乳酸菌サプリ。 乳酸菌サプリ(ビフィズス菌)の効果とは!便秘解消、免疫力、ダイエットなど

乳酸菌サプリのおすすめランキングを紹介!価格や成分で徹底比較!

乳酸菌サプリ

市販されている善玉菌を増やすサプリというと、結構限られます。 他サイトは、適当なことを言っているのでアテにしないほうがいいです。 【市販されている】 ってところが、重要なのにドラッグストアにいっても、置いていないようなサプリばかり紹介しています。 他サイトに書かれていることは信用しないほうがいいですよ。 自分はドラッグストアで乳酸菌サプリを見たりしているのでわかりますが…。 ぶっちゃけ、市販されている乳酸菌サプリは少ないです。 通販を使えば普通に買えますけどね。 おそらく市販されているというのは、ドラッグストアや薬局で買えるものを知りたいのかと思います。 では、そんな限られた市販されている善玉菌を増やすサプリを紹介します。 おすすめは明治のおなか活力タブレット 市販されていておすすめの善玉菌を増やすサプリメントは、明治から販売されている おなか活力タブレット です。 乳酸菌サプリというわけではないのですが、善玉菌を増やすサプリメントです。 【追記】 おなか活力タブレットはどうやら製造中止になったようです。 もうドラッグストアにも通販でも買えなくなったみたいです。 生菌ケフィアはよくドラッグストアや薬局に売っている 他におすすめとしてはDHCの生菌ケフィアはドラッグストアや薬局でよく見かけます。 買いやすさと、値段の安さの点で生菌ケフィアもおすすめです。 DHCはいろいろなサプリメントを販売していますけど。 ドラッグストアや薬局のDHCのサプリコーナーをみると、この生菌ケフィアはよく置いてありますね。 自分もスーパーの中に入っているドラッグストアで購入しました。 トライアルの薬局コーナーみたいなところで購入した記憶があります。 DHCのサプリは値段が安いので、効果が低そうに感じる人もいるかもしれません。 そう思うのならダメかもしれません。 でも、こういうサプリは相性で効果が変わってくるので、値段が高いものが効果が高いとは限らないです。 ただ人間値段の高いもののほうが、効果がありそうだと思える時点で、値段が高いものを買ったほうがいいのかもしれません。 こればかりはどんなに説明しても無理です。 「値段が安いものは、効果がない!」 と信じている人に、どんなに「それは違う」と言っても、無理なことを自分は知っています。 なので、値段が安いものでは納得できない人は、生菌ケフィアはおすすめしません。 ただ 「値段が安いもののほうがいい!」 という人にとっては、生菌ケフィアは善玉菌を増やすいいサプリだといえます。 この生菌ケフィアをよく見かけるような…。 なので市販で買いやすい善玉菌を増やすサプリメントといえば、生菌ケフィアが候補になるかと思います。 DHCのサプリということで、よく見かけることが多い気がします。 DHCシリーズのサプリが人気なのかな…。 値段が安いので 「いまいちそう」 と感じるところがデメリットかな。 人間、値段が高いもののほうが、良さそうに見えるところがあるので。 サプリではなく乳酸菌を配合した整腸薬 善玉菌を増やすサプリではなく、善玉菌を増やす整腸薬を購入してみてはいかがでしょうか? ドラッグストアや薬局に乳酸菌サプリメントがあまり置いていないのは。 整腸薬の棚に、乳酸菌を配合した整腸薬がたくさんあるからだと思います。 画像上から• 3種類の乳酸菌を配合した新ビオフェルミンS• 酪酸菌を配合したミヤリサン• ラクボン配合のパンラクミン どれもドラッグストアや薬局で普通に売られている、善玉菌を増やす整腸薬です。 サプリではなく整腸薬という分類ですけど。 その中身は乳酸菌を配合したサプリメントのようなものです。 単に医薬部外品なので、整腸薬という分類になっているわけです。 むしろ医薬部外品な分だけ、よくわからない乳酸菌サプリより安心して飲めるところはあると思います。 これらの整腸薬は、ドラッグストアや薬局においてあることが多いです。 まぁおなかの調子が悪くなって、ドラッグストアや薬局に行く人は多いと思いますから。 毎日これらを飲んでいいんです。 むしろ毎日これらを飲むことで、おなかの調子が整います。 