ミルボン オルディーブ。 【楽天市場】ミルボン > オルディーブ:BeautyPro Magica

ミルボンの新色【オルディーブアディクシー】で染めたらどうなる??

ミルボン オルディーブ

こんにちはTHEORDERの四宮です。 季節も夏真っ盛りですが今年も秋に向けてこのコーナーがやってきました。 年々トレンドと言うものがないのがトレンドと言われるように季節の変わり目だけでなく絶え間なく新しいヘアカラーや流行の移り変わりが早いのが今のヘアカラーです。 SNS上でもふとした1つの投稿のヘアカラーがトレンドを作ったりします。 (同じヘアスタイルの写真を色々な方がもってくるという事が最近は多くなりました。 1人の美容師さんが流行りを作る時もある位。 ) そんな中トレンドが薄れていってもヘアカラーの新色から始まるトレンドもあります。 (新しいカラー剤でしか出せないデザインや色と言うのもありますし。 ) 少しづつ変わっている美容室のヘアカラー剤、そんな部分にピックアップして紹介していくこのコーナー。 今回はその中でも2019秋冬オルディーブの新色が実際に染めて検証していきます。 2019秋冬新色ミルボンのCHIC LINE シックライン のシックラベージュとシックブルーラベージュ いつも好きで様々なカラー剤を検証して綺麗な色をもっと作れないかなという気持ちで検証してます。 (単純にヘアカラーが好きで綺麗な色がもっと出したいだけです。 ) 最近はシーズンカラーで新色が発売されると言うよりも新しくリニューアルされ全種類が新色になったり新しい成分のカラー剤が出たりと少し発売のタイミングやされ方も変わってきました。 ファッションと一緒でトレンドが無いのがトレンドの通り、季節の変わり目だけでなく流行りも変わるのとバリエーションも豊富な為特定の色が流行ると言うよりも様々なファッションテイストの傾向で人気色が違い多種多様です。 そして今回検証するのが、 秋冬の新色シックラインです。 今回発売されるオルディーブの新色は大人の女性向けの上品な色味で作られています。 働かれている女性や綺麗目なファッションの方にオススメです。 今回発売されるのはこの2色です。 シックラベージュ• シックブルーラベージュ シーズンカラー定番の2色展開です。 ラベンダーベースのアッシュで構成された色味は青紫がメインとなっています。 この系統の色味は多く発売されオルディーブでも過去にマーメイドラインやセンシュアルラインと言ったラインで発売され人気の色味ですね。 逆に今までとの色の違いが気になります。 色味としては日本人の髪質多い赤味を抑えながらも黄味を抑えたアッシュ系に仕上げてくれる色味です。 実際に染めてどんな色なのか検証してみる では実際に毛束で色出しをして検証していきます。 発売前のサンプルを頂きましたので、 毎回言いますが実際に染めて色出しをしてみないとどんな色になるかリアルに分かりません。 僕自身使ったことが薬剤ををいきなり実際に使う訳ではなくこの様に検証して良い物を見定めています。 ナチュラルな色味なら予想しやすいしある程度良いんですけどね。 (THEORDERはハイトーンのお客様が多いので通常のカラー剤の使い方以外が多いので検証しないと新しい薬剤は怖いんですね。 ) 今回は8LVの2色を実際に明るさが違う毛束に染めて色出しをしていきます。 検証はこの様に明るさの違う毛束を実際に染めてどんな色になるかを検証していきます。 放置時間は20分のオキシ3%で検証していきます。 染まり上がりを見てみよう 仕上がりはこんな感じになりました。 自然光でも見ていきましょう。 まずはブルーラベージュから行きます。 青紫に綺麗に発色しています。 14LVの毛束は綺麗なグレージュに染まってくれています。 アイロンでの熱テストした後でも色味はしっかり残っていました。 今度はシックラベージュです。 こちらは少しラベンダーの紫が強い色味になっています。 感じた印象としては、• 結構色味が深く濃いめの印象• 秋冬らしく深みのある色味。 色がそこまで暗く見えないけどグレージュがしっかり表現されている。 