コブクロ 小渕 君が代。 コブクロ小渕の「国歌独唱」動画が異例の500万再生を突破!

布袋寅泰がコブクロ小渕の国歌独唱巡り推論 ネットで感心の声

コブクロ 小渕 君が代

確かに出だしから声が裏返っているように聞こえますね。 私は歌はあまり得意ではありませんが、 それでもこれは大丈夫かな?と心配してしまいますね。 高音ボイスといえば、 歌をベースにしたネタ・漫才の頂点を決める番組があるんですが、 あの「 だるまさんが転んだ」をネタにした漫才がめっちゃ面白いんです。 しかもハイトーンボイスで歌唱力が異常に高いw 小渕健太郎の君が代の音程キーが高い? 声が裏返った理由とは 小渕さんも君が代の独唱の後にいっていましたが、 「緊張していた」というのが原因ではないでしょうか。 また朝早かったこともあって喉の調整が間に合わなかった、 という可能性もありそうです。 実際の国歌斉唱の後の小渕さんのインタビューがこちら。 私も歌が苦手なのでわかりますが、 緊張するといっぱいいっぱいになって、 いつも以上に声が出なくなってひっくり返ってしまいます。 小渕健太郎の歌は下手? 本来の歌唱力は? それがこちら。 これによって科学的に爽やかな清潔感を感じられる、 人を癒すことのできる歌声ということ、なんですね。 声の分析をするプロが周波数をみて検証しているわけなので、 小渕さんの本来の歌のうまさや魅力が証明されていのではないでしょうか。 小渕健太郎の国歌斉唱 君が代 の世間の反応は 君が代、小渕さんは限界のキーにチャレンジしたと言っていますね。 選手が限界まで頑張れって意味が込められていると思う。 それをわかる人がきっとコブクロの良さをわかる人。 コブクロの歌を聞いたことがある方ならば、 小渕さんのその圧倒的な歌唱力は誰もが認めるものだけに、 今回のMGCでの君が代に驚かれた方も多かったようです。

次の

コブクロ小渕「君が代」騒動、プロシンガーはどうみる? 奥村慎也「歌いきったのはさすがだが…国歌の重み見誤ったかも」 (1/2ページ)

コブクロ 小渕 君が代

確かに出だしから声が裏返っているように聞こえますね。 私は歌はあまり得意ではありませんが、 それでもこれは大丈夫かな?と心配してしまいますね。 高音ボイスといえば、 歌をベースにしたネタ・漫才の頂点を決める番組があるんですが、 あの「 だるまさんが転んだ」をネタにした漫才がめっちゃ面白いんです。 しかもハイトーンボイスで歌唱力が異常に高いw 小渕健太郎の君が代の音程キーが高い? 声が裏返った理由とは 小渕さんも君が代の独唱の後にいっていましたが、 「緊張していた」というのが原因ではないでしょうか。 また朝早かったこともあって喉の調整が間に合わなかった、 という可能性もありそうです。 実際の国歌斉唱の後の小渕さんのインタビューがこちら。 私も歌が苦手なのでわかりますが、 緊張するといっぱいいっぱいになって、 いつも以上に声が出なくなってひっくり返ってしまいます。 小渕健太郎の歌は下手? 本来の歌唱力は? それがこちら。 これによって科学的に爽やかな清潔感を感じられる、 人を癒すことのできる歌声ということ、なんですね。 声の分析をするプロが周波数をみて検証しているわけなので、 小渕さんの本来の歌のうまさや魅力が証明されていのではないでしょうか。 小渕健太郎の国歌斉唱 君が代 の世間の反応は 君が代、小渕さんは限界のキーにチャレンジしたと言っていますね。 選手が限界まで頑張れって意味が込められていると思う。 それをわかる人がきっとコブクロの良さをわかる人。 コブクロの歌を聞いたことがある方ならば、 小渕さんのその圧倒的な歌唱力は誰もが認めるものだけに、 今回のMGCでの君が代に驚かれた方も多かったようです。

次の

【動画】コブクロ小渕の国歌が下手で酷い?高音になった原因は緊張?

コブクロ 小渕 君が代

オリンピックへの切符がかかっているだけあって、スポーツ界では大きな注目を集めた同大会。 中継に関しても大型の枠が確保され、は朝8時から11時30分までの長時間をかけてマラソンの模様を生中継していった。 中継ではレース前のセレモニーまで放送され、小渕はピシっとしたスーツ姿で登場し、マイクの前で深々と一礼。 右手を左胸の前に添えて一呼吸置くと、そのまま厳粛の雰囲気の中、アカペラで国歌を独唱していった。 小渕は歌い出しの「きーみー…」まで地声に近い〝低音〟を発していたが、どうやら思うような出だしを切ることができなかったよう。 声が裏返ってしまっているようにも聴こえた。 すると小渕は、首を傾げる仕草を見せ、目を閉じ、続く「…がーよーはー」の部分からは、そのまま裏声の〝超高音キー〟に切り替えて歌い続けていくことに。 「笑ってはいけない国歌独唱」状態に!? 歌い方を切り替えた小渕は、その後もソプラノ歌手のような超ハイトーンボイスで「君が代」を歌っていき、途中には高音のあまり声がかすれる場面も。 中継では小渕の独唱をバックに選手たちの真剣な表情が映されていったが、その光景は珍妙なものと言わざるを得ない構図となった。 ミスなのか〝あえて〟なのかは分からないが、ネット上ではこの独唱に、 《みんな笑うのこらえてるwww》 《笑ってはいけない国歌独唱》 《選手が「みんな笑わないの?」って感じでチラ見し合ってるwww》 《どっかのジャングルにいるクソ珍しい鳥の鳴き声みたい》 《米良美一のものまねみたいだな》 《ちょっとここ2日ほど疲れが出て何もできなくて結構落ち込んでたんだけど、コブクロの君が代を聴いてクッソ笑えた。 元気出た》 など、小渕の歌声に思わず笑ってしまったという声が続出。 また、国歌でのやらかしというデリケートな事態に、 《これは、入りでキーを間違えたな。 これやらかすと、途中で修正できないから、もう最後まで行くしかなくなる》 《これさすがにヘタ過ぎてひどいな》 《国歌への侮辱かと思うくらい》 《思っていた以上にヒドかった。 どうしちゃったんだろうね 緊張?》 など、冷静な心配や批判の声も見られている。 本人によると、やはり大役に緊張し過ぎてしまったよう。 しかし、歌唱力には定評のあるデュオだけに、ぜひリベンジしてもらいたいものだ。

次の