うちの母も毎日新ビオフェルミンSを飲んでいます。 なくなったら普通にリピート購入していますからね。 たぶん乳酸菌サプリよりも、こういう乳酸菌配合の整腸薬のほうが。 メーカーの質からしても、良さそうな気がします。 値段もお手頃ですし。 整腸薬って聞くと、副作用とか心配する人もいそうですが。 その実態は、ほとんど乳酸菌サプリと変わらないものですからね。 人間不思議なことに、ほとんど同じものでも。 乳酸菌サプリと聞くと、安全そうに思えて。 整腸薬と聞くと、危険がありそうに感じるんですよねぇ。 ヨーグルトを食べるのをおすすめ! あとはそうですね…。 自分はいろいろと乳酸菌サプリや乳酸菌配合の整腸薬を買いましたけど。 基本毎日ヨーグルトを食べていて。 あまり乳酸菌サプリや整腸薬はこだわっていないですね。 もうサプリでもなんでもないですけど、ヨーグルトを食べるのもいいと思います。 ヨーグルトなら、スーパーやコンビニで買えますから。 なぜかサプリにこだわっている人がいますけど、サプリってあまりいいことがないんですよ。 「ヨーグルトよりサプリのほうが効果が高い」 とかいう人がいますけど、自分的にはヨーグルトのほうが上だと思っています。 その理由はヨーグルトなら、生きた乳酸菌が入っているのは確実です。 なぜなら、ヨーグルトは牛乳 生乳 に乳酸菌を入れて醗酵させて固めたものですから。 つまり生きた乳酸菌が入っていないと、ヨーグルトってできないんです。 でもサプリメントは、別に生きた乳酸菌を配合しても、死菌となった乳酸菌を配合しても、どちらでも作れるんです。 粒や粉末に乳酸菌を配合しただけですからね。 よくわからないサプリを飲むぐらいなら、ヨーグルトを食べたほうが100倍いいですよ。 値段的にもヨーグルトを食べたほうがおそらく安いです。 ヨーグルトのほうが市場の争いも激しいので、メーカーも乳酸菌の実験や研究の発表をいくつも出しています。 なので、ヨーグルトのパッケージを見ると、いろいろな乳酸菌名が見つかったりします。 まぁヨーグルトにも、まんまデザートタイプみたいなものがありますから。 そういうのは善玉菌が増えるのかどうかは謎ですけどね。 乳酸菌サプリにこだわる理由があるのなら、乳酸菌サプリを飲めばいいと思うんです。 でもサプリメントっていうのは、不足がちな栄養を手軽に摂取するというものであって。 ヨーグルトを食べれるチャンスがあるのなら、ヨーグルトで乳酸菌を摂取したほうがいいような気がします。 ナットウキナーゼのサプリとかありますけど、納豆食べたほうがいいと思いません? 善玉菌を配合した良質な食べ物が身近にあるんです。 たしかにヨーグルトは、賞味期限が短い点、冷蔵保存な点で続けにくいです。 でもいろいろな点で、乳酸菌サプリよりヨーグルトのほうが上だと自分は思っています。 乳酸菌サプリのほうが需要があるのなら、ヨーグルトを販売しているメーカーはもっと乳酸菌サプリの販売に力を入れるはずです。 でも有名メーカーはヨーグルトや乳酸菌飲料の販売には力を入れていても。 サプリメントの販売にはあまり力を入れていない感じですからね。 やっぱりヨーグルトのほうが市場が大きいこともあって、儲かるのかと思います。 賞味期限もそれほど長くないので 「乳酸菌サプリのほうが手軽で好き」 っていう人が多いのもわかります。 なんだかんだでやっぱりサプリは手軽ですよね。 ただ有名どころの乳酸菌サプリメントは、ドラッグストアや薬局では売らないで。 メーカー通販限定で販売していたりします。 カルピス社のアレルケアや、サントリーのプロディアとかがそうですね。 なので市販されているもので選ぶとしたら、そうとう限られると思います。 そしてドラッグストアや薬局って、冗談抜きに乳酸菌サプリ系はほとんど置いていないですから…。 そう考えるとやっぱり市販されている乳酸菌サプリを探すより。 整腸薬の棚を見て、乳酸菌を配合した整腸薬を選ぶといいと思います。 医薬部外品ぐらいの整腸薬なら、副作用の心配もないでしょ。 新ビオフェルミンSがやっぱり一番おすすめかな。 うちの母もずっと飲んでいますから。 テレビCMもやっているので、名前ぐらいは聞いたことがあると思いますし。

次の

乳酸菌サプリとヨーグルトではどっちが効き目が良いのですか?

