プロポーズ大作戦 5話。 プロポーズ大作戦 動画【Youtubeドラマ無料動画】

ドラマ|プロポーズ大作戦の動画を全話無料で見れる動画配信まとめ

プロポーズ大作戦 5話

番組の公開収録が行われたABCホール (写真は2008年のもの) ジャンル 演出 月村潔 小森成樹 出演者 ほか オープニング 『プロポーズ大作戦メインテーマ』 『』 製作 製作総指揮 馬場淑郎 プロデューサー 制作 放送 音声形式 放送国・地域 1973年4月から同年12月まで 放送期間 - 同年 放送時間 毎週月曜 23:30 - 24:00 放送分 30分 1974年1月から1975年11月まで 放送期間 - 放送時間 毎週土曜 23:15 - 24:00 放送分 45分 1975年12月から1985年3月まで 放送期間 - 放送時間 毎週火曜 22:00 - 22:54 放送分 54分 特記事項: 番組開始から1975年11月までは(ネットされた地域あり)。 1975年12月から最終回まで。 『 プロポーズ大作戦』(プロポーズだいさくせん)は、からまでで放映された公開である。 メイン司会を・が務めた。 番組概要 [ ] スタート当初はの深夜番組(30分枠)だったが、一部のや関東のにネットされていた。 この当時ABCはTBS系列だったが、TBSでの放送はなかった (TBSが余りにも関西の色が強すぎると同局での放送及び化に難色を示したという)。 の作曲による番組テーマ音楽も視聴者に長年親しまれた。 ABCホールでの公開収録だった(年に数回は地方での公開収録も行なわれた)。 番組最高視聴率は放送分の36. 1985年3月26日に番組は関西ローカル時代から数えて12年間の歴史に幕を下ろした。 最終回はサヨナラスペシャルと題し、過去の秘蔵映像が流され、エンディングでは、ザ・お葬式と題して、番組で使われていた小道具が特別に作られた専用ボックスに収められ、番組を締めくくった。 司会 [ ]• メイン司会: ・(全期)• サブ司会(「愛のキューピット」役)• 桂きん枝(現・)(ロケ企画・スタジオサブ兼任。 開始〜1979年7月 、1979年10月〜1981年11月・最終回 )• (ロケ企画・スタジオサブ兼任。 1983年10月〜終了まで)• (主にスタジオサブ中心(稀にロケ担当を兼務の場合あり)。 1982年4月〜1984年3月まで )• 斉藤ゆう子(現・)(主にスタジオサブ中心(稀にロケ担当を兼務の場合あり)。 1984年4月〜終了まで ) 主なコーナー [ ] 番組は大きく分けて2部構成であった。 なお、30分番組時代には、以下に述べる「前半」部分のみの番組だったが、45分枠に拡大した際に「後半」部分が付け加えられた。 その「後半企画」で三つ目にできたのが、担当ディレクター小森成樹が命名、企画した「フィーリングカップル5vs5」であった。 さらに1時間に拡大した際に、「中間」部分がそれぞれ付け加えられた。 オープニングではテーマ曲が流れる中、セット上のタイトルロゴを映してタイトルコール後、司会者にしてすかさず観客席にされる。 その後、オープニングクレジット映像が流れる。 その映像は大学のサークルなどロケ先で恋人募集中の複数の女性がメッセージを送るものであったが、末期は観客席を中心とするスタジオを映していた。 前半は、「目当てのお相手」との出会いを求めて番組に応募してくる視聴者の依頼に答えて、スタジオでの「ご対面」を実現させるというコーナーだった。 実際に番組がきっかけで2組が結婚したことが確認されている。 ここでの依頼は、「お相手」が「通勤時にいつもすれ違う」など、どこの誰かが分からないので探して欲しいというものと、「取引先の受付嬢」など、どこの誰かは分かっているが、直接告白するきっかけがないので、番組をきっかけにして気持ちを伝えたいというものに二分された。 また、「お相手」の登場後には、キューピットが、「お相手」のプロフィールの紹介や、見つけ出すに至った経過の報告があった。 