君の目が貫いた。 君の目が貫いた 僕の胸を真っ直ぐ

まちがいさがし (動画プラス) / 菅田将暉 ギターコード/ウクレレコード/ピアノコード

君の目が貫いた

プロローグ。 そして、終。 その人はたしかに、まるで確信を突いたかのように、それは世界の理をすべて知ったかのように、驚くほど鋭く、そして確実に僕の心臓を貫いてきた。 「お前本当に、サッカー好きなのか?」 紅く、艶やかな髪の毛を振りかざし。 恐ろしく、そして切れ長の目をしたその人は、僕の眼をじっと見つめたまま、何重もの防御壁を突き破り、いや、無効化して、僕の心の奥底に着底した。 「お前がサッカー好きなのってさ、別にサッカーだからとか関係なくて、サッカーを観ること自体に意味を見出してんじゃねえの?」 一言ずつ、そして一言ずつ、僕を絶望の淵へと追いやるのである。 「それってさ、サッカーが好きなんじゃなくて、『サッカーを好意的に観ている自分』が好きなんじゃねえの?」 目の前にいる紅い羅刹は、ゆっくりと天国の扉を開くのである。 こうして、僕の、高校生活最後の3月が始まった。 3月6日のことである。 流れる季節 「おめでとう八乙女さん。 」 「なによいきなり。 」 「なにって、だって今日は合格発表だったのでしょう?その様子だと、合格したのだと思って。 」 「当たり前じゃない。 約束された勝利よ。 まあでも、ありがとうね。 」 「寂しくなるわね。 」 「ねえ…朗には言ってないよね?」 「安心して。 あの約束を破るほど薄情じゃない自負があるわ。 」 「ありがとう…でもあんた、この状況で本読んでるぐらいには薄情だと思うのだけれど。 」 開かれた『 キミにすべてを語ろう。 「あらごめんなさい。 今いいところなの。 」 「ほんと、最後まであんたらしいわ。 」 ドアが開く。 「お待たせしました、先輩、八乙女先輩。 」 不敵少女だった。 「遅いわよ。 待ちくたびれて後半32分ぐらいの気分よ。 」 「それはそれは。 まさに試合のクライマックスってとこですね。 」 「来てくれてありがとうさん。 用事は、大丈夫なのかしら?」 「ええ。 さっさと済ませてきましたから。 」 「じゃあ、始めましょうか。 」 本を閉じる。 「さんにも付き合わせてしまってごめんなさいね。 あと朗なら、しばらくしたら来ると思う。 」 戦術ボードが出る。 「では早速、高校最後のサッカー与太話といきましょう。 」 ビルドアップvsプレス 「さあ、この日を待っていたのよ!のセービング集なら、今ここにいぃいぃぃぃぃぃぃいぃ!!!」 をかざす金色少女。 「いいから八乙女さん。 その恥ずかしいを今すぐしまってくれるかしら?」 辛辣な重力少女。 「ははは…」 特に興味がない不敵少女。 「なーにが恥ずかしいっていうのよ詩!!!」 「何がって、何もかも全てに決まっているじゃない。 その耳が付いた軽薄な赤いのことを言っているのよ。 」 赤いケースに、耳のようなものがついた。 赤いのクラブロゴがケースにはデザインされている。 よく持ち歩くな。 「赤い悪魔よ!!!何が軽薄だって言うのよ!!!」 「そもそもプレミアのチームって、同じ赤色ユニばっかりで、どれも同じに見えてしまって苦手なのよね…」 「先輩、まあ八乙女先輩が怒る分には全く問題ないですが、一応全国のプレミアファンには謝っておいた方がいいんじゃないでしょうか。 」 「あら?そういうものかしら。 」 あらぬ方向から怒られそうだ。 「あたしにも謝れっての!!!!!!!」 「それで、先輩。 