乳酸菌サプリ

そもそも乳酸菌とは? 乳酸菌は炭水化物をはじめ、糖分を消費して乳酸を作る細菌の総称です。 発酵乳食品や酒、醸造製品、漬物、パンなど、様々な分野で人間と深くかかわりあってきました。 ビフィズス菌と一緒に腸内細菌として人間の体に住み着いており、を酸性側に傾けることで、腸の中で食物が腐ってしまったり、を引き起こさないよう改善する効果を持ちます。 そもそも腸内細菌の種類は非常に豊富で、小腸から大腸にかけてそれぞれグループを形成してまとまり、腸の壁に当たる部分に住み着いています。 このグループを形成する様子が花畑のようなので、と呼ばれます。 腸内細菌は、乳酸菌をはじめとする、黄色ブドウ球菌など腸内で有害物質を作り出す悪玉菌、どちらか優位な方に味方する日和見菌と大きく3つに分かれます。 近年腸内フローラを整える、とよく言われますが、腸内フローラはこの3種類の菌たちが丁度よいバランスで住み着いていることが重要になります。 一般的には善玉菌が2割、悪玉菌が1割、日和見菌が7割がベストと言われています。 乳酸菌は悪玉菌が定着し増殖しすぎてしまうのを防ぎ、不要になった悪玉菌を排出する力を持っているため、腸内環境を整えるのにはぴったりな存在なのです。 乳酸菌の効果とは? 乳酸菌の効果は様々です。 代表的なものとして、有害物質を産生する大腸菌や細菌の増殖を抑えて、有害な物質を体にため込まないようにする効果を持ちます。 また乳酸菌やビフィズス菌が乳酸を作り出すと、腸管内のpHは下がり、便通が良くなります。 同時にの元となる病原菌などを抑え、下痢を改善する効果も期待できます。 という言葉を聞いたことがありませんか? これは「適正な量を摂取したときに宿主に有用な作用を示す生菌体」と定義される乳酸菌のグループです。 こうしたプロバイオティクス乳酸菌は、様々な効果を発揮します。 腸の中でに影響を及ぼし、性皮膚炎や花粉、食品アレルギーの症状緩和に効果があるとして多くの臨床試験で明らかにされています。 また抗腫瘍作用を持つと言われており、腫瘍の原因となる腸内細菌を抑えるといった効果が知られるグループもあります。 血中コレステロール低下作用を示す試験も知られており、効果ありとなしで報告自体は分かれますが、より研究が進めば新たにそうした効果を持つ乳酸菌のグループが見つかるかもしれません。 近年では肥満の原因として、消化が難しい多糖類まで分解し吸収してしまう腸内細菌を多く持つ人ほど、カロリーを効率よく摂取しすぎて肥満体形になっている可能性などが示唆されています。 ただ注意したいのは、人によって乳酸菌に合う合わないが存在する、と言うことです。 これまでの生活習慣や生まれた土地の食文化などで、腸内フローラが全く異なるためです。 乳酸菌を必要としている人はこんな人! 乳酸菌を必要としている人としては、便秘に悩む人、お腹が張った感覚が常に続く人のほかにも、不眠に悩む人や、ストレスを抱えている人におすすめです。 腸内環境を整えることで、便秘に悩む人は便通が改善され、お腹が張りがちな人は悪玉菌など腸内細菌が整うことでその張りやおならの臭いが改善されることがあります。 乳酸菌でダイエットできる? 腸内環境を整えることでお通じが順調になり、消化吸収が正常になることで、便をため込みがちな人はその分、ダイエット効果が期待できるといえます。 上記で述べたように、肥満体形の原因が腸内環境にあるのではないか、とする研究もあります。 もしかすると今後、より効率的に乳酸菌でできる方法が見つかるかもしれません。 自分に合う乳酸菌を摂取することで、体の中の本来あるべき状態を再び保てるようになる可能性が高いとされています。 お通じが乱れている、という人は、乳酸菌を摂ることで状況を改善できる可能性があります。 花粉症にも良いって本当? L-92乳酸菌など、一部の乳酸菌は花粉症やアトピーに対しても改善効果を示したとして、製品化されています。 人は花粉やアトピーなど、アレルギー症状が起きたとき、人間の体の中では免疫機能をつかさどる免疫細胞が過剰反応し、バランスが崩れてしまっています。 はこのバランスを整え、アレルギーが起こりにくくする効果があるとされています。 