吐き気 低気圧。 妊婦が低気圧で吐き気?湿気や台風がめまいや体調不良の原因に!

頭痛や吐き気など、梅雨や台風で「低気圧不調」に悩む人に。ひとりひとりの体質や体調・症状に合わせた養生法を。

吐き気 低気圧

梅雨になると頭痛やだるさ、めまいに悩む方も多いもの。 これには低気圧が関係しています。 当記事では、低気圧による不調の中でも特に辛い頭痛・だるさの原因、それらの症状や対策・対処法を、玉城クリニック副院長の都木先生に教えていただきました。 また、編集部おすすめの低気圧対策アプリもあわせてご紹介しています。 梅雨の頭痛・だるさの原因は? 梅雨の頭痛・だるさの原因は? 雨や曇りの日が続き、湿度も高くなる梅雨の季節は、眠気を感じやすくなったり、立ちくらみやめまいが起きたり、さまざまな体調不良を感じることもあるでしょう。 そして、そんな梅雨時の体調不良の中でも、頭痛に悩まされる方は多いもの。 頭痛といっても、吐き気や光、音に対する過敏症状を伴うケースや日常生活の動作によって痛みが増強することもあり、症状が重い方にとっては深刻な問題です。 頭痛や体のだるさを覚えるのは、梅雨特有の天候の変化が大きく関係しています。 梅雨になると低気圧が日本全体に近づき、これによって1ヶ月以上の長期間にわたり、雨が降り続くこととなります。 気圧や気温のような外部環境の変化がきっかけとなり、血管拡張や自律神経の乱れを引き起こし、頭痛やめまいを発症する場合があります。 細かい症状も含めると低気圧によって不調を訴える人は3人に1人と非常に多く、沢山の方が悩まされています。 細かい症状も含めると低気圧による不調を訴える人は3人に1人と非常に多く、たくさんの方が悩まされています。 気圧の変化が自律神経を刺激する 梅雨時の気候の変化は自律神経にも影響を与えます。 平常時の自律神経は、活動的な状態や緊張したときに優位となる「交感神経」と、リラックスしたときや休養時に優位となる「副交感神経」がバランスよく機能しています。 しかし、急激な気候や気圧の変化によって、この交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまうことがあるのです。 自律神経は呼吸・血液循環・体温調節・消化など、体のさまざまな機能に関わる大切なもの。 そのため、梅雨時の気圧の変化で自律神経が乱れてしまうと、頭痛を代表とする様々な辛い症状が起きると考えらえます。 梅雨の時期の頭痛の症状 梅雨に起きる頭痛の場所や痛み方、具体的な症状について見てみましょう。 頭痛の場所や痛み方 頭痛には、片頭痛と緊張性頭痛、群発頭痛の3種類があります。 天気や気圧によって生じる頭痛は片頭痛に分類されます。 梅雨の時期だけでなく、ゲリラ豪雨、台風の上陸など気圧の変化が大きいほど症状も出やすく、気圧の変化による片頭痛を最近は「気象痛」、「天気痛」という別名で呼ぶこともあります。 片頭痛は「ズキンズキン」と頭に響くような拍動性のある痛みが生じます。 片頭痛の痛みが生じる場所は、頭の片側が多く、日常的な動作で悪化するのが特徴です。 前兆のあるものもあれば前兆なく片頭痛を発症する場合もあります。 吐き気を伴う 片頭痛には、吐き気を伴う症状が出ることもあります。 片頭痛が起きると光や音、ニオイにも敏感になり、頭痛の前兆として目がチカチカするように感じたり、視界がぼやけて見えなくなったりするように感じる方もいます。 めまいを伴う 梅雨時の気圧や気温の変化によって、めまいを伴う頭痛が起きる場合があります。 めまいの原因のほとんどは耳にあります。 耳の奥にある「内耳」は、体のバランス感覚に関連する三半規管や耳石器があるところ。 気候の変化でこの部分が影響を受けると、体がふらついたりめまいを感じたりすることにつながってしまうのです。 梅雨の頭痛の対策・対処法 ジメジメとした梅雨時に頭痛が起きると、仕事も家事も手につかなくなり気が滅入ってしまいますが、そうならないためにはどんな対策を行えばよいでしょうか? 