藤原紀香 バーニング。 【枕営業?】藤原紀香の黒い噂【ヤクザの愛人?】

『芸能界のドン』はバーニング周防郁雄社長?ヤクザの噂や所属芸能人まとめ

藤原紀香 バーニング

略歴 [ ]• 、・進学。 、が毎年公募していた の「セブンティーンレポーター」の一人に選ばれる。 、在学中に、第24回(1992年度)グランプリコンテストに応募しグランプリを受賞。 関西ローカル番組『』の枠内で放送された『』の初代アシスタントに。 1997年12月までの長期出演。 、イメージガールとして活躍。 、の経験から、「人生、いつ終わるか分からないから」と達観して上京。 、J-PHONE(現)のCMをきっかけにブレイク。 CM女王などと言われた。 、香港映画『』に出演。 、3年契約で自身がプロデュースするブランド「」を立ち上げた。 、、お笑い芸人のと2人そろって婚約会見を行った。 当時、世界で一番ユーザーが多かった、を始める。 、、でと挙式(挙式の様子は非公開 )。 、役所にて入籍。 5月、自著である『紀香魂 - ハッピー・スピリット - 』を発売。 により「」だったことが明かされる。 、で披露宴を行った。 、2月、(ダボス会議)のYoung Global Leadersの1人に選出された。 、3月23日、と離婚。 5月、NHK金曜ドラマ『』に主演、突然うつ病となった夫を支える妻を演じる。 10月から12月、日本の医療が抱える現状を描いた日本テレビ系列のドラマ『ギネ〜産婦人科の女たち』に主演する。 、1月7日から29日、にて、ブロードウェイミュージカルの世界的名作『キャバレー』に主演。 歌姫サリー・ボウルズ役。 、の二年連続で「輝く日本レコード大賞」の司会をとともに務める。 、3月11日に初日を迎えるはずだったミュージカル「マルグリット」は、が当日に起こり、順延。 同月17日から28日まで東京、4月6日から10日まで大阪で公演。 その間、毎公演後ロビーに立ち、自身が立ち上げた「スマイルプリーズ紀香基金」にて東日本大震災への義援金を募り、3月30日、自らの寄付と合わせ、スマイルプリーズ第一回目募金として、6300万円を日本赤十字社の近衛社長に直接手渡した。 大阪公演の大千秋楽の2日後の4月12日、東日本大震災の被災地に入り、福島県の赤十字社、宮城県内の避難所や石巻赤十字病院などを訪問し、被災者や医療スタッフを激励した。 その後も被災地への訪問を重ねている。 2013年、京都国立博物館広報特使に就任。 2015年、フルーツ大使に就任。 2016年、俳優のと3月30日に都内の区役所にを提出し、再婚。 人物 [ ] 2級、着物着付け3級の資格を持つ。 は、、、加圧トレーニング、映画鑑賞、、全般(特技も)、アロママッサージ。 「三分前は過去」「一期一会」「NO PAIN NO GAIN」が彼女自身の好きな言葉だという。 経営の父、専業主婦の母と3歳下の弟がいる。 出身の両親が結婚前によく周辺でデートをしており、思い出深い「紀ノ川」の「香り」にちなんで紀香と命名された。 父は生まれであり、引揚げの際に家族を失っている。 小学生時代は、当時男児しか入れなかったチームに特別に入り、3番ファーストだった。 中学・高校時代はで通学。 中学時代はバスケットボール部に所属し、高校時代はに所属していた。 芸名は「親和亭かつお」だった。 海洋動物が大好きで、小学校の頃の夢はイルカショーのお姉さん。 一緒に寝泊りして飼育することに憧れていたという。 ほかにも、高校生のときは世界史が好きで歴史考古学者の助手が夢、歌が好きで小学校のころはピンクレディーになるのが夢だったという。 母親は紀香よりも身長が高く、高校時代には「オリーブ」と呼ばれていた。 その後、ミス和歌山コンテストに出場して最終選考まで残ったが、厳しかった父親に反対されて諦めた。 娘にその望みを託し、「お見合いの箔つけにでもなれば」とミス日本グランプリに紀香に知らせず応募。 その後、通知が来た際、紀香に伝え、最終選考まで残りグランプリを受賞。 が、芸能界入りには両親ともに最初は反対であった。 