渡部篤郎 ケイゾク 来いよ。 注目の情報: 渡部篤郎

渡部篤郎

渡部篤郎 ケイゾク 来いよ

渡部さんを見つけると、「渡部やん! お前よう出てきたな!」と驚きの声をあげます。 「番宣か? お前こんなん出てくるわけないもん」と、本人を目の前にしてまだ信じられない様子の浜田さん。 渡部さんは、過去に番宣で何度か浜田さんにお世話になったことに恩義を感じ、今回の出演を決めたのだそう。 渡部さんが、「初めてなんで、番宣絡みじゃないので出させてもらうの」とコメント。 すると浜田さんが、「そうやんな! 見たことないもん、ビックリした!」と、しばらくたっても驚きを隠せない様子でした。 ドラマや映画の番宣以外はバラエティ出演はしないという渡部さん。 渡部さんは、「暇なんですよ基本。 何もしてない時とかは4か月とか休み平気でありますから。 ここんとこも(仕事が)入ってないですから、毎日子供の送り迎えと昼間はちょっと奥さんとご飯食べに行って」と、意外な私生活を語りました。 「怒鳴ったりとかは今でもしてる」渡部の驚きの"癖"に浜田も驚き「チンピラや」 番組が用意した車・アウディに乗り、渡部さんが運転を担当。 車に乗りリラックスした様子の浜田さんが、「昔、夜に六本木で会ったよな。 エレベーター開いたらお前がグラサン(頭に)乗せて、う~わチンピラや~って思って」と過去に渡部さんと出会った話を持ち出します。 「あんな大人数でエレベーターから出てきて、柄悪いからまずいな~と思って」と渡部さんも浜田さんを警戒していたと告白。 そして浜田さんが、「若い時はややこしい人やったんですか? 撮影の現場でピリピリさせてたとか」と質問すると、「向こうが勝手にイメージでね。 僕は変わってないつもりですけど、多少はあったんじゃないですか生意気な所も」と渡部さんが回答。 「『ケイゾク』(TBS系/1999年)の時はどうなの?」と浜田さんが聞くと、渡部さんが、「楽しくやってましたよ。 怒鳴ったりとかは今でもしてると思うんです。 『何やってるんだ!』とかは癖のように言ってるんじゃないかな」と回答しました。 渡部さんが今でも現場で怒鳴っていると知った浜田さんが、「癖?」と言って大笑いしていました。 山本の渡部モノマネは似ていない? 話は、渡部さんのモノマネをしている山本高広さんの話題に。 浜田さんが、「実際に見たことあるやろ?」と聞くと、「もちろん。 たまたま会ったんですよ、俺のモノマネしてる奴だと思って。 ちゃんとご挨拶してくれて」と、山本さんとすでに対面していたと答える渡部さん。 続いて浜田さんが、「自分ではどう思ってんの? 似てるの?」と質問すると、「似てないと思ってます」と、渡部さんが笑いながら回答しました。 ですが浜田さんは、山本さんのモノマネは似ていると絶賛。 しかし、「『来いよ!』ってあれ何なんやろ?」と、山本さんが渡部さんのモノマネの際に言う「来いよ!」というフレーズに疑問を持ち出す浜田さん。 すると渡部さんが、「言ったことないっすね。 一回も、あれも山本が作ったんです」と、「来いよ!」はドラマでも映画でもないセリフだと断言していました。 番宣もないのに出てる!! 」など、渡部さんの出演に驚きの声が上がっていました。 浜田さんと、リラックスしてプライベートの事まで話す渡部さんの姿は、とても貴重だったのではないでしょうか。 来週は後半が放送されるので、こちらも楽しみですね。 (文:ししまる).

