ブシロード 決算。 株式会社ブシロードの決算/売上/経常利益を調べ、IR情報を徹底調査

ブシロード(7803):IPO上場情報

ブシロード 決算

概要 [ ] 2007年5月18日、創業者で元社長のが設立。 社名は木谷がブロッコリー時代に企画されたが諸事情で中断した作品「」にちなんでおり、「ブシロードがいまだにアニメ化されていない ことが心残りだ」という木谷の思いから、企画に関わった人物の一人で2004年に急逝したの両親の承諾を得て命名された。 社名ロゴは創業から2017年6月ごろまで、先述した同作の企画当初のタイトルロゴより流用したものを使用。 なお、社名ロゴは同年5月に創立10周年を迎えたのを期にデザインを一新 、同年7月より、取り扱い商品やテレビCMなどで随時使用を開始する。 創業当初はテレビ各局の深夜アニメのスポンサーであったが、2011年からはテレビ各局のゴールデン・プライム枠のバラエティ番組のスポンサーになるなど、広告活動も盛んである。 スポンサーに付く番組は(主に製作)や、、が多く、とではスポンサーに付く番組が極めて少ない。 またTBS系の1・2、でもを頻繁に流している。 、旧・株式会社がを買収した。 2012年に大型イベントを開催、公開生放送として・にて同時生放送を実施。 2013年12月31日に熱風海陸ブシロード3時間スペシャルを放送し、前年と同じくTOKYO MX・BS11にて同時放送を実施。 これにより、ブシロードの保有するIPコンテンツを活用し、スマートフォン向けゲームアプリの共同開発やコンテンツビジネスにおける協業を行うことになる。 2017年より、順次10周年を記念した新ロゴの使用開始(ブシロードを冠するグループ会社にもBのマークを色違いにして順次適用。 当社及び海外法人は赤、ミュージックは空、クリエイティブは緑、メディアは橙、ファイトは金、ムーブは青)。 同年8月1日には、企業情報サイト(bushiroad. jp)を新規開設し、既存サイト(bushiroad. com)は製品情報に特化させている。 木谷は一時期シンガポール現地法人を拠点として海外事業を含めた全体を統括していた。 この時期は、専務の戸塚恵一もブシロードの代表権を持ち、更にブシロードミュージックの代表取締役社長と響の取締役も兼任(かつてはブシロードメディアの社長も兼任)していた。 木谷は、コンテンツ開発の陣頭指揮を執るため、2017年10月20日に開催される株主総会においてブシロード社長の座を降り、代表権も返上、取締役デジタルコンテンツ部本部長・広報宣伝部部長兼ブシロードミュージック代表取締役社長に就任 、取締役だったが代表取締役社長に就任した(また、戸塚は全ての役職から外れている)。 設立から長らく、『TCGカンパニー』と謳って来たが、10月の木谷のコラムにて、「近い将来、ブシロードはTCGカンパニーからIPデベロッパーへと変わります」と宣言、TCGを大切にしつつもIPの価値を高めるとした。 そして、2019年4月からテレビ番組の提供読み上げ(90秒以上)などで、2019年からは公式企業情報サイトにおいても『IPデベロッパー』と謳っている。 7月1日、・との3社間において、アニメ制作における包括的業務提携の締結を発表。 2019年に市場に上場。 2019年10月17日、同年12月1日付で女子プロレス団体を買収。 連結子会社のキックスロード(同時にブシロードファイトに商号変更)の一事業とする。 2019年12月2日、7月の業務提携の延長でキネマシトラスと資本提携を締結、同社の発行済株式31. 2019年12月20日、と資本提携を結び、同社の発行済株式8. 2020年6月19日、新型コロナウイルス感染症の流行による経営リスク回避の観点から、有事の際には、確実にかつ迅速に経営判断ができる体制を整える為、代表取締役を2名体制とする方針を決定、木谷が再び代表取締役となり、新たに会長に就任した。 主な事業・商品 [ ] 一部を除き、よりブシロード本体主体の事業を抜粋。 傘下企業主体事業の詳細に関しては、を参照。 大型IP [ ] 主要IP [ ] ブシロードグループので特に規模が大きい代表的なコンテンツ• (新日本プロレスリング株式会社担当) その他・過去のIP [ ] 2020年本格始動の大型IP• 過去の主要IP• 2019年にフィナーレを迎えた。 トレーディングカードゲーム TCG [ ] 2020年現在、主に展開しているTCG。 