またウイルスを排除する働きを持つ(ナチュラルキラー細胞、免疫細胞の一種)を活性化させる働きや、ウイルスが侵入するのを防ぐ働きを強化することができるとわかっています。 他にも予防や改善については、シロタ株やK-2株、KW3110株などがあります。 このように乳酸菌は非常に豊富な種類があり、同時にそれぞれ改善する分野が異なります。 また腸内環境は人によって違うため、人ごとに必要とする乳酸菌や、効果を得られる乳酸菌が異なります。 したがって、自分が求める効果を持つ乳酸菌であっても、合わない可能性があります。 そのため自分に合う乳酸菌を見つけていくことが、乳酸菌を活用するにはとても大切なのです。 うつ病にも効果的? 2016年の5月に、腸内の善玉菌が少ないとうつ病のリスクが高い、ということを国立精神・神経医療研究センター神経研究所とヤクルトの共同研究グループが発表しました。 まだどの種類の善玉菌がの治療や予防に効果があるか、という点においては研究が進められていますが、今後より効果的なものが出てくる可能性はあります。 ただ現時点でも、に効果があるとされる乳酸菌が開発されています。 その1つであるプレミアCP2305は不安感や不眠に対して、ストレスをやわらげ改善することで、安眠効果をもたらしてくれるとされます。 乳酸菌に副作用はある?危険性を解説します! 乳酸菌自体に、摂りすぎという心配はありません。 たとえば亜鉛などをサプリメントで摂りすぎると高血圧や免疫障害などが生じるケースがありますが、乳酸菌は栄養素ではないので心配はありません。 腸内で使用されなかった乳酸菌も便として排出されるため、過度に心配しなくても大丈夫です。 しかし乳酸菌からたくさん乳酸や酢酸が作られ、腸の動きが活発になりすぎたことで、下痢になる場合もあります。 乳酸菌自体が悪いのではなく、摂り方や、どんな成分をほかに一緒に摂ったのかによるのです。 たとえばヨーグルトから乳酸菌を摂取しようと決めた場合、乳糖不耐症の人はヨーグルト自体の成分から下痢や腹痛が起きるケースがあります。 また糖分や脂肪を多く摂りすぎてしまい、腸内環境は改善されても、太ってしまう場合もあります。 そのため効率の良さや体への影響の少なさを考えると、乳酸菌はサプリメントや1日1本のなどで摂取するのが良いでしょう。 乳酸菌サプリメントの選び方を解説! まず乳酸菌は、人によって合う合わないがあること、そして乳酸菌自体が得意とする分野が異なることが挙げられます。 たとえばビフィズス菌、こちらは大腸に多く便通改善に効果を発揮しますが、ものによって合わないことがあります。 これはサプリメントでも、ヨーグルトでも同様です。 そのためまずは乳酸菌の菌種から、自分が得たい効果を持っている菌種を選びます。 そしてその菌種を含んでいるサプリメントやヨーグルトを探すのです。 たとえば便秘予防や改善に効果を発揮するものとしてはN-1株やGCL2505株、OS株、ブルガリア菌2038株などが挙げられます。 菌種も様々で効果が1つしかないものもあれば、たとえばカスピ海ヨーグルトに含まれるくれモリスFC株はアトピー性皮膚、上昇抑制、、免疫力、便秘、コレステロール値などに効果を発揮するとされます。 市販のヨーグルトでも、サプリメントでも、さまざまな種類があります。 そして少なくとも、1〜2週間は試してみましょう。 お通じが良くなったり、体調がよくなったり、その菌種に期待している効果が実感出来たら、続けていくのがおすすめです。 サプリメントならトライアルや返金制度をチェック 市販のヨーグルトなら自分で購入して1〜2週間継続し、合わなかったら切り替えるということが簡単にできます。 しかし購入回数に縛りがあったり、トライアルができなかったり、サプリメントによっては「お試し」が難しいこともあります。 トライアルセットや返金制度があるか確認し、まずはお試しができるかどうかも選ぶときのポイントの1つです。 海外産の乳酸菌サプリメントはどう? サプリメントというと、最近は製のものを摂り入れる人も増えてきました。 摂り入れている人には、たとえばその方が成分が充実しているから、あるいはコスパがより優れているから、内容が明確で安全性が確保されているから、など、理由があります。 