今日僕たちを呼んで、高校最後のサッカー与太話をすると聞きましたが、どのようなことを話すのでしょう?」 「ビルドアップvsプレスよ。 」 不満そうな女子ひとり。 「ぶーぶー。 まーたあんた達オタクな内容で草も生えないわ。 」 「そのオタク丸出しの単語で話すの止めたらどうかしら、一乙女さん。 」 「八乙女よ!!!」 「ごめんなさい、3. 14乙女さん。 」 「円周率ですって!?」 「まあ、この際、九でも十でも良いのですけれど、先輩、サッカーの攻防においてある程度両チームの意図や型が見えやすく、試合の先行きも左右するビルドアップとそれを妨害するプレスをここで話そうというのですね?」 「さすがの説明口調ねさん。 その通りよ。 でも、わざわざ説明しなくてもいいんじゃないかしら?サッカーを知らないひとにも分かりやすくがテーマだというのに、ニッチで根暗なオタク層が喜びそうな展開のおかげで、初見バイバイになっているのが何とも嘆かわしいわ。 」 最後だからって、メタ発言は許されないぞ。 「あんたサラっと先輩の苗字を何でもいいみたいに言ったわよね。 」 もう話が進まないのだよ君たち。 何度でも繰り返されるくだり。 「想定は、ハーフライン付近でのビルドアップ、つまりはということですね。 」 「そう。 守備側、つまりはボールを持っていない側がそれを制限して、ボールを奪おうとする、前進を阻もうとする部分ね。 」 「ちぇ…前線に蹴っ飛ばしてウィングが走ったり、がと競り合うのだって、超面白くて激萌えなのに…私は、蚊帳の外ってわけね。 の話したかったなー。 」 「それは違うわ八乙女さん。 」 「え?だって、ビルドアップって、ピッチの真ん中ぐらいでパスをちまちま繋いだり、走り回ったりするアレのことでしょ?『ボールが大事』がモットーで、蹴ったりするの敬遠されているんじゃないの?」 「ビルドアップの大前提は、前線へボールを送ることが優先されるわ。 正確には、ディフェンスラインの裏へだけれど。 」 「そうなの?でも競り勝てなくてボールを取られたら意味ないんじゃ。 」 「もちろん、むやみやたらに蹴ることではないんですよ八乙女先輩。 一番遠い、つまり相手陣に近い場所にスペースがあれば、迷いなく蹴ることが大前提です。 だって、一番得点の可能性があるんですから。 」 「さんの言う通り、相手にそのスペースを消されてしまうから、しっかりとボールを動かしながら、ポジションをとり、ランニングしてスペースを使ったり作ったりするの。 決して、『ボールを回したいからボールを回す』のではないの。 チャンスがあるなら、迷わず前線にボールを送るべきよ。 」 「そ、そういうものなの?私てっきり、ヴェンゲル・のように崇高な理想を掲げて戦うことのように思えちゃって。 」 「まあ、たしかにあれは崇高な理想のもとやってそうですけれどね。 」 「でもそんなチームであっても、勝つためにやっているのだから。 勝つためにビルドアップがあり、プレスがあるものなのよ。 」 人物紹介 詩 みやぎのはら うた 内の学校 神杉高校 に通う高校生。 サッカーオタクなのは隠している。 観る将。 重力少女。 黒髪、肩ぐらいまで伸びた髪は変わらず。 八乙女・ヴィクトリア・李七 やおとめ・ヴィクトリア・りな 内の学校 神杉高校 に通う高校生。 サッカーオタク。 見る将。 ファン。 金色少女。 赤いリボンは変わらず。 つかさ とうしょうぐう つかさ 内の学校 神杉高校 に通う高校生。 2年生 サッカーオタク。 観る将。 不敵少女。 高身長。 一人称が僕。 髪は肩ぐらいまで伸び始めている。 sendaisiro.

