エクシブ軽井沢 ムセオ。 リゾート会員権(エクシブ等)の相場・売買仲介 ダイヤモンドSR

リゾート会員権(エクシブ等)の相場・売買仲介 ダイヤモンドSR

エクシブ軽井沢 ムセオ

客室の片側全面が窓ガラスになっていて、大変明るく、目にも優しく、軽井沢の自然を体全体で感じることができます。 季節の移り変わりが客室に居ながらにして体感できて、本当に癒されます。 また、インテリアや壁面もブラウンを基調とした色合いなので、ゆっくりと穏やかな気持ちになれるはずです。 日頃の疲れやストレスを開放してあげるには最適な環境が整っています。 そんな素敵な環境から、日常の生活からは生まれない豊かな発想やアイディアも生まれるかもしれません。 「休日くらい仕事のことは忘れたい」と思われる方は大半だと思いますが、何か新しい自分が発見できるかも?という期待感もここにはありそうです。 だから、仕事の思いも持ち込んでしまいましょう。 それを受けとけてくれる懐の大きさがここにはあるような気がしました。 「なぜ、今までこのことに気がつかなかったのだろう?」とか、「なぜ、こんなことに拘り続けてしまったのだろう?」など、新しい感性もここでは磨かれそうな気さえしました。 さらには、仕事上での人間関係のトラブルや悩み事等も、ここに来れば解消されるかも。 「よくよく考えれば自分も悪かったな」とか「彼にはこんな良いところもあるじゃないか」など。 他人の幸せを見て自分のことのように喜べるそんな心の豊かな人になりたい。 そう願いますし、そのためにはこうした環境もある意味必要なのかもしれません。 僕も今回の滞在では仕事のパソコン持ち込んでアレコレしてましたが、心地よい雰囲気と、適度な?アルコールのおかげか、知らないうちに寝てました。 しかし、それもアリですね。 時間に追われることなく、ゆっくりと時の流れを感じながら、とっても贅沢な時間を過ごすことができました。

