カスミソウ。 【カスミソウの育て方】種まきや苗植えの時期と方法は?栽培のポイントは?

カスミソウ(かすみ草)の花言葉は?色別(白,ピンク,青,紫)の意味

カスミソウ

カスミソウとは• 基本情報• 特徴 カスミソウ(ギプソフィラ)属の植物は、地中海沿岸からアジアにかけて、広く125種ほどが分布しています。 カスミソウ( Gypsophila elegans)は一年草で、1mほどの高さに育ち、白い大輪の花を無数に咲かせます。 ほかに、宿根性で、主に切り花用に八重咲き品種が栽培される宿根カスミソウ( G. paniculata)、花壇や鉢植えに使われる一年草で矮性のムラリス種( G. muralis)や、多年草のオノエマンテマ( G. cerastioides)が多く流通しています。 いずれも高温多湿に弱いので、水はけのよい用土や場所に植えつけましょう。 基本データ 園芸分類 草花 形態 一年草,二年草,多年草 原産地 地中海沿岸~アジア 草丈/樹高 20~100cm程度 開花期 5月~7月 花色 白,赤,ピンク,紫 栽培難易度 1~5 耐寒性 強い 耐暑性 やや弱い 特性・用途 花壇,切り花,鉢植え.

次の

カスミソウ 新・花と緑の詳しい図鑑

カスミソウ

カスミソウとは• 基本情報• 特徴 カスミソウ(ギプソフィラ)属の植物は、地中海沿岸からアジアにかけて、広く125種ほどが分布しています。 カスミソウ( Gypsophila elegans)は一年草で、1mほどの高さに育ち、白い大輪の花を無数に咲かせます。 ほかに、宿根性で、主に切り花用に八重咲き品種が栽培される宿根カスミソウ( G. paniculata)、花壇や鉢植えに使われる一年草で矮性のムラリス種( G. muralis)や、多年草のオノエマンテマ( G. cerastioides)が多く流通しています。 いずれも高温多湿に弱いので、水はけのよい用土や場所に植えつけましょう。 基本データ 園芸分類 草花 形態 一年草,二年草,多年草 原産地 地中海沿岸~アジア 草丈/樹高 20~100cm程度 開花期 5月~7月 花色 白,赤,ピンク,紫 栽培難易度 1~5 耐寒性 強い 耐暑性 やや弱い 特性・用途 花壇,切り花,鉢植え.

次の

カスミソウ(霞草)の育て方

カスミソウ

カスミソウのように使える細かい花 一見するとカスミソウ?と思うような、ふわふわとした細かい花を4種ご紹介します。 黄色や白のカスミソウ的小花『ハイブリッドスターチス(リモニウム)』 ハイブリッドスターチスと呼ばれる、スターチスの仲間。 『HBスターチス』『リモニウム』『キノブラン』などと表示されて売られていることも多いです。 ドライフラワーになりやすく、ドライ花束などでも人気。 白・黄色・ピンクなどの色があります。 紫色のカスミソウ的小花『ブルーファンタジー』 こちらもハイブリッドスターチスの仲間。 先ほどの白・黄色・ピンクなどがあるタイプよりさらにお花が細かく、紫色系の種類です。 レースのような小花『レースフラワー』 白い細かいお花で、まさにカスミソウの代わりに使われる「レースフラワー」。 カスミソウとは花の付き方が違って、1本の茎の先端から放射状に細かい花がついています。 黄色いカスミソウ的小花『ソリダスター』 カスミソウっぽくて黄色い花なら、「ソリダスター」。 キク科の仲間です。 少し形が違うけど似た雰囲気で「ソリダゴ」という花もあります。 スポンサードリンク カスミソウより少し大きめの小花 カスミソウよりは大輪だけど、添えものとして使われることの多い小花系の花を2種ご紹介します。 シレネ(サクラコマチ) 春先によく見かける「サクラコマチ」。 ナデシコ科の小花で、最近よく出回るようになりますた。 色は淡いピンク。 カスミソウより大輪ですが、可憐な小花として似た雰囲気をもっています。 マトリカリア 白い小花といえば、「マトリカリア」も有名です。 マーガレットをうんと小さくしたような、お花らしいお花が可愛いです。 カスミソウより大輪で存在感はありそう。 まとめ カスミソウに似てるけど、これって何の花だろう?と思ったとき、可能性の高い6種を挙げてみました。 花と花の間を埋めて、ボリュームアップに使う、そんな使い方もカスミソウと同じです。 カスミソウが手に入らないときや、色味を足したいときによく使う6種ですので、ぜひ名前も覚えておいてくださいね。

次の