次の

まちがいさがし (初心者向け簡単コード ver.) (動画プラス) / 菅田将暉 ギターコード/ウクレレコード/ピアノコード

君の目が貫いた

君の目が貫いた僕の胸を真っ直ぐ その日から何もかも変わり果てた気がした あの日僕は成田空港に居た。 「おはようございます」 「はじめまして」 当たり前の挨拶を交わした。 知っている顔と知らない顔に。 時刻は8時だった。 と記憶している。 昭和のビックスターのキザな挨拶のように、じゃんけんのチョキの状態から人差し指と中指をくっつけ、相手に見えるように額の高さまでそのままあげる。 タバコ吸いますのサイン。 そんなどこからか飛んできた吹き矢を挟んで防いだようなジェスチャーをし、外にある喫煙所に向かう。 これから7~8時間のフライト。 当然タバコは吸えない。 考えただけで全員ぶん殴りそうだった。 無駄だと分かっているが吸いだめと自分に言い聞かせ煙につつまれていた。 そんな思いの人間ばかりなのか、喫煙所は正に今でいう密な状態だった。 「Sさんそろそろ」 今日初めて会った顔が呼びに来た。 1週間程度の海外出張。 この日は移動日。 現地に着いても現地スタッフと合流して食事会。 そんな余裕な日。 行き先は東南アジアの某国。 雨季と乾季がある厄介な場所に観光なんてなお気軽モードではなく仕事に行くわけだ。 マジだりぃ。 当然行くなら乾季。 ただでさえ暑いのに不快な湿度なんてくらってられないわけだ。 ということで日本でいう3月となった。 マジ高低差有り過ぎて耳キー 略 困るのは服装。 着込み過ぎると現地で死ぬし、薄着では行く前に死ぬ。 どっちみち死ぬなら全員ぶん殴ろうか。 そんな正に損な考えしか浮かばなくなる。 基本ぶん殴りたい感情がチラつくくらい当時はギラついていた。 もし当時の僕に会うことが出来たらきっと男性ホルモンってあだ名をつけたと思う。 きっとその直後にぶん殴られてるけど。 こえーこえー 「行きましょう」 同行者の合図で保安検査場へ。 注意書きを読む。 上着はカゴへ。 タンクトップ姿な僕。 殺す気かこの野郎。 現地を考え僕はタンクトップの上にカーディガンを羽織っていた。 カモフラージュを奪われ無駄に辱められた僕。 ちょっとだけテロリストの気持ちが分かった。 上着着用OKがテロ対策になると思う。 喫煙者あるあるは免税店でタバコをカートン買い。 行き場所によってはタバコの持ち込み量も規制があるのでご用心てな豆知識。 もう吸わないから今はどうでも良いけど。 そんなこんなで搭乗。 席はたまたまプレミアムエコノミー。 エコノミーに毛が生えた感じ。 とは言えフッサフサなわけではない。 ちょっと広いよってな感じ。 でも長時間のフライトにはありがたい。 行きはたまたま席が空いてなくってていう奇跡だったが、心地いいので帰りは自費でアップグレードした。 いやマジ快適だから。 今回の出張者は僕を合わせ計5名。 席は全員通路側。 縦に5名綺麗に並んで座る。 ビジネスあるあるかもしれない。 隣とか座るくらいなら知らない人の方が僕はマシだと思う。 あくまでも仕事であれば。 女性社員の場合は別だけどね。 ちなみに女性社員と出張したことはない。 あっても近距離の立ったまま乗車バージョンだ。 一応言っとくが下ネタではない。 座っているのに全員総立ちとかそんなニュアンスじゃない。 覚えておけ。 どこまで斜めなの?国際線は毎回そう思う。 ベルトサインが消えリラックス。 早速酒を頼む奴も。 僕は映画でもと思い目の前のモニターを見ていたが既にタバコの禁断症状が。 イライラは初期段階。 それを越えると眠気が来る。 きっと体的にイライラからの逃避ではないのかとか考えてしまう。 