より いち 鬼 滅 の 刃。 【鬼滅の刃】継国縁壱(つぎくに よりいち)は最強なの?黒死牟との関係も紹介!

【鬼滅の刃強さランキング】炭治郎や柱、十二鬼月一番強いのは誰だ!?

より いち 鬼 滅 の 刃

武家の出身ながら平和主義的で、武器を他人に振り下ろすこと自体を不快と感じていたようです。 容姿 長い髪を1つに束ねています。 額には生まれつきの痣があり、耳飾りをつけています。 十二鬼月・上弦の壱である黒死牟の弟であることから、体型など似ている点が多いようです。 継国縁壱の初登場 漫画 10巻 81話 『重なる記憶』 遊郭での戦闘の最中、自分が選ばれた使い手ではないと思いつつも、上弦の陸・堕姫と対峙するは日の呼吸を使います。 一方堕姫は、そんなと無惨の細胞が持つ記憶が重なって見えていました。 日の呼吸を編み出した最強の剣士 全呼吸の源流となった、始まりの呼吸とも呼ばれる日の呼吸を編み出したのが最強の剣士、継国縁壱です。 継国縁壱は、編み出した日の呼吸が使える者を探しますが、誰ひとりとして習得できる者がいませんでした。 出会った鬼狩りの剣士たちがそれぞれ使っていた剣術の型と、身体の適正に合わせた形に変化させて指導したのが、現在の炎・水・風・岩・雷を始めとした全集中の呼吸です。 日の呼吸を知る者は片っ端から抹消されますが、厄払いの神楽として竈門家に伝わっているため、その型と呼吸法は今もなお残っています。 生まれつき持つ痣と能力 額の左側頭部を覆う形で発現している痣は、生まれつきのものであり、痣を持つ者が鍛錬を重ねて到達する「透き通る世界」にも生まれた瞬間から到達していました。 「痣を発現した者は25歳までに死ぬ」とされていますが、継国縁壱が80を越えても生き続けていた要因は不明です。 継国縁壱の扱う日輪刀 継国縁壱の扱う日輪刀の色は黒刀で、その色の深さは炭治郎のものと比べると段違いのようです。 戦闘時には、己の死の淵に追い詰めてこそ発揮される万力の握力が発動条件となるこの方法を用いることで、赫灼の刃、赫刀へと変化させます。 強い衝撃と高温を刀に伝えれば赫刀を発動させることができますが、戦闘中における代償はあまりにも大きく、強敵に使う時は命と引き換えになることもあるため、非常に困難な方法と言えます。 継国縁壱は戦闘時、神域の身体能力故なのかこれを何の苦もなく常時発動させ、維持しています。 また、継国縁壱の赫刀は無惨の再生を完全に停止させ、その後も永遠に癒えない傷として無惨の身体を焼き続けるという、異常までの効果を発揮します。 継国縁壱が鬼狩り時代に使用していた漆黒の刀は、縁壱零式に封印されており、その経緯や最期に巌勝と対峙した時に使用していた日輪刀については不明です。 赫刀 しゃくとう とは 日輪刀が赤く染まる現象。 鬼と対峙する際、攻撃力が爆発的に高まります。 継国縁壱の他、炭治郎、無一郎、、行冥、小芭内が鬼との交戦時に発現させています。 継国縁壱の過去 継国縁壱は、巌勝の双子の弟として生まれますが、当時双子は跡目争いの原因となることから不吉とされており、そんな継国縁壱を父親は殺そうと考えます。 しかし、母親が猛反対したことで10歳になったら寺へ行かせ、出家させることとなります。 