スクールアイドルコレクション トレーディングカードゲームイベント [ ]• しろくろフェス ヴァイスシュヴァルツのイベント• BCF(Bushiroad Card Fight)/WGP(BUSHIROAD World Grand Prix) カードゲーム大会• ブシロード内覧会 ブシロード戦略発表会 TCGの新企画発表会。 関係者枠での公開の後、一般開放もされる。 その他・過去のTCG [ ]• (サポート終了)• ブシロードトレーディングカードセレクション(2011年以降発売なし)• (ヴィクトリースパークに統合)• (2009年以降発売なし)• (サポート終了)• ファイブクロス(ジーンクロスへ移行)• (大会サポート終了)• ChaosTCG(2019年2月22日発売のブースターパック「探偵オペラ ミルキィホームズ」を最後に製品展開を、2021年2月28日を持ってユーザーサポート類を終了予定 )• (2020年8月11日発売のスペシャルパック「リバイバルバディーズ」を最後に商品展開を、2021年5月31日を持ってショップ大会・サポート等を、2022年4月30日を持ってゲット!トレジャーキャンペーンを終了予定 ) モバイルオンラインゲーム MOG [ ] アプリゲームブランド「ブシモ」を中心に展開。 自社IP作品(バンドリ、スタァライトなど)や出資作品(ラブライブ、シンフォギア、けものフレンズなど)のゲーム化、ゲームオリジナル企画(しろくろジョーカーなど)を中心に、テレビ放送スポンサー作品(クレヨンしんちゃん、名探偵コナンなど)や特段直接関係の無い作品(テニスの王子様、カードキャプターさくらなど)のゲーム化と多岐に渡る。 ブシモは、元々向け SNS として、短いメッセージを投稿できるタイムラインやチャット、アバター、キャラポイントの機能があり、キャラポイントはブシモと連携したゲームのプレイ状況に応じて付与されていた(現在、ゲームとの連携機能は廃止されている)。 2020年現在、主に展開しているコンテンツ。 嵐を呼ぶ 炎のカスカベランナー!! しろくろジョーカー• クレヨンしんちゃん 一致団ケツ! かすかべシティ大開発• RisingBeat• ぱびりおん• ランナー 真実への先導者• ハピネスメモリーズ• カードファイト!! ヴァンガードZERO• ロストディケイド• クレヨンしんちゃん ちょ~嵐を呼ぶ 炎のカスカベランナー!! Z 今後リリース予定のコンテンツ• アサルトリリィ Last Bullet• アルゴナビス from BanG Dream! AAside モバイルオンラインゲームイベント [ ]• スクフェス感謝祭 ラブライブ! スクールアイドルフェスティバルのリアルイベント• ガールズバンドパーティ! ジーンクロス(アプリゲームであるが、ブシモ扱いではない)• Cardfight!! Online(海外向けブラウザゲーム)• バディスマ!! (フューチャーカードバディファイトの完全無料ゲームアプリ) コンシューマゲーム• 探偵オペラ ミルキィホームズ シリーズ• (2010年発売)• (2011年発売)• (2012年発売) ヴァンガード・バディファイト関連のゲームはからリリース。 ブラウザゲーム• ふっとびパズル! カードファイト!! 全国ヒーロースラッシュバトル(2013年)• ミニ四駆ワールドランナー(2015年-2016年)• 大疾走! Chaos TCG(開発中止)• ラストグノウシア(配信開始前に展開中止。 開発元のダイダロス社に全面移管)• グラナディアサーガ サービス終了• トリプルモンスターズ(2018年)• 九州三国志(2018年 - 2019年)• たぷろじ〜TAP! (配信終了) 音楽 [ ] 、ブシロードミュージック・パブリッシング、担当 音楽ソフト・音楽ライブ、音楽著作権、マスクプレイミュージカル 等 MD マーチャンダイジング [ ] ブシロードクリエイティブ主担当 ブシロード直轄分のみ記載• ブシロード EC SHOP グループのが展開していたグッズ事業を継承。 ブシロードグループの通信販売事業は、グループの響(現)によって、一般流通販売商品について常設販売する『HiBiKi EC SHOP! 』、ライブグッズ及びイベント内物販ブースでの限定商品などについて、先行または事後販売を期間限定で実施する『HiBiKi EC SHOP! 期間限定通販』・『HiBiKi EC SHOP! 期間限定イベント通販』が運用されていて、2012年10月に響ミュージック(現ブシロードミュージック)新設に当たり、事業を承継。 