コロナ禍ってなんて読むの。 コロナ禍はなんて読む?いまさら聞けない読み方はわざわい?本当の意味と使い方を解説します!

コロナ禍 って? どう読むの?どんな意味?なんでみんな使ってるの?

コロナ禍ってなんて読むの

そもそも、コロナ禍って、どう読むの? 〇〇禍ってどんな意味? いったい誰が使い始めて、なんでこんなに広まったの? 気になると眠れなくなる私は、コロナ禍について、 調べてみることにしました。 〇〇禍って?読み方は?意味は? 最近どのニュースをみても、「コロナ禍」の文字を見かけます。 先日会社で、ニュース記事を紹介した際、「・・・ということで、コロナ・・うず?・・なべ?・・か??・・・ えー、コロナウイルスの影響下では…」と言葉を濁してしまいました。 これ、みんな普通に使っているけど、メジャーな日本語なんだろうか、、、 まったくなじみのない私が1から調べてみました。 まず、この字「禍」 「禍」 音読み「カ」 訓読み「わざわい」「まが」 意味 思いがけない災難 前々から使われているかのように、普通にニュース記事などにでてくることになんとなく違和感がありました。 メジャーな言葉だとしたら、まだまだ私の経験不足ですね、、。 「〇〇禍」の使用例 「戦禍」 : せんか。 これは、聞き覚えのある「禍」でした。 戦禍を被った、、などのフレーズは確かに聞きますね…。 意味は戦争による被害。 「舌禍」 : ぜっか。 自分の言論により受ける災い。 他人の中傷や悪口などで受ける災い。 「災禍」 : さいか。 天災や事故によって受けるわざわい。 うーん、やはりあまりなじみがない … 「禍根」 : かこん。 禍根を残すなど… この言い方はよく聞きますね。 ここまで調べると、意味は分かりました。 「コロナ」による「災難」ということですね! いつから使いはじめたの? 過去の新聞や、辞書などを調べて分かりましたが、実は、「病気+禍」という言葉はずっと前からあるようです。 古くは「水俣病禍」という見出しも確認でき、 MARSの際の報道にも「 MARS禍」の文字が確認できます。 今回の「コロナ禍」は1月から2月にかけての新聞や、 SNS上で単語が確認できることから、かなり初期の段階から使われていた言葉だということがわかります。 さすがに、だれがいつ初めて使ったかはわかりませんでした…。 なんでみんなが使っているの? はっきりいってなじみがなく、字も間違いやすい「禍」。 なのにも関わらず、ここまで浸透し、みんなが使用している理由は何だろう…それは、 この状況を表現できるだけの、幅広いニュアンスを含み、1文字で書ける、とても便利な文字だということが言えます。 ちなみに下記の文章を、このフレーズを使わないで、記載しようとすると… 「 コロナ禍で、25日のイベントは中止となります。 」 少しオーバーに書きましたが、文字数にして、46文字必要な情報を、22文字で表現できることになります。 つまり、一文字で ・ウイルスの影響があること ・本来は実施をしたいという意図 ・主語をコロナウイルスに変換できる を伝えられることになります! 確かにこれは便利ですね! しかも、本来は、主催者や発表者の意思として伝えなければいけないことを、柔らかく伝えられ、本来は肯定的であるが、やむを得ないというニュアンスも 伝えることができます。 うーん、素晴らしい! 文字数を減らせることは、 SNSやネット情報で伝える中で、もっとも重要であったと考えられます。 こんな便利な言葉なら使わない手はないですよね。 今回のコロナ騒動は、プラスの面でも、マイナスの面でも、ネットの世界での情報拡散が大きく影響した事態と思います。 情報拡散の中において、文字の選び方もとても重要であることが、今回の「コロナ禍」の文字からも読み取ることができると思います。 今年の流行語? でも、マイナス面を伝えやすい言葉であることはわかったものの、 なぜコロナ禍だけ、こんなに広がったのだろう… 台風禍でも、地震禍でも、人禍でも…これまでも広がる機会のあるものは多数… と思い、それぞれのワードを調べてみたら… こんな説明もありました。 「災」:自然発生的で回避できないわざわい。 「禍」:人為的原因を含むわざわい。 これも含んで考えてしまうと、今回の一連のわざわいを、人災と考える人の造語なのか、、と、なんだか考えてしましました…。 ただ、「台風禍」「地震禍」、そもそも「災禍」という言葉もあるので、上記のことは、私の考えすぎであってほしいと思います。 今年の流行語も遠からずかも…。 まとめ これまであまり聞かなかったことからも、決してよいことで使われる言葉ではないですし、できることならば、今後もなじみのない言葉であってほしいと改めて実感しました。 ウイルスの動きが収まり、老若男女が安心して外出できる日が早くくることを祈ります。 最後まで読んでいただき、ありがとうございます!.

