いとこはとこ。 「いとこ」から見た「いとこの子ども」の呼称、その逆の呼称

いとこ同士は結婚できる?いとこ婚のメリットとデメリットとは

いとこはとこ

定義 [ ]• 方か方の祖父か祖母の両親、つまりののなかで、自分と兄弟姉妹、いとこを除いた者。 同士が、祖父母同士が、曽祖父母が同じという関係の相手。 親と・の・。 はとこの曽祖父母は、1組が自分自身のの曽祖父母である。 1組は大おじか大おばの舅・姑、残り2組はいとこおじ・いとこおばの配偶者の祖父母(大舅・大姑)となり、これらは自分とは遠縁となるため、親族関係は発生しない。 ただし、両親が2組の従兄弟姉妹同士(父親同士が従兄弟で母親同士も従姉妹、または互いの父親と母親がそれぞれいとこ同士)の場合と、祖父母が2組の兄弟姉妹同士(祖父同士が兄弟で祖母同士も姉妹、または互いの祖父と祖母がそれぞれきょうだい同士)の場合は祖父方・祖母方ともに同じ曽祖父母となる。 はとこの祖父母4人のうち1人は、自分の祖父母4人のうち1人の兄弟姉妹である。 はとこの父か母は、自分の父か母の父方か母方のいとこである。 相互が「兄弟姉妹の孫同士」に当たる関係を「はとこ同士」という。 義理 [ ] 自身の血縁関係にあっても6の関係であるほか、自身ないし近親者のやにともなって義理のはとこが生じる。 自身ないし近親者の婚姻や養子縁組にともなって生じる「義理のはとこ」の例は、以下の通りである。 のはとこ(いとこおじ・いとこおばの配偶者の従甥・従姪と結婚した場合は実のはとこ)• はとこの配偶者• いとこおじ・いとこおばの養子・養女、または再婚相手の子供• 大おじ・大おばの養子・養女の子供、又は再婚相手の孫• 曽祖父母の養子の孫、又は再婚相手の曽孫• 祖父母の養親の曽孫、又は再婚相手の大甥・大姪• 養父母又は親の再婚相手の従甥・従姪• 親の養父母の大甥・大姪 呼称 [ ] 漢字表記 [ ] 「」も参照 では年長の男性を 二( 再) 従兄、年長のを 二( 再) 従姉、年少の男性を 二( 再) 従弟、年少の女性を 二( 再) 従妹と書く。 また、これらを組み合わせて男同士を 二( 再) 従兄弟、女同士を 二( 再) 従姉妹、男女同士を 二( 再) 従姉弟、 二( 再) 従兄妹とも書く。 ひっくるめると 二( 再) 従兄弟姉妹と書く。 又、父方のはとこは 従堂兄弟や 従堂姉妹、母方のはとこは 従表兄弟や 従表姉妹とも書く。 兄弟姉妹の場合と同様に、親のはとこ(曽祖父母の兄弟姉妹の孫)については、兄弟姉妹を伯叔父母に置き換えて 二( 再) 従伯父、 二( 再) 従叔父、 二( 再) 従伯母、 二( 再) 従叔母と書く。 はとこの子供(祖父母の兄弟姉妹の曽孫)については、兄弟姉妹を甥姪などと置き換えて 二( 再) 従甥や 二( 再) 従姪などと書く。 当事者間 [ ] 一般的な当事者間の呼称は、日常の当事者間の親密性が高い場合には、親しみを込めて3親等間における慣例にならい、年長のはとこに対して お兄さん、 兄さん、 お姉さん、 姉さん(親と年齢が近い場合は おじさん、 おばさん)など、年少者のはとこに対してはの呼び捨てないし「ちゃん」「君」付けで呼ぶことが多い。 当事者間の親密性が低い場合には、年齢の長短にかかわらず一般敬称の「さん」を付けて呼称するのがほとんどである。 他言語での表現 [ ] この節のが望まれています。 はとこをで厳密に指す場合には「second cousin」を用いる。 単に「cousin」と呼ばれる場合もあるが、これはいとこを含めた同世代の傍系親族一般を意味する。 はとこ同士の結婚 [ ] の法律()は、やはとこの関係にある者同士の結婚を妨げていない(を参照)。 日本社会においては、心情や感覚、慣習の面での対象となりうる場合もあるが、これは当事者と関わる親族や地域社会によって大きく異なる。 やにおいては、はとこ同士の結婚は不可である。 一方、は、はとこ同士の結婚は可能としている。 では、は特に問題視していないが、現実には家族からを理由に反対される場合もある。 人物 [ ] はとこ同士の著名人 [ ] 多数の事例が存在するため、本項ではあくまで存命人物の一部の例示にとどめる。 王侯貴族の事例は枚挙にいとまがないため、本項では扱わない。 - - ・・(姉兄妹)• - ・(従姉妹)• - ・(姉弟)• - ・(姉弟)• - 脚注 [ ] [].

