韓国ウォンドル。 韓国ウォンを取り扱っているFX会社一覧と取引を行う際の注意点

韓国ウォンが1ドル1200ウォンになったと聞きますが、それが一体...

韓国ウォンドル

【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。 ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。 また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

[B! 韓国] USD KRW

韓国ウォンドル

[東京 5日 ロイター] - <13:47> 韓国ウォンも急落、悪材料山積で追加利下げ観測 韓国ウォンが大幅安。 対円相場は現在1ウォン=11.5円付近と、トランプ米大統領が中国への追加関税を表明した1日から3営業日続落。 対ドル相場とともに、16年6月以来3年2カ月ぶり安値を更新した。 多くのアジア通貨の対ドル相場が数カ月ぶりの安値圏にとどまる中、ウォン安が突出しているのは、悪材料の多さに懸念が広がっているため。 米中対立はもちろんのこと、北朝鮮のミサイル発射に加え、日本が輸出優遇措置の適用除外としたことも、景気減速への警戒感につながっているという。 韓国銀行(中央銀行)は今月18日の会合で、据え置き予想に反して3年ぶりの利下げに踏み切った。 それでも市場では「近いうち再び利下げに追い込まれる」(外銀)との観測が絶えない。 ドルは105.98円付近で下げが一服。 <12:57> ドル105. 78円、中国が国営企業に米国産農産物の輸入停止要請との報道 ブルームバーグ通信は5日、中国政府が国有企業に対し、米国産の農産物の輸入を停止するよう要請したと伝えた。 ドルは正午過ぎに105.78円まで下げ幅を広げた。 <12:14> 正午のドルは106円付近、7カ月ぶり安値 元急落で円全面高 正午のドルは前週末NY市場終盤の水準から大幅安の106円付近。 一時105.80円まで売られ、今年1月3日以来7カ月ぶり安値を更新した。 円高が勢いづいたのは午前10時過ぎ。 中国市場で取引が始まった人民元が2008年以来11年ぶりに1ドル=7元を超える下げとなったことで、景気減速や資本流出への懸念からアジア株が軒並み安となり、円高が加速した。 円はドル以外の通貨に対しても大きく上昇。 ユーロや豪ドル、NZドルなどに対して、1月に急騰した際に付けた高値を上抜けた。 トレイダーズ証券市場部長の井口喜雄氏によると、同社顧客の8割超はこの円高局面で、ドルを買い向かっているという。 「プロの売り対個人の買いという構図。 今後夏休みで取引量が少なくなると、個人のストップロスを狙った売りが出やすくなる。 早朝の薄商い時などは円急伸に警戒が必要」と話している。 <10:44> ドル105円台へ下落、人民元急落 円全面高 中国人民銀行が設定したきょうの対ドル基準値は、1ドル=6.9225元と市場予想より元安となった。 当局が元安を容認したとの見方から、人民元は一段安。 オフショア、オンショアともに1ドル=7元台へ下落した。 元急落を受けてアジア株は総崩れで、ドルは105.80円までさらに下落。 1月3日以来の安値を更新した。 「個人のストップロスが巻き込まれている」(FX関係者)といい、円が全面高となっている。 <09:42> 1ドル=7元突破目前、なるか3度目の正直 円高圧力の一因 アジア市場朝方の取引で、中国のオフショア人民元が1米ドル=6.98元付近まで下落。 2017年1月以来の安値をつけた。 人民元は16年12月、18年10月の2度にわたり7元台乗せが目前に迫ったものの、08年以来の7元台には至っていなかった。 市場では、通貨安による資本流出を警戒する中国当局が7元台乗せの阻止に動いているとの見方が一般的で、今回も「3度目の正直」が実現するかは不透明との見方が多かった。 しかし、トランプ米大統領が対中追加関税を表明したことで「いよいよ7元を超える可能性が出てきた」(外銀)との声が出始めた。 人民元の下げはドルの上昇要因となるが、元安が中国景気への懸念を強めるため、円にはリスクオフ的な上昇圧力がかかりやすくなるとされる。 JPモルガン証券は5日、人民元が年末に7.10元まで下落すると予想を変更した。 従来は6.80元だった。 きょうもアジア株安を背景に円が堅調。 ドルは外外安値を下回る106.28円まで売られ、1月3日以来の安値を更新した。 <08:02> ドル106. CMEグループのFEDウォッチによると、米金利先物市場が織り込む9月連邦公開市場委員会(FOMC)の利下げ確率は99.6%。 1週間前の56.2%から大きく上昇した。 米10年債利回りも前週の下げ幅は7年ぶりの大きさで、2年9カ月ぶり低水準となる1.83%台まで低下した。 前週の米株式市場の下げ幅も、S&Pとナスダックがともに年初来最大の下げ幅を記録。 金利低下がドル安に、株安が円高に作用する展開で「ドル/円は上値が重くなりやすい」(トレーダー)という。 全スポットレート(ロイターデータ) アジアスポットレート(同) 欧州スポットレート(同) 通貨オプション スポットレート(ロイター・ディーリング約定値) スポットレート(日銀公表) 0 : 0• narrow-browser-and-phone• medium-browser-and-portrait-tablet• landscape-tablet• medium-wide-browser• wide-browser-and-larger• medium-browser-and-landscape-tablet• medium-wide-browser-and-larger• above-phone• portrait-tablet-and-above• above-portrait-tablet• landscape-tablet-and-above• landscape-tablet-and-medium-wide-browser• portrait-tablet-and-below• landscape-tablet-and-below.

次の

韓国ウォン暴落!危険水域を突破 米に泣きつきスワップ再開も…3度目の“通貨危機”に現実味 (1/2ページ)

韓国ウォンドル

また、聯合ニュースが伝えたところでは、11日は45人増で、合計1万1947人に拡大。 このところ、北朝鮮批判のビラ散布への対抗策として北朝鮮が「南北通信線遮断」措置をとったというニュースばかりが報じられているが、新型コロナも引き続き、注意深く見ていかなければならないだろう。 感染者数は35人、45人と、ひと頃に比べれば少なくなってきているが、問題はどこで感染者が出たかであり、この点で韓国では大手電機メーカーの工場、オンライン流通業者の倉庫などが挙げられている。 これらの場所では当面の期間の操業停止(封鎖)が行われるため、経済活動に対する影響が大きい。 足もとでは、日本では「夜の街」関連が感染の中心となっており、状況は異なる。 経済協力開発機構(OECD)がこのほど公表したところでは、新型コロナウイルスが第2波を迎えた場合、2020年の韓国の経済成長率はマイナス2.5%になる見通し。 OECDでは「年内に再び新型コロナが拡散する場合、世界的な景気低迷が韓国輸出に影響を及ぼし、投資の萎縮と雇用の減少につながる見通し」としている。 ドルウォン(USDKRW)は5月下旬以降、1240ウォン前後から1188ウォン近辺まで下落している。 ウォン円(KRWJPY)は6月に入って0.088円前後から0.091円近辺まで上昇。 いずれもウォン高で推移しているが、韓国経済の見通しは芳しいとは言えず、ウォン相場は反落のリスクがあることを留意すべきであろう。 USDKRW 1189.15、KRWJPY 0.089.

次の