2006年12月10日の結納時に、あまりにも報道陣が取り巻いていたため、タクシーにうつむいて乗車、報道陣に影武者と書かれ、写真を撮られているが、影武者のつもりはなかった。 実際に母子でのツーショットの写真が掲載されたときには美人であったという高い評価があった。 自著である『藤原主義』によると、芸能界デビュー当初は神戸の実家から新幹線や飛行機で東京などの仕事場に通っていたが、で知人を亡くして「やり残したことを後悔しながら死ぬのは嫌だ。 これからは自分の夢に向かって生きていこう」と決意し、親元から離れて上京することを決意した。 その時、家族会議が行われ、母から「あんたの帰るところはここやで。 ダメやと思ったら自分で引き際を決めて帰ってきなさい」と言われ、上京。 父親は最後まで首を縦に振らなかったとインタビューで答えている。 が、上京の際、父がトラックに荷物を積んで無言で東京まで運んでくれたという。 2013年9月、「」を危惧する発言をブログで行った。 それが縁での機関誌にも寄稿している。 ラジオDJパーソナリティであるとは、同年齢で同じ関西人という繋がりで親交がある。 2006年10月13日には、当時で放送されていた玉川の番組『』にゲスト出演した。 また、の『』で玉川から電話で「今日くる?」と言われ、スタジオがある銀座へ行って番組出演してしまったことがある。 このエピソードは、番組の関連書籍『 3』に記されている。 入浴時、湯船にはたっぷり日本酒を注ぐ。 シャンプーの前にはたっぷりの塩を頭からかぶる。 彼女なりの健康法であるという。 2015年12月6日、自身のブログに弟の誕生日を祝う記事が書かれている。 弟は時代に部に所属していた。 の「女が嫌いな女」ランキングでは、長年に渡って上位入りの常連である。 また、同誌の「嫌いな女優」部門 や「嫌いな夫婦」部門でも上位入りの常連である。 女優業 [ ] 1993年の映画「ビッグタウンふたりの朝」でデビューした。 1999年のテレビドラマ「ナオミ」で初主演を務めた。 女優業では演技力を疑問視する声がマスコミからは上がっており、批判的な記事が掲載されることも少なくない。 また、ヒット作がないことから 、代表作はバスロマンやレオパレスのCMや披露宴と書かれたこともある。 は女優としての藤原を「ナイスバディなだけ」と評している。 国際活動や人道支援への協力 [ ]• 2002年には、韓国の女優とともに日韓国民交流年の際、日韓共催大会の親善大使に起用され、両国の交流に貢献し、青瓦台にも訪問。 内乱後のに赴き、戦災についてのテレビレポートを行ったほか、元々は趣味から身につけた写真技術を駆使して現地での取材を行い、2004年から2005年にはJICA(独立行政法人 )の『ピース・トーク・マラソン』に賛同して、写真展を日本各地で行い、人道支援の寄付募集などのチャリティー活動に努めている。 2006年には、スタッフと共に独立運動の混乱の最中であったへ向かって写真取材を敢行し、当時のラモスホルタ外相(現在は首相)の家にも招かれた。 後にで国家支援を訴える写真展を開催し、その開会式においてスピーチを行った。 アナン事務総長にも面会。 2007年の広報特使になり、2008年1月バングラデシュに赴き、ハリケーン被害を受けた村を取材。 のボノとも親交があり、ボノが来日すると連絡を受け、現在のアフリカや国際貢献に関しての話をする(ボノ作成のサミットへのメッセージビデオにも出演している)。 2009年赤十字広報特使として、ケニアへIHOP事業の視察へ。 乳幼児や、5歳未満で死亡してしまう子どもたちの現状を視察。 NHK特番「SAVE THE FUTURE」で3年連続司会を務め、その取材で、NYにて環境学者レスター・ブラウンと対談。 環境大国スウェーデンや、国土が海に沈んでしまうかもしれないツバル、日本では屋久島へ渡航。 環境問題にも精通している。 2009年8月 STC「OPPAIプロジェクト」に賛同し、プライベートでベトナムへ渡航。 帰国後、母乳育児をしないベトナムの民族の現状、母乳育児の重要性を表参道のAOビルでチャリティ写真展を通して伝える。 