エクセル アンケート 作成。 社内アンケートの作り方と回収方法

エクセルアンケート ― 無料版のエクセルを使って、インターネット上で回答できるアンケートを作ろう(natsuki)

エクセル アンケート 作成

アンケートの種類 アンケートは大きく分けて 2 種類あり、回答を選択する際の形式によって変わります。 それぞれについて、以下で具体例をあげながら解説します。 単一回答とは 単一回答とは、質問への回答として選択肢から 1 つを選ぶ回答形式のことです。 Single Answer(シングルアンサー)= SA とも呼ばれています。 たとえば、「誕生月を選んでください」という質問に対して、11 月生まれであれば「11 月」のみを選択して回答します。 「私の誕生月は 11 月でもあるし 2 月でもある」とはなりません。 複数回答とは 複数回答とは、質問への回答として選択肢から複数を選ぶ回答形式のことです。 たとえば、「好きな小説のジャンルは何ですか?」という質問に対して、「SF」「ミステリー」「歴史」など複数選択して回答できます。 また、「5 つまでお答えください」など選択肢の数が制限されている場合は、「Limited Answer(リミテッドアンサー)= LA とも呼ばれます。 関連記事 アンケートの集計に使える関数 アンケート集計に役立つエクセルの関数について、3 つ解説します。 関数の機能から実際の入力の方法まで説明するので、ぜひ参考にしてください。 COUNTIF(カウント・イフ)関数 COUNTIF(カウント・イフ)関数とは「指定した範囲内で検索条件(IF)と一致したデータを計算する(COUNT)」関数です。 特に、1 つの回答(条件)と一致するデータの件数を集計したいときに有効です。 COUNTIF 関数はセルの中に「= COUNTIF 範囲,検索条件 」という形で入力します。 COUNTIF 関数で件数を集計する それでは、実際に COUNTIF 関数を使ってみましょう。 ここでは前述の「誕生月」について集計します。 範囲は最初のセルと最後のセルの間に「:」(コロン)を入力して指定します。 検索条件は「"」(ダブルクォーテーション)で挟みます。 COUNTIFS(カウント・イフ・エス)関数 COUNTIFS(カウント・イフ・エス)関数とは「複数の範囲、複数の検索条件(IF)を指定してデータを計算する(COUNT)」関数です。 COUNTIF の複数版と考えると理解しやすいです。 複数の回答(条件)を集計したいときに便利です。 COUNTIFS 関数で件数を集計する それでは、実際に COUNTIFS 関数を使ってみましょう。 ここでは「年齢」について集計します。 たとえば年齢調査のアンケートを実施して、「30 代が何人いるのか集計したい」となったとしましょう。 範囲指定の方法は、COUNTIF 関数と同じです。 SUM(サム)関数 SUM(サム)関数とは、指定範囲内にあるセルの合計を求める関数です。 集計した件数の合計を出したいときに使います。 エクセルのメニューバーにある「オートサム」をクリックしても同じ関数が入力されます。 集計したい範囲が異なる場合は、自分で範囲を修正するかドラックして範囲を指定します。 その他の集計に便利な関数・機能 アンケート集計に役立つ関数は、上に挙げたものだけではありません。 エクセルにはさまざまな用途で使える関数や機能があるので、自分の目的にあったものを使い、データをより効率的に集計しましょう。 INDEX(インデックス)関数 INDEX(インデックス)関数とは、指定した範囲内で縦何番目、横何番目のセルの値を求める関数です。 領域番号には、範囲を複数指定した際に何番目の範囲かを入力します。 C3:D40 , F3:G40 を範囲として指定し、後者を選ぶときは「2」と入力します。 省略した場合は、1 つ目の範囲になります。 絶対参照・複合参照 絶対参照は、入力した式にあるセルを固定するためのものです。 複合参照は、列番号・行番号のどちらかを固定したいときに使用します。 AVERAGE(アベレージ)関数 AVERAGE(アベレージ)関数とは、指定した範囲内にあるセルの平均値を求める関数です。 数値以外が入力されているセルは無視されます。 MEDIAN(メジアン)関数 MEDIAN(メジアン)関数とは、指定した範囲内にあるセルの中央値を求める関数です。 データの個数が偶数の場合は、中央の 2 つの値の平均値が出力されます。 区切り位置 区切り位置とは、セルのデータを分割する機能です。 カンマやスペースなどの区切り文字が入力されているデータを、別々のセルに分割することができます。 たとえば、1 つのセルに苗字と名前が入っており、苗字のセルと名前のセルに分けたいときなどに便利です。 分割したいセルを選択し、データツールにある「区切り位置」をクリックして使います。 関連記事 まとめ アンケートは回答する選択肢の数によって、単一回答と複数回答に分かれています。 アンケート結果を集計する際には、エクセルにある COUNTIF 関数や SUM 関数などを上手に使えば、集計業務を効率的に行うことができます。 さらにアンケートで得た情報は、適切に分析することで効果的なマーケティングに活用できます。 は、アンケート集計のほかに集計結果と顧客情報を紐付けたり、アクセス解析ツールと連携したりすることもできます。 アンケートを実施してマーケティングに活かしたいとお考えの方は、ぜひ一度お問い合わせください。

