ペッパー らん ち 事件。 ペッパーランチ事件の真相~犯人や黒幕など闇6つ・被害者も総まとめ

ペッパーランチ

ペッパー らん ち 事件

【問題】外食チェーンを展開する「ペッパーフードサービス」の業績が好調である。 「はいはい、『いきなり!ステーキ』が順調なんでしょ。 行列がよくできているし」と思われたかもしれないが、その答えだと「50〜60点」といったところ。 同じステーキをウリにしている「ペッパーランチ」の快進撃が続いているのだ。 ペッパーランチと聞いて「えー、本当に? ちょっと信じられない」とびっくりされた方は、あの事件・事故の記憶が甦ったからかもしれない。 2007年5月に起きた強盗強姦事件と、2009年9月に起きた「O157食中毒」である。 後者は感染者が全国的に広がったこともあって、業績が悪化。 競争の激しい飲食業界の中で、この事故は大きな足かせになるはずだった。 ネット上でも「ペッパーランチは全店閉店すべき」といった声があった中で、2012年11月から反撃が始まるのだ。 あの手この手を打って、52カ月連続(4年以上)で既存店売上が上昇(現在も継続中)。 内訳をみると、2012年の1店舗平均売上は450万円だったが、現在は650万円に。 客単価は、路面店で800円、フードコートで700円だったが、現在は1100円、900円に。 一度は地獄を見たペッパーランチは、どのようにして蘇ったのか。 同社で取締役を務めている川野秀樹さんに話を聞いた。 聞き手は、ITmedia ビジネスオンラインの土肥義則。 関連記事• 30円のブラックサンダーを食べたことがある人も多いはず。 年間1億個以上も売れているヒット商品だが、発売当初は全く売れなかった。 チョコボールといえば「おもちゃのカンヅメ」。 子どものころに「あれが欲しくて、何個も買った。 でも当たったことがない」という人も多いのでは。 おもちゃのカンヅメの中に何が入っているのか。 どのくらいの確率で当たるのか。 森永製菓の担当者に話を聞いた。 近視や老眼をコンタクトレンズ1枚でカバーできる「ピンホールコンタクトレンズ」をご存じだろうか。 現在、臨床研究を進めていて、2017年度中の商品化を目指しているという。 どのような原理でできているかというと……。 「カレーハウスCoCo壱番屋」(ココイチ)を運営している壱番屋の業績が好調である。 市場をみると、ココイチの店舗数は1000店を超えているのに、2位のゴーゴーカレーは80店ほど。 なぜココイチはここまで「独走」しているのか。 同社の取締役に聞いたところ……。 高級ステーキを安価で提供する「いきなり!ステーキ」は破竹のような勢いで快進撃を続けている。 実は最近、ショッピングモールのフードコードでも絶好調らしい……。 長年親しまれてきた「オリジン弁当」は、リブランディングによって、装いも新たに「キッチンオリジン」へ、看板もメニューも再構築されつつある。 その理由とは?.

次の

まとめ:ペッパーランチ事件の深い闇

ペッパー らん ち 事件

ステーキチェーン店「」大阪心斎橋店で、同店店長と店員が食事中の女性客を脅した上、睡眠薬を飲ませて、拉致、暴行するという卑劣な事件が起こった。 同店でこの事件が起こることを予告するかのようなサイトが存在していたのでは、とネット上の掲示板でささやかれている。 単なる「怪情報」なのか「実際の目撃談」なのかは不明だが、中身は詳細で衝撃的だ。 「女性を囲っておくつもりだった」 「」大阪心斎橋店で食事中の女性客を拉致し、性的暴行するなどしたとして、大阪府警南署が、同店店長北山大輔(25)、店員三宅正信(25)両容疑者を強盗強姦、逮捕監禁致傷の疑いで逮捕した。 調べによると、5月9日午前1時過ぎに、大阪市中央区の同店で、閉店を装って店のシャッターを閉め、1人で店にいた女性客をスタンガンで脅したうえ、無理やり睡眠薬を飲ませて泉佐野市内のガレージに拉致。 性的暴行に及んだほか、約5万円を財布から盗んだ疑い。 2人は「インターネットでスタンガンや睡眠薬を入手し、女性客を物色していた」「女性を囲っておくつもりだった」などと供述しているという。 「ペッパーランチ」大阪心斎橋店のホームページ(現在では閉鎖)では営業時間は午前1時までで、まさに閉店時間を見計らっての犯行と見られる。 さらには、この2名のほかにも共犯者がいた可能性も複数紙に指摘されており、店ぐるみの犯行だった可能性もある。 店長と店員は、いつも「女を犯す!」といっていた? 大阪府警南署はに対し、「これは読売新聞のスクープで、プレス発表したものではない。 詳細は捜査中で答えられない」としており、事件の全貌はまだ明らかになっていない。 にもかかわらず、ネット上の掲示板では、報道以前にこうした事件が起こりうる実態が暴露されていたとする「怪情報」がささやかれている。 「ステーキチェーン店ペッパーランチの悪質極まりない許されざる犯罪行為を告発するサイト」と題されたサイトで、ペッパーランチ心斎橋店について次のように書かれた文章があるだけだ。 以前からこうした実態が仮にあったのなら、こうした事件が起こるのは時間の問題だったのかもしれない。