次の

家系図で見る親戚・親族の呼び名早見表

いとこはとこ

ややこしく考えると 頭の中がこんがらがってくるのですが こう考えるのが一番わかりやすいですね。 親等からはとこを見ると 自分と親族との関係を表しているのが親等です。 <親等の数え方> 〇親子関係はそのままたどれます。 〇兄弟関係はそのままたどれません。 必ず親を経由して数えていくのが原則です。 自分を起点にすると 両親(父母)は 1親等 祖父母は 2親等 曽祖父母は 3親等 両親の兄弟(叔父&叔母)は 3親等 両親の兄弟(叔父&叔母)の子供は 4親等になります。 曽祖父母の子供=祖父母の兄弟は 4親等 祖父母の兄弟は、大おじ様とか、大おば様と呼ばれます。 またいとこ=又従兄弟 ふたいとこ=二従兄弟 地域性、方言などの影響からか 同じ意味なのに、違った表現が使われてしまっているようですね。 詳細に説明しているものを見ると 余計に頭がこんがらがってしまいます! いとこ&はとこ同志の結婚は? いとこ、はとこ同志の結婚については 法律的にはどうなんでしょう・・・ 日本の民放では、 3親等以内での結婚は禁止されています。 ということは4親等以上離れていたら結婚が許されているということです。 いとこもはとこも、 それぞれ4親等、6親等なので、 法律的には、結婚しても問題はありません。 ただ、法律的には問題はないとしても どうしても、心理的な面で抵抗感のある人は当人同士だけでなく、 両親や親せきを含めて少なくないでしょう。 身近のところでは、私の友人の妹が、 いとこ同士で結婚した例があります。 子供の頃から仲が良く、 思春期を過ぎるころから、男女を意識しはじめ 親に隠れて付き合っていたそうです。 時間をかけて、両方の親に理解をしてもらい 結婚した人もいます。 友人は、二人の交際を、陰から支えていたようですが・・ やっぱり、相当気を使ったと言っていました。 また、これを機会に、 自分のルーツなどにも興味をもっていただければ幸いです。

次の

「いとこ」と「はとこ」の違いとは【行政書士監修】

いとこはとこ

はとことは はとことはどのように定義されているのでしょうか。 一番分かりやすく説明をすると、 「祖父母の兄弟姉妹の孫」となります。 他にも以下の続柄がはとこに該当します。 祖父母の大甥・姪• いとこおじ・おばの子供• 父母のいとこの子供 これでは中々ピンと来ませんね。 画像で確認してみることにしましょう。 上記の青色の部分がはとことなります。 そのため、はとこは法律用語では 6親等の傍系血族とも呼ばれています。 また、世代は「自分」と同じになりますので、家系図上では「自分」と同じ高さの続柄となります。 はとこの漢字とは はとこの漢字の種類は多く、それぞれの漢字に意味が備わっています。 はとこの漢字を全て確認してみましょう。 漢字の種類• 自分から見て年長の男性の場合は「再従兄」• 自分から見て年長の女性の場合は「再従姉」• 自分から見て年少の男性の場合は「再従弟」• 自分から見て年少の女性の場合は「再従妹」• 男性同士のはとこ関係を「再従兄弟」• 女性同士のはとこ関係を「再従姉妹」• 男女同士のはとこ関係を「再従兄妹」• 父方の自分から見て年長の男性のはとこは「従堂兄」• 父方の自分から見て年長の女性のはとこは「従堂姉」• 父方の自分から見て年小の男性のはとこは「従堂弟」• 父方の自分から見て年小の女性のはとこは「従堂妹」• 父方の男性同士のはとこ関係を「従堂兄弟」• 父方の女同士のはとこ関係を「従堂姉妹」• 父方の男女同士のはとこ関係を「従堂兄妹」• 母方の自分から見て年長の男性のはとこは「従表兄」• 母方の自分から見て年長の女性のはとこは「従表姉」• 母方の自分から見て年小の男性のはとこは「従表弟」• 母方の自分から見て年小の女性のはとこは「従表妹」• 母方の男性同士のはとこ関係を「従表兄弟」• 母方の女同士のはとこ関係を「従表姉妹」• 母方の男女同士のはとこ関係を「従表兄妹」 漢字の種類が多い理由 なぜこんなにもたくさんの漢字があるのでしょうか。 その理由は日本の歴史にあります。 現代でははとこ関係が複雑になることはあまりありませんが、昔の日本はそうではありませんでした。 明治~昭和の時代では養子縁組が頻繁に行われ、10人兄弟が珍しくありませんでした。 そうすると、はとこの数が非常に多くなってしまいます。 お互いの関係や年齢・性別を伝えるために、はとこの漢字はこれだけの数になったというわけです。 また、いとこの場合も同様で続柄の漢字の種類が多い傾向が見られます。 はとこの別名 実は「はとこ」には、「はとこ」以外の呼び方が存在しています。 それが 「またいとこ」と「ふたいとこ」というもので、はとこと意味は全く同じですが異なる呼び名ですね。 これは「自分のいとこ、父母のいとこと跨ぐ」という意味で、「又(また)いとこ」や「二(ふた)いとこ」として使われる呼び名です。 はとこは親族? 法律上、はとこは親族にあたるのでしょうか。 民法では親族の定義を以下のように定めています。 【民法】 第4編「親族」 第1章「総則」 (親族の範囲) 第725条 次に掲げる者は、親族とする。 一 6親等内の血族 二 配偶者 三 3親等内の姻族 上記を確認すると、親族の定義に「6親等内の血族」という文言があります。 先ほど解説をしたように、 はとこは6親等の傍系血族となりますので親族に該当していることが分かりますね。 はとこと結婚することは出来る? 「はとこと結婚することは出来るか」という問題ですが、 はとこと結婚することは出来ます。 民法では、近親者の婚姻の禁止として以下を定めています。 【民法】 (近親者間の婚姻の禁止) 第734条 直系血族又は三親等内の傍系血族の間では、婚姻をすることができない。 この条文によると、「直系血族」と「3親等内の傍系血族」の間では結婚をすることが出来ないことがわかります。 はとこは6親等の傍系血族となりますので、結婚することが出来るという事ですね。 まとめ 今回は、はとこの意味について解説をしてきました。 頭では整理しにくい続柄でも家系図にしてしまうとわかりやすくなりますね。

次の