2011年5月「JHP学校を作る会」とともにプノンペンへ行き、自身のNPO「スマイルプリーズ藤原紀香世界こども基金」の活動においてカンボジア二校目の学校の完成セレモニーに出席。 カンボジア政府からメダルを贈与される。 2011年7月 自身のプロデュースする番組「地球VOCE」(テレビ東京、テレビ東京系列)で、二度目の東ティモールへ行き、ラモスホルタ大統領と再会。 日本と東ティモールの関係における対談をした。 スポーツに対する造詣 [ ] サッカーに関してはの日韓親善大使以外にも、2002年10月から12月にのユニフォームスポンサー(NORIKA NET)に就任したこともあった。 現在もトレーニングウェアのスポンサーとなっている。 にも精通し、フジテレビで放送の『』の中継の司会を務めていた。 また、2003年から2007年までが独占放映中の2年に1度の『世界柔道選手権大会』の司会も務めていた 2007年は「スペシャルサポーター」として出演。 情報番組『』の初代ビジュアルクイーンだったが、1999年に卒業。 その際、藤原の卒業を祝って、、、などの著名格闘家が一堂に会し、それぞれエキシビションマッチや演武を披露した。 その際アンディ・フグに「あなたがこの番組を卒業しても、あなたは格闘技の歴史の一部です。 いつまでも格闘技を愛し続けてください。 」という言葉を贈られ、たいへん心を打たれたという。 2004年、フジテレビのキャスターを務めた。 所属の「ロイヤルキャンサー」という馬の名付け親でもある。 同馬の馬主は、藤原を支援してくれている代表の井澤健である。 お笑いに対する造詣 [ ] 高校生時代、落語研究会に入り、「親和亭カツオ」の名で落語をし、更にデビュー後、ブレイクする前に関西ローカルの『』の初代アシスタント(1993年10月から1997年12月)を務めたこともあり、その際に司会の島田紳助とトーク中心に絡んでいたことが彼女のお笑いに対する理解や、女優としてコミカルな演技を求められた際の演技力向上に寄与し、プライベートでも深く影響を受けたとされている。 上京を決意した時に紳助から「東京は戦う場所や! 決して甘く考えたらあかん! 」と激励された。 結婚披露宴 [ ] 2007年5月30日、ホテルオークラ神戸にて挙行。 その模様は系にて特番「完全独占中継! おめでとう! 藤原紀香・陣内智則 愛と爆笑と涙の結婚披露宴」として放送。 司会はが務め 、乾杯の音頭に、その後はの歌のプレゼント、からの祝辞、の「乱入」等で盛り上げた。 さらに、陣内がの「」をピアノを弾きながら熱唱した。 はでは24. 2016年の9月には、再婚した片岡との式を挙げた。 同月には、都内で披露宴を行った。 なお、司会は一度目と同じく徳光が担当し 、披露宴は報道陣には非公開だったとのこと。 作品 [ ] シングル [ ]• START YOUR LIFEkom「レオパレス」のCMソング 出演 [ ] テレビドラマ [ ]• (1995年、) - 緑山千鶴 役• (1995年、) - マリコ 役• (1997年、フジテレビ) - ヨシカワミチコ 役• (1997年、フジテレビ) - 小野たみえ 役• (1997年、フジテレビ) - 高木エリカ 役• (1998年、フジテレビ) - 星野夏美 役• (1998年、フジテレビ) - 今井佳織 役• (1998年、フジテレビ) - 福永ヒロミ 役• (1998年、TBS) - 青木あやめ 役• (1999年、フジテレビ) - 初主演・藤堂直海 役• (1999年、フジテレビ) - 速水有季子 役• (2000年、TBS) - 主演・鎌倉まどか 役• (2000年、) - 主演・芹沢一夏 役• 「 〜京都・大阪・神戸を結ぶ謎〜」(2000年6月30日、フジテレビ) - 主演・花瀬ちなつ 役• (2001年、TBS) - 主演・原あかり 役• (2001年、フジテレビ) - 主演・桐島ヒカル子 役• (2003年、TBS) - 主演・日高(上原)真喜 役• 「」(2004年、) - 