確かにサプリメント大国とも呼ばれるには、厳しい競争を勝ち抜いてきた優れたサプリメントが豊富です。 日本とは違い、食品との間に位置づけられているため、日本では医薬品にしかつかえない成分を含んでいるサプリメントもあります。 そのため、より優れたサプリメントを選ぶために、海外産サプリメントを視野に入れるのは大きなメリットがあります。 ですがそれは、乳酸菌サプリメントに関して言えば、ちょっと事情が異なります。 何故なら、日本にも非常に多くの乳酸菌サプリメントやヨーグルトがあるため、わざわざ海外産の乳酸菌サプリメントを使う必要が必ずしもないためです。 もし海外産の乳酸菌サプリメントを使うとしたら、輸入費用などコスパがかかることを考えると、まずは日本産のサプリメントやヨーグルトで、自分に合う乳酸菌を見つけましょう。 市販のヨーグルトだけでも非常に多くの種類があり、乳酸菌サプリメントでもそれは同様です。 そのうえで海外産の乳酸菌サプリメントを使った方が自分にとっては良い、ということが分かったら、改めて購入するのがおすすめです。 薬局やドラッグストアで購入できる乳酸菌サプリメントはどう? 薬局やドラッグストアでは、乳酸菌サプリメントがそう多くは置かれていません。 というのも、整腸剤の棚に並べて販売ができず、むしろヨーグルトの方が乳酸菌に関しては人気があるためです。 現にヨーグルトの方が種類が多いので、乳酸菌サプリメントに比べると、自分に合う乳酸菌を見つけられる確率が高く、高い通販のサプリメントよりも自分の目で成分や栄養素を確認できます。 さらにやたんぱく質も摂れるため、栄養的にも優れているのです。 ただヨーグルトの場合、コストがかかりやすい、というデメリットがあります。 その点、簡単に持ち運べるサプリメントなら、保存にも困りません。 ドラッグストアなどでも購入できるサプリメントを2つ、紹介します。 ディアナチュラ自体がドラッグストアでは定番なので、気軽に手に取れます。 なお、アンケートは個人の体験談に基づくものであり、その内容を保証するものではございません。 半数の方が毎日乳酸菌製品を摂取している! 約半数の方が毎日が乳酸菌を摂取しているという結果になりました。 乳酸菌製品の場合、ヨーグルト、ドリンク、サプリメントなど選択肢が多く、自分に合った形状を選びやすいことがこの結果に繋がっていると考えられます。 乳酸菌摂取の理由トップ3は、腸内環境、免疫力、便秘対策 回答者の半数以上が乳酸菌を摂取している理由として挙げたのが、 腸内環境の改善、免疫力の改善、便秘対策でした。 2位と3位が入れ替わっているものの、実感している効果の順位は摂取理由とほぼ変わりません。 具体的な効果を記述していただきましたので、その一部をご紹介します。 ・便秘が解消されました。 アトピー性皮膚炎にも少しずつ効果が出て、かゆみが無くなり肌もきれいになりつつあります ・摂取する前は、腹痛及び下痢が多かったが、摂取するようになってからそういったトラブルが落ち着きました ・冬になると自分も子供も風邪対策で飲むようにしているが、確かに風邪をひきにくくなる ・ニキビができる回数が減った気がします ・花粉症がひどくて悩んでいましたが、乳酸菌を摂取するようになってから、症状が軽くなりました ・蕁麻疹がましになりかゆみが減りました ・毎日のお通じがよくなったことで体調も良くなり体重も少し減りました 乳酸菌サプリメントのおすすめ3選! それでは乳酸菌サプリメントを、アレルギー症状の緩和、便通改善、安眠効果という3つの視点からそれぞれおすすめのものを紹介します。 アレルギー症状の緩和、 カルピス 守る働く乳酸菌 L-92 カルピスが販売する乳酸飲料の1つであり、特に花粉症などアレルギー症状の緩和に効果があるとされるL-92乳酸菌が含まれています。 ドリンクタイプなので小さな子供でも飲みやすく、1本あたり106円前後で継続できます。 乳酸菌自体の合う合わないはあるため、まずは1か月から様子を見て継続してみるのがおすすめです。

次の

乳酸菌サプリのおすすめランキングを紹介!価格や成分で徹底比較!

