フランス語 文法。 【フランス語文法2】フランス語の名詞を複数形に変化させる!発音付き

早美出版社 SOBI

フランス語 文法

フラ勉-フランス語を勉強するサイトの文法学習ページへようこそ。 フラ勉の文法解説ページはスマートフォンでフランス語の文法学習ができる無料サイトです。 このページの下にある各文法解説ページでは フランス語の文法を詳しい解説と例文と一緒に説明しています。 一般的なフランス語の文法書や解説書では、初心者にはわかりにくい解説があったり、例文が少なかったりすることもありますが、フラ勉の文法学習ページでは動詞の活用や性数一致から接続法や条件法にいたるまですべての文法をわかりやすい説明とともに記載しています。 下記の文法項目一覧から確認したい項目をクリックしてください。 フランス語基礎文法 フランス語の主要な文法事項についてそれぞれのページで解説しています。 フランス語初心者の人でもわかりやすい解説と例文が記載されています。 名詞に関するフランス語文法 フランス語の名詞に特徴的な男性名詞・女性名詞の区別や、単数形を基準に変化する女性形と複数形の作り方を解説しています。 フランス語に存在する名詞の性とは何かについての解説と、男性名詞・女性名詞の違いや見分け方について説明しています。 フランス語の男性名詞(原形)から女性名詞を作る方法について解説しています。 英語と比べて例外的な変化が多い、フランス語名詞の複数形変化の方法について学習します。 冠詞に関するフランス語文法 3つの冠詞(定冠詞・不定冠詞・部分冠詞)それぞれの使い方や違いを解説しています。 フランス語に存在する3種類の冠詞(定冠詞・不定冠詞・部分冠詞)の違いや使い方・作り方などを例文とともに紹介しています。 フランス語特有の冠詞である部分冠詞の用法や使い方について例文とともに紹介しています。 形容詞に関するフランス語文法 形容詞の女性形変化・複数形変化や置く場所のルール、比較級・最上級の作り方を解説しています。 フランス語の形容詞は英語と異なり、名詞の前に置かれる場合と後ろに置かれる場合があり、その違いと見分け方について解説します。 形容詞を原形から女性形に変える時に起こる語尾変化について例文を用いながら勉強していきます。 単数形から複数形の形容詞を作るために必要な変化のルールを紹介します。 形容詞と副詞には比較級「より〜」と最上級「最も〜」という形が存在します。 これら2つの作り方と用法について勉強していきます。 「この家」や「あの人」などフランス語で人や物を支持するときに使う形容詞、指示形容詞について学習します。 「私の〜」や「彼女の〜」と言った所有を意味する形容詞である、所有形容詞の用法について解説していきます。 動詞に関するフランス語文法 基本的な動詞のカテゴリーであるer動詞(第1群規則動詞)、ir動詞(第2群規則動詞)や主要な動詞の活用変化と用法を解説しています。 動詞の活用や叙法など、フランス語初心者の人が疑問に思うフランス語の動詞について解説しています。 フランス語で最も数が多いとされるer動詞について、活用の仕方と例外的な動詞の見分け方を学習します。 er動詞の次に数が多いir動詞の活用方法と、間違えやすい不規則動詞の活用を学んでいきます。 動詞allerやvenirを用いて表現することのできる未来と過去の表現の作り方と用法を解説します。 動詞の形に関するフランス語文法 不定詞、過去分詞、現在分詞というフランス語動詞を学ぶ上で重要な3つの形を解説しています。 フランス語の文法書などに書かれている不定詞とは何かについて勉強します。 複合過去や受動態(受け身形)を作る時に必要なフランス語の過去分詞について紹介しています。 フランス語の現在分詞の作り方を学習し、性数一致するかしないかの見分け方や分詞節、絶対分詞構文の用法にも触れます。 「〜される」という意味の受動態の作り方からその用法まで解説していきます。 フランス語中級文法で登場するジェロンディフという便利なフランス語の文法について学習します。 動詞の時制についてのフランス語文法 フランス語に存在する多くの叙法や時制の違いをそれぞれのページで解説しています。 最も基本的な動詞の活用形である直接法現在形について、その用法を見ていきます。 過去や経験を表すフランス語の直接法複合がこについて、er動詞・ir動詞・不規則動詞それぞれの場合の作り方を解説しています。 se lever「起きる」のようなフランス語独特の代名動詞と呼ばれるカテゴリーの動詞について解説していきます。 フランス語で未来を表す直接法単純未来形と直接法前未来形の2種類の使い方と違いを学んでいきます。 直接法複合過去とは意味が異なる半過去の用法について特徴をまとめながら紹介します。 過去のある地点よりも前に動作が終了している大過去について、その使い方を実際の例文とともに学習します。 フランス語の中級〜上級文法で大きな壁となる単純過去について、その活用パターンと使い方を学習します。 英語の仮定法に似ているフランス語の条件法について、その5つの用法と作り方を見ていきます。 フランス語に特殊な接続法という叙法について、その用法と活用変化を解説します。 フランス語の命令文である、命令法について例外と否定命令法も紹介しながら、その用法について学習していきます。 副詞に関するフランス語文法 動詞とセットで用いられることの多いフランス語の副詞について勉強します。 フランス語の副詞の置かれる場所や、形容詞から副詞の作り方を学習します。 疑問文・否定文に関するフランス語文法 疑問文と否定文の作り方や疑問副詞、疑問代名詞の用法について学習していきます。 フランス語の疑問文・疑問形の作り方について学習します。 さらに否定文と疑問文が合わさった否定疑問文についてもこのページで扱います。 日本語や英語と比べて難しいとされるフランス語の否定文・否定形の作り方を一から勉強していきます。 「いつ〜」や「どこで〜」など頻繁に使われるフランス語の疑問副詞6つを解説します。 代名詞に関するフランス語文法 フランス語で頻繁に用いられる様々な代名詞について文法事項をまとめました。 同じ言葉の繰り返しを避けるフランス語ならではの代名詞3つの違いと使い方を勉強していきます。 中級文法で難しいとされるフランス語の関係代名詞について例文とともにその違いや特徴を見ていきます。 その他 その他の重要な文法事項です。 「ここに〜がある」や「〜がいる」などの日常的によく使われるフランス語表現を学んでいきます。