薬を服用する 雨が降る前や気圧が変化すると頭痛が起きる、台風が来ると頭が痛くなる…など、気候の変化によって頭痛のパターンが決まっている場合は、鎮痛剤などの薬を利用してみるのも一案です。 軽症の痛みにはアセトアミノフェンなどの非ステロイド系消炎鎮痛剤が有効です。 中等度以上はトリプタン製剤(拡張した血管を収縮させ炎症を抑える作用)を使用します。 また、漢方薬を利用するのもおすすめです。 ただし、非ステロイド系消炎鎮痛剤を頻回に使用すると、それが原因で頭痛を起こすことがあるので注意が必要です。 天気予報や気圧をチェックできるアプリなどを利用して、気圧の変化が見られたときや頭痛になりそうだと感じたときは、薬を飲むことを検討してみてもいいでしょう。 ただし、妊娠中や授乳中で薬の服用に制限がある場合や頭痛の症状の重い方は、かかりつけの医師に相談のもと、適切な方法で服用してください。 梅雨の頭痛にいい食べ物 だるさを感じたりさまざまな体調不良が起きる梅雨時は、食欲もなくなるかもしれません。 しかし、頭痛も含め梅雨の不調を乗り切るためには、体のむくみをとり血液循環をよくする食べ物を積極的に摂るようにしてみましょう。 糖分が不足すると血管が拡張しやすくなるため、頭痛時には少し糖分を摂ることもおすすめです。 ナッツ類やバナナ、リンゴ、スイカなどはカリウムを多く含み、水分の排出を促してくれます。 また、ネギやショウガなど血行をよくする食材もぜひ食事に取り入れてみましょう。 コーヒーは最適? 梅雨の片頭痛にいい飲み物 梅雨時の「片頭痛」におすすめの飲み物が、コーヒー。 コーヒーに含まれるカフェインは血管を収縮させるため、気圧の変化で血管が膨張してもそれを収縮させ、頭痛の症状を和らげてくれる効果が期待できるのです。 コーヒー以外にも、緑茶や紅茶でもカフェインが含まれるため、同じような効果が期待できます。 しかし、注意をしておきたいのは、コーヒーや紅茶などを飲むときの温度。 冷たい飲み物は体を冷やすこととなるので、頭痛や体調不良を悪化させることにつながるかもしれません。 飲み物はホットまたは常温を心がけ、食事でもスープなど温かいメニューをとるようにしましょう。 また、ストレス軽減をはかり、体を休めて、しっかり睡眠をとることも重要です。 医療法人医聖会 玉城クリニック 副院長 都木 登妃子 日本内科学会認定内科医、糖尿病専門医、日本医師会認定産業医。 兵庫医科大学、大阪中央病院などで診療を担当。 予防医学に注力し、生活習慣病の指導なども積極的に行う。 また、患者個々の生活習慣や暮らしを理解したうえでの診療には、大きな信頼が寄せられている。 編集部おすすめ!梅雨の頭痛の大敵、低気圧対策アプリ 梅雨時の頭痛でお悩みの方におすすめしたいのが、低気圧対策アプリ。 気圧や天気予報などの情報をもとに頭痛についてお知らせをしてくれるので、事前に備えることができます。 頭痛ーる 全国主要都市の気圧予報と天気予報を確認したり、気圧グラフとプッシュ通知で頭痛予測がわかります。 頭痛が起きた記録をとることで、頭痛と気圧変化の関係性を把握することもできます。 頭痛ろぐ 片頭痛の治療と研究を目的に、神経科医とデータサイエンティストが共同で開発したアプリです。 頭痛の頻度や時間、痛みの部位などを記録することで、頭痛の誘因を把握することができます。 睡眠、生活習慣についても記録すれば、それらと頭痛の関連も見えてくるかもしれません。 気圧計と高度計と温度計 海面上の正確な高さと気圧、気温、風速、湿度を測定して知ることができます。 今自分がいる位置の気圧や湿度を知ることができるので、梅雨時に頭痛に悩まされる方に最適。 梅雨の頭痛には、天気予報や低気圧アプリを利用して準備を 突然頭痛に襲われると、仕事も家事も何もかもがツラくなるもの。 しかし、事前に頭痛の兆候がわかれば、薬を飲んだり自宅でゆっくり過ごしたりして対処できるものです。 低気圧対策アプリなどでは、頭が痛くなったときの気候や気圧、日時を記録できるので、頭痛が起きるパターンが見えてくるはずです。 それらを利用して、事前に頭痛対策を行うようにしましょう。 文・構成/HugKum編集部.

