足の親指の付け根が痛い 女性。 足の親指の付け根が痛い女性は必見!女性に多い原因と対処法を大公開!

「足の指が痛い!」『原因』と『場所』から分類します

足の親指の付け根が痛い 女性

ハイヒール、パンプスなどはつま先が細くなっている為、高いヒールでつま先に体重がかかり、足先の骨への負担になるのです。 そもそもの原因はつま先立ちでちょこちょこ歩くなど不安定な歩き方をする事や、足の指をしっかり使わないで歩く事が原因で起こります。 靴を履くと内側で親指の付け根が酷く擦れてしまい、靴擦れになるのと、関節が無理な方向に曲がるので体重をかけるとかなり痛みます。 指先全体で体重を支える必要が有るので、中敷き、インソールを使用するのが効果的。 また、家に帰り裸足になった時につま先で物を拾う、つま先じゃんけんなどをして、つま先を意識的に使うようにすると指に力が入りやすくなります。 これらは簡単に言うと、高血糖状態が続き、血管や神経に負担がかかるために起こります。 次の段階になると痛み出し、次第に何も感じなくなります。 手袋や靴下をずっと履いているような感覚になり、ケガや水虫などに気が付かず化膿し、壊死してしまいます。 手足の切断を選択しないといけなくなる前に、食事療法や薬物療法があるので、血液検査で異常を発見した段階で気を付けていれば症状の進行を遅らせることが可能です。 いくつか考えられる病気を紹介します。 血行障害 つま先が キツイ靴を履いていると足の指に血が流れにくくなり、チクチクした痛みを感じます。 特に立ち仕事をされている方や、夕方になると痛む方が多いです。 予防方法としては靴のサイズの見直しや中敷きを使う、または足湯をする、つま先ストレッチを心がけることで痛みが和らぎます。 痛風 足の親指に痛みを感じることで最も考えられるのが痛風。 痛風の初期症状として、チクチクとした我慢が出来る程度の痛みがあります。 あまり放置しておくと悪化し、強烈な痛みに発展するので食生活の改善や、内科での血液検査をしてみることをおすすめします。 糖尿病神経障害 糖尿病初期の合併症で手先、足の指にピリピリ、チクチクした痛みやしびれが起こります。 人間ドックで注意を受ける、食生活が乱れていると感じている方は一度行院での検査をしてもらう事をおすすめします。 その他 巻き爪、雑菌感染などが考えられます。 足の親指は体重がかかるので食い込みやすく、雑菌も入り込みやすいので爪を切るときは深爪になり過ぎないよう注意してください。 私は巻き爪を我慢し続けた為、チクチクしていた程度の痛みが激痛に変わり、爪をはがす羽目になることがありました。 チクチクの時点で、皮膚科に行くことが大事に至らずに済みますよ。 また、足の親指の痛みで危険なのは糖尿病神経障害で、痛みがあるうちに治療を受けておくことが大事。 チクチクした痛みでも糖尿病、痛風の初期症状が考えられますし、血行障害は女性に気を付けてほしい症状です。 あまり我慢せず、気になる痛みがあれば整形外科か内科を受診しましょう。 気になる!健康記事ランキング•