さらに、司会者、キューピット、依頼者、「お相手」によるトークの後、依頼者から「お相手」に対する告白タイムが設けられていた。 ただし、「情報が少なすぎる」「相手は判明したが、番組収録日までに連絡が取れなかった」「出演拒否」などの事情により、「お相手」が登場しない場合もあった。 この場合には、カーテンは開かずに横からキューピットが出てきて、「経過の報告」や「出演拒否理由の説明」が行われた。 また、「出演したいが、番組収録日に会場に行けない」などの場合には、キューピットが「お相手」の自宅などを訪問した風景を収録したが流されることもあった。 ちなみに、番組開始から暫くは、「恋の相手」ばかりでなく、「20年前に生き別れた父親に会いたい」などという、純然たる「人探し」の依頼も受けていた。 その場合、事情があって相手がカメラの前に立つことができず、カーテンを開けずにその裏で対面を果たす、ということもあった。 中間部は様々な企画が試みられた。 基本的には歌手がABCホールで歌う前の「フリ」的なコーナーであった。 毎回のゲストに関するコーナーで、ゲストが街でをやり、ゲストに勝った人はカードを引いて出た事を行う「 スターが挑戦! アッチャムイテホイ」や、ゲストが何かやっているVTRを見せ、観客から募った3名がゲストは誰かを解答する「 スターWho's Who」などが行われた。 ゲストの歌の後の「フィーリングカップル5vs5」には歌手も加わり、必ず「歌手からの一問」を出した。 なお稀に、歌手でなくコメディアンがゲストとして登場し、歌抜きで後半へ行くケースも有った。 ある回ではがゲストとして登場したため、きよしは「 なんでオッサンが出てくるんや!? 」と発言した。 後半の「 フィーリングカップル5vs5」と題され、大学生が学校対抗形式で、それぞれ男性チーム・女性チームに分かれて5人ずつ登場し、集団お見合いをさせるというコーナーである。 参加者はお気に入りの相手を第一印象で選んだ上で、それぞれの個性や学校生活などについて自由に話を持つ。 そして最終的に出演者の目前にある大型テーブルを使って判断をし、両想いになるとカップル成立と判断するものであった。 番組初期の頃は紐くじ方式で、カップル成立か否かを判断していた。 番組中期から使用されていた、ある意味番組の象徴とも言える 電光掲示による大型テーブルは、番組終了まで途中リニューアルされながら使われていたが、番組終了後は倉庫に保存される事も無く解体された。 なお、このコーナーは東京・大阪のネットの腸捻転解消後を機に1時間に放送時間が拡大された際に設けられたものであり、カップル不成立ジングルは『』のジングル(通称・ジョーカー坊やBGM)を使用した。 出場者の入場時には番組テーマ曲が流れる中、客席の入口よりチーム名の入ったを持ったエスコート役(当初はやすしとキューピッドだったが、末期になると男性チームは女性スタッフ、女性チームも男性スタッフに変わった)の後から出場者が登場するものであった。 カップル成立・不成立の結果を見るときは、きよしが「 音楽スタート! 」と叫んでから行っていたが、その前に代表者1名の結果を見るのがパターンだった。 」と歌っていた)方式だったが、後に1人ずつラインが出る物と、一斉に放射状にラインが出るのが追加された(なお後者は、途中で意地悪く一旦止めるのがしばしば有った)。 そしてカップルが成立したら、そのカップルにインタビューをした後、「 儀式」と称して男性から女性へのキスとなる。 そのキスの場所は女性が決めるのだが、時によって「 おまかせ」として男性の自由となる時も有った。 これが好評なので、後期からは観客が「おーまかせ!! おーまかせ!! 」と叫ぶ様になった。 電光掲示テーブルの導入については、紐くじ方式を引き続き使用する予定であったものが「 に全国ネットで放送される番組で安っぽいセットを使うわけにはいかない」と考えたスタッフが予算オーバー覚悟で導入したものであり、当時の在阪局制作の番組としては異例といえるセットであったという逸話がある。 