実際のところタバコは興奮剤らしい。 だから吸う事で眠気がおさまるし、お腹も空かない。 吸えないとその逆となる。 この時は流石に空腹はなかったが眠気が完全に僕を支配していた。 結局ほぼ寝ていた。 同行者の話では瞬殺だったらしい。 あとから知った客室乗務員美人の話題についていけなかった。 クソがっ。 現地到着。 時差はマイナス1~2時間だった気がする。 じとーとする。 これが正しい表現。 海外行って何が嫌かって着いてから長いってこと。 各手続でウロウロ長蛇の列になってること。 プラス今回は暑い。 温度差に既にやられている。 今なら大恥かいたタンクトップが神アイテムとなる。 とは言え、未だタバコを吸えていない。 その上僕は寝起きがえげつねーほど悪い。 高校の時、部活の泊の遠征中は僕だけマネージャー 女子 が起こしに来た。 女子には怒らないという理由で。 正直この時の僕は自分でも分かるぐらい無期限で不機嫌だった。 メンチする気力もないが瞼が重く結果メンチビーム発射中だった。 パスポートチェック時に僕のあだ名がスマイルなのかと思うくらい連呼された。 スマ~イル?スマ~イル?オープンユアアイズ?うるせーし。 あとは預けた荷物だけ。 出口はもうすぐそこ。 そんな時だった。 何故か僕だけに。 クソがっ。 最初のカタコトではあるが日本語で話しかけてきたことからも僕を日本人と認識している。 その上で話しかけてきているということは確実に金になるとでも思っているはずだ。 何を言っているか分からないが猛烈に早口で僕の荷物を触りながら話しかけてくる。 マジキメーから。 たぶん荷物預かりますとか運びますとかそんなサービスだろう。 だろうが僕は必要ない。 小声で聞こえづらかったのかもしれないが「No」と意志も伝えていた。 にもかかわらず話をやめない現地のおっちゃんことワリオ。 黄色い帽子被ってないだけでそっくりだったワリオに。 性格もだなきっと。 出典:Fandom マリオペディア 同行者は気づいていたはずだ。 このままでは確実に僕は爆発するということを。 だからなのか妙に早歩きになっていた。 ちょっ待てよ! 暑さと眠気と喫煙欲とワリオ。 僕の怒りスイッチを押しやがった。 「うっせーなゴルァ!埋めるぞ!」 とりあえず日本語で。 これで僕の中の怒りが半分以下にまで消化できる。 ワリオとしても何を言っているのか分からないにも僕が怒っていることが気づいたはずだ。 だが、これでは許さない。 確実に仕留めてこそだ。 この僕を怒らせたらどうなるか分からせてやる。 お前のまちがいを今ここで思い知らせてやる。 ここに居る全員にさらしてやる。 まちがいをおかしたと。 「アイアム ジャパニーズ マフィア」 絶句するワリオ。 そうだその顔だ。 大好物だ。 いくらなんでも分かるだろこの意味が。 少なくてもアウトレイジ知ってるだろ。 ダンカンバカ野郎! さぁ~最後だ。 トドメだ。 再度伝えてダメ押しで確認したら終わりだ。 分かったか!そう伝えれば大概謝る。 謝ってくる。 僕の中の海外攻略法だ。 ワリオ所詮お前はサブキャラなんだよ。 笑顔で僕の荷物を持とうとしている。 自然と握手する僕がいた。 君の手が触れていた 指を重ね合わせ 間違いか正解かだなんてどうでもよかった 瞬く間に落っこちた 淡い靄の中で 君じゃなきゃいけないと ただ強く思うだけ そうどうでもいい。 まちがいなんてどうでもいい。 ありがとう現地スタッフ。 さぁ行こう食事会だ。 さぁ行こう! テメェ何全員にバラしてんだクソスタッフ! 僕は今タバコを止めている。 そのきっかけがコレだというわけではない。 まちがいさらしの正解の方じゃ、きっとブログは書けなかったと思う。 いや書けたか・・・ ですね。

