サツマイモ 電子 レンジ。 電子レンジで簡単にできる!甘いサツマイモのふかし方 | DIYジャーナル

電子レンジで簡単にできる!甘いサツマイモのふかし方 | DIYジャーナル

サツマイモ 電子 レンジ

サツマイモに切れ目をいれよう 栄養豊富な皮を傷つけるなんてもったいないと思うかもしれませんが、 電子レンジは食べ物の中から加熱されていくのです。 中からあったまっていくとなると、 皮が張っているとサツマイモがはじけてしまう場合もあるので、しっかりと切れ目や穴を開けてあげないとダメなんですよ。 電子レンジがサツマイモまみれになったら嫌ですよね。 湿らせたキッチンペーパーを準備 最近どこの家にもあるのが、 キッチンペーパー。 キッチンペーパーを よく湿らせてください。 なるべくなら、何枚か重ねて湿らすといいですね。 何枚重ねたキッチンペーパーをぐるぐるっと、 サツマイモ全体が包まるように、しっかりとサツマイモをくるんでくださいね。 キッチンペーパーがちょうど切れてる!そんな時もありますよね。 そんなときは新聞紙をキッチンペーパーの代用品として使ってください。 キッチンペーパーよりも、 新聞紙のほうがサツマイモをホクホクにしてくれるような気がします。 新聞のほうが、空気を通さないからなのかなと推測しています。 まずは電子レンジで普通に2分チン なるべく、電子レンジの ターンテーブルの端のほうにおいてください。 真ん中のほうに置くと、加熱が上手にできない場合があります。 よく、冷凍食品でも、ターンテーブルの端のほうに置くように指示がしてありますね。 電子レンジを500ワットにセットして、2分間電子レンジでチンしましょう。 中を覗きすぎて目を回さないようにしてくださいね。 電子レンジの解凍メニューを選び、 15分チンしてください。 なぜ、解凍メニュー?そう思われた方も多いのではないでしょうか? 実は、解凍メニューは普通の電子レンジ機能とちょっと違って、 ただ加熱しているというわけではないのです。 ゆっく~りじわじわっとあっためて解凍していく機能なので、あっためすぎないのです。 解凍するのにガンガン加熱しちゃったら、解凍したいものに火が通ってしまいますよね。 サツマイモには、 低温でじっくり加熱するというのがとっても重要なんです! ホクホク感は、解凍メニューが作ってくれていたんですよ。 どうですか?しっかりと柔らかくなっていましたか?もし、柔らかくなっていないと感じたら、こんどは、解凍メニューではなく、一番最初にレンジをかけたように 普通に電子レンジを再度かけてみてあげてくださいね。 きっとおいしいサツマイモになっているはずです。 サツマイモを使った簡単レシピ 電子レンジやトースターで作るサツマイモを使った美味しいスイーツづくりもここでご紹介しておきましょう! ひとくちスイートポテト 簡単にできるサツマイモのおやつ まとめ どうでしたか?すごく簡単じゃなかったですか?楽々できるなんて嬉しいですよね、 いくつか作って、ファミリーで サツマイモパーティをして楽しんじゃってもいいかもしれませんね。 最近では、電子レンジで 簡単に焼き芋ができる容器も発売されているようですが、結構いいお値段がするようですよ。 キッチンペーパーや新聞紙で簡単にできるなら、洗い物も少なくていいと思います。 おいしいサツマイモを食べて、きれいになって一石二鳥といきましょう!.

