コレステロール を 下げる 食事。 LDLコレステロール値を下げたい! コレステロールを下げる食品&食べ方

悪玉コレステロールを下げる食品一覧ランキング!献立レシピで減らす

コレステロール を 下げる 食事

この記事の目次• しかし、この2つには、実はとても深い関係があるのです。 女性ホルモンが大きく減少する時期、それは更年期。 動悸、息切れ、ほてりなど、様々な症状が現れ、免疫力も落ちてくるために、いろいろな病気にかかりやすくなります。 そして、この女性ホルモンの減少に比例して増えてしまうのが『悪玉コレステロール(LDLコレステロール)』なのです。 実は女性ホルモンの一つであるエストロゲンには、血中のコレステロールを減少させる働きがあるのです。 女性ホルモンとコレステロールの意外な関係、ぜひ知っておいてくださいね。 閉経後は、女性ホルモンは、なんとそれまでの10分の1にまで減少してしまうのです。 体にとってどれだけ大きな変化かが、おわかりいただけると思います。 また、避妊や生理不順の改善、子宮筋腫などの予防に世界中で使用されている『ピル』 使用しやすく効果も高い反面、その副作用として、『高脂血症』や『高コレステロール血症』があるのです。 その原因は、ピルの『血液凝固作用』です。 これは、出血した際に血を止める働きをする作用なのですが、この作用が体全身で起きてしまっては、大変ですよね? 血液がドロドロになってしまう、つまり血管が詰まってしまったり、血流不良になる恐れが高くなるのです。 コレステロールが気になる方は、ピルを使用する際、病院で医師と相談されることをお勧めします。 男性向け向けの記事はこちらから 2、悪玉コレステロールを下げる為の対策 悪玉コレステロール(LDLコレステロール)を減らすための効果的な対策は、 食事と運動の改善です。 女性であれば、甘いものや、スナック菓子が好きな方も多いかもしれません。 しかし、健康に重大なリスクが伴うとしたら?正しい知識を得て、健康になるためにも、これから紹介する方法をぜひ参考にしてみてくださいね。 でもちょっと待ってください!市販のお菓子は、危険がいっぱいなのです。 これらには、パーム油が使われていることが多く、植物性脂質でありながら、常温で個体であるために、血液をドロドロにしてしまう作用があります。 また、これらの調理も酸化した油でされていることがほとんどで、トランス脂肪酸を多く含んでおり、血液の病気に直結する危険性をはらんでいるのです。 『そうはいってもお腹はすくし、、、。 』そういう方にオススメなのが、果物や乳製品など、ビタミンやミネラルが豊富なデザート。 特に揚げ物には注意が必要、週2回までに抑えることが理想です。 食事は腹八分を心がけましょう。 ゆっくりとよく噛んで、家族や仲の良い友人と楽しく食事をすれば、お腹も心も満たされて、一石二鳥ではないでしょうか。 900キロカロリーといえば、水泳1時間分、ウォーキングなら3時間程度。 一週間にこれだけですから、忙しい方でもすぐに始められそうですよね? 運動についての詳しい記事はこちらから 痩せているのにコレステロールが高い理由は? コレステロールが高いからと言って肥満であるとは限りません。 痩せていてもコレステロールが高い女性は動物性脂肪を沢山摂取している傾向にありますので食事の改善を見なしてみてはいかがでしょうか? 最近では良質な菌を積極的に食べる菌活ダイエットが人気です。 3、コレステロールを正常に保つ為には? 忙しい現代社会、近年、女性のコレステロール値の高さが注目されています。 50〜60歳代においては、悪玉コレステロール値(LDL値)が高いと診断される方が半数以上!その背景には、女性特有の更年期や、女性ホルモン、閉経も大きな要因となっています。 しかし、食事や簡単な運動習慣で、適切な数値に戻ることもわかっています。 大切なことは、 無理のない習慣を続けていくこと。 ありがたいことに、コレステロール値の具体的な改善方法は、現代の医学で次々に解明されてきています。 ぜひこれらのことに取り組まれて、コレステロール値を正常に保ってくださいね。 まとめ いかがでしたでしょうか。 男性にはない、コレステロールにおける女性特有の背景や原因、それに応じた対処方法などを紹介させていただきました。 大切なご家族といつまでも健康に過ごされるためにも、また、好きなことにいつまでも輝いている自分であるためにも、健康管理には十分に気をつけてくださいね。

次の

悪玉コレステロールを食事で下げる!!そのおすすめ方法とは?