2016年に入り、ブシロードミュージックは『ブシロード EC SHOP』を追加で開設し、こちらも暫定的に期間限定販売に使用していたが、2016年6月15日をもって全て閉鎖され、同6月20日からリニューアルした『ブシロード EC SHOP』に一本化された。 2017年11月1日付で、ブシロードに移管。 サプライ トレーディングカードゲームのサプライ品• ライブグッズ ペンライト、Tシャツ、タオルなどのブシロード主催ライブ等の公式グッズ メディア [ ] 及び主担当 編集出版、広告代理店・映像制作・音響制作()・ 等 ブシロード本体としては、収入管理の業務がメディア部門として計上されている。 スポーツ [ ] 、ブシロードファイト及びソプラティコ主担当 男子プロレスリング「新日本プロレス」、女子プロレスリング「」、 等 ブシロード本体としては、アマチュアレスリング選手育英のを運営している。 また、新日本プロレス買収前にの名で独自のプロレス興行を行っていた。 グローバル [ ] 日本国外展開• TCG 世界各地において、TCGを英語版にローカライズして発売したり(日本語版のままの国もある)、カードゲーム大会も展開• MOG 世界各地において、アプリゲームを英語、中国語(繁体字、簡体字)、韓国語にローカライズして配信• CHARA EXPO シンガポール及びアメリカ合衆国で開催しているイベント その他の事業 [ ] アンテナショップ• 「BanG Dream! (2020年1月閉店)ブシロードストア 内 ブシロードグループ全般の商品を取扱い(『総合アンテナショップ』と称していた)。 (2020年6月閉店)ブシロードTCGステーション 構内 TCG関連商品を取扱い。 カードショップ向けデジタルサイネージ• ブシロード公認の約650店に設置されており、ネットワークを通じて最新情報を動画配信している 一社提供番組 [ ] お願い:スポンサーの「過剰な記述」(スポンサーのみの項目立てや単なる列挙など)はしないで下さい。 「」および「」を参照 カッコ内は放送年月と製作局 無印は関東広域圏の製作局(独立局を含む) テレビ [ ] 現在 [ ]• (2019年10月 - )• (当社及び製作、2020年4月 - 、前半枠・後半枠) 過去 [ ] 系列• (2014年1月 - 3月) BS日テレ• WS劇場(放送終了作品)• (AT-X製作、2019年10月 - 12月、前半枠)• (当社製作、2019年10月 - 12月、後半枠)• (TOKYO MX・・製作、2020年1月 - 3月、前半枠)• (当社及びAT-X製作、2020年1月 - 3月、後半枠) 独立局ほか• (2014年4月 - 2018年3月 )• (製作、2014年10月 - 2015年6月)• (2015年7月 - 9月) 単発・週替・不定期枠• 「マジカルミライ2013」マルッと紹介 90分SP! (2013年8月 単発、TOKYO MXのみ) ラジオ [ ] 現在 [ ]• (2019年4月 - ) ブシロードグループ [ ]• 設立当時。 同作は12月31日に、同社提供にてスペシャルアニメ化された。 2013年に放送された同名アニメ作品のタイトルロゴは別のデザインに刷新されている。 ただし日本テレビ系列の読売テレビ(ytv)の土曜夕方のアニメ番組(『』は除く)にはスポンサーについている。 両局では年末特番としてとセットで放送。 両局では年末特番として昨年に引き続き製作作品のとセットで放送。 『』枠内で放送。 ヴァイスシュヴァルツ名義で提供(初回のみブシロード名義)。 第13回で終了。 番組自体は、タイトルを変えながら継続しているが、2018年4月から同社の音楽事業を担当するとの二社提供に移行。 出典 [ ]• (2020年1月6日、2020年1月7日閲覧)• 木村誠『』。 株 ブシロード、2017年、2017年5月9日閲覧。 株 ブシロード、2017年6月30日、同日閲覧。 株式会社ユークス. 2012年2月1日閲覧。 2012年2月1日. 2013年4月8日閲覧。 ,GAME Watch,2016年9月15日• (2017年10月2日、2017年10月3日閲覧)• (2017年10月3日、同日閲覧)• (2018年10月30日)• ,株式会社ブシロード,2019年• スポーツ報知 2019年10月17日. 2019年10月19日閲覧。 (株式会社ブシロードプレスリリース、2019年12月11日)• (株式会社ブシロードプレスリリース)• 外部リンク [ ]• bushiroad -•