次の

【医師監修】梅雨の頭痛やめまいがツライ…低気圧による不調?その対処法とは?

吐き気 低気圧

低気圧頭痛とは? 頭痛には色々とあり、当然原因もそれぞれ違ってきてしまいます。 女性の方がよく悩まされている偏頭痛ですが、原因の一つとしているのが低気圧になります。 気圧は一定の状態で保たれているわけではなく変化してきてしまいます。 この気圧の変化は体に影響を与えてしまうため、これにより頭痛が発生してしまい、低気圧の時に頭痛になるのが低気圧頭痛と呼ばれています。 気圧の変化によって頭痛が発生してしまう方で一番気をつけなければいけないのが倒れることです。 血圧の変化に脳が対応できなくなって倒れてしまうこともあるので、かなり注意が必要としています。 倒れないためにもそして頭痛にならないためにも対策法などをよく知り実行していくようにしましょう。 低気圧頭痛の原因は? 低気圧になることによって頭痛が発生してしまうのが頭痛低気圧になります。 では何が原因になり頭痛が発生してしまうのかというと、それは 頭蓋骨内の圧力と血液の流れです。 気圧の変化によって頭蓋骨内の圧力も変化するようになっています。 低気圧になると、頭蓋骨内の圧力が変化するため血管が収縮されて変化してしまいます。 この変化が問題で、変化すると血管周囲にある三叉神経を刺激してしまいます。 神経に刺激を与えると痛みを感じるようになるため頭痛が発生してしまいます。 気圧の変化に対応させることが重要ですが、頭蓋骨内の圧力を変化させないようにすることは出来ません。 なので圧力変化があっても血液の流れを安定させることが頭痛を発生させないために必要となります。 主な症状は? 低気圧頭痛で一番多い症状になるのが片頭痛になります。 片頭痛は、ズキンズキンと脈打つように痛くなり、両側の場合もありますが片側だけ痛みが出てしまう頭痛です。 (これはホントに辛いです。 体験談)なぜ片頭痛になるのか、それは血液が関係しているからです。 ズキンズキンと脈打つように痛くなるこの片頭痛は、 脈で神経に刺激をしているためです。 気圧の変化で血液の流れが変化するからこそ発生しています。 神経に直接刺激を与えているため、全体的に痛みが出るよりも刺激を受けているその部分に痛みが出てしまうため、片側だけになることが多いです。 低気圧頭痛は大きな病気ではありませんが、しかしその人によってかなり重い症状になることがあります。 非常に辛いなどと感じたら診察してもらい治療してもらうことも必要になりますので、まずは簡単に考えるのではなく状況によって病院に行かなければと考えておきましょう。 ならないための対策法はある? 頭痛低気圧にならないための対策法はあります。 ではどのように対策をしていけばよいのかですが、 それは血液の流れを安定させることです。 気圧によって血管が収縮して血液を今まで以上に頑張って送るようにしてしまいます。 これが刺激になるので、刺激が神経に送られないようにするためにも、頑張って血液を送ることを必要としない状況を作ることが必要です。 そのためにも気圧変化に頭蓋骨内の圧力が影響を受けないようにすれば良いのですが、しかしこれは出来ません。 なので 圧力変化があって血管収縮をできるだけ少なくすることが大事になります。 