なんとか家に置いてもらえることになった継国縁壱ですが、巌勝とはかなり落差のある環境で育てられたため、まともな着物を与えられていなかっただけでなく、部屋も食べ物も教育も与えられていませんでした。 そのため、7歳になるまで口をきくことがなく、家族にすら耳が悪いのだと勘違いされていました。 運命を変える出来事 巌勝の剣術指南役が気まぐれから、継国縁壱に持ち方と構え方を教えたところ、継国縁壱は指南役を失神させてしまいます。 そのことが継国縁壱の運命を変えることとなります。 継国縁壱の才能が周囲に知られてから、家では巌勝ではなく継国縁壱を後継ぎにという空気が生まれます。 そんな中、間もなくして母の死を契機に継国家から去ることを決意します。 昼夜走り続け山を越えた継国縁壱は、黒曜石のような瞳をしたうたと出会います。 彼女は継国縁壱と出会う直前に親を亡くしており、まだ幼かった2人は身を寄せ合うようにして暮らし始めます。 継国縁壱は、彼女との生活の中で自分が持つ能力や、人とは違うことを打ち明けます。 そして、成長した2人は10年経って正式に夫婦となります。 2人が結ばれ間もなく、うたは子供を授かります。 自分にも新しい家族ができるという幸福を噛みしめる継国縁壱でしたが、臨月が近づき産婆を呼ぶために彼女の傍を離れていた間、うたは子ども共々鬼に惨殺されてしまいます。 10日間ほどうたの遺体を抱いて茫然自失していた所に、鬼を追っていた鬼殺隊が現れ、彼に言われて彼女の亡骸を埋葬し、鬼殺隊の存在を聞き鬼狩りの道に入ります。 兄・巌勝との再会 侍となった巌勝が野営中、鬼に襲撃されている所を継国縁壱が助けに入ったことで、兄弟は再会を果たします。 その後、同じく鬼殺隊となった巌勝や他の剣士と共に剣の研鑽、呼吸法の開拓を並行し続けながら鬼と戦い、純粋に兄を慕い共に歩んで行こうと考える継国縁壱とは反対に、打算的な巌勝は継国縁壱の強さをわがものとするために近づいたのでした。 無惨との対決 継国縁壱は全ての元凶である無惨と対峙し、「自分はこの時のために産まれたのだ」と悟ると同時に、日の呼吸の型を完成させます。 圧倒的な力で無惨を追い詰める継国縁壱ですが、無惨は自爆し肉塊となって逃亡します。 継国縁壱は、肉塊の大部分を取り逃がし、さらにその直後、兄・巌勝が鬼になったことを聞かされます。 隊士でありながら肉親の中から鬼を出したことや、無惨を取り逃がしたこと、その時無惨の傍にいた鬼を見逃したことから、継国縁壱は仲間内から激しく糾弾されます。 煉獄家の祖先以外、誰も継国縁壱を庇うことができず、温情で自刃こそ免れますが継国縁壱は鬼殺隊を追放されることとなります。 継国縁壱と竈門家の関係 継国縁壱は炭治郎の祖先である炭吉とゆかりがあり、鬼殺隊を追放された後も竈門家を訪れています。 継国縁壱は炭吉に、自分の生い立ちや苦悩、無惨との因縁を語っていることから、かなり心を許していることがわかります。 暫くの間竈門家に滞在していた継国縁壱は、炭吉の妻・やすこに乞われ、竈門一家に日の呼吸の型を披露します。 型を全て披露し終えると継国縁壱は竈門家から離れることを決意し、花札の耳飾りを炭吉に手渡します。 炭吉は自らと家族を救ってくれたことから、耳飾りと日の呼吸を竈門家の子々孫々に受け継いでいくことを約束します。 継国縁壱は「ありがとう」と微笑みを残し去ります。 そして、2度と炭吉の所に現れることはありませんでした。 継国縁壱の最期.