次の

ペッパーランチ事件の謎の真相!被害者や犯人のその後と黒幕について

ペッパー らん ち 事件

ステーキ店「」が低迷しているペッパーフードサービス(東証一部)に18日、「を100億円で売却」という報道があった。 今年に入ってからの同社を巡る主な動きを整理してみよう。 株主総会前日の3月25日にGC注記(継続企業の前提に重要な疑義が生じた状況)を発表。 昨年末に発表された69億円の調達を想定した新株予約権の発行は、株価が最低行使価格666円を下回り続け、実際は17億円ほどの調達で終わっている(19日終値676円)。 その後、新型コロナウィルスによる営業自粛などで資金繰りがいっそう困難な状況になり、その動向が注目されていた。 そして、4月30日。 取締役会で会社分割によりペッパーランチ事業を継承する新会社「株式会社JP」設立を決議。 株式会社JPが正式にスタートした6月1日には、主要取引先で大株主の食肉卸大手のエスフーズ、村上真之助社長個人から有担保、無保証による20億円の短期借り入れ(7月31日返済予定)を発表した。 「資金繰りの状況から、いきなり!ステーキの再建を断念し分社化したペッパーランチを残すなど、これまでさまざまな憶測がありましたが、虎の子であり社名の由来となっているペッパーランチ事業売却は少し意外だったかもしれません。 ただ、一瀬邦夫社長にとって、ペッパーフード躍進の要となったいきなり!ステーキへの思い入れは強い。 今回の売却はいきなり!ステーキを立て直し、再起を図りたいという意気込みの表れではないでしょうか」(市場関係者) ペッパーランチ事業の売却で得るおよそ100億円で財務状況への心配は当面なくなったが、いきなり!ステーキに比べ営業利益率が高く業績堅調で、海外展開も成功しているペッパーランチを手放すことへの疑問があるのも確かだ。 「いきなり!ステーキが苦戦した主な要因が店舗急拡大によるもので、不採算店舗の撤退などでウミを出しきれば、急回復できるという一瀬社長の思惑が感じ取れます」(前出・市場関係者) しかし、首の皮一枚でつながったペッパーフードの立て直しは、決して容易ではないだろう。 新型コロナ以前から業績不振に陥り、コロナによる落ち込みはさらに激しい。 宴会など大人数の利用はほとんどないものの、今後コロナ第2波が襲来すれば、業績に赤信号が灯る可能性が高い。 さらに、強硬に店舗拡大を行い、業績不振を招いた一瀬社長の続投や経営能力を問題視する声も株主などから上がっている。 「ペッパーフードは2007年のペッパーランチ心斎橋店での暴行事件や、2009年の食中毒事件によって業績が悪化し、倒産の危機に陥りました。 そのとき、手を差し伸べた会社の1つが、今回のJP(ペッパーランチ)買収に名乗りを上げているエスフーズでした。 今回ばかりは、村上社長が一瀬社長の暴走を食い止めるための抑止力になると思います」(前出・市場関係者) もし、いきなり!ステーキが完全復活すれば、ペッパーランチ事業を再び買い戻す可能性もあるだろうと市場関係者は話す。 外部サイト.

次の