次の

危険!電子レンジで加熱してはいけないもの12

サツマイモ 電子 レンジ

サツマイモをキッチンペーパーで包みます。 キッチンペーパー1枚を冷水で湿らせます。 破れないように注意しながら、そっと絞って余分な水分を落としましょう。 電子レンジで使用できる皿の上にキッチンペーパーを広げ、その真ん中にサツマイモを置きます。 キッチンペーパーの端を緩く折ってふんわり包みましょう。 濡れたキッチンペーパーで包むと、電子レンジで加熱したときにサツマイモを蒸す効果があります。 こうすると水分が奪われないので、サツマイモが縮むことなく皮が柔らかくなります。 電子レンジ調理に、アルミホイルを使ってはいけません!電子レンジで調理する際は、サツマイモをアルミホイルで包むのはやめましょう。 火花が散って発火する危険や電子レンジが故障する恐れがあります。 皿を電子レンジに入れ、加熱時間を設定します。 加熱時間はサツマイモの大きさと電子レンジのワット数によって異なります。 中~大サイズのサツマイモを調理するには、最大出力で加熱して8~12分かかります。 X 出典文献• まず初めに5分間加熱してから取り出し、均等に熱が通るように裏返します。 その後電子レンジに戻し、この時のサツマイモの熱の通り具合に応じてさらに3~5分間加熱しましょう。 電子レンジで加熱した後十分に柔らかくなっていない場合は1分ずつ加熱し、その都度状態を確認します。 X 出典文献• たとえば、大きなサツマイモ1個を調理するのに10分かかるとしたら、2個調理する場合は16~17分加熱しましょう。 皮をパリッと仕上げるには、電子レンジで5~6分加熱した後、キッチンペーパーを外して天板に移します。 初めからオーブンで焼くより半分未満の時間で焼きあがるので、皮を香ばしく仕上げたい場合はこの方法が便利です。 X 出典文献• 「ベイクドポテト」の自動調理メニューが搭載されている電子レンジもあります。 調理時間を決められない場合は試してみましょう。 急いでいるときはサツマイモを加熱後にすぐに切り開き、好みに応じてトッピングを載せ、電子レンジでさらに30~60秒過熱して仕上げましょう。 楽しみながら作って胃袋を満たしましょう。 トッピングを載せないサツマイモは味気ないものです。 その時に食べたい風味に応じてサツマイモを味付けしましょう。 自分なりのトッピングや味付けでサツマイモを仕上げるのはとても楽しいものです。 サツマイモとヤムイモは別の野菜です。 X Library of Congress サツマイモのほとんどの品種は大きさと形が同じです。 両端が細く、ヤムイモと比べるとサイズが小さめです。 ヤムイモはサツマイモよりでんぷん質が多く乾燥していますが、風味は似ています。 間違ってヤムイモを買ってしまった場合はサツマイモと同じ方法で調理してみましょう。 もしかすると違いが判らないかもしれません。 米国の公益科学センター(The Center for Science in the Public Interest)による食品の安全格付けで、サツマイモは最も栄養価の高い野菜に選ばれています。 X 出典文献.

次の

サツマイモを電子レンジで美味しく調理するための5つのポイント!

サツマイモ 電子 レンジ

焼きいもソングが近づいてきたら、母から急いでお金をもらって、 ジャケットを着るのも忘れて、外へ駆け出す。 本場・石焼きいも屋台の味には、さすがに及ばないかもしれませんが、 それに限りなく近い ホクホクに仕上がるポイントも、まとめました。 さつまいもを水で洗って、汚れを落とします。 さつまいも表面の汚れが、だいたい落ちれば大丈夫。 洗った後、水気は拭き取らなくてOKです。 キッチンペーパーに水をたっぷり含ませて、さつまいもを包みます。 水が滴り落ちるくらい、たっぷり含ませるのがポイント!• キッチンペーパーで巻いたさつまいもに、さらにラップを巻きます。 それを、さらに新聞紙で包みます。 お皿に割り箸を2本載せ、その上にサツマイモをのせます。 お皿に割り箸を載せて、お皿とさつまいもの間に少し空間ができるようにします。 こうすることで、電子レンジの電磁波が均一に流れて、 全体にムラなく火を通すことができます。 さつまいもを載せたお皿を電子レンジに入れて、加熱します。 加熱時間は、さつまいもの大きさや、電子レンジの出力などによって、 変わってきます。 あとの章で、さつまいもの大きさ g と加熱時間の目安を紹介していますが、 小さ目のさつまいも1本 約150g なら、200W ワット で約8分です。 竹串やフォークなどで刺して、硬さをチェック! 軽く押してサクッと突き刺されば、火がしっかり通ってる証拠。 レンジで美味しいさつまいも!ホクホクに仕上げるポイントは? 1. さつまいもはキッチンペーパー+ラップ+新聞紙の3重巻き! キッチンペーパーだけ、ラップだけ、新聞紙だけでは、 水分がすぐに蒸発して、パサパサの仕上がりになってしまいます。 加熱は少ないワット数でできるだけ長時間! さつまいもの甘味成分の、 でんぷん分解酵素アミラーゼは、 低温でゆっくり加熱することで活発になり、甘みが増します。 電子レンジは、手軽に急速加熱できるのがメリットですが、 やっぱりさつまいもは、じっくり加熱した方がホクホクになります。 そこで、 200W程度で、ある程度時間をかけて加熱していくのがポイント。 ワット数が指定できない電子レンジの場合は、弱 低 モードで。

次の