次の

【鬼滅の刃】縁壱(よりいち)の悲し過ぎる生涯!最後は報われた?継国縁壱が残した功績とは?

より いち 鬼 滅 の 刃

この記事の目次• その一方で、戦闘においては鬼化が進みすぎてコントールが利かなくなったりと、ムラが大きいというマイナス面も目立ちます。 ただし「日光を浴びても消滅しない」という、鬼の唯一の弱点である日光を克服している飛び抜けた希少性を持つことから、総合評価を押し上げ15位にランクイン。 視力を犠牲にして動体視力を極限まで上げる「彼岸朱眼」が非常に有用で、能力としても特殊なことから希少性のスコアを少し高めにしてあります。 戦闘においては、他の鬼殺隊主力と比べると非力ではあるものの、類まれなる身体能力から高速な連撃を繰り出すことが可能です。 また、非常に良い動体視力を生かした判断能力が高く、戦闘において器用な立ち回りができることから、総合スコア31点(50点満点)を獲得し14位似ランクインしました。 しなる日輪刀でトリッキーな戦い方をしますが、あくまで筋力が主体となった立ち回りが多いため、スピードや器用さは一般的なスコアとしています。 ただし、8巻以降戦闘が発生していないこと、最後の戦いでも痣が発現していないこと、から真の実力を発揮しておらず未知数ということで12位としています。 炭治郎は、鱗滝左近次の元で水の呼吸を会得したものの、父親から受け継いだヒノカミ神楽も物語の途中から使えるようになります。 また、猗窩座戦においては「透き通る世界」を会得して、さらに闘気(気配)を完全に消すことができるようにもなっており、、義勇から見ても柱に迫る実力を身に付けています。 単独での戦闘能力も非常に高いですが、それ以上に共闘している際のサポートが秀でています。 炭治郎と共闘した猗窩座戦では、危なっかしい炭治郎を守りつつも猗窩座に着実に攻撃を加えていくという柔軟さを披露しました。 刀を握って2ヶ月で柱になったという天才で、実は継国縁壱や黒死牟の子孫です。 刀鍛冶の里を鬼が襲撃した際には、上弦の伍・玉壺に対して1人で立ち向かい、苦戦するものの勝利します。 上弦の鬼は100年顔ぶれが替わっておらず(つまり討伐されていない)、その上弦の鬼を単独で撃破するというのは、早熟なだけではなく実力も上位ということの裏付けでもあります。 ただし物理攻撃しかできないわけではなく、破壊殺と術式展開を行い、遠距離攻撃を行うことも可能です。 武術を扱う鬼として至高の領域に達しており、非常に高い戦闘能力を持ちます。 さらには頸を斬られても死なないなど、通常の鬼の常識を覆す立ち回りを見せました。 人間時代の回想を経て、自滅する道を選ばなければ、炭治郎と義勇は覚醒した猗窩座に勝てなかったのではないでしょうか。 この血鬼術は、ちょっとした霧状の氷でも吸い込んでしまうと肺を壊死させてしまう非常に強力なものです。 しのぶの攻撃を何度も食らうなど、スピードが遅い印象ですが、遠隔主体でなかなか近づけない戦闘スタイルはかなり厄介です。 また、「結晶ノ御子」という小さな氷の人形を扱うことができます。 この人形は、小さいにも関わらず童磨と同じ威力の血鬼術を使うことができ、2体出すと実質童磨を3人相手にしているのと同じ状態となります。 しのぶの犠牲を伴った作戦がなければ、カナヲと伊之助はおそらく勝てなかったことを考えると、黒死牟にも迫る強さを持つのではないでしょうか。 単純な戦闘能力だけでいうと悲鳴嶼に一歩劣る印象ですが、鬼を酔わせる非常に強烈な「稀血」を活かして戦うことが可能。 稀血を発動させるために傷を負う必要があるため、身体中に生傷が絶えず、かなりリスキーな戦い方をするのが特徴です。 黒死牟戦では痣を発現させるだけではなく、炭治郎と同じく「透き通る世界」を見ることができ、相手の動きを事前に予測できるようにまでなりました。 また、死亡したり深手を負った他隊士に比べて黒死牟戦で負った傷も浅く、それだけ戦闘能力が高いことの証明でもあります。 よって、現存する人間の中では最上位の5位となりました。 悲鳴嶼、実弥、無一郎、玄弥の4人がかりで挑みようやく討伐できたように、相当高い実力を持ち十二鬼月の中でも最上位というのは納得です。 頸を斬られてもなお復活し、身体中から刀を出してめちゃくちゃに高速で技を放てるなど、デタラメな強さを発揮して悲鳴嶼たちを苦境に立たせました。 1000年以上のときを生き、数え切れないほどの人間を食っているため、鬼の中で最も高い能力を持ちます。 また、生み出した鬼は一部の例外を除き無惨に逆らうことができないため、鬼の最上位と言っても過言ではありません。 作中でしっかりと戦闘しているシーンは未だ描かれていませんでしたが、181話で繭から復活し姿を変えた無惨は、瞬く間に鬼殺隊士たちを葬っていきました。 柱が全員集結してなお苦戦することが想像されることから、現存しているキャラクターの中では最強なのではないでしょうか。 7歳の頃には初めて刀を握るやいなや、剣技の師範を瞬く間に打倒してしまう天才。 さらには生まれた時から痣が発現しており、通常なら25歳までしか生きられない痣者にも関わらず、80歳過ぎまで生きているという異次元っぷり。 鬼になった黒死牟でも、縁壱が寿命で死ななければ自分が殺されていたと恐れるほど。 鬼舞辻無惨ですら縁壱を倒すことはできなかったと言われていることから、作中の登場人物としては間違いなく最強です。 1位:太陽(日の光) 太陽のレーダーチャート すべての鬼が恐れる絶対的存在 鬼滅の刃作中においては、禰豆子を除くすべての鬼を灰にしてしまう絶対的存在。 1日の内、決まった時間しか活動できないのが玉に瑕ですが、鬼舞辻無惨ですら恐れる太陽は間違いなく最強ランキング1位ですね。