次の

エクシブ全ホテルの利用は一か所の会員権購入でOK!その仕組みと利用方法をご紹介。

エクシブ軽井沢 ムセオ

この記事の目次• レクサス LCで行く軽井沢ドライブ 今回の「非日常を楽しむドライブと旅行で夢あるカーライフ」は、レクサスLCで軽井沢へ行ってきました。 宿泊したホテルは、会員制ホテルのとです。 ホームページを見る限り、ムセオが凄く良さそうで泊まりたかったのですが、今回やっと実現しました。 サンクチュアリ・ヴィラにも泊まって違いを見たいと思います。 計二泊三日の旅、5年ぶりにゴルフもやってみました。 レクサスLCにゴルフバッグ キャディバッグ を2つ積めるのか? 今回、妻と二人で行くのですが、コースデビューしたいとの事で、ゴルフもする事にしました。 自分もコースに出るのは5年ぶりです(超ヘタです)。 しかし問題は、レクサスLCにゴルフバックが積めるのかどうかです。 見た感じ一つは積めそうですが、二つはどう見てもちょっと無理じゃね?って感じです。 GLEで行けば問題ないのですが、ネタ的にはLCで行きたいなと思い、LCにゴルフバックを2個積んでみました。 どうですか!何とか入りましたよ(笑) ドライバー込みだと一つでも無理なので、ドライバーを抜けばLCにゴルフバック2つ載せる事が出来ました。 靴も二つ入ってます。 さらに着替えの入ったボストンバックを追加。 2人分の二泊三日の荷物は、後部座席に。 キャリーケース二つと手荷物、上着、ゴルフのドライバーと、やるか分かりませんがブラックバスを釣る竿も入っています。 大分圧縮しましたが、入るもんですね(笑) 昔乗ってたFDに家族3人分の荷物+チャイルドシートを載せた時を思い出しました。 レクサスLCで軽井沢の旅へ出発! 北関東道に乗って軽井沢を目指しますが、地元の新しく出来た太田強戸パーキングエリアに寄りつつ、軽井沢を目指します。 北関東道から関越-上信越道へ。 紅葉してますね。 軽井沢に行くなら?と言う事で、定番の軽井沢アウトレットへ向かいますが、駐車場渋滞を嫌って碓氷軽井沢インターではなく、一つ前の松井田妙義インターで降りて一般道で向かいます。 ちょうどお昼時になったので、その途中にある横川の釜めしをいただきます。 結構混んでいますが回転が速いのか、席が空いて入ればわりと早く釜めしにありつけます。 定番のおぎのやの釜めし。 美味しいです! もちろん持ち帰りもあります。 軽井沢アウトレットに到着。 駐車場渋滞を避けて松井田妙義で降りたのに、間違えてP7を通り過ぎてしまい、結局駐車場渋滞にハマったのであった・・・ アウトドア用品とレンジローバーイヴォークが展示してありました。 エクシブ軽井沢サンクチュアリ・ヴィラにチェックイン 部屋はいい?悪い? 足りなかったゴルフウェアを軽井沢アウトレットで買って、コンビニに寄ってエクシブ軽井沢サンクチュアリ・ヴィラに向かいます。 エクシブ軽井沢サンクチュアリ・ヴィラに到着! 車寄せは相変わらずエクシブらしくゴージャスな感じです。 エクシブ軽井沢サンクチュアリ・ヴィラのロビーラウンジ。 ウエルカムドリンクを飲みながら座ってチェックインできます。 ラウンジコーナーもあり、コーヒーやジュースがセルフで飲めます。 お部屋へ続く廊下。 玄関から部屋へ入ったところ。 左奥が玄関で、右のドアは寝室です。 ダイニングテーブルがあります。 エクシブ軽井沢サンクチュアリ・ヴィラのリビングです。 最新の離宮シリーズとは違う、エクシブ得意のヨーロッパ調の内装です。 奥のコンサバトリースペースが贅沢ですね。 館内の案内はタブレットに表示されるので、以前のような冊子はありません。 無料のミネラルウォーターが有難いです。 冷蔵庫の中身。 コンビニで買った麦茶とビールも入れちゃいました。 お茶菓子はアップルチョコレートクランチでした。 お茶が飲めます。 リビング奥には和室があります。 左側のドアはバスルームです。 エクシブらしくシャンデリアが。 照明が多いせいか、他のエクシブと比べて明るく感じます。 なんちゃって暖炉と左奥は寝室です。 暖炉の雰囲気はあります。 ベッドルームです。 やはり新しい離宮シリーズのより華やかさ?が劣る感じですが、この落ち着いた雰囲気も悪くありません。 もちろんテレビもあります。 エクシブ軽井沢サンクチュアリ・ヴィラの和室です。 ここに布団を敷けば4人~5人泊まる事が出来ます。 バスルーム&パウダールームです。 ジャグジー付きのバスタブで、テレビを見ながらくつろげます。 シャワールームとトイレ。 トイレはココと玄関横の2か所にあります。 