コレステロール を 下げる 食事

中性脂肪とコレステロールが上がってしまう理由 中性脂肪が上がる理由 中性脂肪が上がるのは、カロリーの摂りすぎが主な原因です。 中性脂肪は、体で消費しきれないエネルギーを摂取すると蓄積されます。 体ですぐに消費されるエネルギーは、グリコーゲンとして肝臓に蓄積されますが、肝臓に蓄積できる量は比較的少量なのです。 食べたもののカロリーが、貯めて置けるカロリーよりも多いと、余分なカロリーが肝臓で脂肪として合成されます。 合成された脂肪も、一部は肝臓で蓄積できるのですが、一定量を越えてしまうと血液中に放出されます。 これが中性脂肪です。 コレステロールが上がる理由 コレステロールは食事で摂取してしまうものと、自分の体の中で合成してしまうものがあります。 食事の摂取量と体内での合成量は、3:7と言われています。 コレステロールを含む食材を摂取することにより、コレステロールはそのまま体内に摂取されます。 また、動物性脂肪やトランス脂肪酸の多い食事をとることによって、体内でコレステロールが生成されます。 女性の場合は、閉経後にコレステロールが上昇する傾向にあります。 閉経後には基礎代謝が下がる傾向もあり、基礎代謝が下がるとエネルギー消費量が下がるので中性脂肪が上がり、「両方が高い」という事態が起こりやすいのです。 男性の場合、コレステロールは肝臓の機能低下と密接なかかわりを持ちます。 加齢やアルコールの摂取による肝臓の機能低下により、胆汁の流れが悪くなると、コレステロールを排泄する力が弱まり、コレステロール値が高くなることがあります。 肝臓は中性脂肪を合成する臓器です。 肝臓の機能が低下すると中性脂肪値が急に上がることもあり、肝臓の機能をいたわって戻してあげることで中性脂肪やコレステロール値が下がってくることもあります。 中性脂肪とコレステロールを下げる方法 中性脂肪を下げるにも、コレステロールを下げるにも、一番大切なのは「生活治療」といわれる、生活を見直すことによってコレステロール値や中止脂肪値を下げる治療です。 生活治療は「運動治療」と「食事治療」に大別されます。 運動治療 脂肪を燃やす効果のある有酸素運動を毎日行います。 脂肪が燃焼しやすい脂肪酸に変わるには、20分以上の有酸素運動が必要です。 有酸素運動とは、ジョギングやウォーキング、水泳など呼吸をしながら行う運動のことです。 ダッシュなどは呼吸をせずに短時間で行うので、無酸素運動といわれます。 中性脂肪もコレステロール値も高いときは、肥満になりかかっている状態が多いようです。 その状態で途端に激しい運動をすると、かえってひざや腰を痛め、運動不足になりかねません。 ウォーキングなど、比較的負荷の軽い運動から始めるようにしてください。 食事治療 低脂肪高たんぱくの食事にし、カロリーを摂りすぎないようにします。 脂肪がいけないからといって全く脂肪を摂らない食事に切り替えてしまうと、脂肪の燃焼をサポートする働きのあるビタミンBが活発に働いてくれなくなります。 細かい食事内容については、中性脂肪値やコレステロール値によって医師から指導がされます。 その指導をきちんと守りましょう。 中性脂肪とコレステロールを下げるのに必須といわれる栄養素は、EPAとDHAです。 青魚に多く含まれる栄養素ですが、アレルギーがあったり毎日食べるのが難しいという方は手軽に摂取できるサプリメントも有効です。 生活治療の注意点 運動治療と食事治療を行うにあたり、中性脂肪やコレステロール値を下げる妨げとなってしまうのが飲酒(アルコールの摂取)と喫煙です。 アルコール摂取は肝臓を酷使し、機能を弱めてしまう原因にもなります。 また、喫煙は末端の毛細血管を狭め、血行を悪くしてしまう働きがあるのです。 中性脂肪とコレステロール値が高く、動脈硬化が始まっているとすると、喫煙は血行を悪くするために動脈硬化のリスクを上げてしまうのです。 脳、肺などは細い血管がたくさんあります。 喫煙によって脳の血管がせばまってしまったところに血栓が飛んでしまうと、脳梗塞などのリスクが上がります。 禁煙と休肝日作りが生活治療の一助となります。 薬物療法 一定以上高い値になると、薬物療法が始まります。 高脂血症予防の薬物療法は長期化することがあるといって敬遠される方が多いのですが、脳梗塞や心筋梗塞のリスクには代えられません。 受診の結果、薬物治療になったら医師の注意を守って服薬することは当然ですが、その際も運動治療と食事治療は必ず併用してください。 薬は、中性脂肪値とコレステロール値が低くなれば飲まずに済むようになります。 早い薬物治療からの離脱を目指して生活治療をしてください。