次の

Excelでアンケート用紙を作ってみる

エクセル アンケート 作成

アンケート調査をお考えですか?アンケートは市場調査の中でも最もポピュラーな手法で、簡単に実施ができます。 Excelを使って作るアンケート用紙や、簡単にできるWebアンケートなど、自社顧客に向けたアンケート調査方法をお教えします。 調査の前に考えておくべきこと アンケート調査を行う前にしっかりと計画を立てることが重要です。 しっかり計画を立てないと効果的なデータは集まらず、その中で集計・分析を行ったところで良い結果を得ることはできません。 まず、アンケートの目的・項目・対象・時期・方法・予算を明確にしましょう。 アンケートをもとに、何をしたいか・何を証明する必要があるのか、予算や結果に必要なサンプル数などを決めていきます。 その後、アンケート調査のシナリオやクロス集計に必要なデモグラフィックなどを考えておきましょう。 Excelを使って設問設計を作ろう いきなりアンケートを作るより、設問設計を予め作った方が進めやすいでしょう。 まず、設問毎の形式についてご紹介します。 【SA=シングルアンサー(ラジオボタンを使用)】 いくつかの選択肢で、1つしか選ぶことができないもので、「はい・いいえ」・「男・女」などのシンプルな回答に向いており明確な回答を得ることができます。 集計がしやすくクロス集計などの分析も行いやすいです。 【MA=マルチアンサー(チェックボックスを使用)】 いくつかの選択肢で、複数を選ぶことができるもので、好きな食べ物や行ってみたい海外の国など複数の回答を得ることができます。 【FA=フリーアンサー(テキストボックス、テキストエリアを使用)】 自由に回答が入力できるもので、年齢や好きな色など数量や単語での回答または文章での回答方法があります。 様々な意見を知りたい際には有効ですが、未入力や不明確な回答が多くなる場合があるため多用するのは控えましょう。 【順位法】 いくつかの選択肢で、複数を選ぶ際に順位をつけることができるもので、MAと比較して選択された項目の重要度をさらに把握することができます。 【数値配分法】 FAの一つで、重要度に応じて点数をつけることができるものです。 【スケール】 いくつかの選択肢で、1つしか選ぶことができないものですが、SAと異なる点は選択肢に段階を設けています。 「満足・やや満足・やや不満・不満」などになります。 【マトリックス】 いくつかの選択肢で、1つしか選ぶことができないものですが、SAやスケールと異なる点は複数の設問で同じ段階の選択肢を設けています。 それでは設計方法ですが、下記の順番で進めていきましょう。 1. アンケートで収集したい情報を決める• アンケートの目的を決める:何をしたいのか・証明したいこと・対象者をはっきりさせます。 質問内容を決める:アンケートの目的をもとに質問内容を検討します。 質問数は回答しやすいように多くなりすぎない様にしましょう。 質問の順番を決める:類似する内容の質問はまとめるなどして順番を決めます。 2.質問毎の形式を決める• 質問内容毎に上記の形式から質問方法を決めます。 3.設問形式にあわせて質問文を作成• 読みやすい長さ 1~2行 で、明確なわかりやすい内容にしましょう。 4.選択肢を決定• 選択肢の数は10個前後を目安に、選択しやすい様に選択肢の内容があまり似ない様にします。 また、該当する選択肢がないときのために「その他」を用意しましょう。 5.アンケートの内容を最終確認• アンケートが作成できたら自分で回答してみましょう。 誤字や脱字がないか、わかりづらいところはないか再度確認します。 【アンケート開始の例文】 アンケートはメールで依頼することが多いため、メールの文面は簡潔に目的と説明を記載しましょう。 最近では個人情報に対する意識が高まっているため、回答内容の取り扱い方法や使用範囲を明記し、問い合わせ先もきちんと記載します。 アンケートの設問は下図の様に、まず選択肢から簡単に回答できる内容 例文:彼・彼女の「好きなところは」と聞かれたら、どう答えますか? をSA形式で用意し、次の設問ではさらに詳細な内容をFAやMA形式で質問していくと、一つの設問に対し具体的な回答を得ることができます。 例文:Q1「彼・彼女の好きなところは?」について具体的に一言でお答えください。 この方法ですと、回答者もそれ程負担にならず回答しやすいものになります。 FAやMA形式を多用すると回答者の負担になりやすいので注意しましょう。 アンケートを作ろう アンケート用紙を作成するときは、MicrosoftのExcelが使いやすくおすすめです。 上図の様にA列に質問番号や内容・選択肢の番号を入力し、B列に設問形式や選択肢の内容を入力しましょう。 Excelで作成すると下記の機能が利用でき、誤入力を防いだり集計にかかる時間を削減できます。 入力規則を利用 設問の選択肢は予め設定した一覧を表示させ選択させることができます。 これにより想定外の回答を防げます。 シートの保護を利用 シートを保護すると保護されたセルには何も入力できません。 回答場所以外の誤入力などを防げます。 シートを保護した際に回答部分のみのセルに対しロックの解除が可能です。 マクロを利用 回答の集計時にかかる時間を削減できます。 また、自分で作成する以外に、Web上のテンプレート配布サイトから探してダウンロードし、作成する方法もあります。 基本的に会員登録を行えば無料でダウンロードできます。 テンプレート配布サイトでは、例文やフォーマットが用意されている状態のためExcelで一から作成するより簡単に早く作成できます。 テンプレート配布サイトは下記があります。 書式の王様: 経費削減実行委員会: Webアンケートにするなら、ASPを使おう メールなどでアンケートを依頼してWebアンケートを行うなら、無料で簡単な操作で充実した機能を提供しているアンケートシステムや、多くのモニターを抱えるインターネットリサーチサービスで簡単に早く市場調査を行えるものがあります。 詳しくはこちらをご覧ください。