次の

渡部篤郎

渡部篤郎 ケイゾク 来いよ

渡部篤郎がものマネされたことに腹を立てて『来いよ』と圧力をかけたという謎の噂が流れていると耳にしました。 また彼のものマネをする山本高広と確執があるという話も。 そこで、今回は渡部篤郎がものマネされ『来いよ』と圧力をかけたという謎の噂や山本高広との確執について触れていきます。 渡部篤郎がものマネされ『来いよ』と圧力かけたのは本当? ドラマ『ケイゾク』や『ストーカー 逃げきれぬ愛』など謎めいた役などを演じることも多く、どことなくクールなイメージが強い俳優:渡部篤郎さんがものマネされたことに腹を立てて『来いよ』と圧力をかけたという謎の噂が流れていると耳にしました。 代わりの情報として、ものマネタレントとして一時期大ブレイクされた山本高広さんが渡部さん本人の前で『来いよ』とものマネされたことがあったらしく、なぜか渡部さんは大ウケ。 完全なる山本さんの創作ネタであると知ると渡部さんは感心されていたとか。 結局、『来いよ』と言うのは渡部さんではなく、山本さんがネタとして使っていたフレーズで、渡部さんはこのものマネに対して怒るどころか大ウケで完全にものマネを容認されていたみたいですね。 噂は全くのデマであることが改めてよく分かりました。 渡部篤郎と山本高広が確執? 渡部篤郎さんが山本高広と確執があり、原因は山本さんが渡部さんのものマネをされたことに腹を立てたことと噂されていると耳にしましたが、これも完全なるデマでした。 まぁネットの噂話以上に信ぴょう性の無い風の噂でしたから、そもそも嘘である可能性は高いと思っていたのですが、確かに渡部篤郎さんの関連ワードで『ものマネ』・『来いよ』というワードがあるので、それで何かトラブルが合ったと勘違いしたのかもしれませんね。 先程も話した通り、山本さんのものマネに関して、渡部さんは大ウケであり、彼のものマネを容認しているみたいですよ。 当然確執なんて全く無いようですね。 クロコーチ第3話見どころ 最後に渡部篤郎さんが出演されているドラマ『クロコーチ』第3話の見どころをご紹介します。 警戒態勢で佐渡の別荘を見つめる中、黒河内の元へ清家(役:剛力彩芽)が一人で説得に向かった。 別荘の中に入った清家に、佐渡に始末されるのを恐れて裏取引を持ちかけ立てこもりしていることを話し始める黒河内。 一方、他の捜査員たちと共に、別荘立てこもりを見つめる元鑑識班で監察官の薬師寺(役:大地康雄)は、昔の部下たちに五島(役:東幹久)と嶋(役:金子賢)の遺体発見現場から黒河内が2人を殺したという証拠をさらに調べさせていたのだが・・・ 果たしてクロコーチが持ちかけた裏取引とはなにか?またクロコーチが五島と嶋を殺害した証拠は見つかるのか。 放送は、10月25日(金)夜10:00TBS系列にて放送。 少しずつ明らかになる不可解な謎の真相が気になる方は、ぜひ放送をご覧下さいね。