結構広いスペースです。 贅沢な造りですね。 エクシブ軽井沢の夕食は美味しい?ルッチコーレのイタリアン アウトレットに寄ってくるので、夕食を遅い時間(19時半)に設定したら時間が空きすぎて腹ペコになってしまいました。 お待ちかねの夕食スタートです! 本日のエクシブ軽井沢の夕食は、イタリアンレストランのルッチコーレで頂きます。 あまり量が多くてもお腹いっぱいになってしまうので、一番安いコースにしました。 足りなければピザも頼めますが、まあ頼む事はないでしょう。 で、まずはビール! 泡が完璧ですね。 美味いに決まってる! まずは前菜です。 カジキのマリネ、パプリカとピクルスと大根のバーニャカウダ風味。 普通においしいです。 特にバーニャカウダは大好きなので食欲が湧きますね。 ちぎってしまいましたが、佐藤料理長の顔のイラストをあしらったパンです。 バターも美味しいし、オリーブオイルに付けても美味しいです。 サーモントラウトとぶなシメジのペペロンチーノです。 のオリジナル七味が効いているそうです。 ビールばかりではあれなので、白ワインを頼んでみました。 パンと白ワインって合いますよね~。 無限に食べて飲んでいられそうです。 (その前に簡単に酔っぱらって潰れますが) メインは3品から選べますが、選んだのはアイナメ、ホタテ、エビ、根野菜のアクアパッツァです。 白ワインと合う~ うまい~ 妻は、長野県産マーブルポークのタリアータ、ルッコラとグラナチーズ、バルサミコ酢を効かせた赤ワインソースです。 半分残したので、こちらもいただきました。 もうお腹いっぱいだったので、豚肉の脂が胃にズシリと来ました。。 オーナーカードがあればラウンジのソフトドリンクが無料になるので、食後はお腹いっぱいで飲めないと妻にブーブー言われながら、無理やり連れて入りました。 使わないと勿体ないので(笑) 自分は普通のコーヒーより単価が高いと言うケチな理由でウインナーコーヒーを。 妻はカモミールティーを頼みました。 お腹タプタプになりながら、大満足で夕食終了です。 二日目はグランディ軽井沢ゴルフクラブで5年ぶりのゴルフ 二日目はグランディ軽井沢ゴルフクラブで、5年ぶりのゴルフです。 妻はコースデビューなので、超ド下手同士でまともにゴルフになるのでしょうか? エクシブ軽井沢から車で20分位でグランディ軽井沢ゴルフクラブに到着。 LCからゴルフバックを下ろして、後部座席からドライバーを下ろして、バックに入れて、色々忙しいです。 え~、結果は二人とも136位。 下手くそが下手くその面倒を見るので、数えてる余裕がありません。 紅葉の景色の中を忙しく散歩してきたような感じです。 でも自分はコースデビューの時は150位だったので、妻はまだまともな方かも? あ、でもいい加減に数えてたから、実際のスコアは分からないや。。。 グランディ軽井沢のクラブハウスです。 ゴルフは上手くなろうとも思っていないので、たまに妻と二人で出来ればいいかなと・・・ 二日目はエクシブ軽井沢サンクチュアリ・ヴィラ ムセオにチェックイン ゴルフが終わって、またコンビニに寄って、二日目はに泊まります。 昨日と同じく18号の入り口から入って、看板を見ながらムセオに向かいますが、よく分かりません。。 本館の人に道を聞くと、一旦一般道に出てからムセオに行くようです。 よくよく見れば、昨日も今日も寄ったセブンイレブンの信号から真っすぐ来た道だったので、ムセオに行くには18号のセブンイレブンの信号を左に曲がればOKです。 と言う事でエクシブ軽井沢ムセオに到着。 エクシブの中では一番泊まって見たかったホテルです。 エントランス両脇に駐車場があります。 停められる台数は少ないので、部屋数が少ないのか、それとも満室だと違う駐車場を案内されるか、車を預けるのかもしれません。 エクシブ軽井沢ムセオの部屋どんな感じ? エクシブ軽井沢ムセオのロビーです。 こじんまりしていますが、入り口入って右側にレセプション、左側にセルフでドリンクが飲めるラウンジがあります。 (写真を撮り忘れました) そして正面にはきれいな水庭が見えます。 両サイドが客室です。 そして客室へ向かいます。 水庭がいいですね~ 中央のオブジェから水がしたたり落ちているのですが、静寂の中、見た目と水の音に癒されます。。 真ん中の芝生でバーベキューをしたら最高でしょうね(笑) 本日泊まる部屋は3202号室です。 玄関から入ったところです。 すでに凄そうな雰囲気が・・・ 毛皮じゃないけど毛皮を羽織ったような一人掛けのチェアの先には、紅葉した庭の景色が見えます。 