次の

『コロナ禍』なんて読む?読み方は?意味は何?|エンタメ ニッポン

コロナ禍ってなんて読むの

こんにちはひでまるです。 最近ニュースや新聞などで「コロナ禍」って言葉を見かけませんか? 私も筋トレサラリーマンとして毎朝日経新聞を欠かさず読んで情報収集しています。 そこで最近頻繁に目にするのが 「コロナ禍」。 「ん?ころなうず?禍々しい(まがまがしい)って読むやつだよな。 じゃあコロナまがかな?いやなんか変だな、、」なんていつも思っていました。 漢字には少し自信があったので、なんとなく「コロナうず」か「コロナまが」って事で納得しました。 しかし、なんか違う感が拭いきれず、痺れを切らしてググったら 意外な読み方でした。 この記事ではそんな「コロナ禍」の意外な読み方と、この言葉の意味を解説していきたいと思います。 Contents• そもそも「コロナ禍」ってどういう意味? 実際、コロナ禍というワードを見ても意味がさっぱり浮かんでこないですよね。 なんか良いことでは無さそうってことくらいです。 コロナ禍の意味を深追いすると、漢字の由来など細かいとこまで調べる必要がありそうなので、簡単に意味をご紹介します。 コロナ禍の意味とは コロナ禍の意味とは 「コロナウイルスによる不幸や災難」のことです。 誰が言い始めたのか私には分かりませんが、今回のコロナウイルスで日本のみならず世界で様々な災難が起きている中で生まれた言葉だと思います。 ニュースの見出しで例えると 『コロナ禍はいつ収まるのか』のようなタイトルがつけられてることがあります。 ですので、 『コロナによってもたらされた禍(わざわい)はいつ収まるのか』という解釈で良いと思います。 一応、禍(わざわい)という言葉にも後ほど触れるので気になった方は確認しておいて下さい。 あなたのコロナ禍の読み方は間違っているかも なんとなく自分のコロナ禍の読み方に不安を持って記事を読んでいる方が多いと思います。 この記事ではありがちなコロナ禍の間違った読み方を紹介していきます。 【よくあるコロナ禍の間違い1】渦(うず)と読んでいる コロナ渦(うず)と読んでしまってる方が多いかと思います。 たまにネットの記事やニュースなどでも「コロナ渦」と見出しで書いてるのを見かけるので、仕方ないかもしれませんね。 「コロナウイルスの渦中」なんていうこともあるかと思うので、意味的にも言葉的にも間違った表現では無さそうですね。 しかし、コロナ禍と書いてある時にはコロナ渦と間違えてしまわないように注意しましょう。 【よくあるコロナ禍の間違い2】禍(まが)と読んでいる コロナ禍(まが)と読んでしまっている場合もありますね。 禍ときたら「禍々しい(まがまがしい)」のイメージが強いですもんね。 私自身も結局読めなくて検索にかける時に、コロナと打った後に『禍々しい』と打ち込んで『々しい』をわざわざ消して検索しました。 【よくあるコロナ禍の間違い3】禍(わざわい)と読んでいる コロナ禍(わざわい)と読んでしまってる場合もあるかと思います。 禍と書いてあって、「わざわい」と読めるなら逆に物知りな気がします。 しかし、記事の見出しに使われるなのなわ、「コロナわざわい」ではなんだか読みにくいですよね。 気になるコロナ禍の読み方 画像の通り、 「コロナ禍」とは「コロナか」と読みます。 先ほども少し触れましたが、「 コロナうず」や「 コロナまが」、「 コロナわざわい」と読んでいる方が多かったのではないでしょうか? 最近よく見かける「コロナ禍」の読み方は「 コロナか」なのでしっかり覚えて間違えて読まないように注意しましょう。 コロナ禍の禍(か)とは コロナ禍で使われている『禍』という漢字について簡単に解説していきます。 [音読み]カ [訓読み]わざわい、まが [意味]思いがけない災難のこと コロナ禍の読み方や意味のまとめ 簡単に解説してきましたが、私的には「コロナか」が正しい読み方と言われてもなんかしっくりきてないです。 なんかもっとしっくりくるやつを誰かが考えてくれたら新聞読むときも違和感なく読めるのになと思っています。 しかしながら、話題になっている言葉なので、読み方や意味くらいはサラリーマンとして知っておかなくてはなりませんね。 この記事で参考になれば幸いですが、言葉の由来やより詳しい意味を知りたい方は他のサイトも見てみて下さい。 この記事を最後まで読んでくださった方へ。 私の友人は自信満々に「コロナまが」と言っていました。 (この時点では私も「コロナまが」だと思ってました。 ) 正しい読み方を知った今は、なんだかかわいそうに思えてきます。 コロナ禍を間違えて読んでしまっている方が周りにいれば優しく教えてあげて下さいね。

次の

『コロナ禍』!?って何て読む?意味は?

