宿命歌詞意味。 Official髭男dism『ノーダウト』歌詞の意味・解釈と考察

あいみょん「マリーゴールド」 歌詞の意味を解釈!2人の恋の行方は?

宿命歌詞意味

Official髭男dismが、2019 ABC 夏の高校野球応援ソング/"熱闘甲子園"テーマ・ソングを担当することが発表された。 そんな彼らが、新曲「宿命」で貴重な夏の時間を力強く駆け抜ける球児たちを応援する。 テーマ・ソングとなる新曲「宿命」は、ヒゲダンならではのポップで美しいメロディと力強いブラス・アレンジに乗せ、夏の戦いに自らの"宿命"を燃やす高校球児たちの葛藤や、ほとばしる情熱を繊細に歌い上げた、心揺さぶる1曲となっている。 メンバー4人で高校野球の聖地である甲子園球場に足を運んだ際に、甲子園球場について藤原は"パワーのある場所だと思いました。 バンドにも日本武道館であったり、さいたまスーパーアリーナであったりと目指す場所がありますが、ここは全国の高校球児たちが目指す場所。 そういうところには、すごいパワーがあるんだなと感じました。 "と語った。 また、今回のテーマ・ソング「宿命」について、"「宿命」という言葉には、生まれ持った運命という意味がありますが、宿命とは「自分で背負うもの」だと僕は思っているんです。 球児たちは「絶対に甲子園に出るんだ」「優勝するんだ」という思いを、チームのみんなで"宿命"として背負っていて、目標に向かってひたむきにがんばっている。 春のセンバツを観戦したときに、そんな印象を強く受けたので、球児たちが背負ってる宿命を称えて、応援したいという思いで「宿命」という曲を作りました。 "とテーマ・ソング制作時の気持ちを語った。 「宿命」は、Official髭男dismの3rdシングルとして7月31日に発売されるので、ぜひ楽しみにしよう。 また、有村貴紀(ABCテレビ)プロデューサーより以下のコメントも到着している。 謎めいたバンド名。 一瞬にして聴く人を振り向かせるメロディ。 掴んで離さない歌詞の世界観。 これまでにない新たな息吹をもたらす曲を作ってくれる!そう思い"Official髭男dism"に応援ソングをお願いしました。 大会も、昨年高校野球100回記念大会を終え、新たなスタートを切る101回大会が開催されます。 その新たな一歩が力強いものであるためには"ヒゲダン"のパワーが必要不可欠でした。 ヒゲダンのみなさんはこの春、甲子園で戦う球児たちの姿を実際に目にしました。 4人で見たその景色が、曲作りへ向けてメンバーの共通言語になったと言います。 高校野球に映し出される情熱や興奮。 時には切なさや苦さが渦巻きます。 そんな様々な感情を抱き、戦う球児の姿を力強く歌詞に込めてくれました。 『ただ宿命ってやつをかざして 立ち向かうだけなんだ』 この夏、高校野球そして Official髭男dismのパワーを受け取ってください。 宿命 (2019 ABC 夏の高校野球応援ソング/「熱闘甲子園」テーマソング) 2. 04784/¥2,500(税別) 【通常盤】(CD) PCCA. 04785/¥1,000(税別) [CD] 1. Amazing 3. Pretender Acoustic ver. 13 ヒューリックホール東京-" 1. 日曜日のラブレター 2. 55 3. ゼロのままでいられたら 4. 可能性 5. ニットの帽子 6. 115万キロのフィルム 7. Tell Me Baby 8. 異端なスター 9. ノーダウト 10. 犬かキャットかで死ぬまで喧嘩しよう! 11. 過去の自身を超えるのが命題だが、今作は構成と歌詞両方で未知の価値観を認め合おうとする意志が窺えた。 突っかかるビート感とシンセ・ベースがモダンなイントロから、ファンキーなカッティングに合わせ生ベースが登場し、"高まる愛の中"でサビを迎えたかと思えば、2サビと言えるクラップとクワイアが印象的な一体感のあるパートへ広がり、さらに、落ちサビのあとにピアノが沁みるブロックで締める。 構成ではそのすべてが主役で、歌詞では知らなかった相手の側面や新しい価値観を"I Love Your Love"という肯定に収斂。 時代性も映した渾身の1曲だ。 (石角 友香) バンド初となる日本武道館公演を含むワンマン・ツアーが全公演ソールド・アウトとなったヒゲダンによるメジャー3rdシングルは、"2019 ABC 夏の高校野球応援ソング"、"熱闘甲子園"のテーマ・ソングだ。 冒頭から鳴り響く力強いホーンとサビのゴスペル風のコーラスは、ヒゲダンならでは。 歌詞も含め、これまでとはひと味違う応援ソングになっている。 球児たちが背負った宿命を、バンドという運命を共にする自らに重ね合わせ、メンバー全員が活躍できるパートを作ったアレンジもテーマにぴったりだ。 一丸となってこの曲に取り組んだメンバーたちの思いが窺える。 (山口 智男) 2019年7月8日にバンドにとって初となる日本武道館ワンマンを開催するOfficial髭男dism。 メジャー・デビューからわずか1年3ヶ月の快挙が、人気の急上昇を物語っているが、そんな彼らが映画"コンフィデンスマンJP"の主題歌「Pretender」をシングルとしてリリースする。 ブラック・ミュージックのエッセンスを消化したJ-POPという意味では、彼らの真骨頂と言えるミディアム・ナンバー。 報われない男の恋心を歌い上げる伸びやかな歌声に切なさと若干の甘酸っぱさが入り混じるところが聴きどころ。 さらに表題曲のAcoustic Ver. を加えた全3曲を収録。 (山口 智男).