次の

渡部篤郎 Twitter まとめ その2 ドラマ 妻 フランス 年齢 ドラマ最新 かっこいい ケイゾク cm 来いよ 身長

渡部篤郎 ケイゾク 来いよ

意味が良く分からなかった点は深く考えず、ただ飲み込みましょう。 どうあがいても映像史に残るタイトルなのです。 面白い作品、なのです。 シリーズ前半は現代的なミステリーサスペンス刑事ドラマなのに後半は超能力や死者が出現してくるファンタジー。 当時の視聴者たちは「主人公たちは幻覚を見てる」とか「精神世界を映像に描いてる」とか、各々が納得できる解釈をしたものです。 Specに続くのだとして見れば、なるほどこのケイゾクシリーズのラスボスはスペックホルダーなのね、それでこの10年後に出世した柴田が対スペックホルダーのためにミショウをつくり、野々村を据え置いたのね。 と解釈できますが、ケイゾクしかなかった当時は現実世界設定なのか超常現象がある世界という設定だったのか明確に答えはでてません。 90年代中頃~2000年前後の映像作品は視聴者に説明なく進み、それを理解していくのが面白い、という手法が受けた時代でもありました。 面白い場所も作っておくから、のめりこみたいなら付いて来い、って感じです。 自分好みではない、思ってたのと違う、ハリウッド映画的な分かりやすいエンターテイメント性ではなかった…からって悪い評価はいけません。 堤作品定番の登場人物たちのやり取り、随所にちりばめられたネタはこの後のトリックシリーズで完成したと思います。 その直前のまだ実験的な演出を楽しみましょう。 堤作品を初めて見る感覚で見れば新しいことずくめの作品です。 ストーリーはこうゆうものです。 飲み込みましょう。 ええ、多くのレビューにあるように映像・音質共に良くないです。 それは年代の差だけではなく、ケイゾクは当時のゴールデンタイムではなく深夜にやってた作品です。 画質音質に予算を割いていなかったように思います。 映像は当時でも全体的に暗め・コントラスト抑え目でした。 音も当時は映像作品の音声にまで徹底したマスタリングなんてしませんでした。 そうゆうもんです。 でも現代では普通な、オープニングにポップス主題歌を流すのではなくクラブミュージック的な玄人好みな曲が流れたり、映像も本編とは関係ないような風景や物・エフェクトがかった画像が入れ替わり立ち代り流れるだけ…それだけでもカッコよく、斬新でした。 Specシリーズの長尺すぎる序章、Speaは後付けであくまで別作品、お好きな解釈でいいじゃないですか。 『ケイゾク』の全てを改めて観る事ができて感激でした。 やっぱり面白かった。 後の『TRICK』『SPEC』に繋がるコメディ要素やシリアス要素が、 たっぷりと詰まっていたと思います。 ストーリーが御都合主義で纏まってるのはファンサービスだと思っています。 (少なくとも『SPEC』よりは救われる話でしょ?) 当時は後半イミフで脳が追い付きませんでしたが、 続きである『SPEC』が出てから見ると、色々と納得。 超能力の有無という根本的な視点が違うと、 見え方も違うんだなーと実感しました。 幻覚とか妄想とかで当時は片付けてた気がする。 あれ朝倉のSPECだね。 他レビュワー皆さんも書かれている 「セリフの音量が小さすぎて効果音が大きすぎる」 というのは、邦画における不治の病だと思っています。 効果音大きけりゃ良いと思ってるのか、劇場で大音量で流す事しか考えてないのか。 マジで字幕付けろレベル。 映画を家で観るというケースが増えた昨今は、 ようやくボリュームがノーマライズされてきたかなと思っています。 音量の上げ下げは面倒でしたが、そこも古い作品ならではという事で。 久々に観られて良かった。 難解な部分が多く評価が分かれるのも無理はない 結論から言うと事件の部分はオマケで後半が監督が描きたかった物と思っています。 というか事件のシナリオ自体結構無理があると思っていて退屈だった。 あと冒頭の壺坂や後半の斑目と木戸関係が正直描写不足で訳わからん状態で 視聴者は憶測でしか想像するしかない状態。 今作の舞台が厄神島そしてこの島は不可思議なことが起こっていて 黄泉の国ということ、そして後半では死人達が出始めそこにドラマで倒した朝倉が出てきたっていう流れです。 そして不思議なのは朝倉らしき者と朝倉が2人出てくるということ、話が少しズレますが、これは恐らくSPECの映画で最後のシーンで朝倉の語りがありましたがそこに謎の女性の声「行きましょう、朝倉」とありましたが、これに関して"確か"ですが朝倉は2人居るこの女性も朝倉なんだという監督だったか発言した記事を見た覚えがあるのですが、 恐らく朝倉は多重人格者?なのかも知れません。 それとも2人で1人みたいな? 