次の

コレステロールを下げる28食品!ぐんぐん下がる一覧表

コレステロール を 下げる 食事

LDLコレステロールとHDLコレステロールとは何ですか? コレステロールはそのままでは血液に溶けることができないため、リポ蛋白という粒子に含まれて、血液の流れに乗ってからだの隅々まで運ばれます。 LDL(低密度リポ蛋白)とは肝臓から出てきたリポ蛋白が小さくなったもので、血液中で最も数が多い粒子です。 この中に含まれるコレステロールをLDLコレステロールといいます。 全身の組織や細胞は、主にこのLDLからコレステロールを取り込みます。 LDLは血管壁に入り込み、動脈硬化の原因になります。 HDL(高密度リポ蛋白)とは体の細胞から使われなくなったコレステロールを肝臓に運ぶ粒子で、この中に含まれるコレステロールをHDLコレステロールといいます。 HDLは脂質が蓄積して動脈硬化を起こした血管からもコレステロールを引き抜くことができます。 したがって、LDLを悪玉、HDLを善玉と考えて、LDLコレステロールを「悪玉コレステロール」、HDLコレステロールを「善玉コレステロール」と説明することがあります。 なぜ、血液中のLDLコレステロールの値(濃度)が高くなるのですか? 健常な人では、からだ全体のコレステロールの量は、肝臓で作られる量、小腸から吸収される量、からだの中で利用される量、そしてからだの外に排泄される量のバランスが適切にとられていて、一定に保たれています。 また、血液中の濃度を一定の範囲に保つために、女性ホルモンや甲状腺ホルモンなどさまざまな仕組みが関わっています。 これらの調節の仕組みがうまくいかなくなってバランスが崩れると、脂質異常症がおこります。 すなわち、肝臓での合成が増える、食事からの脂質摂取が増える、ホルモンのバランスが変わる、あるいは細胞においてLDLなどのリポ蛋白を取り込む入り口(受容体)が減ることで、血液中のLDLコレステロールが増えてしまいます。 どのような食事をすれば血液中のLDLコレステロール値を下げることができますか? 食物繊維の多い食品(玄米、七分づき米、麦飯、雑穀、納豆、野菜、海藻、きのこ、こんにゃく)を増やしましょう。 n-3系多価不飽和脂肪酸の多い青背の魚や、n-6系多価不飽和脂肪酸の多い大豆を増やしましょう。 飽和脂肪酸(脂身のついた肉、ひき肉、鶏肉の皮、バター、ラード、やし油、生クリーム、洋菓子)や、工業的に作られたトランス脂肪酸の多い食品(マーガリン、洋菓子、スナック菓子、揚げ菓子)は控えましょう。 コレステロールの多い食品(動物性のレバー、臓物類、卵類)は控えましょう。 基本的には、日本食(魚、大豆、野菜、未精製穀類、海藻を十分に、乳、果物、卵を適量に、肉の脂身、バター、砂糖・果糖を控える。 ただし減塩で食べる)を意識しましょう。 動脈硬化の予防のために食事でのコレステロール制限は必要ないとの報道がありましたが、コレステロールはどれだけ食べても大丈夫なのでしょうか? 2015年2月にアメリカ農務省と保健福祉省から,食事でのコレステロール摂取制限は必要ないとの発表があり、また、日本でも厚生労働省による「日本人の食事摂取基準2015年版」ではコレステロール摂取の上限値がなくなりました。 したがってコレステロールはどれだけとっても大丈夫という意味ではありません。 現在,高血圧や糖尿病、喫煙など他の動脈硬化疾患の危険因子をお持ちでなく、LDLコレステロール値が高くない方は、現在の食事内容でコレステロールを制限する必要はありません。 コレステロールを多く含む動物性食品は同時に飽和脂肪酸も多く含みますので、このような動物性食品を摂りすぎないことをお勧めします。 上記のアメリカの発表でも、日本人の食事摂取基準でも飽和脂肪酸の制限を設けています。 そしてLDLコレステロール値が高い人についてはこれまでどおり、食事でのコレステロール摂取制限が必要であり、同時に飽和脂肪酸についても必要です。 脂肪酸を燃焼させる。 などがあります。 実際は、病態に沿ってこれらの薬物を単独あるいは併用で用いますので、主治医に相談してください。 なお、重症のではLDLアフェレシスを用いることがあります。 LDLアフェレシスとは、血漿交換の一つで、体外循環装置を用い血漿からLDLを直接除去する治療法です。

次の