次の

Official髭男dism

宿命歌詞意味

何気ない瞬間に見せつ笑顔が、 本当にキュートです。 そして、可愛い笑顔の合間に見せる、寂しげな表情・・。 まさに「マリーゴールド」の歌詞の世界観を表現したPVになっていますね。 撮影の合間に見せる、 自然な あいみょんがとっても 可愛いです! 是非、最後までチェックしてくださいね! あいみょんが、コメントを寄せています。 ずっとこのままでいたいし、欲深く、素直に誰かを求めていたい。 1番近くにいる誰か、遠くにいる君。 届きそうで届かない気持ち。 残したい記憶、懐かしいと笑えたあの日の恋。 困難の中に置かれ、改めて 君の事が好きだという気持ちを再認識したようです。 恋愛というのは、 困難あってこそ、燃え上がるものですね。 「 あ~ぁ うまくいかないな」と、ネガティブな「彼」。 そんな時でも、「 希望の光=彼女」はずっと輝いています。 どんな困難に置かれても、うまくいかない日々があっても、 「幸せ」と感じさせてくれる彼女の存在。 恋しくてたまらないそんな感情でいっぱいです。 鮮やかな「マリーゴールド」に例えるほど、「君」は、眩しくキラキラした存在なのかもしれませんね。 「 空がまだ青い夏のこと」というのは、きっと2人の青さ 蒼さ も表現しているのかもしれませんね。 しかし、「 懐かしいと笑えた あの日の恋」と、過去形の表現になっているのが気になります。 今となっては 懐かしい思い出。 ということでしょうか? きっと、2人の間には、それなりの期間が存在していて、良くも悪くも、 いろいろな経験をしてきた という事なのだと思います。 男女ってそういうものですよね。 ちなみに、「マリーゴールド」の花言葉は「悲しみ」「変らぬ愛」。 そして、色によっても それぞれ違う花言葉が存在します。 黄色のマリーゴールドの花言葉は「健康」。 オレンジの マリーゴールド の花言葉は「予言」などなど・・。 PVに映っているのは、オレンジ色が鮮やかな「 マリーゴールド」でした。 そんな目で見つめられたら、男は弱いですから、言う事聞きますよ。 笑 「 もう離れないで」ということは、1度離れてしまった2人なのかもしれませんね。 もしくは、距離ではなく「心」が離れたのでしょうか? 青空に浮かぶ、白い雲も夏のイメージにぴったりですね。 壮大なスケールで浮かぶ雲のように、優しく包んでくれる「彼」 このサビには何か 彼の決心のようなものも 感じます。 「もう離さない」と、空に誓ったのかもしれません。 「彼女」に言えない何かがあるようです。 彼の弱さが表現されている部分。 同時にそれを自覚しているというのも解ります。 それでも未来に「絶望」は見えない。 よほど「彼女」の存在が、彼にとって大きい存在なのでしょう。 どんな困難や、悩みも打ち消すくらいの「愛」がそこにあるのかもしれません。 とにかく大好き。 本当に愛している。 ストレートすぎる感情が強調されている、歌詞の部分ですね。 肌を寄せ合う、2人の体温。 だからこそ感じる事ができる 空気の冷たさ。 そして、 その 冷たい空気は、何を意味しているのでしょうか? ああ アイラブユーの言葉じゃ 足りないからとキスして 雲がまだ2人の影を残すから いつまでも いつまでも このまま 引用:あいみょん「マリーゴールド」歌詞より 「アイラブユー」という、ちょっとクサすぎるくらいの表現で、伝えた愛情。 それでも足りないと、 彼女にキスで想いを伝えたんですね。 