血管収縮を抑えられる方法が、痛みが出てしまう患部を冷やしたり、さらに生活習慣の改善をして今まで以上に健康状態をあげて保つことがオススメです。 頭痛が起こらないようにすることは生活するためにも大事ですので、十分に対策をして行きましょう。 漢方はどう? 低気圧頭痛を改善できるとして漢方を使って治療する方法もあります。 ではなぜ漢方が効果を発揮してくれるのかというと、 漢方は異常な状態を正常に戻す効果があるからです。 低気圧に影響によって血液の流れが影響してきてしまうのですが、体の水分排出が不十分になるという影響も受けます。 体に含まれている水分は一定量に保つことがとても大事で、必要以上にある水分はしっかりと排出しないといけません。 しかし低気圧の影響によって尿ができくくなり水分排出に影響がでてきてしまいます。 水分が多いからこそ低気圧の影響をさらに受けやすくするため、利尿作用を得られることで改善できるようになります。 これだけでなく、血液の流れも正常に戻してくれる効果も得られるようになるからこそ低気圧頭痛に効果が期待できます。 ただ漢方はとても強い薬ではないですし、絶対に効果が得られるわけでもありません。 あくまでも一つの方法として覚えておくことが一番で、自分にあっている対策方法を見つけて実行するのが一番です。 スポンサーリンク 吐き気が出ることも 低気圧頭痛は痛みだけが出てしまうわけではなく、症状がひどくなると吐き気そして嘔吐を伴うことがあります。 なぜ吐き気までするのか、それは脳に送られる血液量が低下して不足するからです。 低気圧の影響によって頭蓋骨内の圧力変化をするため、血管の収縮が今まで以上に大きくなります。 この収縮によって刺激が神経に与えられてしまうため頭痛の発生が起こるのですが、神経だけが影響しているわけではありません。 血管収縮することで脳に送られている血液量が低下してしまいます。 低下して不足状態になりますと、 脳が正常に機能することができなくなり、吐き気やめまいなどを起こしてしまいます。 吐き気そしてめまいなど起こるようならかなり重症状態になります。 ここまで来ると危険性がありますのでいち早く対策をして生活に支障が出ないようにしましょう。 ツボを刺激することもおすすめ 低気圧頭痛の緩和する方法としてツボを刺激することもオススメします。 なぜツボを刺激することで緩和できるのかというと、 ツボを刺激することで血流を良くすることができるからです。 低気圧の影響によって血管収縮が起こり血流が悪くなり、血管の動きが刺激となり神経に影響をして頭痛を発生させます。 ツボを刺激すると、血管の収縮を抑えることができ血液の流れが良くすることができるため、刺激がなくなり痛みを感じることがなくなります。 なのでツボも効果的なのですが、ただ一つ覚えておいて欲しいのが、絶対に効果があるわけではない点です。 ツボを刺激する方法は、個人差が大きく効果が全く得られない場合があるので絶対に良くなるわけではありません。 しかしとても簡単方法そしてちょっとした時間でも出来る方法なので、試さないよりも試すことが一番です。 薬で症状を緩和できる? 低気圧頭痛になってしまった場合、薬を飲んで症状緩和させる方法があります。 この方法は有効な手段の一つなのですが、かなりオススメできる方法というわけではありません。 なぜあまりオススメできないのかというと、 それは根本的な解決ができていないからです。 