主演・相馬有里 役• 秋の特別編「昨日の君は別の君 明日の私は別の私」(2002年10月3日、フジテレビ) - 主演・山田明子 役• 金曜エンタテイメント特別企画「」(2005年、フジテレビ・) - 主演・吉岡由希子役• (2005年、フジテレビ) - 役• 「」(2006年、日本テレビ) - 主演・沢木由美(アルテイシア) 役• (2005年9月24日、) - 千野秀子 役• 「」(2006年、フジテレビ) - 主演・相田蝶子 役• (2006年、テレビ朝日) - 主演・大泉まりあ 役• 「」(2007年、日本テレビ) - 主演・津山慶子 役• 金曜プレステージ「ひみつな奥さん2 京都・祇園の巻」(2007年、フジテレビ) - 主演・相田蝶子 役• (2007年、テレビ朝日) - 春日井たえ• 金曜プレステージ「ひみつな奥さん3」(2008年、フジテレビ) - 主演・相田蝶子 役• (2009年5月29日 - 6月12日、) - 主演・早川典子 役• (2009年、日本テレビ) - 主演・柊奈智 役• 「」(2010年8月28日 - 10月2日、NHK総合テレビ) - 主演・藍田沙矢子 役• (2013年1月20日 - 2月24日、) - 主演・宮部苑子 役• (2013年10月14日 - 12月23日、フジテレビ) - 内村葵 役• 土曜ドラマ「」(2014年10月4日 - 11月1日、NHK総合テレビ) - 松井楓 役• 「4」(2014年11月14日、フジテレビ) - 来栖真理子 役• 「カシオペアのエンドロール」(2014年12月29日、TBS) - 望月ゆかり 役• 「」(2015年1月2日、) - 稲妻・お竜 役• 「」(2015年7月5日 - 8月23日、) - 主演・浅倉葉月 役• 第1話「女将の意地、涙のにぎり飯」(2017年8月4日、NHK BSプレミアム) - 俵屋お梅 役• (2017年12月21日・28日、) - 主演・内田咲世子 役• 第1話(2019年7月26日、NHK総合テレビ) - 曽根崎ミレイ 役• 「」(2019年12月2日 - 5日、NHK総合) - 池上瑤子 役() 映画 [ ]• (1993年、) - 加代子 役• (1995年、東映) - 山野美奈子 役• (1995年、) - ティミー・リン 役• (1997年、) - パーティードレスの女 役• あやまり屋稼業(1997年) - エリコ 健一郎の元恋人 役• (1997年、) - 来生泪 役• (1999年、東映) - 喜多嶋薫役• (2000年、) - 主演・インターポール 役• (2017年、東宝) - 斎藤静子 役• 癒しのこころみ〜自分を好きになる方法〜(2020年、) - 鈴木カレン 役 舞台 [ ]• OVERSEAS(2003年)• (2009年)• (2010年・2012年) - 主演・サリー・ボウルズ 役• (2011年) - 主演・マルグリット 役• (2015年) - 主演・ネリー・フォーブッシュ 役• シリーズ 第四弾 フルボディミステリー「消えた目撃者と悩ましい遺産」(2017年)• 花盛り四人姉妹〜吉野まほろば物語〜(2018年)• 華の太夫道中(2019年2月)• (2019年9月 - 10月) - 主演・ 役 テレビアニメ [ ]• (2009年6月20日、NHK) - スズメの母 役• 第28話「殺人金魚の事件簿」 - 大阪弁の金魚 役 配信ドラマ [ ]• (2016年6月、) - 相馬妙子 役 ゲーム [ ]• プロジェクト・ミネルヴァ(2002年、) - 主演・アリシア 役• プロジェクト・ミネルヴァ プロフッショナル(2003年、D3 PUBLISHER) - 主演・アリシア 役 吹き替え [ ]• - フィオナ姫 役• シュレック(2001年)• (2007年)• (2010年)• (2003年) - ナタリー・クック() 役• (2016年) - チー・ジア 役 バラエティ [ ]• () - 初代アシスタント• (フジテレビ)• (関西テレビ)• ゲスト - ()(2006年8月20日)• ゲスト - ()、()(2007年1月2日)• 完全独占中継! おめでとう! 