コロナ禍ってなんて読むの

世界的なパンデミックを引き起こした 新型コロナウイルスの感染拡大。 日本でも多くの人々が影響を受け、今までの生活が一変するような事態となりました。 テレビや新聞、ネットでは「 今日の新型コロナ感染者数」とともに• コロナ禍をどう過ごすか• いつまでコロナ禍は続くのか• コロナ禍を乗り切るために必要なこと などが話題となっています。 そこで気になるのが、「 コロナ禍」という言葉。 最近よく目にするようになりましたが コロナの「渦(うず)」のようにも見えますがよく見ると違う字です。 今回は「コロナ禍」とは、 そもそもどのような意味を持つ言葉なのでしょうか。 正しい読み方を含め、誰がなぜつくったのかをわかりやすく解説します。 「コロナ禍」は何て読む?読み方に反響、知らなかったという声も テレビなどの報道で、• 新型コロナの感染状況• 今日の感染者数 を伝えるようになってから数カ月がたちました。 「 コロナ禍」という言葉は、いつの間にか広まって、すでに定着した印象ですが 最初から迷わずに正しく読めたという人はどのくらいいるでしょうか。 よくある読み間違いに• コロナ鍋(なべ)• コロナ渦(うず) などが挙げられますね。 中には「 コロナ蝸(かたつむり)」と読んでいたツワモノも。 何と読むのかわからず、うやむやにしていたという人もいるでしょう。 「コロナ禍」の正しい読み方は.. 「 コロナ禍(か)」です。 なんとなく「禍(か)」と読めてはいたけれど、 意味はさっぱりわからない…という人が多いかもしれません。 いったい「禍」とはどういう意味なのでしょうか。 「禍」の持つ意味とは?知らなかった「禍」の使い方 「禍」とは、• 思いがけない災難や災い• 不幸を引き起こす原因 など、 よくないことを表す言葉です。 古事記にも〈 禍を訓みて摩賀 マガ と云ふ〉とあるように 「禍」は古くからさまざまな時代で、 災難を表す際に使われてきた言葉でした。 たとえば、• 戦争による被害を表す言葉…「戦禍」• 水による災難…「水禍」• 他人への中傷や悪口によって受ける災い…「舌禍」 となります。 過去の伝染病で、 複数回のパンデミックを起こしたとされるペストは「 ペスト禍」。 新型コロナで使用する場合は「 コロナ禍」になりますね。 最近とくに、テレビやネット、新聞で目にする機会が増えた 「コロナ禍」という言葉は、いったい誰がなぜ使い始めたのでしょうか。 「コロナ禍」と言い始めたのは誰?いつから使い始めたか 新型コロナの感染者数が世界中で拡大するとともに、 この 災いともいえる状況を表すキーワードのような言葉が、 メディアの中でも必要になってきました。 テレビやネット、新聞で多く使用される「コロナ禍」とは、 誰がいつ言い出し始めたのか、時系列で振り返ってみましょう。 最初に新型コロナによる感染者が発表されたのは1月 中国で謎の肺炎が流行していること、また、中国から帰国した日本人に、 同じような肺炎の症状が見られることが判明しました。 しかし、 まだこの時点では、思いがけない災難や災いを意味する 「コロナ禍」という言葉はメディアで使われていないようです。 次に新型コロナが大きく報道されたのは2月 ダイヤモンド・プリンセス号という豪華客船での感染です。 乗員乗客が船内で2週間待機し検疫などを行いましたが、 同月には 大阪のライブハウスなど、地上での感染者が確認されています。 「コロナ禍」という言葉、実はこの 2月時点から増え始めました。 「日経テレコン」という国内最大級の記事データベースで確認すると、 最初に「コロナ禍」を扱った媒体は 2020年2月1日の毎日新聞となるそうです。 ただし、毎日新聞で使われたのは 「 ついに世界保健機関(WHO)から緊急事態宣言が出た 新型コロナウイルス禍である」 という文言。 つまり「コロナ禍」よりも長い「 新型コロナウイルス禍」という言葉になっていますね。 2月12日には日本人投資家に向けた中国株などを取り扱う 「 亜州IR中国株ニュース」で「コロナ禍」という言葉が登場。 この時点で初めて、現在よく目にする「コロナ禍」という言葉がつくられたようです。 その後、スポーツ紙で「コロナ禍」を使い始めたことから一気に全国へ広がり、 テレビのニュースでも連日見られるようになりました。 日本において、緊急事態宣言が最初に発令されたのが4月7日だったことを考えると、 早い段階で新型コロナウイルスを「 思いがけない災難や災い、不幸を引き起こす原因」 と捉えていたことになります。 新型コロナウイルス禍• コロナ禍 という言葉は、まさに「 世界中が今、危機的状態に陥った」ということを、 国民に知らせるためにつくられた言葉だといえるでしょう。 コロナ禍とは?そもそも読み方は?誰がなぜつくった言葉なのか考察 おわりに 新型コロナの感染拡大で、海外や国内における感染者数が連日報道される昨今。 「 コロナ禍でどう生きるか」などのニュースを見て 「 コロナ禍って何て読むのだろう」と気になっていた人も 多いのではないでしょうか。 2月初めには、 新型コロナによる災いを表す「コロナ禍(か)」が始まったと、 伝えられていました。 いつまでコロナ禍が続くのか、現状はまったく不透明な状況ですが、 なんとかこの災いを終息させ、私たちが「新しい時代」を迎えられるよう 願わずにはいられません。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の