ラベンダー系の色だけどそこまで色味が紫過ぎない• ブリーチをしっかりしないとそこまで紫にならない。 どちらかとグレーの印象• 深いのでハイライトやグラデーションにはしっかりとクリアコントロールしないと暗くなりすぎる• ブリーチしていない髪には色味をしっかりと表現できそう 今までのラベンダーよりも色味の鮮やかさが調整されている感じです。 ハイライト部分などブリーチしている部分と言うよりも、 ブリーチをしていない地毛の部分やブリーチカラー以外に活躍しそうです。 (ブリーチ部分での発色はこれから研究して色味の表現の幅を見ていきます。 とりあえずは普通にベースに使うのが使いやすいかと。 ) ラベンダー系の色味はハイトーンの髪だと紫になりますので、ハイライトが入っている髪には塗り分けや色味の調整が必要です。 アッシュは色味だけでなく毛先の沈み込みや熱体制など色持ちの部分も色の良し悪しに繋がります。 そこのテストは更に必要かと。 ブリーチをせずにどこまで透明感や色味を表現できるかも重要なポイントです。 アディクシーカラーも使用しているのですが、サファイヤやコバルトブルーよりも透明感がありつつも色味しっかりと言った印象で、 ただ色味の彩度を求めるのならばアディクシーの寒色、透明感を求めるならこの2色と言った感じです。 アッシュは濃すぎると黒ずんで見えますからこれ位の彩度は使いやすいかと。 色味の濃さを求めるならコントロールカラーなどが必要でしょう。 実際にシックラインのラベージュで人体の髪に染めてみた感想 検証も終わったので人体の髪でも染めてみました。 ビフォーの状態としては、10レベルの明るさに16LVの明るさのハイライトが入っている状態です。 ハイライトがラベンダーになりすぎないように補色としてヘルシーシナモンをミックスしてあります。 (薬剤選定9ヘルシーシナモン、9シックラベージュ1;2 3%ALL) ハイトーンやハイライトなどのデザインが多い今のトレンドではこのように補色を使用するかハイライトの間塗りでブリーチで髪が明るくなった部分に攻めた選定をしない薬剤の使い方が多くなりそうです。 (勿論グレーやラベンダーの彩度が高い色味に染める場合は別です。 ) このようなブリーチをしていない部分に対して地毛の赤味をしっかりと抑える薬剤はこの様な使い方がメインです。 様々な髪質で染めてみてまたブログ茶インスタにアップしていきます。 この投稿をInstagramで見る — 2019年 7月月21日午前12時41分PDT 動画でもインスタにアップしていますので良かったら。 今回のまとめ 2019秋冬も様々な新色と共に大型のリニューアルなどカラー剤も変わります。 ブリーチのデザインやバレイアージュなど明るい部分があるヘアカラーに対して相性が良く今求められる色味を出しながら残留色素をコントロールしやすいカラー剤が求められます。 ブリーチテクニックは今変化して見直されている時期ですがカラー剤は調合などで対応していて、 今のデザインに合わせて使いやすい物はまだ少ないと感じています。 そもそも茶色や黒髪を染める事を基本に日本のカラー剤は作られていますから。 (やはり日本人の赤味を抑えながら明度がそこまで明るくないブリーチ部分を綺麗に染める事が出来る事が求められます。 後はブリーチへのダメージ対策が出来ているか。 ) これからはブリーチ毛に対しての薬剤なども新色で登場してきますしまたカラー剤事情ももう少し変わるのかなと。 何度も書いているのですが調合すればいいんですがそれが難しいし出来る人も限られてしまいますから。 そういうカラー剤が欲しいというニーズもあるかと。 調合で対応すれば良いのですが、塗り分けが簡単になる事でできるデザインや技術も変わりますので秋冬の新色が楽しみです。 最近はお客様の求める色のレベルが上がりそれに対して薬剤をどう使いこなすかが求められます。 プレックス系の処理剤も一通り各メーカーさん揃い、ブリーチ剤も各メーカーさん6%しか使えない日本で優秀なブリーチも多く登場しています。 良かったら参考にしてみて下さい。

