ビヨンド ミート 株価。 ビヨンドミートの株価が急騰

ビヨンドミート(BYND)株価や配当について!代替肉の可能性や口コミは?|まさやんのブログ【FIREへの道のり】

ビヨンド ミート 株価

JPモルガンは現地時間の火曜日にBeyond meat BYND を1. 「オーバーウェイト」から「ニュートラル」へ一段階格下げしました。 価格目標は変わらず120ドル据え置きですが、このニュースによりかなりの売りが始まっているようです。 米国での報道によれば、ビヨンドミートの株価はすでに ウォール街のすべてのアナリストの目標価格を上回っており、加熱的な過大評価が行われているとのこと。 ちなみにJPモルガンはビヨンドミートがIPOを行った際の主たる引受会社です。 引受業者は投資家に販売する目的で有価証券を取得しているので、そのJPモルガンが評価の一段階格下げは驚くべき措置だと思います。 それだけかなりバブルな株式評価を受けているという事でしょう。 ビヨンドミートはどこまで下がるのか?材料出尽くし・・・ 株価予想ほど当たらないものはありませんが、米国証券会社の株価予想レンジは105-125ドルあたりが多いようです。 今日だけで100ドル近辺まで落ちるとは思いませんが、昨日の記事で指摘したようにここ最近購入している層は 純粋に儲けを得たい投資家です。 またこれだけ売られると高額だった借株手数料も安くなるでしょうから、大損こいていたショート勢が息を吹き返すこともあるでしょう。 Q1決算が終わって材料が出尽くしていますから、100ドルを割るくらいまで落ちる可能性は高いのではないかと思います。 結論:1週間は静観!!?80か101ドルくらいで指しておく 私は最近、500万近く損確定させたばかりですので、かなり理性が働いています。 330万からふえてるじゃないかって?ええ、追証回避した次の日もしっかりブーストして500万円飛ばしました。 心の傷が癒えたら、SBIに画像残ってるから上げようかなと思います。 とにかく冷静に、高値掴みだけはやめた方がいいです。 ビヨンドミートの理念に貢献したくて買いたいというにしても今は過大評価されすぎです。 どうもヨシです ビヨンドミート・インポッシブルフーズを主とする植物肉ジャーナリストです。 MrMukiRyoku.

次の

ビヨンド・ミート株価上昇 競合と割高感が懸念

ビヨンド ミート 株価

*植物由来の代替肉メーカーである ビヨンド・ミート(BYND)は、今年最も好調な新規株式公開(IPO)銘柄の一つ。 5月初めのIPOで、現在の株価は公募価格の25ドルから310%、初値の46ドルから125%上昇している。 *2018年の売り上げは前年度比170%増の8790万ドルで、さらに今年は同140%増の2億900万ドル、2020年には同60%増の3億3500万ドルになると予想されているが、成長予想が株価に間違いなく過剰に織り込まれているのが問題。 ビヨンド・ミートの株価は102ドルで、2019年の1株当たり予想売上高の27倍。 通常、食品加工銘柄の株価は1株当たり予想売上高の2倍程度が多く、企業買収の場合でも5倍以上になることはない。 超割高なソフトウエア銘柄ですら7倍程度。 代替肉市場が急速に拡大し、ビヨンド・ミートが競合他社をしのぐ勢いであっても、現在のバリュエーションに見合う成長を維持できるという確証はない。 *食品大手の ネスレ(NESN. スイス)と タイソン・フーズ(TSN)も、代替肉製品を近々市場に投入しようと計画中。 ネスレは米国および欧州でベジタリアン、ビーガン向け食品を販売しており、ドイツでは同社の代替肉バーガーがマクドナルドの店舗で販売されている。 2019年6月3日号『バロンズ拾い読み』より 3. Beyond Meat Stock Could Burn Shareholders ビヨンド・ミート【食品銘柄】 競争が激化する中、割高なバリュエーションに見合う成長を維持できるか 投稿ナビゲーション.

次の

「ビヨンドミート」の株価が今年に入って急上昇!すでに全米2.8万カ所で販売され、350億ドルの潜在市場を持つ「代替肉」市場は、今後も成長間違いなし!|世界投資へのパスポート|ザイ・オンライン