乳酸菌サプリ

そもそも乳酸菌とは? 乳酸菌は炭水化物をはじめ、糖分を消費して乳酸を作る細菌の総称です。 発酵乳食品や酒、醸造製品、漬物、パンなど、様々な分野で人間と深くかかわりあってきました。 ビフィズス菌と一緒に腸内細菌として人間の体に住み着いており、を酸性側に傾けることで、腸の中で食物が腐ってしまったり、を引き起こさないよう改善する効果を持ちます。 そもそも腸内細菌の種類は非常に豊富で、小腸から大腸にかけてそれぞれグループを形成してまとまり、腸の壁に当たる部分に住み着いています。 このグループを形成する様子が花畑のようなので、と呼ばれます。 腸内細菌は、乳酸菌をはじめとする、黄色ブドウ球菌など腸内で有害物質を作り出す悪玉菌、どちらか優位な方に味方する日和見菌と大きく3つに分かれます。 近年腸内フローラを整える、とよく言われますが、腸内フローラはこの3種類の菌たちが丁度よいバランスで住み着いていることが重要になります。 一般的には善玉菌が2割、悪玉菌が1割、日和見菌が7割がベストと言われています。 乳酸菌は悪玉菌が定着し増殖しすぎてしまうのを防ぎ、不要になった悪玉菌を排出する力を持っているため、腸内環境を整えるのにはぴったりな存在なのです。 乳酸菌の効果とは? 乳酸菌の効果は様々です。 代表的なものとして、有害物質を産生する大腸菌や細菌の増殖を抑えて、有害な物質を体にため込まないようにする効果を持ちます。 また乳酸菌やビフィズス菌が乳酸を作り出すと、腸管内のpHは下がり、便通が良くなります。 同時にの元となる病原菌などを抑え、下痢を改善する効果も期待できます。 という言葉を聞いたことがありませんか? これは「適正な量を摂取したときに宿主に有用な作用を示す生菌体」と定義される乳酸菌のグループです。 こうしたプロバイオティクス乳酸菌は、様々な効果を発揮します。 腸の中でに影響を及ぼし、性皮膚炎や花粉、食品アレルギーの症状緩和に効果があるとして多くの臨床試験で明らかにされています。 また抗腫瘍作用を持つと言われており、腫瘍の原因となる腸内細菌を抑えるといった効果が知られるグループもあります。 血中コレステロール低下作用を示す試験も知られており、効果ありとなしで報告自体は分かれますが、より研究が進めば新たにそうした効果を持つ乳酸菌のグループが見つかるかもしれません。 近年では肥満の原因として、消化が難しい多糖類まで分解し吸収してしまう腸内細菌を多く持つ人ほど、カロリーを効率よく摂取しすぎて肥満体形になっている可能性などが示唆されています。 ただ注意したいのは、人によって乳酸菌に合う合わないが存在する、と言うことです。 これまでの生活習慣や生まれた土地の食文化などで、腸内フローラが全く異なるためです。 乳酸菌を必要としている人はこんな人! 乳酸菌を必要としている人としては、便秘に悩む人、お腹が張った感覚が常に続く人のほかにも、不眠に悩む人や、ストレスを抱えている人におすすめです。 腸内環境を整えることで、便秘に悩む人は便通が改善され、お腹が張りがちな人は悪玉菌など腸内細菌が整うことでその張りやおならの臭いが改善されることがあります。 乳酸菌でダイエットできる? 腸内環境を整えることでお通じが順調になり、消化吸収が正常になることで、便をため込みがちな人はその分、ダイエット効果が期待できるといえます。 上記で述べたように、肥満体形の原因が腸内環境にあるのではないか、とする研究もあります。 もしかすると今後、より効率的に乳酸菌でできる方法が見つかるかもしれません。 自分に合う乳酸菌を摂取することで、体の中の本来あるべき状態を再び保てるようになる可能性が高いとされています。 お通じが乱れている、という人は、乳酸菌を摂ることで状況を改善できる可能性があります。 花粉症にも良いって本当? L-92乳酸菌など、一部の乳酸菌は花粉症やアトピーに対しても改善効果を示したとして、製品化されています。 人は花粉やアトピーなど、アレルギー症状が起きたとき、人間の体の中では免疫機能をつかさどる免疫細胞が過剰反応し、バランスが崩れてしまっています。 はこのバランスを整え、アレルギーが起こりにくくする効果があるとされています。 