また、紐くじでは引っ張った際に紐が絡むアクシデントがあり、判定の見苦しさを解消する目的もあったという。 大学対抗がメインだが、1980年 昭和55年 の年末に放送された内容では、男子は大学生で女子は芸能人選抜チーム 松田聖子、柏原芳恵、河合奈保子、浜田朱里、研ナオコ が出演したことがあった ちなみに、松田聖子が女子チームキャプテン。 それで その時は、松田聖子、柏原芳恵、研ナオコの3人と男子大学生とのカップルが成立している。 女子のタレントチームは年に一回程度放送したが、5番の席は演出上研ナオコ、または和田アキ子であった。 年に1回程、小学生以下の児童による「子供大会」もあり、大学対抗とは違った面白さが大人の視聴者にも好評であった他、子供達に優しく接する横山やすしの姿が見られたりした。 尚、ローカル時代初期のフィーリングカップルでは社会人も出場させたが、数回でやめて、フィーリングカップルといえば大学生というコーナーにした。 数年に1回、パーフェクト達成(全員、つまり5組のカップルが誕生する)があったり、全滅(5組ともカップル不成立。 ボード上は破れたが表示される)もあった。 なおカップルにはそれぞれ自転車が賞品として与えられるが、全滅の時は、2台有る自転車の内1台は観客にその場で抽選して与え、もう1台は視聴者行きとなった。 その時は、必ず葉書に司会者が言う「 合い言葉」を書く事になっていた(「合い言葉」を書かないと無効)。 中期期になると、途中で「体力測定」と称し、チーム全員が様々な体力ゲームを行ったVTRが流された。 映像の保存状況 [ ] 番組が放送された昭和50年代はがまだ規格で高価・操作頻雑だったうえ、の影響、何よりもだったことなどで番組の資料保存が大きく制約されていたことから、放送された番組の映像で、現存しているものは20-30本(回)程度である。 備考 [ ]• 対面のコーナーで、依頼者のどんな曖昧な情報からでも目的の人物を見つけ出す手法が、後の『』に生かされたと言われている。 本番組をネットしなかったTBSだが、テレビ朝日系列へのネットチェンジ後になって同局の人気番組「」の後半コントで本番組をネタにしたことがある(関西地区ではで放送)。 オープニングのクレジットにはきちんと朝日放送の協力が入っていた。 この番組のオープニングクレジット映像のバックに流れたテーマ曲は、が歌う 「ラッキーチャンスを逃がさないで」(サブタイトルは「プロポーズ大作戦のテーマ」)である。 この曲は、4月にキャンディーズが解散してからも、3月に番組が終了するまでの間、オープニングクレジット映像でのテーマ曲として使用された。 なお、この曲はシングル化されていないが(当時は、 アルバム「」(シングルとしてリリースされ大ヒットした同名タイトル曲を含めたアルバム)の12曲目に収録されていた)、その後CD化された複数のベスト・アルバムに収録されている。 司会のきよしは、同局の「」に解答者で出演した際、霊感ゲームの問題できよしに対して 「プロポーズ」が出題された。 同時期に放送していた同局の恋愛バラエティ番組『』とは違うコンセプトで番組制作をしていた。 番組終了後 [ ]• 番組終了から数十年経った今もなお、他のバラエティ番組にてにされることも多く、同じ朝日放送制作の番組「」ではお笑い芸人と女性タレント間での「フィーリングカップル5vs5」を行いBGMも同じ物を流用していた。 キー局の系列の『』のコーナー「ラブマゲドン」でも同じシステムを流用している。 番組終了5年後に『』がスタートした(この番組と『』のスタッフ、常連出演者が参加)。 で2008年7月から9月まで放送されていたドラマ「」の初回では、当番組の映像が使われていたほか、「フィーリングカップル5vs5」のコーナーのマネもしていた。 2009年には、の「」のCMソングとしてこの番組のテーマをリアレンジしたものが使用されている。 