次の

まちがいさがし

君の目が貫いた

君の目が貫いた僕の胸を真っ直ぐ その日から何もかも変わり果てた気がした あの日僕は成田空港に居た。 「おはようございます」 「はじめまして」 当たり前の挨拶を交わした。 知っている顔と知らない顔に。 時刻は8時だった。 と記憶している。 昭和のビックスターのキザな挨拶のように、じゃんけんのチョキの状態から人差し指と中指をくっつけ、相手に見えるように額の高さまでそのままあげる。 タバコ吸いますのサイン。 そんなどこからか飛んできた吹き矢を挟んで防いだようなジェスチャーをし、外にある喫煙所に向かう。 これから7~8時間のフライト。 当然タバコは吸えない。 考えただけで全員ぶん殴りそうだった。 無駄だと分かっているが吸いだめと自分に言い聞かせ煙につつまれていた。 そんな思いの人間ばかりなのか、喫煙所は正に今でいう密な状態だった。 「Sさんそろそろ」 今日初めて会った顔が呼びに来た。 1週間程度の海外出張。 この日は移動日。 現地に着いても現地スタッフと合流して食事会。 そんな余裕な日。 行き先は東南アジアの某国。 雨季と乾季がある厄介な場所に観光なんてなお気軽モードではなく仕事に行くわけだ。 マジだりぃ。 当然行くなら乾季。 ただでさえ暑いのに不快な湿度なんてくらってられないわけだ。 ということで日本でいう3月となった。 マジ高低差有り過ぎて耳キー 略 困るのは服装。 着込み過ぎると現地で死ぬし、薄着では行く前に死ぬ。 どっちみち死ぬなら全員ぶん殴ろうか。 そんな正に損な考えしか浮かばなくなる。 基本ぶん殴りたい感情がチラつくくらい当時はギラついていた。 もし当時の僕に会うことが出来たらきっと男性ホルモンってあだ名をつけたと思う。 きっとその直後にぶん殴られてるけど。 こえーこえー 「行きましょう」 同行者の合図で保安検査場へ。 注意書きを読む。 上着はカゴへ。 タンクトップ姿な僕。 殺す気かこの野郎。 現地を考え僕はタンクトップの上にカーディガンを羽織っていた。 カモフラージュを奪われ無駄に辱められた僕。 ちょっとだけテロリストの気持ちが分かった。 上着着用OKがテロ対策になると思う。 喫煙者あるあるは免税店でタバコをカートン買い。 行き場所によってはタバコの持ち込み量も規制があるのでご用心てな豆知識。 もう吸わないから今はどうでも良いけど。 そんなこんなで搭乗。 席はたまたまプレミアムエコノミー。 エコノミーに毛が生えた感じ。 とは言えフッサフサなわけではない。 ちょっと広いよってな感じ。 でも長時間のフライトにはありがたい。 行きはたまたま席が空いてなくってていう奇跡だったが、心地いいので帰りは自費でアップグレードした。 いやマジ快適だから。 今回の出張者は僕を合わせ計5名。 席は全員通路側。 縦に5名綺麗に並んで座る。 ビジネスあるあるかもしれない。 隣とか座るくらいなら知らない人の方が僕はマシだと思う。 あくまでも仕事であれば。 女性社員の場合は別だけどね。 ちなみに女性社員と出張したことはない。 あっても近距離の立ったまま乗車バージョンだ。 一応言っとくが下ネタではない。 座っているのに全員総立ちとかそんなニュアンスじゃない。 覚えておけ。 どこまで斜めなの?国際線は毎回そう思う。 ベルトサインが消えリラックス。 早速酒を頼む奴も。 僕は映画でもと思い目の前のモニターを見ていたが既にタバコの禁断症状が。 イライラは初期段階。 それを越えると眠気が来る。 きっと体的にイライラからの逃避ではないのかとか考えてしまう。 実際のところタバコは興奮剤らしい。 だから吸う事で眠気がおさまるし、お腹も空かない。 