藤原紀香・陣内智則 愛と爆笑と涙の結婚披露宴(2007年5月30日、日本テレビ)• 第2期(2015年、TBS) - MC(WASABIコマンダー) 情報番組 [ ]• (2011年度、) - ナビゲーター• (2013年6月 - 8月11日、) - 司会• 趣味どきっ!「きょうから発酵ライフ〜体の真ん中から健・幸・美〜」(2016年4月・5月期、) 音楽番組 [ ]• 音楽ニュース・HO(1995年 - 1996年、テレビ朝日)• (読売テレビ) - 司会(1998年 - 2008年)• (1998年 - 2004年、日本テレビ) - MC• (2008年、日本テレビ) - 司会• (TBS) - 司会(2009年 - 2011年)• () - 司会(2012年) スポーツ番組 [ ]• (フジテレビ) - MC• (フジテレビ) - MC、初代格闘ビジュアルクイーン• 中継(フジテレビ) - メインキャスター ドキュメンタリー [ ]• 明日のために…今(2008年3月3日、TBS) - ナビゲーター• NHK環境特別番組「」(2008年6月6日 - 8日、2009年6月6日 - 6月8日、2009年6月20日・21日、2010年10月11日、NHK総合テレビ) - メインパーソナリティ• - スズメの母• 地球VOCE(2010年 - 、テレビ東京) - 司会• 伝説の美女・楊貴妃(2010年11月14日、BS朝日) - ナビゲーター• パナソニックプレゼンツ スペシャル() - 日本語版ナレーション(全9作品)• 藤原紀香と辿る〜赤十字とソルフェリーノの戦い(2012年、) - ナビゲーター• 藤原紀香の"人生を変える旅"南米アマゾン源流を行く 母なる大河と古代文明に挑む(2013年2月9日、BS朝日) - ナビゲーター• (2013年10月11日、NHK)• の「グリーン・ポルノ」(2015年11月、WOWOW) - イザベラの声 音声ガイド [ ]• 「狩野山楽・山雪」(2013年) CM [ ]• ロイヤルパレス大和殿(1994年)• サンギ アパガード(1997年)• FinePix(1998年 - 2003年)• (1998年 - )• (1998年)• (旧・東京デジタルフォン・J-PHONE時代)(1998年 - 2001年)• (1998年 - 2001年)• (1998年 - 2001年)• チョコBit(1998年 - 2000年)• (1999年 - )• (1999年)• (1999年 - 2003年)• (1999年 - 2002年)• タカラCanチューハイ(1999年 - 2002年)• (2000年 - 2001年)• (2000年 - 2001年)• ストナ(2000年 - )• 霧が峰(2001年 - 2003年)• (2001年 - 2003年)• (2002年 - 2003年)• ホワイトトラッシュチャームズ(2002年 - 2003年)• (2002年 - )• ジーンズ(2003年 - )• ユニクロスティックパンツ&ハイライズジーンズ(2008年 - )• ユニクロカラージーンズ(2009年 - )• HOGUSU Supli(2003年 - )• (2003年 - )• ・DVDレコーダー(2003年 - )• PCソフト(2004年 - )• (2004年 - 2005年)• 美活工房• キンチョーリキッド(2007年4月 - )• エステティック ミスパリ(2007年4月 - )• ミスパリ エステティックスクール(2007年4月 - )• 月(2007年5月 - )• 大豆計画(2007年6月 - )• ETCキャンペーン(2007年7月 - )• カラダプラス(2007年9月 - )• ヘアカラーEX(2007年12月 - )• - 広報特使• (現・)• アミノコラーゲン(2008年6月 - )• コクがおいしいミルクココア(2008年9月 - )• キウイ(2010年 - )• Suisaiシリーズ(2010年)• 食宅便(2012年 )• 2015(2015年)• UQモバイル(2017年)• ヒカリミライ(2019年4月 - ) 書籍 [ ] 雑誌 [ ]• () - 同誌としてデビューし、神戸代表として活動。 () - 1年間表紙を務めた。 写真集 [ ]• NORIKA(1999年、、)• Origin Norika in Kenya(2004年2月27日、ワニブックス、)• Perfect body(2012年11月、、) 著書 [ ]• KOKOPELLI(ココペリ) 藤原紀香フォトエッセイ集(2000年1月1日、ワニブックス、)• 藤原主義 強く、美しい人になる61のヒント(2001年8月20日、)(2003年 幻冬舎文庫、)• カンダクゥ 笑顔で(2002年12月31日、日本テレビ放送網、)• Wish books 風を感じて 紀香のハワイ日記(2005年2月28日、幻冬舎文庫、)• 紀香魂 ハッピー・スピリット(2007年5月30日、幻冬舎、)• 紀香バディ!(2007年8月21日、講談社・編集部、)• 紀香バディ2!〜リアル〜(2009年12月10日、講談社・VoCE編集部、)• Perfect body(2012年11月28日、講談社、) ディスコグラフィ [ ]• Norika Wedding Style(2007年、PULLUP RECORDS) 受賞歴 [ ]• 1992年• 第24回 グランプリ• 1998年• 第17回 ベストドレッサー賞(『』)• 第19回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 ベストドレッサー賞(『』)• 1999年• 第21回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 ベストドレッサー賞(『』)• 第23回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 ベストドレッサー賞(『』)• 2000年• 第26回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 ベストドレッサー賞(『』)• 2001年• 第31回ザテレビジョンドラマアカデミー賞(『』)• 主演女優賞• ベストドレッサー賞• 2016年• 第13回 Mrs. COTTON USA 脚注 [ ]• オリコンニュース. 2020年5月20日閲覧。 才色"兼美"『』1991年11月8日30面• 2006年12月10日に結納を済ませたこと、2007年2月17日ににて挙式を行うことを発表した• 衣裳はに、お色直しはに• (2013年3月29日時点の) - SANSPO. COM 2013年3月29日• (2015年4月3日時点の) - 紀の川市公式サイト 2015年4月3日• 『〜真冬の懐かし1時間SP』 2011年2月3日• Norika's Diary 2013年9月13日• 過去に日曜版で紹介された著名人として 藤原紀香の名前が挙がっている。 『』内で本人談。 ORICON NEWS. 2007年5月31日. 2020年3月14日閲覧。 2016年10月1日. 2020年3月14日閲覧。 ORICON NEWS. 2007年5月31日. 2020年3月14日閲覧。 シネマトゥデイ 株式会社シネマトゥデイ. 2017年11月15日. 2017年11月15日閲覧。 ORICON STYLE 2015年10月23日. 2015年10月23日閲覧。 2015年8月25日. 2015年8月25日閲覧。 WWD JAPAN 2018年8月9日. 2019年4月11日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - (2013年8月21日アーカイブ分)• - 先代: - 「」アシスタント 初代 次代: 先代: - 格闘ビジュアルクイーン 初代 次代:.