次の

足の親指の付け根が痛い!腫れ・違和感を感じる原因と対策は

足の親指の付け根が痛い 女性

もくじ• 痛みが出やすいのは、足の親指の付け根 血液中の尿酸値が何らかの原因で高くなり、7. 結晶化した尿酸が、関節に沈着(付着)すると、激痛を伴う関節炎を引き起こします。 それが痛風です。 尿酸は、尿や便で体外へ排出されます。 しかし、体内で作られる尿酸の量と、体外へ排出される量のバランスが崩れると「尿酸値」が高くなり、余分な尿酸が結晶化して、痛風を引き起こします。 激痛は、発作のように現れるので、「痛風発作」と呼ばれます。 痛風発作の多くは、足の親指の付け根に現れます。 他にも、足首・ひざ・ひじ・アキレス腱(けん)などに、痛みが出る場合があります。 そのまま我慢していると、症状が軽ければ3日、重い時でも10日ほどで、痛みは治まります。 ここで放置してしまう人が、多いようです。 しかし、そのままにしておくと、発作の頻度が増えたり、腎臓の働きが低下したりしてしまうこともあります。 食物にもプリン体は含まれているので、暴飲暴食でも尿酸値は高くなります。 激しい運動でも痛風になるって、本当? 痛風は、高尿酸血症が原因で、引き起こされます。 高尿酸血症が起こる理由を、いくつか挙げてみましょう。 腎臓から尿酸を排せつする機能の低下• 暴飲暴食• 重度の肥満(尿酸が作られやすい)• 激しい運動(新陳代謝が活発になり尿酸値が高くなる) 尿酸値が高いのは、危険なの? 高尿酸血症は、痛風をおこすサインです。 健康診断で血清尿酸値が7. 8~7. 4~5. 糖尿病・脂質異常症・高血圧症などの、生活習慣病が原因の高尿酸血症もあります。 生活習慣病と診断された方、治療中の方も注意が必要です。 女性が痛風になりにくいのは、なぜ? エストロゲンという女性ホルモンには、尿酸の発生を抑え、体外に排せつしやすくする働きがあります。 そのために、女性は尿酸値が上がりにくく、男性よりも痛風患者が少なくなる傾向にあります。 しかし、閉経後はエストロゲンの分泌量が減少するので、尿酸値は高まりやすくなります。 定期的に尿酸値を検査するといいでしょう。 痛風の症状が出ていなくても、尿酸値が上がっている場合もあります。 痛風を予防するには? 生活習慣を改善しつつ、尿酸値を下げる薬を使った治療が行われます。 目標は、1日2000ml以上の排尿 尿酸のほとんどは尿から排せつされます。 1日に2000ml以上の排尿を目標に、できる範囲での水分摂取を心がけてください。 そのときに、糖分の入っている炭酸飲料やジュースなどの清涼飲料水・アルコールは避けるようにしてください。 水やお茶など、糖分のない水分摂取が望ましいと思います。 内臓脂肪を減らす努力を 肥満も尿酸の産生を促します。 内臓脂肪が多いと、尿酸値が上がりやすくなるので、体格指数 BMI の正常値(18. 5以上~25. 0未満)をキープしましょう。 線維質が多い食事を心がける 食べ過ぎは要注意です。 食べる量を減らす(適正にする)ことで、体重も適正となり、尿酸値が下がりやすくなります。 肥満を気にしている人・尿酸値を下げたいと思っている人は、次のようなローカロリーで繊維質や利尿作用のある食品の摂取を心がけてください。 ひじきやワカメ、コンブなどの海藻類• ほうれん草、ニンジン、キャベツ、ナスなどの野菜類• サツマイモ、里芋などのイモ類• バナナ・メロンなどの果物類 肉食中心から野菜中心へ 肉食が中心だった人は、野菜中心の食生活に切り替えてみてください。 野菜類を汁物に入れる• 煮る・蒸すなどの調理法を取り入れる 牛乳・乳製品は尿酸値を下げる 牛乳と言うと、カルシウムを想像する人が多いかもしれません。 牛乳・乳製品には、尿酸値を下げ、痛風になるリスクを下げる働きが、期待されているのです。 牛乳なら1日にコップ1杯、ヨーグルトなら100~200gのどちらかを、毎日摂取するのがおすすめです。 アルコールはひかえるように お酒は、できるだけ控えめにしてください。 アルコールは尿酸生成を高め、尿からの尿酸排せつを抑制してしまうからです。 定期的な有酸素運動を 軽い有酸素運動を、定期的に行うと良いでしょう。 ウオーキング• ジョギングなど 短時間の激しい運動は、逆に尿酸値を上げてしまうので注意が必要です。 どんな治療をするの? 二通りの薬物療法 尿酸値を下げる薬は二種類あります。 尿酸が上がる原因によって、使い分けています。 尿酸産生抑制薬:尿酸産生過剰型の方に処方されます。 肝臓で、プリン体が尿酸に分解されるのを抑制します。 尿酸排泄促進薬:尿酸排泄低下型の方に処方されます。 腎臓で、尿酸が尿中へ排せつされるように働きます。 激痛が走った時は、どうすれば…? 痛風の痛みは、発作のように現れるので「痛風発作」と呼ばれています。 鎮痛薬の使用には注意が必要なので、医師の診察を受けて、消炎鎮痛薬を使用します。 まとめ 痛風について、お分かりいただけましたでしょうか。 尿酸値が高いと言われたことがある方は、生活習慣を見直し、病院を受診することをおすすめします。 もし、痛風の発作が起きてしまった時は、痛みのある所を冷やして、安静にしてください。 痛みが治まっても放置せず、なるべく早く内科、または整形外科を受診してくださいね。 【参考文献】 ホームメディカ編集委員会. 1514-1516 参考サイト:公益財団法人 痛風財団.痛風を知りたい方へ . 高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン - 日本痛風・核酸代謝学会(P12) 高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン 第2版.

