サイフォン 使い方。 コーヒーサイフォンの手入れ|洗い方やネルフィルターの手入れ方法を解説!

【ハリオ】サイフォンパーツ サイフォン用 ペーパーフィルター(100 枚入) CF

サイフォン 使い方

雪国ではまだまだ根強い人気を誇る石油ファンヒーター。 その石油ファンヒーターのタンクに灯油を移すための必須アイテムが灯油ポンプです。 灯油ポンプはホームセンターで100円ほどの低価格で販売されているありふれたものですが、ありふれているが故に説明書もついていないことがほとんど。 それゆえに正しい使い方を知らず、その真の能力を引き出せていない人も実は多いとか多くないとか。 そんな、タンクが満タンになるまで延々とポンプをシュコシュコし続けてるそこのキミ! 電動式石油ポンプの購入を検討する前にこの記事を読みたまえ! 灯油ポンプの使い方 ポリタンクをファンヒーターのタンク 以下、「タンク」 よりも高い位置に置きます。 ポリタンク内の水面 灯油面? がタンク内の水面よりも高くなっていればおk。 ポンプの上にあるネジを締めます。 これを締めないといくらポンプをシュコシュコしても灯油を移すことが出来ません。 タンクにホースを差し込んで、赤いポンプ部分を数回シュコシュコします。 ホース内が灯油で満たされると、あとは何もしなくてもサイフォンの原理で灯油が流れ続けます。 この辺りの詳しい原理は「サイフォンの原理」でググって下さい。 タンクのゲージが上がっていくのを見守ります。 自分の場合、停止が間に合わずに灯油をあふれさせてしまうという不幸な事故の発生を避けるため、ゲージの8、9割くらい入ったら止めています。 灯油を止めるときはネジを緩めます。 片手でネジを緩められるように、実際に灯油を入れ始める前にシミュレーションしておくとよいです。 最近では満タンになると自動で給油が停止するという便利機能付きの電動式灯油ポンプが普及しています。 深夜の給油で電動ポンプの動作音を気にすることもありません。 さらに機構が単純で故障知らず。 ノーメンテナンスで10年くらいは余裕で使い続けられます。 空気が汚れず乾燥も防げるほか、火を使わないのでお子様やペットがいるおうちでも安心して使えます。 公式オンラインストアはこちら!•