横に長いリビングです。 その分、全面に窓があり、紅葉した庭が見れます。 リビングのテレビです。 大理石の壁に囲われて、とても高級感があります。 テレビの下には照明式の暖炉があります。 ドリンクコーナーのカウンターも洒落てます。 無料のお水が毎回ありがたいです。 ムセオのベッドルームです。 モダンでラグジュアリー感出てますね。 寝室からも紅葉した木々が見れます。 紅葉のピークは過ぎましたが、その分落ち葉の絨毯が、またいい雰囲気を醸し出しています。 ベッドルーム奥のクローゼットです。 デスクまであります。 ベッドルームのテレビ。 ベッドルームから入れるパウダールームとバスタブです。 洗面所とは思えないほどのゴージャス感! 洗面ボウルは二つあります。 ジャグジー付きのバスタブです。 反対側には大きなテレビがあって、ジャグジーに浸かりながらゆっくりできます。 アイアンのオブジェが芸術感出てますね。 よく分かりませんが(笑) パウダールームのトイレ。 玄関横にもトイレがあります。 Sグレードの部屋にはトイレ2つが標準のようです。 反対側の洗面ボウル。 和室から見たリビングです。 十分広いです。 和室もモダンですね~。 こんな和室が自宅に欲しいです。 和室の窓からも、紅葉した木々が望めます。 夜はライトアップされて、幻想的な雰囲気に。 これぞ非日常ですね。 和室のテレビとクローゼットです。 布団も入っているので、ベッドか布団か好きな方で寝られます。 赤く色付いた落ち葉とムセオのラグジュアリーな部屋が、何とも言えない贅沢な空間を味合わせてくれます。 お客さんの中には、東京ベイコート俱楽部の部屋よりもいい、と言う人も居るとか。 確かにベイコートの中間グレードのラグジュアリースイートよりも広く、内装も負けてないので、満足感は高いかもしれないですね。 エクシブ軽井沢ムセオの夕食は? エクシブ軽井沢の二日目の夕食は、日本料理「花木鳥」で天ぷらのコースをいただきました。 天ぷらコースのメニューです。 奥さんが完食出来るかどうかが心配です。 本日の天ぷらのタネです。 ウニが気になります・・ 天ぷらのフライヤーです。 職人さんが目の前で揚げてくれます 毎度代り映えしませんが、まずはビール! 美味いね~ 旬菜です。 焼ゴマ豆腐、生湯葉、信州サーモン寿司、さごし南蛮漬け、蒸し鶏辛し和えです。 どれも美味しいです。 上品なお味。 酸っぱいのが好きなので、さごしの南蛮漬けが特にお気に入りです。 吸い物は、焼きカマス、菊菜、焼きネギ、ゆずが入ったお澄まし。 カマスが焼いてある事で、香ばしさとホロホロほぐれる身が、澄まし汁と合います。 焼きネギも美味しく、かじった後に澄まし汁で流し込むと、ネギの香りと旨みが汁と溶け合って、あー美味い(笑) 香りのある菊菜と、カマス、ネギを焼くことで香りを引き立たせて、澄まし汁で優しく美味しく旨みを融合する感じでしょうか。 うん、食レポの才能はありませんね・・ 天ぷらの一発目は車エビです。 まあ間違いなく美味しいでしょう。 頭も香ばしくいただきました。 続いていんげんの天ぷらです。 ほど良い食感と甘味が美味しいです。 舞茸とメニューだと鱚(キス)ですが、違うような。 銀杏ですね~。 大好きです。 美味し! 本日のお造りです。 普通においしいです。 天ぷらに戻って、ネギと雲子(タラの白子)です。 とっても美味しいのですが、ここら辺でお腹が膨れて白子が重く感じます。 (奥さんはすでに満腹状態寸前) 小芋と穴子?もう酔っぱらってきているので、よく覚えていません(笑) 美味しかったのは覚えてます。 お腹が膨れて来たので、ここでビールから芋焼酎へ。 芋焼酎は最近飲めるようになって全然知らないので宮崎県の「月の中」を選択。 美味しいです。 ここで、一番楽しみにしていたウニ磯部の天ぷらです。 1つはそのまま、もう一つはおすすめの醤油につけて食べました。 口に入れて噛んでいくと、ウニの香りが広がって、身はレア状態、天ぷらにするとこうなるんだ~と初体験でした。 とても美味しいのですがね。 天ぷらの最後、これ何だっけ?こっちが穴子?忘れちゃいました。 箸休めで軽井沢産のアメーラトマトとレッドオークレタス。 玉ねぎドレッシングです。 アメーラトマトは糖度が高いそうです。 奥さんの分もいただきました。 そしてお食事。 「かき揚げと冷たい蕎麦」か「かき揚げ丼」が選べますが、奥さんが蕎麦を選んだので、自分はかき揚げ丼を選びました。 かき揚げのお茶漬けがあれば良かったな~と思いました。 お腹いっぱいでしたが、量はそれほどないので、完食しました。 