次の

【鬼滅の刃】上弦の壱・黒死牟の過去が明らかに【あぁ、お労しや】

より いち 鬼 滅 の 刃

鬼を酔わせる稀血を持っており血を流すだけで 鬼の判断能力などを低下させて弱める力を持っています。 上弦の壱黒死牟戦では鬼殺隊最強の悲鳴嶼と連携を取って撃ち合えるほどの実力があり、無限城に入る前の段階では恐らく鬼殺隊でNo2の実力であったと考えられます。 しかし時透無一郎や炭次郎が透き通る世界を取得してしまったためその二人より実力が劣ると考えて10位としました。 驚異的な再生力と身体能力を持つことに加え相手の闘気を検知することで相手の攻撃を予知することができます。 上弦の参ということもあり、その実力は本物で水柱の富岡義勇や炎の柱の煉獄を圧倒するほどの実力を持っています。 鬼滅の刃の主人公、そして日の呼吸と関わりのある ヒノカミ神楽と水の呼吸を用いて戦う剣士ですね。 猗窩座との戦闘で「 透き通る世界」を取得しており、ボロボロの状態でほぼ無傷の猗窩座の首を切り落としたため「 透き通る世界」を取得した状態なら一人で猗窩座を倒すことができるレベルだと考えこの順位にしました。 上弦の伍である 玉壺を一人で倒しており、終盤では「透き通る世界」も取得しているような描写もありました。 鬼殺隊ではトップクラスの強さであり上弦の鬼とも一人で戦える実力を持っています。 しかし黒死牟には一瞬で腕を切り落とされており、上弦の上位の鬼が相手では一人では太刀打ちできないレベルだと考えられます。 病弱で既に死去しており謎が多く炭次郎に「 ヒノカミ神楽」や「 透き通る世界」を思いつくきっかけを与えている人物です。 日の呼吸の選ばれた使い手である生まれつきの赤い痣が額にあり、「 透き通る世界」も会得しているため最強の剣士である 緑壱にかなり近い境遇と言えます。 実力は不明ですが 「透き通る世界」と「ヒノカミ神楽」が使える時点でかなりの強さだと考えられる のでこの順位としました。 今後の展開次第で順位が大きく上にも下にも変動する可能性があるキャラクターですね。 役職は岩柱で隊士になる前から素手で鬼を殴り倒すほどの力がありました。 上弦の壱、黒死牟戦では黒死牟に動きが予知されている事に気づき鬼にできて人間にできないことは無いと考え「 透き通る世界」をあっさりと取得しました。 黒死牟との戦いで 不死川兄弟、 時透無一郎が致命傷を負ったにもかかわらず 唯一かすり傷適度しか受けておらず、他の鬼殺隊メンバーより格段に強いと考えられます。 黒死牟からもこれほどの剣士を拝むのは300年ぶりだと称賛されています。 氷による遠距離、広範囲の血気術がとても厄介で本気になった場合どうあがいても普通の人間では勝つことができない鬼だと感じました。 自分の氷の分身を複数体出したり、氷の飛沫で相手の肺を凍らせて呼吸を封じるなどテクニカルな戦いもできて、今までの鬼と違い単純に大人数で挑んでも倒すことが出来なそうで十二鬼月で一番厄介な鬼ですね。 鬼でありながら元鬼殺隊員であるため「 月の呼吸」と「 透き通る世界」を会得しており、長年かけて編み出された尽きることのない豊富な技を繰り出す最強の鬼です。 黒死牟は自分の弟である緑壱を超えるという目的のために鬼となっており鬼舞辻無惨からの評価は部下では無くビジネスパートナーという扱いとなっています。 そのため 黒死牟はもしかしたら鬼舞辻より強い可能性がありますね、 もし鬼舞辻より弱いのであれば、ビジネスパートナーでは無く部下と言う扱いになるのが普通な気がします。 今後の展開に期待ですね。 鬼の始祖であり、太陽光以外では死ぬことが無い最強の鬼。 血を媒介にした術を用いりこの攻撃を受けると良くて即死、最悪の場合鬼となって鬼舞辻の支配下となってしまいます。 現状では倒すには鬼舞辻の即死攻撃を一度も受けずに日が出るまで戦い続けて太陽にあてるしかないため非常に難易度が高いです。 まさに最強の鬼と言えます。 日の呼吸を生み出した最強の剣士で黒死牟の双子の弟です。 鬼舞辻無惨や黒死牟ですら傷一つ付けることが出来なかった最強の男で、生まれたときから額に痣をもち「 透き通る世界」を会得していた天才です。 80を過ぎたときに黒死牟と再会し戦いますが、それでも剣技は全く衰えておらず黒死牟に一撃を浴びせ死を覚悟させるも、次の一撃を繰り出す前に老衰で死んでしまいました。 まとめ 鬼滅の刃最強ランキングいかがでしたでしょうか? 鬼滅の刃は鬼側が強すぎて一対一で戦うことが少ないので誰がどのくらい強いのか、わかりづらい面があっていろんな意見があると思います。 なのでもし違った考えなどあればコメントでお聞かせいただけるととても嬉しいです。

次の