郡山 市 ハザード マップ。 郡山市3次元浸水ハザードマップ/郡山市公式ウェブサイト

郡山市土砂災害ハザードマップ/郡山市公式ウェブサイト

郡山 市 ハザード マップ

6月…大雨による洪水被害が起こりやすく季節がやってくる。 「危険が迫る前」に避難をどう促せばいいのか? 福島県郡山市は新たなハザードマップを作成し、すべての世帯に配ることにした。 <台風19号の被害を踏まえ、福島県郡山市が作成した『洪水ハザードマップ』> 郡山市建設交通部河川課・岩永尚士さん:「防災に対する意識を、浸水するエリアの区域の方だけではなくて、郡山市民のみなさんに意識を持っていただきたいと思いまして全戸配布とさせていただきました」 従来のハザードマップと比較すると写真やイラストが加わり、情報量が増えている。 過去に河川が決壊した現場や、早めの避難が必要な場所などはマークで表記。 想定される最大降雨量を見直したことで浸水想定エリアは1.3倍に広がった。 《郡山市北部・小泉地区も今回、浸水想定エリアに指定》 2019年の台風19号では阿武隈川が越水し一体が浸水した小泉地区。 2メートル以上浸水した。 柳沼久夫さん:「ほとんど稲わらでここ埋め尽くされていましたからね、ずっと。 回収していただいたっていうのは本当に助かりましたね、今年は田植えできないのではないかなと心配してましたから」 柳沼久夫さん。 34年前の8・5水害でも被災したが、従来のハザードマップでは浸水想定エリアに指定されていなかったため、台風19号の際は避難をしなかった。 柳沼久夫さん:「私らも予知していなかったしちょっと甘かったんですね、せいぜい8・5水害くらいしか大きくても水害来ないだろうって頭にあったもんですから。 予想もしなかったことが起きたもんですから、対応が遅れちゃったっていうかね」 自宅の目の前まで水が迫ってきて初めて避難が遅れたことに気づいたという柳沼さん。 早めの行動の大切さを痛感した。 ハザードマップの改訂で新たに浸水想定エリアに指定された小泉地区。 命を守る行動につなげようとしている。 柳沼久夫さん:「同じ状況になる可能性はこれからありますから、マップに沿ってみんな行動をとるんじゃないかなと思いますよ、意識が今まで以上に高まってくるんじゃなかなと思いますけどね」 <防災大百科【大雨・今年はどうなる?】今年は要警戒!?防災マイスターの視点 保険会社では新たな商品も へ続く>.

次の

郡山市3次元浸水ハザードマップ/郡山市公式ウェブサイト

郡山 市 ハザード マップ

火山防災マップ 吾妻山火山防災マップ 気象庁が、令和元年9月25日に「吾妻山噴火警戒レベル」を改定しました。 改定された噴火警戒レベルに記載されている新たな情報等を市民や観光客等に提供し、火山災害に対する意識の高揚を図るとともに火山ハザードマップ(災害予想区域図)を基に「平常時からの準備」と「噴火時の対応」を迅速かつ効果的に実施できるように、平成26年作成の吾妻山火山防災マップを改定しました。 【主な改定内容】 1.吾妻山噴火警戒レベル令和元年9月25日改定版の掲載 2.ハザードマップの拡大掲載 3.大規模な融雪による火山泥流のハザードマップ(福島市街地の拡大図)の掲載 このマップは令和2年3月号の市政だよりと一緒に各家庭に配付しております。 お持ちでない場合は危機管理室、各支所で配付しております。 吾妻山は活火山です。 吾妻山の情報(活動記録など)は気象庁のホームページをご覧ください。 また、以下のサイト(ふくしまeマップ・福島市地理情報システム)から、福島市に関する防災、ハザードマップ等の地理情報を得ることができます。 「吾妻山火山防災マップ」の記載に誤りがありました 令和2年3月号の市政だよりと一緒に各家庭に配付しております「吾妻山火山防災マップ」について、裏面「大規模な融雪による火山泥流のハザードマップ」の「上鳥渡」、「下鳥渡」の地名に誤記がありました。 訂正につきましては、住民への回覧文書にて訂正させていただきます。 皆様にご迷惑をおかけましたことをお詫びいたします。 安達太良山火山防災マップ 安達太良山火山防災連絡会議(福島市・郡山市・二本松市・本宮市・猪苗代町・大玉村)が作成した安達太良山火山ハザードマップを基に、最大規模の噴火(積雪時のマグマ噴火)が起きた場合の火山泥流による福島市の被害予想が一目で分かる安達太良山火山防災マップを作成しました。 このマップは平成28年8月号の市政だよりと一緒に各家庭に配布しました。 お持ちでない場合は危機管理室、各支所で配布しております。 安達太良山は活火山です。 安達太良山の情報(活動記録など)は気象庁のホームページをご覧ください。

次の

ハザードマップ|犬山市

郡山 市 ハザード マップ

火山防災マップ 吾妻山火山防災マップ 気象庁が、令和元年9月25日に「吾妻山噴火警戒レベル」を改定しました。 改定された噴火警戒レベルに記載されている新たな情報等を市民や観光客等に提供し、火山災害に対する意識の高揚を図るとともに火山ハザードマップ(災害予想区域図)を基に「平常時からの準備」と「噴火時の対応」を迅速かつ効果的に実施できるように、平成26年作成の吾妻山火山防災マップを改定しました。 【主な改定内容】 1.吾妻山噴火警戒レベル令和元年9月25日改定版の掲載 2.ハザードマップの拡大掲載 3.大規模な融雪による火山泥流のハザードマップ(福島市街地の拡大図)の掲載 このマップは令和2年3月号の市政だよりと一緒に各家庭に配付しております。 お持ちでない場合は危機管理室、各支所で配付しております。 吾妻山は活火山です。 吾妻山の情報(活動記録など)は気象庁のホームページをご覧ください。 また、以下のサイト(ふくしまeマップ・福島市地理情報システム)から、福島市に関する防災、ハザードマップ等の地理情報を得ることができます。 「吾妻山火山防災マップ」の記載に誤りがありました 令和2年3月号の市政だよりと一緒に各家庭に配付しております「吾妻山火山防災マップ」について、裏面「大規模な融雪による火山泥流のハザードマップ」の「上鳥渡」、「下鳥渡」の地名に誤記がありました。 訂正につきましては、住民への回覧文書にて訂正させていただきます。 皆様にご迷惑をおかけましたことをお詫びいたします。 安達太良山火山防災マップ 安達太良山火山防災連絡会議(福島市・郡山市・二本松市・本宮市・猪苗代町・大玉村)が作成した安達太良山火山ハザードマップを基に、最大規模の噴火(積雪時のマグマ噴火)が起きた場合の火山泥流による福島市の被害予想が一目で分かる安達太良山火山防災マップを作成しました。 このマップは平成28年8月号の市政だよりと一緒に各家庭に配布しました。 お持ちでない場合は危機管理室、各支所で配布しております。 安達太良山は活火山です。 安達太良山の情報(活動記録など)は気象庁のホームページをご覧ください。

次の