次の

足の裏の痛み、指の付け根に痛みがある時の原因と対処方法

足の親指の付け根が痛い 女性

最新ブログ記事• 歩いた時に指の付け根や足の裏に痛みがあり、日常的に歩くだけでも足が痛くて辛い。 そんなことで悩まれていませんか? 足の裏や足の付け根に痛みがあると毎日億劫で歩くだけでも嫌になると思います。 症状がひどくなると歩くだけでなく、 朝起き上がった時や立ち上がり、1歩目の歩き出しで激痛が走ると言うことも少なくありません。 ほったらかしにしていると言いどんどん痛みが増えてしまい治すことに時間がかかってしまいます。 毎日辛い時間を過ごすもの嫌だと思います。 この記事では足の裏に痛みを感じたり指の付け根に痛みが感じた時の原因と対処方法についてお話をしていきます。 足の裏のタコはどこにありますか? 足の裏の原因を知る前に、まず見て頂きたいのが足の裏です。 足の裏のどの部分にタコがあるでしょうか? 下の写真をご覧いただきたいですが本来たこと言うのは足にできない方がいいです。 裸足になった状態で自分の足の裏を見てください。 タコがどの部分にありますか? それぞれタコができる部分によって症状が変わってきます。 タコができてしまうということ、その部分に過度に力が入っている証拠です。 力が本来分散していくものが、分散せず集中してしまうことで、足のバランスが悪くなって痛みが出てしまいます。 足の付け根に痛みを感じる事と言うのは、痛い部分にタコができていることがほとんどです。 結局のところタコができる原因と言うのは歩き方や立ち方が悪いので結果的にその部分に負担がかかり皮膚が硬くなってしまいます。 足の付け根の痛みや足の裏が痛いという場合 足底腱膜炎(そくていけんまくえん)、中足骨骨頭炎というものが当てはまります。 下記で詳しく解説をしていますので、これからみていきます。 足の裏や付け根が痛い病名とは 下記の写真を参考にしながら説明をしていきます。 痛みがある部分によって、ある程度症病名を考えることができます。 親指の付け根が痛む 外反母趾 足の裏では無いですが外反母趾の部分がこれにあたります。 外反母趾は見た目が明らかに曲がってしまっている場合はわかりやすいですが、初期の段階では親指の付け根の部分や足の裏が痛くなります。 変形をしている段階を見極める方法は親指の内側の部分が赤く腫れあがった状態にあるかどうかで見極めがつきます。 変形はしていなくても赤みがある場合は炎症起こしている証拠です。 外反母趾にたいする記事は下記をご覧ください。 中指と薬指の間が痛む モートン病 モートン病とは足の3番目と4番目の指の付け根部分が痛みと痺れが出ることをいいます。 あまり聞き慣れない言葉かもしれませんがモートン病になると非常に治りが悪くしびれと痛みに悩まされることが多いです。 原因不明な部分もありますが、一般的には歩き方や靴が悪くて痛みを感じてしまうケースが1番多いです。 モートン病に関する記事はこちらをご覧ください。 かかとの真裏が痛む 足底腱膜炎 足底筋膜炎、足底筋膜炎とは聞いたことがあるかもしれません。 足の裏には踵から指の付け根までついている大きな筋肉があります。 その筋肉を足底腱膜と呼ぶのですがこの筋肉の柔軟性がなかったりかかとの部分で炎症が起きてしまったりすると強烈な痛みを感じます。 足底腱膜は初期症状ではよく歩いた後なのに痛みが出るだけですがひどくなってくると足をつくだけでも強く痛むことがあります。 ほったらかしにすればするほど予後がが非常に悪いので早めに治療をする必要があります。 足底腱膜炎に関する記事はこちらをご覧ください。 足の裏の真ん中が痛む 偏平足 扁平足や開張足と言うような呼び方をしますが、土踏まずがない状態で歩いていると足の裏の真ん中が痛むことがあります。 