ゼローグ core パーティ。 【パズドラ】ゼローグCORE(コア)の評価とアシストおすすめ|超覚醒対応|ゲームエイト

【パズドラ】壊滅極限コロシアムをゼローグCOREで攻略する立ち回り解説

ゼローグ core パーティ

壊滅極限コロシアム攻略時の立ち回りポイント リーダーチェンジをする このゼローグCOREパーティは転生貂蝉をリーダーとして使用し、ゼローグCOREにリーダーチェンジを行う編成となっている。 B4までにリーダーチェンジを行えると安定して攻略しやすい。 クロユリループを必ず行う ゼローグCOREは回復倍率がないので、復帰力はほぼクロユリの回復スキルに頼っている。 クロユリが溜まった段階で必ず使用しよう。 欠損時は無理せず耐久も必要 回復ドロップが欠損していて追加攻撃を組めない時や、闇ドロップの欠損時は無理せずに耐久して盤面を整えることも必要になる。 ただピィとキングタンでは耐久ができないので、必ず火力を出して突破しよう。 スキルの使用タイミングが重要 基本的にはスキルを使用せず立ち回るが、一部の敵に対してはスキルを使用して対処する必要がある。 スキルを使用するタイミングを把握することが安定攻略において重要になる。 スキルの使用タイミング 使用する場所:B15、B17、B21 基本的にはダメージ無効貫通を求められる敵の際に使用。 B17で火ラグドラ出現時は 必ず使用して突破する。 注意すべき敵と立ち回り B1:リット 整地してから突破 HP満タン状態では火力を出せないので、まずは光5と闇8を盤面に溜めて1コンボしよう。 リットの攻撃によりHP50%以下を切るので、光5個消しと闇5+闇3消しを含む8コンボを組んで突破しよう。 B2:サイオンorトーエン クロユリを必ず使用 B1を2ターンで突破するとB2でクロユリのスキルが溜まっている。 ここから必ずクロユリのスキルをループさせよう。 B3:ウィジャスorフェンリル ウィジャスは2ターン目に突破 ウィジャスは先制で操作時間を減少してくるため、1ターン目に突破するのが難しい。 無理せずに2ターン目に火力を出して突破しよう。 またB2でサイオンが出現した場合は毒目覚めをお邪魔目覚めに上書きしてくれるので利用しよう。 フェンリルは4ターン目に突破 フェンリルは3ターン回復ドロップを消せなくしてくる。 3ターンの間は割合ダメージのみなので、闇ドロップを溜めておき4ターン目に火力を出して突破しよう。 B5:ホルスorクロノス ホルスは追加攻撃がなくても全力コンボ ホルスは初ターンにバフを解除してくるため、目覚めスキルや自動回復スキルが消される可能性がある。 追加攻撃に必要な回復ドロップが欠損していても、全力コンボで根性を発動させて次のターンに必ず突破しよう。 クロノスは7コンボ以上を組もう クロノスは先制で6コンボ以下吸収をしてくる。 6コンボ以上を組めないと10ターンの覚醒無効をしてくる。 7コンボ以上を組んでダメージが入るようにしよう。 もし組めなかった場合は鞍馬夜叉丸装備のスキルを使用して覚醒無効回復をしよう。 B10:ディノライダーorスサノオ ディノライダーは2ターン目に突破しよう ディノライダーは先制で現HPの99%割合ダメージをしてくる。 軽減効果が発動していない場合HPが残り1%の状態になり、そのまま突破してしまうとB11のデネボラの先制ダメージで負けてしまう。 1ターン目は整地して、2ターン目に突破するのがおすすめだ。 スサノオでは超火力を出して突破 スサノオは先制で95%ダメージ軽減をしてくる。 