2011年9月には、本番組をイメージした「びっくりぱちんこプロポーズ大作戦」()が導入された。 公式サイトやポスターには、「プロポーズ大作戦」が朝日放送の商標である旨が記されている。 2014年には、当番組のテーマ曲「プロポーズ大作戦」がビール「和膳」のCMで使用された。 スタッフ [ ]• 制作: 馬場淑郎• プロデューサー:• ディレクター: 月村潔、小森成樹、• 美術: 高岡慎治、國嶋芳子• 構成: 壇上茂/山口牧生、中川正博、常盤研二、遠藤恵子、、青木一郎、ほか• 音楽:• 制作協力: 、• 制作・著作: 朝日放送 なお、クレジットテロップは番組初期は2代目ロゴ、1981年頃からは3代目ロゴが使用されている。 放映ネット局 [ ]• (制作局)• ローカル時代に移行 )• (TBS系時代番販ネット。 (放送時期不詳・腸捻転ネット時代から放送)• (現:IBC岩手放送)(放送時期不詳)• (1975年10月 - )• (TBS系時代番販ネット。 (TBS系時代番販ネット。 (TBS系時代から放送)• (日曜午前に放送)• (TBS系時代から放送)• (放送時期不詳)• なお腸捻転解消後のNET土曜23時台では、23:00からの海外ドラマ『 』と23:50の『』が放送されていた。 2009年より「キリンフリー」のCMソングとして使用されている。 後述の最終回の放送内にて発表されたものだが、関東地区か関西地区の記録か、若しくはの調べかは不明。 合成麻薬使用疑惑が一部週刊誌に報じられたことによる一時活動自粛に伴う出演見合わせ。 この期間は、、きん枝の実母らが代役として出演。 無免許運転容疑で現行犯逮捕されたことに伴い正式にレギュラーを解任。 その後、がレギュラー入りする1983年秋までの間は、八方、さんまの他、文福、桂小つぶ(現・2代目))、岡田祐治らが週交代できん枝の代役を担当した。 尚、きん枝は翌1982年春頃より再び芸能活動を再開させるも、1983年8月に三たび不祥事(未成年買春容疑で書類送検)を起こし、この一件が決定打となって師匠のから破門を言い渡され、一時芸能界追放に追い込まれた(その後、翌1984年にの口添えにより破門を解かれ、芸能活動を再開している)。 最終回は出演者とスタッフの粋な計らいで当時の衣装を着て番組途中から顔出し出演していた。 尚、きん枝降板~文福加入までの代役のうち、さんまについては正式に2代目の「キューピット役」への就任をスタッフから打診されたものの、担当した際のロケ取材の煩わしさなどを理由に固辞した、と本人のラジオで語っている。 デビュー時より頻繁に同番組にはゲスト歌手として出演しており、司会のやす・きよや番組スタッフとも親しかったこと、またバラエティ番組への出演経験が豊富であったことが決め手となって司会陣の加入が決まった。 この番組がきっかけとなって、後期から構成に参加していた作家のと後に結婚した(後に離婚)。 全国ネット化前は1975年4月-8月の間、金曜9:30-10:00に放送されたこともあり• 1978年8月時点で土曜16:25 - 17:20に放送。 YBSテレビ 基本番組表 1978年8月号参照• この時期まではNST、BSN両局とも番組一本買いだった• ここから、正式にビデオ送りネットとなり、スポンサーもつく様になる• 新潟総合テレビでの約1週間の遅れ分を取り戻すため、開局前のサービス放送開始時よりABC・テレビ朝日と同時ネットになった。 1982年6月時点では土曜0:05 - 1:00(金曜深夜)に放送(『』1982年6月18日付朝刊テレビ欄より。 1980年4月当時の同時ネット時代はABCの同じスポンサーではなく地元スポンサーが混ざって放送した。 月曜・水曜と同様だった。 () 外部リンク [ ]• - の連載記事(2003年5月28日。 チーフプロデューサーの馬場のコメントあり) - ののアーカイブ 制作・系列 22時台 前番組 番組名 次番組.