次の

フランス語の独学方法とおすすめ参考書決定版【初心者からフランス語1級まで】

フランス語 文法

ようこそ この オンライン フランス語講座は、フランス語の学習で つまずきやすい点を重点的に取り上げながら、 初級文法だけでなく 中級文法までカバーしつつ、フランス語 文法の全体像をすっきりと把握できるようになることを目指しています。 まったくの初心者向けというより、 少しフランス語をかじった人向きです。 ほかのところでフランス語を学んだけれど、今ひとつよくわからない、文法的にきちんと理解したい、頭の中をすっきりと整理したい、という人に最適です。 ページの切り替え速度が遅い場合は、しばらく時間を置いてからお試しください(アクセスが集中して遅くなることがあります)。 携帯端末での動作確認はおこなっておりません。 なるべく通常版でご覧ください。 本ホームページの構成 フランス語の構造を捉える上で鍵となるポイントだと考えられる 8 つの章を、 に横方向に配置しました。 これらは、文の構造全体に大きな影響を及ぼす、いわばダイナミック(動的)な内容が中心です。 左から順に読むか、または興味のある章や苦手意識のある章からお読みください。 さらに、これを補足するものとして、• のページを設けました。 ページ左上には縦方向に、基礎的な項目を配置しました。 これらは、文の構造全体にはあまり影響を及ぼさない、いわばスタティック(静的)な内容が中心です。 など これらのページは、 上の 8 つの章を読みながら、基礎的なことを確認したい場合に参照することを目的として作られています。 「冠詞」などのページは、わりと無味乾燥で、これだけ読んでもあまり面白くないかもしれませんので、自称「初級」の方も、なるべく「6文型」や「助動詞」のページからお読みください。 また、基礎的とは言っても、 従来の参考書にはない捉え方や、かなり高度な内容も含まれています。 本ホームページが想定している読者• 初級文法だけでなく、同時に 中級文法も学びたい人• フランス語文法の全体像を把握したい人• ほかのところで学んだ 知識を整理したい人、頭をすっきりさせたい人• 読解力・ 構文把握力を着実に身につけたい人• 会話は多少できるが、文法が苦手で、勉強したい人• 仏検を受ける人• 英語の代わりにフランス語で大学受験をする高校生• 大学の 第二外国語で学んだことがあるが、もっと力をつけたい人• 大学院の第二外国語の試験をフランス語で受ける大学生• フランス語の専門書を読む必要のある人• 独習・独学によって本格的な力をつけたい人 本ホームページの特徴 文法のための文法、語学のための語学は目指していません。 最初のうちから細かいことにこだわっていては、全体像は見えなくなってしまいます。 学習者が全体像が把握できるよう、大胆に単純化した場合もあります。 しかし同時に、鍵となる点については、徹底的に詳しく掘り下げたつもりです。 もご覧ください。 (更新履歴はに移動しました).

次の

第7回 なぜフランス語の名詞には性があるの?