映画の後半で柴田と対峙してる朝倉はどこか哲学者のようにも思える・・・ 真山の方の斑目に取り憑いてる朝倉はドラマで出てきた猟奇的殺人者の方の朝倉っぽいですし・・・ 木戸と斑目に関して、正直分かりません描写不足だと思います。 なんで冒頭で壺坂が斑目に朝倉が取り憑いてると気づいたのか、手榴弾で爆破したのに首だけの壺阪の死体が見つかったのか、そもそもなんで、斑目に取り憑いてるのか ここから意味不明な点と映画後半の流れを大まかに・・・ 映画の前半の終わりでバケツの中から壺阪の死体が見つかり野々村が朝倉の仕業だ!と決めつけ、木戸とどこに向かうか分からない船に乗る予定だったのに何故か野々村が来てない理由が明かされてないということ、そしてそれに乗り合わせた斑目がイチャイチャした後のシーンで、木戸が斑目の告白を振ったため斑目が「手に入らないならこの世に無いほうがいい」と面倒くさい女みたいな発言後木戸を殺した後、島の事件にシーンが切り替わるわけだが、全く意味がわからない乗っ取られてない状態なのか、そうじゃないのか斑目が面倒くせぇ奴になったのかここらへんはもう想像するしかない。 その後、真山の前に死んだ二人が湖で出てきて 黄泉の国を連想させる 木戸が二度斑目を振ったためまた殺され 真山が斑目を銃で射殺後、場面が切り替わり謎の洞窟に階段がある場所 なんかの神話で出てきた場所のように思える。 黄泉の国に関係がある?)でまた斑目が出てきて真山と同時に、 別の場所にいる柴田とその父親が朝倉を銃で射殺して無事解決と思いきや まだ朝倉が生きていて、真山と爆弾を大量に抱えた朝倉? 冒頭のOPに出てきた謎の顔に黒いペンキで顔真っ黒の男。 おそらく朝倉の本体? がぶつかり無事真山が勝利、その事件の終わった後地図から厄神島が消えたという流れ。 うーんこの・・・評価が分かれるのも無理ないなとは思いました。 ただ大筋は理解できる。 最初っからこの厄神島に訪れるように仕向けたのは恐らく朝倉で 何か企んでいたということ。 事件の終わった後地図から厄神島 黄泉の国 が消えたのは朝倉の消滅を意味してるのか? SPECの映画での朝倉とは何なのか監督が発言した内容で、「朝倉はセカイや卑弥呼より上の存在」とされており、恐らく文字通り島からの名前からして厄神なのか? SPECの映画で語りだけで出演はあったもののSPECの世界で干渉してないですし死んでて霊体化してる状態で 傍観してただけなのか。 未だに謎・・・朝倉の主張で、一つになりたかったんだよ~や愛を連呼してるのは よく分からんので想像にお任せします。 殴り書きになりましたが、正直考察は人それぞれだと思うので、 ケイゾク考察やSPEC考察解説とかでググってください、それありきの内容だと思います。 難解すぎて分からないです。 ケイゾクの映画版です。 この映画は純粋な謎解きと後半は難解なSFものといった趣です。 前半はコミカルな場面やユーモアに溢れる場面も見られますが、中盤あたりから難解というか迷走というか、 割とモヤモヤした演出になっています。 ケイゾクは野口五郎の怪演が主軸だっただけに、当作品には出演しておらず寂しい限りです。 SPECでいえば津田助広みたいな、役回りですね(演出上)。 個人の感想としてはドラマ版よりはクオリティーが高くないというか、アイデアはあるが当時のそれほど高くない映像技術で奮闘している感じは受けます。 当時としてはSPECのようなアイデアもあったのでしょうが、映像化が難しかったのでしょう。 でもここがSPECの原点なのは間違いないところですね。 SPECでもこの映画のセルフパロディーが見られます。 SPECの新作も始まりますので、ドラマ版も映画版も観て予習しましょうね(笑) SPECの新作の挿入歌があのお方の声に似ているんですが、堤さんもそこまで演出がベタじゃないよね(笑) ケイゾクシリーズとしては最後の作品ではあるが、謎解きやトリックが重視されているわけではなくギャグや超常現象に重きをおいているので好き嫌いが分かれると思う。 謎解きとしてはかなり雑で方向を狂わせて誘導なんてものは、島の地形も太陽の向きも夜の星空も場所が違えば全部違うのだから誰も気づかない疑わないわけがない。 特に柴田のような切れ者がいる、方向音痴ではない真山がいるなら尚更であるが、そこをトリックの種のマストにしてしまっているので全体としてのクオリティが甘いものになっている。 後半になると出てくる朝倉との決着や死者との対面は完全に超常現象や精神世界的なお話になっている。 当時はエヴァンゲリオンなどこういう精神世界で云々というのが流行りだったのもあるので、オチがリアルさを求めた視聴者には納得のいかないものだった。 しかし、ケイゾク同世界観のドラマのSPECを視聴すると、ああ技術的に無理だったけどこういうことをやりたかったのね…超常現象や意味不明な超能力はスペックホルダーなのかと言うのがわかるだろう。

次の