美味し! 最後にデザート。 抹茶プリンに苺・栗・ミント・黒蜜が掛かったものと、リンゴシャーベットです。 天ぷらの後のシャーベットはいいですね。 奥さんは抹茶プリン側を丸残しなので、二つ食べました。 もう食えません。 レストランのある本館とムセオは離れているので、毎回アルファードで送迎してもらいます。 夜の水庭がいいですね~ 軽井沢ムセオの和室からみた夜の木々です。 赤く色付いた木々がライトアップされて非日常を味わえます。 雨が降っていたのでジョギングは残念ながらパス。 朝食はルッチコーレでアメリカンブレックファストをいただきました。 写真は撮り忘れ・・・ パンやサラダ、前菜、ジュースはバイキング形式です。 メインプレートに玉子やスープ、ソーセージなどが載ってきます。 今話題の?エッグスラットが美味しかったです。 コーヒーは1杯しか飲まなかったので、食後にラウンジでミカドコーヒーをいただきました。 ムセオの部屋からの眺めが名残惜しいですが、チェックアウトです。 嬉しかったのが、1泊目はサンクチュアリ・ヴィラでしたが、荷物は二泊目のムセオの部屋まで運んでくれました。 チェックアウトもムセオでまとめてでOKだったので、とても楽でしたよ。 軽井沢の観光 白糸の滝へ さて、このまま帰ってもあれなので、行った事が無かった白糸の滝へ行ってみました。 ナビで白糸の滝をセットすると、「高速道路上にセットしますか?」と聞かれるので、いやいや違いますよ、とやると全然違う場所へ案内されてしまいました 笑 高速道路と言うか有料道路沿いに駐車場があるので、高速道路上にセットしないと行けなかったみたいですね。 そんなこんなで、有料道路料金を支払って白糸の滝の駐車場に到着。 中軽井沢~白糸の滝~軽井沢へ向かうルートです。 駐車場は道路沿いに売店を挟んで前後にスペースがあります。 イワナの炭火焼きがありました。 美味しそうでしたがパスして、みたらし団子を食べましたが、柔らかくて甘すぎず美味しかったですよ。 売店の前から白糸の滝に行けます。 3、4分ほど歩いて到着。 想像していたより小さかったですが、マイナスイオン出まくりと言った感じで、癒されます。 ピークを過ぎていますが、紅葉が残っているので、何と言うか味があります。 iPhoneのパノラマで撮ってみました。 ちょうど雨が止んでラッキーでした。 小じんまりしているので、土日や観光シーズンは混んで大変でしょうね。 (当日は火曜日) 軽井沢の観光 軽井沢銀座へ 白糸の滝を見た後は、そのまま真っすぐ進むと、軽井沢へ着くので、軽井沢銀座をプラプラする事にしました。 軽井沢町町営旧軽井沢駐車場、という所にLCを止めました。 もっと安い所があるかもしれませんが、屋根付きなので雨の日や暑い日はこの駐車場がいいかもしれないですね。 軽井沢銀座商店街です。 楽しそうなお店が並んでいます。 腸詰屋で色々試食してみたら、スモークレバーが美味しかったので買ってみました。 軽井沢で有名なミカドのモカソフトです。 休みの日は行列ができるそうですが、今日は平日なので並ばずにゲット。 画像は撮り忘れましたが、コーヒー好きなので美味しかったです! ミカドの店内。 趣があっていいですね。 商店街の先まで行って、蕎麦屋さんでお昼を食べて帰りました。 きれいに食べた後ですみません。。 味は普通で紹介するほどではありません。。。 以上、「非日常を楽しむ旅行・ドライブで夢あるカーライフ」軽井沢偏でした!.

次の

【客室のご紹介】エクシブ軽井沢パセオ&ムセオ

エクシブ軽井沢 ムセオ

共同所有について 利用保証について エクシブ 購入のホテルの1部屋を 14人で共同所有する。 26泊 年間26泊がタイムシェアカレンダーにより完全利用保証されます。 13泊+10泊 年間13泊がタイムシェアカレンダーにより完全利用保証されます。 13泊 年間13泊がタイムシェアカレンダーにより完全利用保証されます。 宿泊時にオーナーカードを提示。 タイムシェア カレンダーについて 【基本設定】• ゴールド・シーズン 年末年始、夏休み期間、ゴールデンウィークなど• レッド・シーズン ゴールド・シーズンを除く土曜日、祝前日の日曜日など• ホワイト・シーズン ゴールド、レッド・シーズンを除く金曜、日曜、祝前日、春休み・冬休み期間など• ブルー・シーズン ゴールド、レッド、ホワイトシーズン以外の平日 予約受付について ご利用の1年前から予約受付開始。 会員権価格について 購入施設、部屋の広さによって異なります。 登録名義について 法人・個人を問いません。

次の