次の

ブシロード 決算説明資料からみる、投資の考え方|ラーメン|note

ブシロード 決算

ヴァンガードシリーズ等のカードゲーム事業、モバイルオンラインゲーム事業、新日本プロレス等のスポーツ事業を展開する、ブシロード、2019年7月期までの通期本決算の、業績の推移や財務を紹介します。 公開された財務諸表の数字を、5つのグラフと表で分析。 最後に、売上、利益、総資産、保有する現金と有利子負債(借金)、利益剰余金(内部留保)を、同じ縮尺(スケール)で作成したグラフで、会社の決算と規模をわかりやすく視覚的にご確認いただけます。 このサイトが、あなたの株式投資や企業分析、就職転職活動などに役立てば幸いです。 (日本方式での会計基準。 項目によって公開されていない場合もあります) Contents• 会社計画(予想)と決算情報 2020年7月期の会社計画(予想) 金額 売上高(収益) Net sales (Revenues) 360億円 営業利益 Operating income 31億円 経常利益 Ordinary income 31億円 親会社の所有者に帰属する当期利益 Net income attributable to owners of parent 18億円 2019年12月発表の決算短信、業績予想より 企業情報 Company profile• 会社名 株式会社ブシロード Bushiroad Inc. 事業開始年月日 平成19年5月18日• 本社所在地 東京都中野区中央1丁目38-1 住友中野坂上ビル• 代表者 代表取締役社長 橋本 義賢• 資本金 3,074,973千円• 平均年間給与 478万1,714円(2019年7月31日現在)• 証券コード 7803 事業内容• IPの企画・開発・プロデュース グループ会社• ブシロードミュージック• ブシロードクリエイティブ• ブシロードメディア• 株式会社響• 新日本プロレスリング株式会社• 株式会社キックスロード• Bushiroad International Pte. Ltd. Bushiroad USA Inc. 7億円 営業利益 Operating income 30. 58億円 経常利益 Ordinary income 30. 31億円 親会社の所有者に帰属する当期利益 Net income attributable to owners of parent 17. 99億円 営業利益率 Operating margin ratio 9. 5% 粗利益率(売上総利益率) Gross margin 45. 5% 売上原価率 Cost of sales ratio 54. 2億円 固定資産 Non-current assets 23. 82億円 繰延資産 Deferred assets 34. 87億円 流動負債 Current liabilities 87. 86億円 固定負債 Non-current liabilities 34. 44億円 純資産 Net assets 119億円 項目 金額 総資産 Total assets 241. 3億円 保有する現金 Cash and deposits 138. 5億円 有利子負債 Interest- bearing debt 48. 31億円 利益剰余金(内部留保) Retained earnings 57. 91億円 純資産比率 Capital ratio 49. 3% ROA(総資産利益率) Return on assets 7. 46% ROE(自己資本利益率) Return on equity 151. 2% 流動比率 Current ratio 247. 65億円 投資キャッシュフロー Cash flows from Investing activities -13. 49億円 財務キャッシュフロー Cash flows from financing activities 43. 28億円 フリーキャッシュフロー Free cash flow 8.

次の

ブシロード 決算説明資料からみる、投資の考え方|ラーメン|note

ブシロード 決算

【ご注意】• 市場を特定したい場合は、銘柄コードに続けて拡張子(例:4689. t)をつけてください。 各市場の拡張子、詳細についてはをご覧ください。 チャートについては、株式分割などがあった場合は分割日以前の取引値についてもさかのぼって修正を行っております。 前日比については、権利落ちなどの修正を行っておりません。 取引値は、東証、福証、札証はリアルタイムで、他市場は最低20分遅れで更新しています。 全市場(東証、福証、札証も含む)の出来高・売買代金に関しては、最低20分遅れで表示しています。 各項目の意味と更新頻度については「」をご覧ください。 Yahoo! ファイナンスは、、、、、、、からの情報提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

次の