ビヨンド ミート 株価

今回はビヨンドミート Beyond Meat についてみていきます。 ビヨンドミート Beyond Meat はビーガン 菜食主義者 向けに代替肉を製造している企業です。 マイクロソフトのビル・ゲイツや、俳優のレオナルド・ディカプリオも投資をしているとされるビヨンドミート Beyond Meat とりあえず、まずはビヨンドミート Beyond Meat の事業内容から見ていきましょう。 ビヨンドミート Beyond Meat の事業内容 ビヨンドミート Beyond Meat はいわゆる代替肉を製造している企業です。 アメリカでは宗教的な理由、環境的な意識の高まり、動物愛護的観点から肉を一切口にしない、ビーガン 菜食主義者 の人達が増えています。 こうした人々であっても、肉のような味のものは食べたい・・・そうした需要を満たすための代替肉を製造するのがビヨンドミート Beyond Meat です。 ビヨンドミート Beyond Meat のターゲット層 ビヨンドミート Beyond Meat がターゲットにしているのは主に以下の方達だそうです。 宗教的な禁忌で肉を食べられない人• 動物愛護の観点から肉を食べない人• 環境意識の観点から肉を食べない人• 健康意識で肉を食べない人 1は例えば牛を神聖視するヒンズーなど 2は単純に動物殺すの可哀そうみたいに言ってる人たち 3は牛のゲップにメタンが多くて温暖化促進するからダメとか、配合飼料を食肉生産に使うのは蛋白源の無駄遣いとか、糞尿による水質汚染ダメとか言ってる人達 4はコレステロール値を気にする人達 個人的には3と4の意見はわかるんですが、1と2の人達の需要があるというのは良くわからない・・・ つまりイルカとかクジラを神聖視したり、かわいがってる人たちでも実は肉は食べたい・・・みたいなことですよね。 そんなことってあるんですかね? ビヨンドミート Beyond Meat の栄養価、原材料 ビヨンドミート Beyond Meat の原材料は以下のようになっています。 All ingredients from Non-GMO sources 水、えんどう豆分離たんぱく、キャノーラ油、ココナッツオイルが中心のようです。 なお、ビヨンドミート Beyond Meat の栄養素は以下のようになっています。 ホームページより 1パティあたり113g• カロリー 270Kcal• 飽和脂肪酸 5g• コレステロール 0mg• ナトリウム 380mg• 炭水化物 5g• 不溶性食物繊維 3g• 糖 0g• タンパク質 20g あえてなのかわかりませんが、脂質は表示がありません。 どう考えても、上をみるだけではグラム数からして不自然だと感じるはずです。 アメリカ人は気にしないんでしょうか。 とりま、健康を気にしてビヨンドミート Beyond Meat にする人もいるようですが、糖とコレステロールを気にする人以外にはあまり健康的なメリットもなさそうに感じます。 ビヨンドミート Beyond Meat で食糧問題を解決? ビヨンドミート Beyond Meat を好む人のなかには、食糧問題を理由にする人たちもいます。 世界の人口は今後もどんどん増えていきますし、肉類の消費も増えていく。 そうしたときに、地球規模で食糧問題を考えるとどうしても植物性蛋白質や昆虫などの利用をせざるをえないことになります。 牛肉1キロカロリーを生産するためには10キロカロリーの飼料が必要と言われています。 つまり、牛肉を食べるのをやめてビヨンドミート Beyond Meat のような植物性蛋白質で摂取すれば、それだけ環境保護・食糧問題克服に役立つという主張です。 ビヨンドミート Beyond Meat の味 ちなみに肝心のビヨンドミート Beyond Meat の味についてですが、こればかりは残念ながら自分はわかりません。 まだ日本国内にビヨンドミート Beyond Meat を販売する店がありませんので、試してみることができません。 一応、三井物産がビヨンドミート Beyond Meat に若干出資しており、日本国内での事業展開にあたっては優先交渉権があるようなので、とりあえずいつかは販売されることになるのかもしれませんが、いまのところは国内店舗はないんです。 とりま海外のtwitterの情報などをみると、ポジティブな評価が多いように思います。 代替肉だと言われなければわからない、みたいな感じでしょうか。 2017年までは粗利すら出ない状態でしたが、現在では粗利は出る。 ただし、オペレーションにコストがかかっている状態です。 非常に好調に事業が推移しているのがわかります。 これだけフレッシュは増えているのに、冷凍は前年から減っています。 たぶん、冷凍にすると味が悪くなるんでしょうね。 本来ならば冷凍肉で海外にも売りたいところですが、品質の維持管理ができないのでしょう。 冷凍が使えないとなると、米国内の流通に関してもいろいろと不都合が出てきそうです。 海外展開もできない、国内展開も隅々まではできない。 あくまでも消費地の近くで作らなければならないのが現状というところではないでしょうか。 なお、消費形態としてはレストラン需要、スーパーマーケット需要どちらも伸びていますが、ややレストラン需要の伸びの方が大きい模様。 ビヨンドミート Beyond Meat の株価 同社は2019年5月2日にIPO 新規株式公開 しましたが、上場してすぐに株価はIPO価格の2. 5倍超に上昇するなど、非常に過熱した展開となりました。 とりあえず、この株価は同社の事業規模からしたら果てしなく高いです。 バリュエーション評価など無駄なレベル。 あくまでも、どこか大手の企業が買収してくれるのではないか、と期待した株価だと思います。 被買収要因を含んだ株価のようにみえます。 個人的には食指は動きませんが・・・ いちばんのリスクは、ビヨンドミート Beyond Meat よりもおいしい代替肉が開発されることだと思われます。 現在、筋繊維を再現するような代替肉の開発も他社で進んでいると言われています。 そういった製品が出てきてもすぐに同社の業績が悪化するということはないでしょうが、 ビヨンドミート Beyond Meat の被買収企業としての魅力は薄れると思われます。

次の