短い時間取りならば特に痛みを感じる事はあまりありませんが、長時間歩くことが多いと痛みを感じることが非常に多くなってしまいます。 扁平足はすべての足の裏の症状に重なっていますが、外反母趾にしても足底腱膜炎にしてもモートン病にしても全て扁平足が重なっていると言っても過言ではありません。 扁平足があるならば必ず治す必要があります。 しかし、扁平測を治すのにもしても絶対に歩き方を変えなければ症状は変わりません。 最終的にはやはり歩き方が重要です。 偏平足に関する記事はこちらをご覧ください。 指の付け根が痛い 中足骨骨頭炎(ちゅうそっこつこっとうえん) 中足骨骨頭炎とはあまり聞き慣れない言葉だと思います。 指の付け根にある骨を中手骨といい、足にある部分を中足骨といいます。 この部分で炎症が起きてしまい痛みを出すのが中足骨骨頭炎です。 この症状の主な原因と言うのは付け根をよく使う方に多い疾患です。 例えばヒールが高い靴をよく履かれている方と言うのは指先ではなく指の付け根に重心がかかってしまいます。 負担がたくさんかかることによって指先の付け根に炎症を持ち痛みを感じてしまうのが1番の原因です。 以上が足の裏足の付け根に痛みがある場合の原因です。 この中で全てに共通する部分があります。 歩き方が悪くなってしまっている• 足の使い方が正常になっていない 先ほどタコの話を少ししていきましたが、タコができるという事はそれだけ足が正常に働いていないと言うことです。 正常に働いていないので足の裏に負担がかかってしまい結果的に痛みを感じてしまうのは仕方がない事です。 これらを治すためには絶対に歩き方を正常な状態に戻さなければなりません。 絶対に治さなければいけない歩き方 足の裏やつま先が痛い歩き方の特徴として重心のかけ方がうまくいってない方が圧倒的に多いです。 ここでは歩き方をきっちりとご説明したいと思います。 どういうことかといいますと、痛みが出てくる以前から指先を使わずに歩かれている方が多いです。 本来はかかと足の付け根そして親指と人差し指を使って地面を蹴るようにして歩きます。 3点というのは、つま先、足の外側、そして踵です。 この状態になってしまうと足のどこかに痛みが出てしまうのは仕方がないことと言えます。 歩き方は非常にです。 指先をいかに使うかです。 まずはまっすぐに立った状態から説明をしていきます。 立った状態の時に親指と人差し指の腹、足の付け根全体そして踵がすべて地面に付いている状態が1番正しい姿勢です。 この時に指が地面に着いていないのであれば浮き足になっている証拠です。 浮足になってしまうと指先が地面に着いていない感覚が1番わかるので必ず立ったときに指先が地面に着いているようにしてください。 歩き方 浮き足の方はベタベタ歩く方が非常に多いです。 本来正しい歩き方と言うのは上記でお話をした通り、踵からついて足の付け根の下、最後指先を使うと言うのが正しいのです。 浮き指になってしまうとかかとと足の付け根が同時に地面につくような状態になってしまいます。 同時につくような状態になってしまうと本来はつま先から体重が地面に逃げていくのですが地面に逃げることができずに足首やかかとに体重が全て残ってしまいます。 これらが原因で痛みを引き起こしてしまいます。 指の付け根に痛みが出てしまう場合は特にこの傾向が大きいです。 特にヒールをよくははかれる方に関しては、立った段階で指先が浮いてしまっています。 この状態で踵からついてつま先で地面を蹴りましょうと言うのは無理に等しいです。 足の疾患は男性よりも女性の方が圧倒的に多いのはこのような理由があるからです。 