ノロケとも取れるくらいのラブラブな2人。 でもやっぱり2人には、 ぬぐい去れない「何か」があるようです。 その何かを、「2人の影」と表現しているのではないでしょうか? だからこそ「いつまでも このまま」と、2人は願うのかもしれません。 幸せそうなのに、どこか 切なさを感じさせる歌詞ですね。 2人にの障害となる「何か」というのは、 「距離」という物理的な別れのようですね。 この先、 離れなければいけない現実があるようです。 彼が言えなかった本当の気持ちは、 「離れたくない」という気持ちだったのかもしれません。 そして、「冷たい空気」は、距離的な「別れ」の現実を前に、2人に流れた、何とも言えない雰囲気。 それを払拭するように、「この日に名前をつけようか。 」なんて強がったのかもしれません。 遥か遠い場所に居ても繋がっていたい。 2人の想いが同じでありますように。 この切実な彼の願いが、 逆に切なさを感じさせます。 あいみょん「マリーゴールド」歌詞の意味は? まとめ 懐かしいと笑えたあの日の恋は、2人で笑い会えたのか。 それとも・・・ 「 あんな恋もしていたな・・」と、良い思い出として「彼」だけが 懐かしんだのか・・。 ここから先は、 聴き手のあなたが解釈してみてください。 私は卒業を機に遠距離恋愛になる恋を男性目線から歌った曲だと解釈しました。 風の強くなる春に心が揺れ動くけど、でんぐり返しのように繰り返す日々を、だらけながら過ごしていても、目の前には希望の光である彼女がいるから幸せだなぁ。 夏の日のマリーゴールドが彼女の姿に似てたなぁ。 夏にはまだ、楽しいだけの恋だったと懐かしいなあ。 彼女から、(卒業後に遠距離になるから別れを別れを提案したけど)もう離れないでと涙ぐまれて、優しく抱きしめたぜ! 本当は離れたくないっていいたいけど、言えない。 でも彼女となら遠距離でもうまくいくと思うから絶望はない。 だって離れてても目を閉じればシルエット浮かぶから。 少し寒い卒業後の別れの日(新しいスタートを2人で歩み出す日)に何て名前を付けようかなんて話したりして あとは歌詞のままなので割愛します。 僕もちょっとこの歌詞を分析したくなってこのブログにたどり着きました。 色んな解釈ができると思いますし、敢えて多様な解釈にとれるように書かれているのかもしれません。 が、個人的には遠距離恋愛の曲のように見えますね。 「懐かしいと笑えたあの日の恋」とあることから、 お互い両思いになって付き合い出してからもう数年は経過しているのでしょう。 その時の初々しい思い出を回想しているように見えます。 それからお互い環境が変わり、これまでのような関係が難しくなってしまった。 「もう離れないで」という歌詞が、女性的な言葉に見えますが、 いずれにせよ一度は関係が疎遠になっていることが分かります。 「目の奥にずっと映るシルエット」「はるか遠い場所にいても繋がっていたいなあ」 あたりからもやはり普段は近い場所にいないことを匂わせます。 そして「本当の気持ち全部~不思議なくらい絶望は見えない」 のところが紐解く鍵になるように思います。 お互い両思いでありながら遠距離であるということは、それぞれが夢や目標があり一緒にいれないのではないかと思います。 でもその夢や目標と、会いたいという気持ちを正々堂々と伝える強さはない。 でも自分の選んだ道に対して悔いはない、と思っているのではないでしょうか。