またウイルスを排除する働きを持つ(ナチュラルキラー細胞、免疫細胞の一種)を活性化させる働きや、ウイルスが侵入するのを防ぐ働きを強化することができるとわかっています。 他にも予防や改善については、シロタ株やK-2株、KW3110株などがあります。 このように乳酸菌は非常に豊富な種類があり、同時にそれぞれ改善する分野が異なります。 また腸内環境は人によって違うため、人ごとに必要とする乳酸菌や、効果を得られる乳酸菌が異なります。 したがって、自分が求める効果を持つ乳酸菌であっても、合わない可能性があります。 そのため自分に合う乳酸菌を見つけていくことが、乳酸菌を活用するにはとても大切なのです。 うつ病にも効果的? 2016年の5月に、腸内の善玉菌が少ないとうつ病のリスクが高い、ということを国立精神・神経医療研究センター神経研究所とヤクルトの共同研究グループが発表しました。 まだどの種類の善玉菌がの治療や予防に効果があるか、という点においては研究が進められていますが、今後より効果的なものが出てくる可能性はあります。 ただ現時点でも、に効果があるとされる乳酸菌が開発されています。 その1つであるプレミアCP2305は不安感や不眠に対して、ストレスをやわらげ改善することで、安眠効果をもたらしてくれるとされます。 乳酸菌に副作用はある?危険性を解説します! 乳酸菌自体に、摂りすぎという心配はありません。 たとえば亜鉛などをサプリメントで摂りすぎると高血圧や免疫障害などが生じるケースがありますが、乳酸菌は栄養素ではないので心配はありません。 腸内で使用されなかった乳酸菌も便として排出されるため、過度に心配しなくても大丈夫です。 しかし乳酸菌からたくさん乳酸や酢酸が作られ、腸の動きが活発になりすぎたことで、下痢になる場合もあります。 乳酸菌自体が悪いのではなく、摂り方や、どんな成分をほかに一緒に摂ったのかによるのです。 たとえばヨーグルトから乳酸菌を摂取しようと決めた場合、乳糖不耐症の人はヨーグルト自体の成分から下痢や腹痛が起きるケースがあります。 また糖分や脂肪を多く摂りすぎてしまい、腸内環境は改善されても、太ってしまう場合もあります。 そのため効率の良さや体への影響の少なさを考えると、乳酸菌はサプリメントや1日1本のなどで摂取するのが良いでしょう。 乳酸菌サプリメントの選び方を解説! まず乳酸菌は、人によって合う合わないがあること、そして乳酸菌自体が得意とする分野が異なることが挙げられます。 たとえばビフィズス菌、こちらは大腸に多く便通改善に効果を発揮しますが、ものによって合わないことがあります。 これはサプリメントでも、ヨーグルトでも同様です。 そのためまずは乳酸菌の菌種から、自分が得たい効果を持っている菌種を選びます。 そしてその菌種を含んでいるサプリメントやヨーグルトを探すのです。 たとえば便秘予防や改善に効果を発揮するものとしてはN-1株やGCL2505株、OS株、ブルガリア菌2038株などが挙げられます。 菌種も様々で効果が1つしかないものもあれば、たとえばカスピ海ヨーグルトに含まれるくれモリスFC株はアトピー性皮膚、上昇抑制、、免疫力、便秘、コレステロール値などに効果を発揮するとされます。 市販のヨーグルトでも、サプリメントでも、さまざまな種類があります。 そして少なくとも、1〜2週間は試してみましょう。 お通じが良くなったり、体調がよくなったり、その菌種に期待している効果が実感出来たら、続けていくのがおすすめです。 サプリメントならトライアルや返金制度をチェック 市販のヨーグルトなら自分で購入して1〜2週間継続し、合わなかったら切り替えるということが簡単にできます。 しかし購入回数に縛りがあったり、トライアルができなかったり、サプリメントによっては「お試し」が難しいこともあります。 トライアルセットや返金制度があるか確認し、まずはお試しができるかどうかも選ぶときのポイントの1つです。 海外産の乳酸菌サプリメントはどう? サプリメントというと、最近は製のものを摂り入れる人も増えてきました。 