鎮痛剤を使用して抑える方法は、確かに神経に刺激があったとしても痛みを感じることがなくなります。 しかし刺激は続いていますし、すぐに低気圧頭痛が解消してくれるわけではありません。 鎮痛剤の効果が切れた時に全く同じ状態ならまた頭痛が発生して薬に頼らなければいけなくなります。 薬は体に絶対に良いわけではなく、悪影響が出てしまうこともあります。 飲み続ければもちろん悪影響を受けてしまう可能性が高まりますので、リスクがどうしても発生してしまいます。 なので薬に頼ることは良い方法と言えませんので、違う方法で解消していく方法がオススメになります。 コーヒーなどのカフェインは控えよう 低気圧頭痛が発生した場合に飲むと症状緩和できるのがコーヒーになります。 コーヒーにはカフェインが含まれているのですが、このカフェインが血管にとある影響を与えています。 その影響としているのが収縮作用です。 低気圧頭痛は収縮そして拡張によって刺激を与え頭痛を発生させています。 拡張することを多少でも抑えられれば刺激が少なくなるので収縮作用を与えるのが効果的です。 カフェインに収縮作用があるからこそ症状緩和ができるため、多く含まれているコーヒーが効果的としています。 ただ、コーヒーが苦手としている人にとってかなり嫌な方法になるので、誰でもオススメできるわけではありません。 コーヒーが好きなら試してみてはいかがでしょうか。 肩こりとの関係は? 低気圧頭痛と肩こりはあまり関係していないと感じてしまいますが、実はかなり関係してきています。 低気圧頭痛に一番関わってきている低気圧が肩こりを発生させてしまうのでかなり深い関係と言えます。 ではなぜ低気圧が肩こり発生させてしまうのでしょうか。 低気圧で血流不良になるからこそ頭痛が発生してしまいます。 この低気圧影響は血液だけでなくリンパの流れにも影響をしてきてしまい、リンパ循環不良を起こしてしまいます。 血液そしてリンパの流れが悪いのも肩こり原因の一つとなるため、低気圧の影響だけで肩こりが発生してしまいます。 頭痛さらに肩こりとつらい症状が2つも重なってしまうとかなり大変ですので、一つでも症状緩和できるようにするためにも解消法などを使って対策をしていきましょう。 眠気が出てくる 低気圧頭痛の症状として眠くなってしまうのがあります。 なぜ眠気が出てしまうのか、それは空気中の酸素が通常よりも薄くなってしまうからです。 低気圧になると空気中の酸素濃度が低下するようになっています。 酸素が不足すれば脳に与える酸素も少なくなり酸欠状態を起こしてしまいます。 実はこの酸欠も頭痛原因の一つでもあり、吐き気そして眠気などが出てしまいます。 さらに 酸欠状態になることで、自律神経そして代謝機能を低下させてしまいます。 これもまた眠気の原因になりますので、低気圧の影響をうけることで眠くなってしまいます。 低気圧の影響を受けないようにすることは難しいけれども、症状が出てしまった時の緩和方法はありますので、症状の緩和をさせましょう。 低気圧頭痛の原因と症状は?【吐き気や眠気も伴う事も】のまとめ 交通事故や怪我などが原因で低気圧頭痛を起こすこともありますので、思い当たりがないという方も頭痛に悩むことがあります。 ズキンズキンと脈を打つような頭痛が起きますので、その際は横になりゆっくりするのが効果的です。 スポンサーリンク.