次の

Excelでわかりやすい円グラフを簡単に作るポイント [エクセル(Excel)の使い方] All About

エクセル アンケート 作成

アンケートの集計方法 マーケティングのために集めたデータを集計して統計を取る方法には、単純集計とクロス集計の2つがあります。 難しく感じる人もいるかもしれませんが、Excelを使えば簡単にデータをまとめられます。 パソコン作業が得意でない人もスムーズにできるので安心してください。 それではまず、単純集計とクロス集計について分かりやすく解説します。 単純集計 単純集計(Grand Total、GT)は、アンケートの項目別に数に足して集計する方法です。 単純に集計する方法ですが、回答者の件数や比率を表せるのでアンケート対象者全体の傾向を把握できます。 具体的には次のようになります。 A社のB商品についてどう思いますか? 好き 500人 嫌い 300人 どちらでもない 200人 1,000人に上記のアンケートを取った結果、半数の500人が好きだと回答しています。 嫌いと答えた人が300人いるので業界に強いライバルがいると想定されます。 また、どちらでもないと回答したのが200人であることから、そもそもB商品に顧客が関心を持っていないと判断できます。 データの大枠を把握できるので、アンケート後にまず単純集計をすることが大切です。 クロス集計 単純集計に対してクロス集計は、属性別の傾向を知りたい場合に適しています。 性別や年齢などに分けてデータを集計することでより詳細にターゲットについて把握できます。 先ほどの例と同じアンケートをすると、クロス集計では次のようになります。 【男性】 A社のB商品についてどう思いますか? 好き 300人 嫌い 160人 どちらでもない 80人 【女性】 A社のB商品についてどう思いますか? 好き 200人 嫌い 140人 どちらでもない 120人 上記の例で言えば、B商品を好きと答えた男性は300人、女性は200人であることから、女性よりも男性に人気があると分かります。 一方、どちらでもないと答えた人は男性が80人、女性が120人であるため、そもそもB商品は女性の多くが興味を持たないと読み取れます。 同じデータでも属性ごとに集計することで、商品についての顧客の意見が詳細に分かります。 今回は属性を性別だけで統計を取りましたが、居住地や年齢、職業などで細かく分類すると詳しい傾向が把握できる点がクロス集計の特徴です。 エクセルでの単一回答の集計 単一回答(Single Answer、SA)は、 選択肢の中から1つの回答を選ぶ方式で、アンケートを受ける側も回答しやすく、集計側も簡単に集計できるのが特徴です。 選択式のアンケートで最もポピュラーな方法でもあります。 エクセルで単一回答を集計する方法を実際の画面を見ながら紹介します。 今回は次のアンケートを集計していきましょう。 まず、エクセルを開いてデータをまとめる表と回答を入力します。 A商品が便利であると回答した場合は1、B商品であれば2、C商品であれば3という仕組みです。 この準備ができたら、次に商品ごとの回答者の人数を集計します。 「C14:C951」は表の下の解答欄で、回答を入力したセルをすべて選択します。 