次の

藤原紀香、やっぱり片岡愛之助と結婚できない!? バーニング周防氏が激怒で……|日刊サイゾー

藤原紀香 バーニング

近頃のドンは、引退説がささやかれたり、懇意にしていた一部プロダクションから「距離を置かれている」などともウワサされているが、今年も相変わらず50人を超える業界の重鎮たちが、出席予定という。 よくも悪くも、ドンの名前が一般層にまで知れ渡るようになったのは、「紀香の存在が大きかった」と週刊誌記者は語る。 「もともと島田紳助から紹介された紀香を、ドンは『絶対にスターにするべき』と、関係各所に猛プッシュ。 その効果は絶大で、連ドラ主演連発からCM女王と、紀香は一躍時の人になりました。 しかし、加藤雅也との交際をドンに反対されて破局して以降は、陣内智則とスピード離婚するなど、男性関係がやや不安定に。 さらに紀香は、ドンへの再婚報告を後回しにしたため、一時期は関係が悪化していたんです。 しかし、現在でも連続ドラマ主演を務めるなど、第一線で活躍できるのは、ドンの寵愛あってこそのようだ。 「他社のCD著作権を保有するといったビジネスで儲けているドンからすれば、生粋のバーニングっ子であり、同社のトップタレントである小泉は、まさにわが子のような存在。 しかし2015年には個人事務所を設立するなど、不協和音が聞こえるようになりました。 一時期は加藤にベッタリだったそうだ。 当時の加藤の活躍ぶりを見れば、どれだけドンに寵愛されていたかがよくわかりますよ。

次の

藤原紀香がバーニングを怒らせ芸能界から消えるのは時間の問題か?

藤原紀香 バーニング

藤原の所属事務所バーニングプロダクションは全面的に賛成していないという説もあるなか、2人はイベントやブログなどで交際をオープンに認める発言をするようになって久しい。 藤原と前夫・陣内智則の離婚劇をめぐっては、藤原サイドによる一方的な情報発信に、マスコミ関係者も振り回され続けていたものだった。 「藤原の母親はバーニングに近いメディアにのみ取材対応を行い、『原因は陣内の浮気だったこと』に含みを持たせる言い回しで陣内を批判。 なにせ藤原は私生活の大半において、当時陶酔していた風水関連に詳しいデザイナー・A氏から指示を仰いで行動に移し、仕事面に関しても、ほとんどを専任スタイリストに任せている有様でした。 スケジュールからオファーの可否、果ては私生活まで他人が判断するとあって、そもそも2人は新婚生活など皆無といっていい状態だったのです。 そんな生活が1年以上続き、陣内がほかの女性に走るのは時間の問題とみられていました」(芸能プロ関係者) 藤原の素行 また、藤原の素行に関しても、同関係者は次のように明かす。 「実は離婚に際して、浮気説がささやかれたのは陣内だけでなく藤原も同様でした。 当時、藤原の浮気相手として、記者の間ではある有名俳優・Tの名前が何度も浮上していました。 「離婚直後、陣内は藤原と同じくバーニング系列事務所の稲森いずみとともに、極秘で韓国旅行をしていたという情報もありました。 離婚直後、しかも藤原と同じバーニングの庇護のもとにある稲森との急接近とあって、『陣内の病気も相当のもの』と批判されていたものです」(前出・記者) こうして陣内との結婚からわずか約2年で独身に逆戻りした藤原だが、現在になってもA氏らとの関係が切れたという話は聞こえてこない。 次の結婚生活でも、同じことを繰り返さないという保証はあるのだろうか。 (文=編集部).

次の