ラム チョップ 下ごしらえ。 シンプル ラム肉のステーキ 作り方・レシピ

ヘルシーで女性に人気♪『ラム肉』をもっと美味しくするアイデア&おしゃれレシピ

ラム チョップ 下ごしらえ

キャンプのごちそうメニュー 今回の 山キャンプで一番のごちそうメニューと言っても過言でない一品です。 普段家でもあまり登場しない「ラムチョップ」を使用。 今回は2人だし、そんな数もいらないので・・・キャンプメニューに加えました。 ラムチョプの下ごしらえ 今回はキャンプ用なので冷凍して持参しました。 冷凍時にローズマリーとタイムを一緒に密閉冷凍、クーラボックスで自然解凍されたら、ドリップはしっかり拭き取ってから使用します。 焼く直前にスパイス類をふりかけて、 ローズマリー、タイムを乗せてグリルで焼き上げます。 使用したスパイスは、 コリアンダー・ブラックペパー・パプリカパウダー・ガーリックパウダーです。 もちろん塩も忘れずに! スパイスの豆知識• 今回の山キャンプでとにかく大活躍してくれたのは コールマンのロードトリップグリル これを使いたくて山にキャンプに来たようなもの。 お家にも何気にウッドデッキがあるので、本来ならそこで使うのが一番便利なんだけど ウッドデッキは一階にあるので、一階はお義母さんが住んでいて・・・広いウッドデッキももはや、ただの荷物置き(粗大ごみ)が置かれています。

次の

日本ハム

ラム チョップ 下ごしらえ

ラムチョップを料理するのは難しい!?大事なポイントは下ごしらえ せっかくの美味しいラム肉なので、しっかり下ごしらえをしてから料理をしましょう。 ラム肉に限りませんが、お肉料理は少しの下ごしらえで出来上がりが大きく変わります! まず、お肉をやわらかくするには、生の野菜やフレッシュフルーツに含まれている酵素のパワーを借りましょう。 酵素がタンパク質を分解し、食べるときにお肉を噛み砕きやすくしたり、焼き縮みを防いだりする効果が期待できます。 また、野菜ですと玉ねぎや大根、フルーツですとパイナップルなど、いずれもみじん切りや、すりおろしに漬け込むことをおすすめします。 さらに米麹や塩麹、ヨーグルトの酵素もお肉をやわらかくする効果があります。 特に塩麹はお肉をやわらかくして、下味も付けることができる、一石二鳥の調味料と言えます。 見た目は豪華なのに簡単に料理できるラムチョップ! ここからは自宅でも簡単に作れるレシピを2つご紹介します。 ラムやお肉をさらに美味しく食べるための注意点 知っておくとラムチョップや、お肉を美味しく食べられる注意点をご紹介します。 肉がパサつくのは脱水症状 自宅で焼いたステーキがボソボソしていて噛み切れなかった……という経験はありませんか?お肉がパサついてしまう原因は大きく分けて2つあります。 1つ目は冷凍のお肉を解凍する際のドリップ 水分やうまみ成分 の流出です。 冷凍期間や食品が凍結するまでの時間が長いと、食品の中の水分が氷ったときにできる氷の結晶が大きくなってしまいます。 その結晶が食品の細胞を傷つけることにより、解凍したときに食品の水分が余計に出てしまいドリップの量が多くなるのです。 ドリップを抑える解凍時のポイントはゆっくり時間をかけて解凍することです。 食べる2日前くらいに冷凍庫から冷蔵庫に移して解凍してみてください。 また、冷凍のお肉と言っても長期保存はなるべく避けるようにしましょう。 お肉がパサつく原因の2つ目は、加熱している間に肉の水分が抜け出ていってしまうことです。 お肉を焼いていると、水を使っていないにも関わらず、フライパンにじわじわと水が染み出てきたことがありませんか? これが、お肉の脱水症状なのです。 水分と一緒に、なんとうまみや栄養も流れ出てしまうのです。 このお肉の脱水症状を防ぐためには、塩分を含む調味液にお肉を漬け込んで、調味液をしっかり吸収させましょう。 それにより、お肉が保湿されます。 また、調味液にお肉を漬け込む前にフォークでお肉の全体的に穴を開けておけば、より調味液を吸収しやすくなります。 くさみはスパイスでカバー ラム肉はスパイスやハーブを使った料理にすると、くさみが気にならなくなります。 スパイスを効かせたカレーに入れて煮込んだり、ローズマリーやタイムなどのハーブが入った調味液に漬け込んだりしてからステーキにするのがおすすめです。 また、ヨーグルトにも食品の脱臭効果があるのはご存知でしょうか? スパイスとヨーグルトで漬け込むタンドリーチキン風にすれば、くさみが取れるばかりか、プロの味に近づけるかもしれません! お支払いについて• 1クレジットカード お支払い総額=商品代金+送料• 送料について 本州・四国 980 円 九州・北海道 1,150円 沖縄 1,750円 その他地域・離島にお住まいのお客様はお問い合わせ下さい。 配送料にはクール料金も含まれています。 別途追加料金を頂くことはございません。 冷凍・冷蔵・ドライ商品を合わせてご注文の場合、通常冷凍商品を優先し冷凍便にて発送しております。 1回のご注文が¥10,000(税込)以上で配送先が一箇所の場合は送料無料とさせて頂きます。 (沖縄・離島は、通常送料から1,150円値引きさせて頂いた残りの送料をご負担いただきます ので、ご了承くださいませ。 ) 商品名に【送料無料】と書かれた商品と他の商品を同梱される場合は、送料無料となります。 (沖縄・離島は、通常送料から1,150円値引きさせて頂いた残りの送料をご負担いただきますので、ご了承くださいませ。