次の

「Pretender」で描かれる男性目線の恋心

宿命歌詞意味

『宿命』の歌詞分析 まずは『宿命』の歌詞について詳しく見ていきたいと思います。 カメラワーク的なAメロ Aメロは風景を描写しており、冒頭の歌詞 心臓からあふれ出した声で歌うメロディ は観客席の応援団へのフォーカス 君からあふれ出した声と は選手へのフォーカス 〜群青の空の下 は引きの絵 となっています。 お好きな方ならわかると思いますが、このカメラワークはまさしく熱闘甲子園のOP映像そのものですよね。 Bメロ 繰り返しの表現 夢じゃない夢じゃない〜 嘘じゃない嘘じゃない〜 Bメロで押さえておきたいのがこの繰り返しの表現です。 繰り返しの働きには主に二種類あります。 一つは 意味の強調です。 繰り返すことで、その歌詞の意味を強めます。 この歌の中では、応援している「僕ら」から「選手」に向けて言い聞かせているようなニュアンスでしょうか。 そしてもう一つは リズムを生み出すことです。 歌詞だけではなく、詩でも用いられる繰り返しですが、読み手にリズムを与える役割を持ちます。 歌詞はそもそも詩を歌に乗せるのですから、より相性の良い表現技法とも言えるでしょう。 この歌でも落ち着いたAメロから盛り上がるサビへとだんだんと加速していくような感じを受けますよね。 さらにサビ前の「届け」で音抜きされていてグッと引き込まれます。 押韻を効果的に使ったサビ ヒゲダンの楽曲全体に言えることですが、藤原さんは押韻を効果的に活用しています。 押韻とは母音が同じあるいは響きの近い母音を繰り返し用いることです。 繰り返しの表現と同じく、詩によりリズムを生み出すほか、 耳触りの良さを感じさせることができます。 このサビでも 奇跡じゃ なくていい 母音がauei- 美しく なくていい 切れない バッテリー a[u]ei- 魂の 限り aii- というように押韻が用いられています。 さらにこのサビではバッテリーが宿命を燃やす比喩と野球の投手と捕手を示す掛詞として用いられています。 相撲をテーマとしたアニメ『火ノ丸相撲』のOPとして採用された『FIRE GROUND』でも相撲に関連した 結果次第で180度真っ白な歓声に変わる それでも弾かれまいと世界を両足で握りしめる 残ったのはどっちだ といった掛詞をうまく活用していますし、 詐欺をテーマにした『コンフィデンスマンJP』の主題歌『ノーダウト』『Pretender』でも随所に見られます。 こういったタイアップ、主題歌のテーマをうまく織り交ぜながら歌詞を書く技術が、次々タイアップされる一つの要因ではないでしょうか。 応援歌の変化 特筆したいのが、2番Aメロの歌詞 「大丈夫」や「頑張れ」って歌詞に苛立ってしまった そんな夜もあった という箇所 応援歌といえば、古くはKANの『愛は勝つ』やZARD『負けないで』や 同じく熱闘甲子園テーマ曲の『あとひとつ』など、背中を押してくれる熱いメッセージの曲が有名でした。 それに対してこの曲は今までのそういった応援歌に対するメタ的な表現になっています。 「無責任な応援に苛立つ」という感覚は私も含め若い世代には共感するのではないでしょうか。 この曲はそういった応援歌を聴く気になれない層にも響くのではないでしょうか。 こういったカウンター的な歌詞は2017年の熱闘甲子園テーマであった高橋優『虹』でも見られます。 ゆとり教育や『世界に一つだけの花』のヒットもそういった流れの一つと言えるでしょう。 その自分らしさを盾に頑張ることを避けてしまったことに切り込んだ歌詞というのは新鮮に感じました。 音楽をはじめ、流行を生み出すコンテンツはその世情や時代背景を切り取るひとつのツールとしての役割を担っています。 応援歌ひとつとってもこういった世代間の考え方の違いや時代が現れているのは面白いですよね。 まとめ 今回はOfficial髭男dismの『宿命』の歌詞分析、そして応援歌の変化についてお話ししました。 皆さんもこういった背景を考えながら音楽を聴いてみるとまた違った良さを感じられるのではないでしょうか。 作詞をする方も彼らの楽曲は技術が詰まっていますので是非参考にしてみてください。

次の