次の

ドラマ【プロポーズ大作戦】動画を全話無料視聴!pandoraとdailymotionやYouTubeもチェック!

プロポーズ大作戦 5話

この記事では、『プロポーズ大作戦』5話のあらすじやキャスト・感想を含め、動画を無料視聴する方法をご紹介していきます! 『プロポーズ大作戦』(プロポーズだいさくせん、英題:Operation Love)は、フジテレビ系列の「月9」枠で2007年4月16日から6月25日まで、毎週月曜日21:00 — 21:54に放送された日本のテレビドラマ。 主演は山下智久と長澤まさみ。 2008年3月25日にスペシャルドラマが放送。 山下智久と長澤まさみが主演を務めるドラマでパッと頭に浮かんだのは、2005年ごろに放送されたドラゴン桜です。 二人の共演は『ドラゴン桜』以来1年9ヶ月ぶりとなり、ドラゴン桜の時と同じく本作でも「幼馴染」を演じています。 中途半端なエンディングだったことから、視聴者から放送終了後に電話4000件、メール3000件の問い合わせが送られ、その声に応える意味で、2008年3月25日に2時間18分のスペシャル版が放送されたことも話題になりました。 『プロポーズ大作戦』5話のあらすじやキャスト・感想を含め、動画を無料視聴する方法を知りたい方はお見逃しなく! Contents• 『プロポーズ大作戦』あらすじ 大学時代 次に岩瀬健(山下智久)が戻ったのは、大学生時代。 健のアパートに、吉田礼(長澤まさみ)の祖父・太志(夏八木勲)が、サッカーのワールドカップ観戦の流れで泊まっていた。 大工をしている太志は気が若く元気で、引き留める健を振り切って、礼のいる大学を見学に行く。 礼は、祖母にも何も言わず広島から突然上京してきた太志を心配し、帰るように言うが聞く耳をもたない。 しかたなく、多田哲也(藤木直人)の研究室へ連れて行くと、二人は建築の話で意気投合。 太志は 『礼の婿はこいつに決めた』と言い出す。 健は焦るが、相変わらずなかなか行動を起こせない。 太志はとうにそんな健の気持ちに気付いていて 『後悔するなよ』と言い残し帰途につく。 ワールドカップ観戦 その夜、また奥エリ(榮倉奈々)や鶴見尚(濱田岳)らと健のアパートでワールドカップを観ることになる。 健と礼は買い出しに出かけ、カップルのようにスーパーで買い物をして、アパートに戻った二人。 健は、いまこそチャンスと奮い立つが、冷蔵庫に太志お手製の卵焼きとメモを見つけたとき、ふと思い出したことがあった。 太志は、その年の暮れに亡くなったため、以降、礼と会うことなかったのだ。 健は慌てて、礼に太志の後を追いかけるように言い、手を取って走り出す。 『プロポーズ大作戦』メインキャスト 岩瀬 健 演 — 山下智久(小学生時代:北村海斗) 本作の主人公。 普段は「ケン」と呼ばれているが、礼には「ケンゾー」と呼ばれている。 要領が悪く意地っ張りで、お人よしな性格。 礼の事が好きだったが、不甲斐無い上に意地っ張りな自身の性格が災いし礼といつも憎まれ口を叩いてしまい、告白のタイミングを逃し続け、遂には高校時代の教育実習生であった多田に礼を取られてしまう。 そして礼と多田の結婚式で、過去の自分を変えて礼に好きと伝えたいと思い、過去へタイムスリップする。 思い切りのない性格ではあったが、タイムスリップを重ねるごとに徐々に成長していく。 スペシャルで、礼にプロポーズする。 健の幼馴染。 健と同様意地っ張りで、恋には不器用。 ずっと健のことが好きで、中学卒業時に告白を決意し手紙を書くが、渡せずに自分で持っていた(20歳の誕生日に捨ててしまう)。 