の出席停止期間については関連記事をごらんください。 関連記事 インフルエンザは感染症として認定されています。 風邪などよりもはるかに感染力の高い疾患のため、大人よりも免疫力の低い子どもたちが集団生活をする中では、少しでも体内にウイルスが残っていると、あっという間に集団感染となってしまいます。 解熱後であってもインフルエンザウイルスは感染力を持っていることから、周囲への感染を広げないためと本人の病状の回復のため、出席停止期間が定められているのです。 症状がおさまって元気になったと思われた場合には、家で安静にしなければいけないことは子どもにとっても保育園に子どもを預けて働いている保護者の方にとっても大変な状況です。 しかしながら、くしゃみや咳が出るときは周囲に配慮してマスクをするように、インフルエンザ発症後の登校・登園を控えることは社会的マナーです。 感染拡大を防ぐためにも出席停止期間はしっかりと守りましょう。 出席停止期間が改正された理由 インフルエンザの出席停止期間は、2012年の学校保健安全法の改正前までは、「解熱した後2日を経過するまで」とされていました。 しかし、近年では抗インフルエンザ薬の使用により、発熱などの指標となる症状が早期に軽減できるようになりました。 そのためウイルスが体内に残っている段階でも解熱してしまうことから、解熱のみを基準にした出席停止期間では、ウイルスの感染を広げてしまうおそれがでてきます。 ウイルスがほとんど検出されなくなる日数の実験・臨床研究における報告を踏まえ、出席停止期間の改正が行われました。 ただし、年齢が低くなるほどウイルスが体内から排出されるまでに時間がかかるといった医学的知見も一部でみられています。 それを踏まえて、保育所における感染症対策ガイドラインでは、保育園児がインフルエンザを発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後3日を経過するまでと定め、幼稚園児もこれにならっています。 インフルエンザウイルスの感染力や感染力のある期間については、関連記事をごらんください。

次の