次の

【トップバリスタが教える】サイフォンのおすすめ人気ランキング10選

サイフォン 使い方

ロートの洗い方 まずロートに取り付けてあるフィルターのコーヒーカスを捨てます。 軽くロートを叩けばポンッと落ちてくるので、ビニール袋に捨てます。 *コーヒーカスはそのまま排水口に流してしまうと詰まりの原因になることがあるので注意しましょう。 コーヒーの油分も付着しているので、中性洗剤を使ってロート全体を洗います。 小さめのブラシがあると、ロートの細い部分もキレイに洗えます。 ネルフィルターの洗い方 ネルフィルターは水の勢いを利用して付着しているコーヒーカスを流します。 目に見えるコーヒーカスが取れたら、手で撫でるようにして軽くフィルター表面を洗いましょう。 ネルフィルターの手入れは一番気を使うので、後ほど詳しくご紹介します。 フラスコの洗い方 フラスコの底もコーヒー染みができやすい部分です。 水ですすいでキレイにしましょう。 フラスコの外底には、アルコールランプを使っていると焦げ付きが付着することがあります。 そのままにしておくと落ちにくくなるので、毎回キレイに落とします。 竹べらの洗い方 竹べらも水ですすいで表面に付着したコーヒーカスを落とします。 洗剤を使うとニオイが移るので、水かお湯を使うようにします。 乾燥 フラスコは逆さまに取り付けて、ロートは布巾の上にして、乾燥させます。 乾いたら、組み立てて保管しましょう。 汚れが頑固な時のサイフォンの洗い方 サイフォンでコーヒーを入れてそのまま放置しておくと、 いつの間にかサイフォンの底にコーヒーシミができてしまうことがあります。 その場合は、 お湯を入れて数分置いてから洗えば、キレイに汚れを落とせます。 それでも落ちない場合は、 お湯を入れてアルコールランプを使って数分煮立てるとほとんどのコーヒーシミは落ちます。 ネルフィルターは洗剤が使えないので、 汚れが気なる時には沸騰したお湯で5分ほど煮沸すると、キレイになります。 ネルフィルターの手入れの仕方 サイフォンの手入れで 一番気を使うのがネルフィルターかもしれません。 おいしいサイフォンコーヒーを毎日楽しむには、ネルフィルターの正しい手入れが欠かせません。 新品のネルフィルターの手入れ まず、 新品のネルフィルターにはのりが付着しているので、鍋で5分ほどお湯と一緒に煮てのりを落としきりましょう。 そして水を替えて、 少量のコーヒーの粉と一緒に2,3分煮込んであげると、ネルフィルターが馴染んで最初から安定したサイフォンコーヒーが抽出できます。 使用後のネルフィルターの手入れ コーヒーの抽出が終わったら、ネルフィルターに付着しているコーヒーかすを水で流しながらキレイにします。 すでにお伝えしましたが、サイフォンのガラスのパーツは中性洗剤を使ってしまって問題ありませんが、 ネルフィルターはニオイが移ってしまうので洗剤が使えません。 また ゴシゴシこするように洗うと、生地の目が詰まり、抽出が安定しなくなります。 基本は水で流しながら撫でるようにして洗います。 汚れが目立ってきたら、 お湯で2. 3分ほど煮るとキレイにコーヒー汚れを落とすことができます。 ネルフィルターは頻繁に使うなら冷蔵庫保管 サイフォンを頻繁に使うなら、 ネルフィルターは水の入れたタッパーにしまって冷蔵庫で保管します。 衛生のためにも タッパーの水は毎日交換するようにしましょう。 たまにサイフォンを使う程度なら冷凍庫保管 ネルフィルターの手入れで 「毎日水を変えるのは面倒…」という方におすすめなのは ジップロックに入れて冷凍庫保管する方法。 使うときだけ冷凍庫から取り出して使用できます。 そのまま使うとお湯の温度が下がるので、まずお湯に浸してから使用しましょう。 関連記事: しっかり手入れしてサイフォンをキレイに使おう サイフォンの手入れは、洗わなければいけない部品数が多く面倒に感じるかもしれませんが、慣れてしまえばかかる時間は数分で他の抽出器具ともそんなに変わりません。 しっかりキレイにしておけば、次回使用する時にもしっかりと透明なロートとフラスコでより演出効果が高くなるので、毎回キレイに洗うようにしましょう。