生半可な火力では倒しきれないので、正方形+闇3個消しを含む7コンボ以上して超火力を出して突破しよう。 欠損している場合は2ターン猶予があるので、闇ドロップを溜めよう。 B11:初芽局 属性変化マスが縦2列になった時に突破 初芽局は先制で横2列を属性変化マスにしてくる。 コンボを組みづらく突破が難しいので、属性変化マスが縦2列になった時に8コンボ以上を組んで突破しよう。 B12:クリシュナ 吸収無効スキルを使用して突破 クリシュナは先制で800万以上ダメージ吸収をしてくる。 ココ装備のスキルを使用し火力を出して突破しよう。 ココ装備が溜まっていない場合は、ほぼ無限に耐久できるので耐久してスキル溜めしよう。 B14:コシュまるorネプチューン コシュまるは4ターン目に突破しよう コシュまるは4ターンの間属性変化マスを使用してくる。 この状態のまま突破してしまうと、B15で出現するザッハークの処理が難しくなってしまうので、3ターンの間盤面の端の方で整地をして、4ターン目に7コンボ以上を組んで突破しよう。 ネプチューンではヴェロアのスキルを使用 ネプチューンは先制でダメージ無効をしてくる。 また根性持ちなので、無効貫通と追加攻撃を要求される。 ヴェロアのスキルを使用してワンパンを狙おう。 回復ドロップが欠損している場合は、耐久して回復ドロップを溜めよう。 B15:リントヴルムorザッハーク リントヴルムはダメージ無効かコンボ吸収時に突破 リントヴルムは先制で回復ドロップを消せなくしてくるので、初ターンに倒すには難しい。 耐久しながら盤面を整えてダメージ無効かコンボ吸収を使用してきた時に火力を出して突破しよう。 ザッハークは闇を溜めて無効貫通で突破 ザッハークは先制で5000万以上ダメージ無効をしてくる。 ダメージ調整しながら突破するには難しいので、闇ドロップを溜めるかヴェロアのスキルを使用してワンパンを狙おう。 B17:火ラグドラ 火ラグドラは必ずヴェロアのスキルを使用してから突破 火ラグドラは先制で10ターン回復力を半減してくる。 回復力半減状態で突破してしまうとB18のオデュッセウスの先制ダメージで負けてしまう。 耐久は可能なのでヴェロアのスキルを溜めて、スキルを使用し回復力半減を上書きした上で突破しよう。 B19:アンドロメダorパンドラorアキレウス アンドロメダとパンドラは鞍馬夜叉丸装備のスキルを使用 アンドロメダは先制で5ターン1色を消せない状態に、パンドラは10ターン覚醒無効をしてくる。 どちらも鞍馬夜叉丸装備のスキルで対策できるため必ずスキルを使おう。 またアンドロメダはHPが高いので、超火力を出す目的で正方形消しと全力コンボをしよう。 アキレウスはクロユリループが戻るまで耐久 アキレウスは先制で10ターンスキル遅延をしてくる。 クロユリがループしなくなっているので、耐久してクロユリのスキルを溜めてから突破を狙おう。 ボス戦の攻略 デモニアスとデスファリオンは耐久が可能 B20のデモニアスとB21のデスファリオンはどちらもクロユリループが発動していれば耐久は可能。 盤面に闇ドロップや回復ドロップが欠損している場合は、整地してから火力を出して突破しよう。 デスファリオンはHP満タンor50%以下にしない デスファリオンはHP満タン時だと18万ダメージ、HP50%以下だと60万ダメージを与えてくるため、HP満タンまたはHP50%以下にしないようにしよう。 6000万以上ダメージ吸収なので、全力コンボでなければ吸収されずにHP満タンは避けられる。