次の

頭痛や吐き気など、梅雨や台風で「低気圧不調」に悩む人を『わたし漢方』の漢方薬剤師がサポート。ひとりひとりの体質や体調・症状に合わせた養生法をオンラインでアドバイス。

吐き気 低気圧

梅雨になるとどうも気分が滅入る、頭痛がする、胃が重い、全身がけだるいなどの不調を訴える人が急増していると言われます。 中には、「関節が痛いから明日は雨が降る」と、痛みや不調で天気を予報する人もいます。 筆者も、梅雨のころはもとより、台風や大雨が近づいてくるときには、耳の奥がツーンとなり、頭と胃が重くなります。 女性に多い症状とも聞きますが、これは病気なのでしょうか。 臨床内科専門医で女性外来がある正木クリニック(大阪市生野区)の正木初美院長に尋ねると、 「そのように、 天気の変化が原因で起こる、あるいは悪化する多様な体調不良は、総称して『気象病』と呼ばれています。 専門的な研究も進みつつあります」ということです。 なぜそのような不調が起こるのか、具体的な症状や対策法について、詳しく教えてもらいました。 「不定愁訴の発症」と「持病の悪化」がある ——「気象病」は多くの不調の総称ということですが、具体的にどういった症状がありますか。 正木医師:頭から足に向かって体の不調を挙げますと、 頭痛、頭重、めまい、立ちくらみ、ふらつき、低血圧、脳貧血、耳鳴り、咳(せき)、ぜんそく、吐き気、おう吐、歯痛、肩こり、動悸(どうき)、狭心症、胃痛、胃重、下痢、腰痛、頻尿など、全身では、 むくみ、関節痛、神経痛、けん怠感、疲労感、また精神面では 憂うつ感、イライラ、うつ病などが挙げられます。 これらのどれかひとつではなく 複数の症状を「発症」する場合と、片頭痛や関節痛、狭心症、ぜんそく、うつ病といった 「持病が悪化する」場合があります。 ——けだるい、気分が滅入るなどのほかに、痛みが出る、悪化するとのことですが、それは「天気痛」と呼ばれる症状でしょうか。 正木医師:そうです。 「かつて手術をした古傷が痛む」などは経験的によく知られています。 気管支ぜんそくや関節リウマチなどの病気では、人工的に快適な気象の環境をつくって治療に応用する方法も研究されています。 耳の奥で気圧を感知し、自律神経のバランスが崩れる ——気象の変化で、どうしてこのような症状になるのでしょうか。 正木医師:気象の要素である、 気圧、気温、湿度の変化が原因だと考えられます。 とくに、 梅雨前線や台風が近づいてきたときと通過中に、気圧が低下するタイミングがもっとも起こりやすいことがわかってきました。 体調の変化のポイントはいくつかありますが、まず、 「耳」が受けるダメージが挙げられます。 速度が速いエレベーターで高層階に昇ったときや、飛行中に耳がツーンとなることがあるでしょう。 気圧の変化は、耳の鼓膜のさらに奥にある 「内耳(ないじ)」で感知するとされます。 内耳は体の平衡感覚に関係し、ダメージを受けるとめまいやメニエール病を発症することがありますが、 気圧の低下を感知したら、脳にその情報を伝えます。 すると体調を安定するように働いている 自律神経が活発になります。 自律神経には、ヒトの心身を活動的にする交感神経と、リラックスするように作用する副交感神経の2種があります。 この2種が互いにバランスを取り合い、心拍、血圧、胃や腸の消化吸収機能などを調整しています。 交感神経が優位になると、心臓のドキドキや血圧が上昇して血管が収縮する、またその反動などで、頭痛、胃痛、関節痛などの痛みが誘発され、イライラします。 副交感神経が優位になるとけん怠感や眠気が生じ、ウツウツとした気分になります。 その度合いが健康なときよりも過剰になって、体調不良を引き起こすわけです。 正木医師:女性ホルモンの分泌の変動と自律神経のバランスは互いに影響し合っているからと考えられます。 天候や気圧の変化があると、自律神経が心身を平常に保とうと働いて負荷が大きくなるため、症状が出やすく、また悪化します。 梅雨のころから感じるしんどさの原因は気象病だということ、とくに気圧が低下するときに起こりやすく、めまいに関係する内耳から脳、自律神経へと影響し、体調不良が起こるとのことです。 続く「後編」の「気象病」のケアには健康予報がポイント…臨床内科専門医が教えるでは、自分でできるセルフケア法を教えてもらいます。 (構成・文 海野愛子 / ユンブル).

次の