摂り入れている人には、たとえばその方が成分が充実しているから、あるいはコスパがより優れているから、内容が明確で安全性が確保されているから、など、理由があります。 確かにサプリメント大国とも呼ばれるには、厳しい競争を勝ち抜いてきた優れたサプリメントが豊富です。 日本とは違い、食品との間に位置づけられているため、日本では医薬品にしかつかえない成分を含んでいるサプリメントもあります。 そのため、より優れたサプリメントを選ぶために、海外産サプリメントを視野に入れるのは大きなメリットがあります。 ですがそれは、乳酸菌サプリメントに関して言えば、ちょっと事情が異なります。 何故なら、日本にも非常に多くの乳酸菌サプリメントやヨーグルトがあるため、わざわざ海外産の乳酸菌サプリメントを使う必要が必ずしもないためです。 もし海外産の乳酸菌サプリメントを使うとしたら、輸入費用などコスパがかかることを考えると、まずは日本産のサプリメントやヨーグルトで、自分に合う乳酸菌を見つけましょう。 市販のヨーグルトだけでも非常に多くの種類があり、乳酸菌サプリメントでもそれは同様です。 そのうえで海外産の乳酸菌サプリメントを使った方が自分にとっては良い、ということが分かったら、改めて購入するのがおすすめです。 薬局やドラッグストアで購入できる乳酸菌サプリメントはどう? 薬局やドラッグストアでは、乳酸菌サプリメントがそう多くは置かれていません。 というのも、整腸剤の棚に並べて販売ができず、むしろヨーグルトの方が乳酸菌に関しては人気があるためです。 現にヨーグルトの方が種類が多いので、乳酸菌サプリメントに比べると、自分に合う乳酸菌を見つけられる確率が高く、高い通販のサプリメントよりも自分の目で成分や栄養素を確認できます。 さらにやたんぱく質も摂れるため、栄養的にも優れているのです。 ただヨーグルトの場合、コストがかかりやすい、というデメリットがあります。 その点、簡単に持ち運べるサプリメントなら、保存にも困りません。 ドラッグストアなどでも購入できるサプリメントを2つ、紹介します。 ディアナチュラ自体がドラッグストアでは定番なので、気軽に手に取れます。 なお、アンケートは個人の体験談に基づくものであり、その内容を保証するものではございません。 半数の方が毎日乳酸菌製品を摂取している! 約半数の方が毎日が乳酸菌を摂取しているという結果になりました。 乳酸菌製品の場合、ヨーグルト、ドリンク、サプリメントなど選択肢が多く、自分に合った形状を選びやすいことがこの結果に繋がっていると考えられます。 乳酸菌摂取の理由トップ3は、腸内環境、免疫力、便秘対策 回答者の半数以上が乳酸菌を摂取している理由として挙げたのが、 腸内環境の改善、免疫力の改善、便秘対策でした。 2位と3位が入れ替わっているものの、実感している効果の順位は摂取理由とほぼ変わりません。 具体的な効果を記述していただきましたので、その一部をご紹介します。 ・便秘が解消されました。 アトピー性皮膚炎にも少しずつ効果が出て、かゆみが無くなり肌もきれいになりつつあります ・摂取する前は、腹痛及び下痢が多かったが、摂取するようになってからそういったトラブルが落ち着きました ・冬になると自分も子供も風邪対策で飲むようにしているが、確かに風邪をひきにくくなる ・ニキビができる回数が減った気がします ・花粉症がひどくて悩んでいましたが、乳酸菌を摂取するようになってから、症状が軽くなりました ・蕁麻疹がましになりかゆみが減りました ・毎日のお通じがよくなったことで体調も良くなり体重も少し減りました 乳酸菌サプリメントのおすすめ3選! それでは乳酸菌サプリメントを、アレルギー症状の緩和、便通改善、安眠効果という3つの視点からそれぞれおすすめのものを紹介します。 アレルギー症状の緩和、 カルピス 守る働く乳酸菌 L-92 カルピスが販売する乳酸飲料の1つであり、特に花粉症などアレルギー症状の緩和に効果があるとされるL-92乳酸菌が含まれています。 ドリンクタイプなので小さな子供でも飲みやすく、1本あたり106円前後で継続できます。 乳酸菌自体の合う合わないはあるため、まずは1か月から様子を見て継続してみるのがおすすめです。

次の