高校の頃に教育実習生であった多田と出逢い大学生時に告白され、自分へのまっすぐな想いの伝え方に心を打たれ多田との結婚を決意。 小学校の頃に健からもらった消しゴムに「岩瀬健三」と書かれていた(元々は「岩瀬健三年二組」と書かれていたが、健が消しゴムを半分にちぎった際、ちょうど「三」と「年」の間で切れた)ことをキッカケに健のことを「ケンゾー」と呼んでいた。 多田のプロポーズを受けた日から呼ばなくなるが、結婚式を飛び出してからまた呼ぶようになる。 スペシャルで健のプロポーズを受ける。 妖精 演 — 三上博史(特別出演) 健の前に現れた英国紳士風の男性。 指を鳴らす事による時間の停止・再生とスライドに写った写真の時間にタイムスリップさせる事ができる能力を持つ。 タイムスリップさせる度に健の皿の料理をつまんでいく。 告白のタイミングにこだわる健に対し説教じみた話をする。 タイムスリップの方法は、自分の写っている写真(ここでは結婚式披露宴で上映されているスライド写真)に対して「あの頃に戻りたい」と念じるだけ。 隅に小さく写っているだけ、その写真に写っている写真に写っているだけ、ブラインド越し、ガラス越しでも、とにかく自分がどこかに写っていれば可能である。 実際にはその写真を撮る数時間前にタイムスリップする。 その間、現実世界は本人と妖精を除きすべての人・物が停止する。 カメラのフラッシュを浴びれば帰還できる。 帰還先は基本的にはタイムスリップをした瞬間だが、妖精には変更することができる。 多田 哲也 演 — 藤木直人 礼の婚約者であり、現代でまもなく結婚するという人物。 元々は院生の時に彼女らの高校に訪れた教育実習生であり、真面目すぎる性格から生徒たちに不評を買っていたが、健によって誤解が解け、実習最終日に礼ら生徒と打ち解ける。 しかし、次第に礼に惹かれて行き、大学講師と生徒という間柄を超えてプロポーズし、そのまっすぐな想いを認められて結婚が決まる。 奥 エリ 演 — 榮倉奈々 礼の親友で恋多き女の子。 恋愛には積極的で健や礼にも世話を焼いていたが、ツルの猛烈なアプローチには一切耳を傾けようとしない。 しかし、大学時代の健によって過去が変わりツルに告白され付き合うことに。 そしてスペシャルの時、ハワイでツルと結婚するはずだったが日本に帰ってしまったものの健によって過去が変わり最後は無事に結婚した。 『プロポーズ大作戦』ロケ地一覧• 豊島区西部区民事務所• 多摩センター南通り• 日本大通り(神奈川県横浜市中区)• ひばりケ丘球場(埼玉県幸手市)• もう何回見たかな〜 また見よ。 TSUTAYAディスカスでは、今なら 30日間無料トライアルを実施しています。 TSUTAYAディスカスなら、• 入会金・送料・延滞金¥0!• 新作先行配信も多数• DVDレンタルが不要になる• スマホ・PC・ゲーム機・テレビ見放題• ダウンロード再生できる スマホなどでいつでも視聴できる• 家族みんなで使い放題• 画質が最高レベル• また、最近無料で見れるyoutubeやPandora・dailymotionなどの動画サイトを良く目にしますが、完全に 違法です。 どんな物語なのか、私は知らなかったのですがタイムスリップすることができる物語だったんですね。 私は、バックトゥーザフューチャーをはじめ時空を超える物語は大好きなので楽しそうに感じます。 好きな時代に戻って、やりたいことをやる人生もなかなか楽しそうですね。 妖精でもなんでも良いから、私の前にも現れてほしいものです。