吸えないとその逆となる。 この時は流石に空腹はなかったが眠気が完全に僕を支配していた。 結局ほぼ寝ていた。 同行者の話では瞬殺だったらしい。 あとから知った客室乗務員美人の話題についていけなかった。 クソがっ。 現地到着。 時差はマイナス1~2時間だった気がする。 じとーとする。 これが正しい表現。 海外行って何が嫌かって着いてから長いってこと。 各手続でウロウロ長蛇の列になってること。 プラス今回は暑い。 温度差に既にやられている。 今なら大恥かいたタンクトップが神アイテムとなる。 とは言え、未だタバコを吸えていない。 その上僕は寝起きがえげつねーほど悪い。 高校の時、部活の泊の遠征中は僕だけマネージャー 女子 が起こしに来た。 女子には怒らないという理由で。 正直この時の僕は自分でも分かるぐらい無期限で不機嫌だった。 メンチする気力もないが瞼が重く結果メンチビーム発射中だった。 パスポートチェック時に僕のあだ名がスマイルなのかと思うくらい連呼された。 スマ~イル?スマ~イル?オープンユアアイズ?うるせーし。 あとは預けた荷物だけ。 出口はもうすぐそこ。 そんな時だった。 何故か僕だけに。 クソがっ。 最初のカタコトではあるが日本語で話しかけてきたことからも僕を日本人と認識している。 その上で話しかけてきているということは確実に金になるとでも思っているはずだ。 何を言っているか分からないが猛烈に早口で僕の荷物を触りながら話しかけてくる。 マジキメーから。 たぶん荷物預かりますとか運びますとかそんなサービスだろう。 だろうが僕は必要ない。 小声で聞こえづらかったのかもしれないが「No」と意志も伝えていた。 にもかかわらず話をやめない現地のおっちゃんことワリオ。 黄色い帽子被ってないだけでそっくりだったワリオに。 性格もだなきっと。 出典:Fandom マリオペディア 同行者は気づいていたはずだ。 このままでは確実に僕は爆発するということを。 だからなのか妙に早歩きになっていた。 ちょっ待てよ! 暑さと眠気と喫煙欲とワリオ。 僕の怒りスイッチを押しやがった。 「うっせーなゴルァ!埋めるぞ!」 とりあえず日本語で。 これで僕の中の怒りが半分以下にまで消化できる。 ワリオとしても何を言っているのか分からないにも僕が怒っていることが気づいたはずだ。 だが、これでは許さない。 確実に仕留めてこそだ。 この僕を怒らせたらどうなるか分からせてやる。 お前のまちがいを今ここで思い知らせてやる。 ここに居る全員にさらしてやる。 まちがいをおかしたと。 「アイアム ジャパニーズ マフィア」 絶句するワリオ。 そうだその顔だ。 大好物だ。 いくらなんでも分かるだろこの意味が。 少なくてもアウトレイジ知ってるだろ。 ダンカンバカ野郎! さぁ~最後だ。 トドメだ。 再度伝えてダメ押しで確認したら終わりだ。 分かったか!そう伝えれば大概謝る。 謝ってくる。 僕の中の海外攻略法だ。 ワリオ所詮お前はサブキャラなんだよ。 笑顔で僕の荷物を持とうとしている。 自然と握手する僕がいた。 君の手が触れていた 指を重ね合わせ 間違いか正解かだなんてどうでもよかった 瞬く間に落っこちた 淡い靄の中で 君じゃなきゃいけないと ただ強く思うだけ そうどうでもいい。 まちがいなんてどうでもいい。 ありがとう現地スタッフ。 さぁ行こう食事会だ。 さぁ行こう! テメェ何全員にバラしてんだクソスタッフ! 僕は今タバコを止めている。 そのきっかけがコレだというわけではない。 まちがいさらしの正解の方じゃ、きっとブログは書けなかったと思う。 いや書けたか・・・ ですね。

次の