次の

シンプル ラム肉のステーキ 作り方・レシピ

ラム チョップ 下ごしらえ

明日の夜はおいしいお肉でディナー! さっそく今から塩、コショウ、ハーブで下味を……と、はりきる前に、ちょっと待って。 その行程、実は間違っているかも!? いつも無造作にやってしまいがちなお肉料理の下味ですが、知っておくだけで出来上がりが格段に変わる「正解」があるのだとか。 肉に「下味」をつける意味って? そもそも調理前に調味料に漬け込んだり、塩をもみこんだりという行程はなぜ行うのでしょうか? 岩田シェフによると、それにはふたつの理由があるのだといいます。 「ひとつは風味付け・食感へのアプローチなど料理の仕上がりをよりよくするため。 もうひとつは、保存目的です。 しかし、肉を新鮮なうちに調理する場合は、そもそも保存する必要はないですよね。 加えて上質な素材は、それだけで十分おいしい。 生姜や八角などで臭みを消す必要はないし、強い味付けは逆にせっかくの素材のよさを殺すことになってしまいます。 女性のお化粧と一緒です(笑)」 つまり、お肉自体のよさを活かしたい場合は、前日から漬け込む必要はなく、使う調味料や香辛料もシンプルなものでOKということ。 では具体的にはいつ、どんなものを、どのように使えばいいのでしょうか? 実際の調理方法で解説してもらいました。 「今回は、上質なラム肉をオイルでマリネした後、ステーキに仕上げます。 下味に使うのは塩、コショウ、ハーブ、オリーブオイル、ガーリック、唐辛子。 肉自体のおいしさを活かすため、特別なものは一切使いません。 下味を付けるタイミングは、調理直前がベスト。 長時間、肉に塩分を与えた状態で放置してしまうと浸透圧で中の水分がどんどん抜けてしまいます。 ハーブも長く漬けると風味が強すぎるので、直前に合わせるだけでOKです。 上質なラムには臭みがないため、ほんのり風味がつく程度でいいんですよ」 POINT1:塩の量は『肉の量の1%』を厳守! 使うのは骨付のラム肉。 下味には、塩(今回は岩塩)、コショウ(今回は粒コショウをつぶしたもの)、ハーブ各種(今回はタイム、ローズマリー、パセリ、セージを使用)、ガーリック、唐辛子、オリーブオイルを用意します。 岩田シェフによると、特にポイントとなるのは塩の量。 目分量で振りかけてしまいがちですが、シェフのおすすめする正しい量は「肉の量の1%」。 1%というと、普段無意識に使う塩の量よりもかなり少な目の印象ですが……。 「これ以上の量の塩を使ってしまうと、浸透圧で中の水分が抜けはじめます。 逆に少なすぎても味がぼやけてしまう。 多少面倒でも肉の量をきちんと計り、正しい塩の量を計算しましょう」 POINT2:プロの技を手軽に再現する方法とは? 次に、肉を焼く際のプロの技「アローゼ」を伝授していただきました。 まずは下準備として、塩・コショウを全体に振りかけます。 次に、ハーブ、薄切りにしたガーリック、唐辛子、そしてオリーブオイルを全体にまんべんなくかけ、マリネの状態に。 「フライパンで焼いている間、スプーンでオイルを肉全体に回しかけるのが、フレンチの技法『アローゼ』。 肉がふんわり仕上がります。 焼く前にオリーブオイルで肉全体をコーティングすることで、それと同じ状態を生み出すことができるんです。 オイルがまわり、全体にまんべんなく火が行き渡るため、ふっくらとした仕上がりになります」 POINT3:肉同士は『離して』焼くべし! マリネをしたら、長時間放置せずすぐに調理へ。 煙が上がるほど十分に熱したフライパンに、ラム肉をのせます。 あとは、「おいしそうな焼き色がつくまで」焼くのみ。 「この時、肉同士をくっつけてしまうと水蒸気が発生して『蒸し焼き』状態となってしまうため、なるべく離して焼くのがポイントです」 POINT4:仕上がりは五感で判断! 両面、それぞれに焼き色が付いたら完成です! 「ラム肉はレアでもおいしいので、中への火の通りは気にしなくて大丈夫。 外側にきれいな焼き色がついたら焼き上がりです。 調理器具の条件が違うので、このくらいの火加減で何分ということは言えません。 だからこそ、焼き色や香りが大事。 おいしそうと思えるタイミングで引き揚げましょう」 お皿に盛った肉に、フレンチフライとマスタードを添えて。 そのままでももちろんおいしいですが、今回はグレービーソースをかけて出来上がり! 岩田シェフ直伝のマリネのレシピは、ラム肉だけじゃなく豚肉などにも応用できるそう。 ぜひチャレンジしてみてください!.

次の