フランス語 文法

「初心者だけど、英語と違ってフランス語って勉強しやすいの?」• 「ある程度できるようになったから、就活で使えるレベルまでいきたい!」 の疑問・質問に丁寧に答えていきます! 以下のように初心者・中級者・上級者のレベル別にわけて紹介します• 初心者=はじめての人からフランス語歴1年未満の人• 中級者=フランス語歴1年〜3年(目安:フランス語検定2級、DELFB1)• 上級者=フランス語歴3年以上(目安:フランス語検定準1級、DELFB2以上) 該当するレベルから順に読み進めてもらえたらなと思います。 ではいきましょう! スポンサーリンク• はじめに:フランス語を学ぶメリット フランス語を勉強するメリットはたくさん!特に将来的な 話者人口の爆増に着目です 現在、フランス本土やカナダだけでなく旧植民地だったアフリカの国々 (モロッコ、チュニジア、アルジェリア、ガーナ、ニジェール、コンゴ)の公用語としてフランス語が使用されてます 多くは発展途上国で、人口が増えるにつれて、話者人口も増えると予測されてますね 現在の言語別の話者人口は第10位ですが、2050年にスペイン語に続いて 第4位に入るほどの話者人口です コミュニケーション可能な母数が圧倒的に増えるので、 「将来的にビジネスをしたい!」って人は有利に働く可能性があるのです!! *フランス語圏の世界地図 出典: また、国際連合 EU)の公用語としてフランス語は大切ですね! フランス語圏のスイスには、国連の本部があり、世界の権力を持つ人たちはフランス語を話す集団かもしれません 国連で働く求人では英語話者が圧倒的に多いのが実態ですが... フランス語をマスターして差別化に成功すれば、国際競争社会で優位に立てる可能性も大きいです 参考: メリットの大きいフランス語ですが、どのように勉強し始めたら良いのか?! 具体的にみていきます スポンサーリンク はじめてのフランス語学習者におすすめ参考書 英語の勉強を始めた時のように、アルファベットと発音を丁寧に覚えます! 以下の『学校行かずにフランス語!』のアルファベットのベージで、マスターできます 参考: ネイティヴのフランス人同様に、紙の上に何度も何度も書いて覚えます フランス語のアルファベットとが発音をマスターしたら、いよいよフランス語の文法の世界に入っていきます 『フラ語入門、わかりやすいにもホドがある! 』 仏検2級対策の時に何回もやっておきたいこの2冊の問題集です この予想問題集は、 過去問分析の頻出範囲で構成されてます コレを完璧に仕上げると、2級で通用する能力をつけることができます 僕自身も繰り返しやって2級を突破しました! 2級レベルは、フランス語圏で生活し、ネイティブと基本的な会話ができる最低限必要なレベルですね 今一度、このような対策問題集のやり方を整理すると... 時間無制限で自力で解く!• ミスした問題をチェック!• その問題の解説を熟読!• その問題の該当分野を参考書で強化!• 次の日にもう一度、解いてみる! で、これを時間制限ありバージョンでもチャレンジできれば、みるみるフランス語力がつきます 実践的なディスカッションや翻訳など、フランス語スペシャリストへのスタート地点なのです! 上級者おすすめ参考書(学習歴3年以上〜) 仏検1級は、社会的評価もとても高くハイレベルな言語運用能力が求められます 実際のニュース・新聞・小説からの出典が多いのが仏検1級の特徴! 参考書よりもフランス最大のニュースメディア 「Le mond」や 「Le Figaro」の生のフランス語コンテンツを毎日読む習慣をつけましょう 新しい単語・熟語はメモを取るようにし、こつこつと積み重ねていくこと! 読解力向上の秘訣です!このニュースのラジオやテレビ放送も見れるのでおすすめです 具体的に1級に向けてどんな参考書・問題集をやればいいのか、具体的に以下のものがおすすめです 『仏検公式ガイドブック1級』 もう一度こうした問題集のやり方をおさらいします• 時間無制限で自力で解く!• ミスした問題をチェック!• その問題の解説を熟読!• その問題の該当分野を参考書で強化!• 次の日にもう一度、解いてみる! のように、解いて復習を繰り返すと確実に仏検1級合格レベルに到達することができます! 以上、僕の経験にもとづいて、フランス語初心者が1級を目指す参考書のルートを紹介しました 外国語学習の肝はなんといっても 貪欲な継続です ましてや1日1時間では甘い! 1日3時間以上をうまく確保し、参考書や、ラジオ、ネット記事で毎日フランス語に触れることが大切ですね フランス語学習の1番大きなメリットは 英語学習者との差別化でしょう 中学、高校では習わないこそ、マスターすることであなたの 希少価値が上がること間違いありません せっかく勉強するならば、習得を目指し、一緒にフランスでワインとチーズを堪能しましょう それでは Bon Courage!! 発音・アクセント• 同じ意味の文章選択• 語形変化• 基礎文法• 日常会話• 資料読解• 長文読解• 整序問題.... ですが、例年の英語の平均点が約120点なのに対してもフランス語は平均点が 約160点と馬鹿高くて、英語なら俺TUEEEできる点数です 上記に紹介した通りに勉強すれば、 フランス語検定3級・DELFB2レベルで満点近くとることができます 満点への道を別記事で残したので参照してください 関連: 通訳案内士(フランス語)?! 仏検1級取得後の裏ステージに、 「通訳案内士」があります フランス語を使って日本とフランス語話者の架け橋となれる職業です 日本の観光スポットや史跡、グルメをフランス人観光客を案内する専門性の高い職業です フランス語能力は当然のこと、日本について幅位広い知識と見解が必要なため、相当な努力を要しますが、通訳案内士になる価値はあります! 訪日インバウンドはどんどん加速し、フランス語話者はまだまだ少ないので、これからも需要は増してくるからですね 「通訳案内士」になるには日本史・日本地理・一般常識の試験をクリアしなければですが、その勉強法については以下を参考にしてくださいね 関連: *フランス語学習について、適宜更新致します。 質問も受け付けております。 makoto-endo.

次の