もう一つの簡単に歩く方法として 手を大きく振ることで足が前に出やすくなります。 歩いてみるとわかるのですが、手を大きく振ることと歩幅を少し大きくしなければこの歩き方はできません。 足に痛みがある方は上半身でバランスを取ろうとするので手を振らずに歩かれます。 しかしこの歩き方をすると歩幅が小さくなってしまうのでどんどん足の痛みを増やしかねません。 試しに手を大きく振って歩いて下さい。 足が前に出ていくのがわかりませんか?歩幅が増えませんか? ちょっと変えるだけで体はずいぶんと変わるので手を振るのを是非実践して下さい。 歩き方はとても難しいですが歩き方を改善しない限りは痛みを解消する事は難しいです。 正しい歩き方をもっと詳しく習得するには下記をご覧ください。 上記はモートン病を治すためと書いていますが、実際は同じことが言えますので、参考になさって下さい。 動画でも紹介しています。 上記の動画は実際に歩き方をしてもうまく歩くことができない方に対してお話をした動画です。 歩き方を変えるためにも是非ご覧になって下さい。 足の痛みを改善するためのマッサージ方法 動画でご紹介をしていますので併せてご覧になりマッサージクリームを使用するかお風呂の中で実践をしてください。 足底腱膜炎、外反母趾、モートン病、中足骨骨頭炎でも共通して行うべきマッサージ方法があります。 マッサージをすることによって筋肉を緩めることができるので足の痛みを改善させることが可能です。 文章で説明をすると難しいので動画でご紹介させて頂きます。 足の痛みを改善するためのストレッチ方法 上の説明で歩き方を紹介しましたが、歩き方を正しくしようと思うと足首の柔軟性がきっちりとついていないと歩くことが綺麗にできません。 痛みを改善させるためには必ず足首の柔軟性をつけることが必要です。 足首の柔軟性は絶対に必要ですのでこのストレッチを行ってください。 ふくらはぎをの伸ばすストレッチ 壁に向かって立ってください。 片方の足をつま先の上につけて立つようにしましょう。 重心を前にかけていくとふくらはぎがストレッチされていくのがわかると思うのでその状態のまま20秒間上を伸ばしてきましょう。 左右で2セットずつ行ってください 理想は1日2回行うのが理想的ですが、時間がない方は寝る前もしくは風呂上がりにストレッチを必ず行ってください。 太ももの後ろを伸ばすストレッチ方法 床に座って片方の足を伸ばし片方の足をあぐらをかくようにして曲げて座ってください。 伸ばした足のほうに体重をかけて太ももの後ろを伸ばすようにストレッチしていきましょう。 姿勢はできるだけまっすぐにすることをお勧めします。 片足20秒間以上伸ばしていき両足で2セットずつ行ってください 理想は1日2回行うのが理想的ですが、時間がない方は寝る前もしくは風呂上がりにストレッチを必ず行ってください。 ストレッチもマッサージも全て大切です。 それに合わせて歩き方を改善することが最も大切です。 是非全てを習得して下さい。 まとめ 特に体の使い方である歩き方を解消する事は絶対的に必要になります。 体を矯正するためにも自分の歩き方や使い方を理解することで早期に治すことができます。 足の痛みを取るためには歩き方を変えることとマッサージそしてストレッチを併用することがとても重要になります。 痛みをほったらかしにしていて治るものではないのでしっかりと対策をしましょう。 ひこばえ整骨院の足の裏の痛みに対する施術 足の裏の痛みを治すのには必ず専門的な知識が必要です。 ひこばえ整骨院では足の裏の痛みに対する施術をとても得意としています。 きっちりと施術をすれば改善をします。 もし、当院での施術を受けてみたいなと思ったら下記をクリック下さい。

次の