「A5」は検索条件で、この条件に該当するデータを数えるのがCOUNTIF関数です。 式を正確に入力した後、エンターキーを押すと人数が出ます。 その後、C5を選択してC7までドラッグします。 続いて、A~G商品までの人数合計を出します。 SUMはエクセルの関数の中で非常によく使うので、苦手な人もこれだけは覚えておきましょう。 A商品を選択した人数を合計で割って100をかけて、割合を計算する簡単な式です。 正しく入力してエンターキーを押したら、D5を選択してD7までドラッグするとすべての商品の割合がでます。 合計のC12のセルの固定を忘れるときちんと計算できないので、しっかり処理してください。 最後にすべての式が正しく入っていることを確認するために、割合の合計が100になるかチェックします。 冒頭でC12にSUM関数が入力されているので、D12にドラッグすると簡単に合計が出ます。 エクセルでの複数回答の集計 回答者がひとつの質問に対して、複数の選択肢を選べるのが複数回答方式(Multiplee Answer、MA)です。 複数回答を集計する場合は、選択肢ごとに列を準備するのがポイントです。 回答者が選択した場合に1、しなければ0を入力し、該当者の数を合計して集計すると簡単です。 今回は例として「各質問に該当する選択肢を3つ選んでください」と回答者に問いかけた結果を集計していきます。 まずデータを集計していきます。 先ほど説明した通り、選択した場合に1を入力します。 大きなデータになるケースが多いので、最終的に統計を出すシートと別にすると分かりやすいです。 今回は、タブに「データ」と名前をつけ、このページの数値から統計をとっていきます。 続いて、複数タブでデータタブの集計をしていきます。 A5 」を入力します。 INDEXは、行と列が交わるセルの範囲を指定できる関数です。 少し難しいですが、慣れると簡単に使えるのでぜひ使ってみてください。 行番号を0にすると、指定の列全体のセルの範囲がピックアップされます。 単一集計と同様にSUMを使って合計を出しましょう。 後から割合の合計を出すので、このときにC12をD12にドラッグすると効率が良いです。 続いて、各商品の割合を出します。 先ほどと同じように、商品を選んだ人数を選択し、合計で割って100を掛けて算出します。 正しく入力した後、G商品の割合のセルまでドラッグしてコピーしてください。 割合の小数の桁が多いときは、エクセルのホームタブの赤枠部分を押してみましょう。 小数点以下の表示が切り上げされて減ります。 割合の合計もきちんと確認して100になれば大丈夫です。 数値によっては100の近似値になることがあります。 割合の合計が100になるか否かは各式が間違っていないか確認するひとつの指標なので、あまりあてにせず、式の入力を正確に行いましょう。 まとめ Excelを使えば誰でも簡単にアンケートを集計して、統計が取れます。 あまり得意でない人でも数値を入れていくだけですぐに計算が組まれるので、ぜひやってみてください。 Excelを使いこなせると楽にマーケティングに必要な情報を加工できます。 今回紹介した方法を参考に、自社が必要な統計データを作ってみましょう。 【関連記事】•

次の