次の

プロポーズ大作戦 1話/2話/3話/4話/5話/6話/7話/8話/9話/10話/11話 無料動画 見逃し配信まとめ

プロポーズ大作戦 5話

<FODプレミアムで視聴できるドラマ「プロポーズ大作戦」の見放題動画> 本編ドラマ• 第1話の動画「甲子園行けたら結婚できる!? 第2話の動画「コーヒー牛乳で結婚できる!? 第3話の動画「席がえしたら結婚できますか」• 第4話の動画「第2ボタンで結婚できますか」• 第5話の動画「明日やろうは馬鹿野郎ですか」• 第6話の動画「10代最終日何を卒業しますか」• 第7話の動画「恋と花火はいつ散りますか? 第8話の動画「年越しに流す涙は本物ですか」• 第9話の動画「最後の一瞬に何を賭けますか」• 第10話の動画「ラスト・ハレルヤチャンス」• 第11話(最終話)の動画「涙の告白は奇跡を呼びますか」 2時間スペシャルドラマ• プロポーズ大作戦スペシャルの動画「14年越しの恋に永遠を誓う瞬間は訪れますか? 」 「プロポーズ大作戦」の全動画を見放題で視聴する方法 「プロポーズ大作戦」の全動画を見放題で視聴するには、FODプレミアムへの会員登録が必要です。 会員登録は、PCやスマホなどから簡単に行えます。 FODプレミアムへの会員登録が完了すると、ドラマ「プロポーズ大作戦」の1話から11話(最終回)までの全動画、そして2時間スペシャルとして放送された「プロポーズ大作戦スペシャル」の動画も見放題動画として視聴することができます。 FODプレミアムでは、Amazonアカウントを利用して会員登録をすると、登録後2週間は無料で視聴できるお試し登録が可能です。 FODプレミアムの2週間無料お試し登録について詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧ください。 ドラマ「プロポーズ大作戦」の作品概要 「プロポーズ大作戦」は、大好きな女性に想いを告げられぬまま彼女の結婚式に出る羽目になってしまった男が、過去をもう一度やり直すチャンスをもらったことで、他の男性に奪われてしまった彼女を取り戻すべく奮闘するラブコメディーです。 山下智久が演じるのは、意地っ張りで恋に不器用な男、岩瀬健。 一方長澤まさみは、体育会気質で快活で明るく、負けん気の強い女の子で、健の幼なじみの吉田礼を演じます。 二人は、会えば憎まれ口を言い合ってけんかになることもしばしば・・・だったが、その実お互いを理解し合っているとても相性の良い間柄。 しかし二人とも恋愛には奥手で、どうしても照れが入ってしまい、幼なじみという関係から抜け出せず・・・。 ふがいない自分の人生を6年前からやり直すこととなった健は、礼との関係を変えて、新郎の席に座ることができるのか?! そんなハラハラドキドキとともに、高校・大学・社会人という7年間に、健と礼に何が起こったのか、その過去が明らかになり、バカバカしくも、ほろ苦く切ない二人の恋物語がリプレイされていきます。 思春期から社会人になりたての頃までに誰しも経験する恋や友情、仕事、結婚などに対する迷いや葛藤をときにせつなく、ときにユーモラスに描く「プロポーズ大作戦」は、失ってしまった恋だけでなく、情けなかった青春をやり直したいと思ったことのある、あらゆる人のための「人生の応援歌」なのです! ドラマ「プロポーズ大作戦」の作品データ&スタッフ• 脚本:金子茂樹• 音楽:吉川慶• ドラマ「プロポーズ大作戦」の主題歌• 桑田佳祐「明日晴れるかな」.

次の