次の

【パズドラ】ゼローグCORE(コア)の評価とアシストおすすめ|超覚醒対応|ゲームエイト

ゼローグ core パーティ

ゼローグCOREパ編成のポイント キャラ リーダースキル ドラゴンタイプのHPが2倍。 闇の2コンボ以上で攻撃力が9倍。 HP80%以下でダメージを軽減 倍率は25% 、攻撃力が2倍。 コンボ強化染めがおすすめ ゼローグCOREは毎ターン自傷することができるため、HP50%以下強化で染めると高い火力を出すことができますが、 ドラゴンタイプのHP50%以下強化持ちが非常に少ないので、コンボ強化で染めて火力を出すのがおすすめです。 回復対策をする ゼローグCOREは自身のスキルで毎ターンHPを50%減らすことができるのが強力ですが、 回復せずに自傷を繰り返すとHPが非常に低くなるため、大きくHPを回復できるように回復ドロップ強化などで対策しましょう。 闇ドロップの欠損対策が必要 ゼローグCOREは 最大攻撃倍率の発動に闇の2コンボが必要で、闇の2コンボをしないと2倍の火力しか出ません。 毎ターン闇ドロップを6個確保するのは難しく、欠損してしまうため、闇生成スキルや目覚めスキルで闇ドロップを確保できるように対策しましょう。 しかし、操作時間延長が非常に少ないため、アシスト装備やバッジで操作時間を延ばすか、闇ロシェの枠に操作時間延長複数持ちモンスターを入れるのがおすすめです。 闇コットン、バレンタインネイ、闇ロシェは闇ドロップを確保できるスキルを持っているため、欠損時や火力を出したいときに使えます。 エイルはHP倍率がかからないものの、回復ドロップ強化で回復力を上げることができるため、編成しています。 ゼローグCOREのスキルは2つ必要ないため、1体はダメージ吸収無効など必要なスキルをダンジョンに合わせてアシストするのがおすすめです。 アシスト スキル継承 のおすすめは? モンスター コメント お邪魔耐性を付けながらHP50%以下強化を付与でき、スキルも非常に優秀なのでおすすめです。 暗闇耐性と毒耐性を2つずつ付与することができるのでおすすめです。 2コンボ加算できる強力な2色陣なのでおすすめです。 ゼローグCOREパのおすすめサブ 陣・ドロップ変換枠 サポート枠.

次の

【パズドラ】ゼローグCORE(コア)パーティーのテンプレサブ

ゼローグ core パーティ

の究極五右衛門の先制は、オーフェンの軽減スキルで受けることができるので、リダチェンせずとも耐久面で強力なのはよく分かると思います。 ドラゴン縛りは最低限 リダチェン後はゼローグ軽減とロシェ半減の恩恵で耐久力は十分なので無理にドラゴンで縛る必要はそこまでありません。 ゼローグのドラゴン縛りは攻撃面には影響がないので、最低限のHPが確保できたら立ち回りを意識した強力なサポートキャラを編成しましょう。 フェノンとミラを編成することでかなりのギミックに対応できるようになり、ダンジョン攻略はかなりしやすくなるでしょう。 貂蝉とミラにおすすめのアシストは? バインド対策もしなければいけない2体なので編成のしづらさはありますが、貂蝉に、ミラにをアシストすることでパーティが完成されます。 ゼローグで毎ターン自傷しながら回復して高倍率を安定して出してくことが出来ます。 そこで、光属性で無効貫通も火力が出せるようにする事で闇のドロップの必要数を増やさず、闇が少ない場合の無効貫通火力に保険をかけています。 ゼローグCOREパ編成のコツ サブに編成するモンスターは? 闇のドラゴンが主体 HP倍率のかかるドラゴンタイプ、闇の2コンボで攻撃倍率発動が発動するので闇属性を主体として編成するのが良いでしょう。 ただ、サポートキャラであれば無理に闇属性ではなくともドラゴンタイプであれば問題なく編成出来ます。 無効貫通火力を高めるのであればドロップ強化覚醒が便利なので、編成にアシストなどで用意しておくのもありです。 ただ復帰することができない場合は徐々に苦しくなっていくので、復帰手段を必ず用意しておきましょう。 相性の良い助っ人 フレンド は? HPと攻撃に倍率のかかるコンボ主体のリーダーが適正です。 毎ターン自傷する場合には回復力が上がるキャラと組むのもいいでしょう。 ゼローグの場合は自身がかなり強力かつお手軽なので同リーダーが最適でしょう。 落ちてくる確率は微々たるものですが盤面で供給できやすくなるので、余裕があれば編成しておきたいです。 中でも強力なサポートスキルを持つ鞍馬装備、ダメージ吸収無効を兼ねられるココ装備は耐性の付与もでき超優秀です。 盤面荒らし2種の耐性装備です。 闇の欠損を防ぐとともに闇の大量生成を行えます。 お邪魔耐性を付与します。 スキルの操作延長は腐りますが3色陣は有用です。 1ターンの間、ドロップ操作を3秒延長。 闇の2コンボ以上で攻撃力が9倍。

次の