次の

コーヒーサイフォンの使い方・おいしく淹れる方法

サイフォン 使い方

出典: ドリップは紙や繊維のフィルターを使って入れるコーヒーです。 お湯を上から注ぐだけで、新鮮なコーヒーを飲むことができます。 サイフォンはお湯とコーヒーを一定時間一緒に煮立てて抽出します。 サイフォンは必要な道具が多いため、ドリップに比べると少し手間がかかります。 サイフォンコーヒーのメリット サイフォンコーヒーは、ドリップコーヒーに比べると手間がかかりますが、その分メリットもあります。 味が安定する 最初は少しコツが必要ですが、サイフォンコーヒーを入れることになれると、安定した味を出すことができます。 いつも同じ味を楽しみたい方におすすめです。 さっぱりしたコーヒーが飲める ドリップコーヒーに比べると、サイフォンコーヒーは味がさっぱりしています。 ドリップコーヒーは雑味が避けられず、その雑味を楽しむ方も多くいます。 サイフォンコーヒーは雑味がほとんど出ないので、コーヒー本来のクリアな味を楽しみたい方に好まれています。 趣味として続けられる サイフォンコーヒーは、道具や入れ方など奥が深く、こだわって楽しむことができます。 上手い下手ではなく、自分好みのコーヒーを追求する趣味として、サイフォンコーヒーを続けている方は多いようです。 毎朝のコーヒーや、休みの日のコーヒーが趣味と実益を兼ねたものになれば素敵ですね。 出典: ガスを使ったものには「ガストーチ」というカセットコンロ用のガスボンベを使って使うものと、「ガステーブル」といって都市ガスと接続して使うものがあります。 ガステーブルは一般家庭で使うことが難しいため、ガストーチがおすすめです。 サイフォンの選び方 サイフォンを選ぶときにはいくつか確認しておきたいことがあります。 いずれもサイフォンコーヒーを入れるために必要なことですので、事前にしっかりと確認しておきましょう。 何人分入れられる?容量をチェックしよう サイフォンには「〜杯用」という目安があります。 コーヒーを一度に何人分入れるのかを参考に選びましょう。 ただし、1杯用など少量用のサイフォンは、付属のものでしか加熱できないことが多いです。 加熱時の熱源にこだわりたい場合は注意しておきましょう。 また、5杯用以上になると、コーヒーとお湯が上手く上下で混じらないことがあります。 サイフォンに慣れるまでは、3杯用などがおすすめです。 お手入れはしやすい?メンテナンス面も確認 サイフォンコーヒーをおいしく入れるには、行き届いたメンテナンスが必要です。 お手入れがしやすいものを選びましょう。 付属品のロートやフラスコなどは、ガラスでできているので、やさしく丁寧に手入れをする必要があります。 形などによっても手入れのしやすさが変わることがあるので、事前に検討しておきましょう。 自分が使いたい熱源に対応しているかどうか 自分が使いたい熱源が、対応している規格かどうかを確認しておきましょう。 加熱方法が決まっているサイフォンもあります。 また、底の形によってはスタンドが必要なものもあるので、事前に確認しておいた方が安心です。 サイフォンの使い方・入れ方 サイフォンを使ってコーヒーを入れるには、順序があります。 まずは基本的なサイフォンコーヒーの入れ方を知っておきましょう。 STEP1: フィルターを準備する サイフォンには「濾過器(ろかき)」という金属製の濾過装置があります。 この濾過器にフィルターをセットしましょう。 フィルターはペーパー、ネル、メタルなどの種類があります。 ネルフィルターは、最初に使うときは濾過器にセットした状態で20分ほどコーヒーで煮ると不純物が取り除かれます。 STEP2: フラスコにお湯を沸かす フラスコに必要な杯数分のお湯を入れて沸かします。 このときに、フラスコの外についた水滴をきれいに拭いておくことが大切です。 水滴がついたままだと、ひびなどの原因になることがあります。 STEP3: フィルターをセットしてコーヒーの粉を入れる フィルターをセットします。 このとき、フィルターは事前に湯通しをして温めておきます。 フィルターが熱いうちにロートにセットしましょう。 濾過器がロートの中心からずれないように、濾過器の留め金をしっかりと引っかけておきます。 コーヒーの粉は必要な分だけ入れましょう。 STEP4: ロートを差し込む フラスコのお湯が沸騰したら、ロートを入れます。 フラスコのお湯は濾過器から出ているチェーンをゆっくりお湯に沈めると判断できます。 泡がチェーンをのぼってきたら沸騰のサインです。 ロートは静かに入れます。 お湯がロートの上まできたら、へらで素早くかき混ぜましょう。 STEP5: 弱火で抽出する 火を弱火にしてそのまま置いておきます。 時間は15秒から40秒ほどです。 抽出の時間が長いと雑味が出やすくなるので注意しましょう。 STEP6: 火を止めてできあがり 火を消して、再度へらでロートの中をかきまぜます。 軽くかき混ぜる程度で大丈夫です。 ロートの中のコーヒーが全てフラスコに落ちたら、カップに注いでできあがりです。 フィルターは乾くと嫌なにおいが出るので、濾過器に付けたまま煮沸したあとに、冷水を入れた容器の中で保管します。 冷蔵庫などに入れておいた方が良いでしょう。 サイフォンのおすすめ5選.

次の