次の

【楽天市場】ミルボン > オルディーブ:BeautyPro Magica

ミルボン オルディーブ

さて、セルサスに導入されて1年以上経ちました。 ミルボンオルディーブアディクシー ご存知でしょうか?? アディクシーってどんなカラー?? ブラウンまでもかき消して、 もっと自由に、思いのままに。 染まったらどんなにいいことか 笑 気になるラインナップはこちら。 全30色展開です。 ブラウンかき消すんじゃねーのか 笑 いちお抑えにブラウンも展開する感じ。。。 嫌いじゃないです 笑 ティントチャートはこちら。 上のチャートは黒髪で染めた場合。 ティント(下のチャート)は純粋にカラー剤だけの色見本です。 余談ですが、海外では上のチャートはありません。 当然ですが、、、 汗 今までのカラー剤と違うところは ブラウンが入っていないところです。 カラーのラインナップからも分かるように 今の所、寒色系に特化したカラーという感じです いわゆる• アッシュ• グレイ• ブルー• マット といったようなキーワードのカラーで使用します。 ブラウンが入っていないデメリットとしては• 髪によってはすごくくすむ• 髪の状態によって色の違いがはっきり出る• 色が馴染みにくい• 色を明るくしていくのはちょっと苦手っぽい 思いっきり主観ですが、1ヶ月使用した感想です。 デメリットだけ見ると ちょっと使いづらそうですが メリットもありまして。 今までブリーチしないと出なかったような色が出る• 透明感が出る• 色が強く入る(ブラウンをかき消す 笑) 希望色にマッチすれば 凄まじい威力を発揮するカラーと言えます。 アッシュとかグレーとかいうと すごい明るいイメージをもつ方も多いと思うのですが、 こういったダークカラーでも• 黒髪なんだけど重くない• 黒髪なんだけど透明感が欲しい そんな要望を持っている方に向いています。 実際近くで見るとこんな感じ。 少し透け感がありますよね。 こんな感じのブルネット(黒髪)にも相性がいいと思います。 ブルネットサファイアとでも呼ぶことに。。。 次はこちら。 ベースには前回のハイライトとグラデーションカラーで黄色く退色していたお客様に オルディーブアディクシーを。 こちらのお客様には サファイアとオーキッド、シルバーの3色のアディクシーを使用しています。 で、次。 おっと。 リタッチを塗り始めたところで慌てて撮ったビフォアです 笑 このベースが ・ ・ ・ ・ こうなります。 一応、これくらいの柔らかい感じも出せます。 」 と、言葉を発してしまったカラーです。 ブラウンが好き(かき消されるので、、、 汗)• 柔らかいベージュ系が好き• 肌の色がくすんで見えやすい• イエローやオレンジなど暖色が好きだ!! などなど なんでもかんでもアッシュ系にすればいいわけでないので 上記のような方は、今まで通りのカラー剤で 充分ヘアカラーを楽しめますので 使用しなくて大丈夫です。 2月1日発売以来、使い続けてきたミルボンオルディーブアディクシーの感想をまとめてみました。

次の

縮毛矯正後、ミルボンのオルディーブボーテで白髪を綺麗に染める方法

ミルボン オルディーブ

ミルボン オルディーブ ボーテの良い評判や口コミ 50代・女性 染めている最中塗っている時には少し暗すぎるかなと心配したのですが、髪を乾かしてみたら明るさが出てすごくしっくりきました。 しばらくはこれを使い続けていきたいです。 40代・女性 簡単に染められるので、家にいながらサロン品質の白髪染めが出来ます。 染めてからしばらくは色落ちしないので、白髪染めのペースが落ちて楽になりました。 50代・女性 リタッチに使っていますが、細かい白髪もきちんと染まって満足しています。 染めている時もにおいがしなくて、髪のパサつきもなくてしっとりします。 50代・女性 市販の白髪染めに比べて色が入りやすいですし、色持ちも抜群に良いです。 これを使い始めてからは、市販品に戻れません。 40代・女性 ブラウンの色調でもその時の気分でいろいろ選べるのが気に入っています。 値段もびっくりするほどではないので、しばらくはこれに落ち着いています。 50代・女性 サロン専用品なので髪が傷まなくてサラサラな仕上がりになります。 美容院になかなか行けなくて、自宅で染めたい時にとても役立っています。 ミルボン オルディーブ ボーテの悪い評判や口コミ 50代・女性 色味が出るのを期待していたのですが、ただの黒髪になってしまいました。 そして色落ちがしないので、しばらく黒髪で生活する事に…困ってます。 50代・女性 白髪染めに慣れていない人にとっては、扱い方が難しく感じるかもしれません。 私も最初はわかりませんでしたが、慣れたらだんだんすぐに使えるようになりました。 ミルボン オルディーブ ボーテの効果・特徴は? ミルボン オルディーブ ボーテの効果や成分などの特徴についてみていきましょう。 上品な輝きのツヤモノトーン ミルボン オルディーブ ボーテは、白髪染めの後のツヤを維持するため、オリーブスクワランを配合しています。 白髪染めをする大人の女性にふさわしい上品な印象を崩さないツヤモノトーンは、染料が髪の内部まで浸透するため退色しにくいのが特徴です。 水分も保持しながらしっかり染め上げるので、市販にはないような仕上がりが期待出来ます。 白髪にしっかりなじむ染料 市販の白髪染めに比べて、サロン専用品のミルボン オルディーブ ボーテは染まりや色持ちが良いのが特徴です。 染料が白髪となじむようアフィニティキャリー染料が、髪の中を通りやすいよう染料の通り道を広げるインターセルラー処方で仕上がりが良くなりました。 インターセルラー処方は、細胞の中に染料が広がりやすくするための処方です。 黒髪よりも白髪には脂質が多いので、その脂質とよくなじむため色浮きする事なく染められます。 ヘアカラー1剤のカラーは全部で432色 ミルボン オルディーブ ボーテはサロンで使われる白髪染めなので、カラーバリエーションが非常に豊富です。 まずはトーンを決めて、それに合わせて色味も選んでいきます。 カラーの種類が豊富なので、個々のイメージに合った髪色に染める事が出来るのが特徴です。 ミルボン オルディーブ ボーテの価格・販売店は? ミルボン オルディーブ ボーテの取り扱い販売店についてみていきましょう。 まず、ミルボン オルディーブ ボーテはサロン専売品となるため、市販はされていません。 しかし、amazonや楽天では購入が出来るため、サロン技術者以外でも手に入れる事が出来ます。 楽天は別途送料が400~500円掛かるので、注意しましょう。 同一の販売店でまとめ買いをするなら、楽天での購入が最安値となります。 ミルボン オルディーブ ボーテの正しい使い方は? ミルボン オルディーブ ボーテはサロン技術者専用品なので、市販の白髪染めのようにすぐ使えるという事はありません。 ヘアカラー1剤の他に、オキシダンという2剤を同時に使用する必要があります。 使い方はヘアカラー1剤とオキシダンを1:1の割合で混ぜて、髪を4ブロックに分けながら塗って30分放置をします。 洗い流す時はぬるま湯をなじませながら地肌をマッサージして、シャンプーは二度洗いしましょう。 その後トリートメントをして、ヘアカラーによるダメージを防いでください。 ミルボン オルディーブ ボーテに副作用のリスクはある? ミルボン オルディーブ ボーテに副作用のリスクはあるのでしょうか。 まず白髪染めに関わらず、ヘアカラーの前には必ず毎回パッチテストを行ってください。 ミルボン オルディーブ ボーテはサロン専用品のため、市販に比べてアレルギーは少なくなっています。 しかし、ヘアカラーはある日突然アレルギーを起こす事も多いので、プロ専用品を自己判断でセルフケアに使用する時は気を付けましょう。 もしパッチテストで何らかの症状が出た場合や使用中にかゆみなどが出た場合は、すぐに使用をやめて皮膚科医の診察を受けてください。 ミルボン オルディーブ ボーテの販売会社概要 会社名:株式会社ミルボン 本社所在地:東京都中央区京橋2丁目2番1号 京橋エドグラン 代表者:佐藤 龍二 設立:1960(昭和35)年7月 ホームページ:.

次の