アンドレ スク。 ナダル5時間死闘 19回目のGS優勝 女子は19歳アンドレスク

BNPパリバOP優勝、カナダの新星・ビアンカ・アンドレスク ナブラチロワも期待の18歳

アンドレ スク

ビアンカ・アンドレスク(カナダ)にとっての問題は続いている。 2019年「全米オープン」優勝者であるアンドレスクは、長く厳しい試練の時を過ごしており、昨年10月30日に「WTAファイナルズ」でのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)との試合で左膝に怪我を負って以来、ずっと試合から遠ざかっている。 そんな彼女がNetflixにはまっていると、Tennis World USAが伝えた。 アンドレスクは昨年の「全米オープン」と「ロジャーズ・カップ」の覇者で、どちらの大会でも決勝でセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)を破ってタイトルを手にした。 また彼女は、グランドスラムのシングルスで優勝した初めてのカナダ人選手であり、カナダで開催される最大の大会である「ロジャーズ・カップ」をカナダ人選手が制したのも、50年ぶりのことだった。 さらに、十代の選手がグランドスラムのシングルスで優勝したのは、2006年のマリア・シャラポワ(ロシア)以来。 中止になってしまった「マイアミ・オープン」での復帰を目指していたアンドレスクは、リハビリの日々について「 Netflixにはまっているの。 いいことではないと思っているけど、私にとってはそれが一番の癒やしなのよ」 「(リハビリは)毎日慎重に進めて、日に日に良くなっている。 そのことはすごく嬉しく思っているわ。 たくさん膝のリハビリをして、強化もたくさんしてきた」と語っている。 さらに「東京オリンピック」(日本・東京/7月25日~8月2日/室内ハードコート)についても、「本当に楽しみにしているの。 100%ね。 12歳の頃を思い出すわ。 そして今年、十分なチャンスがあるから、すごく興奮しているわ」と触れた。 「オリンピックに出場したことのあるアスリートたちから聞いたのだけれど、人生最高の経験の一つだそうよ。 だからオリンピック出場は間違いなく私の目標。

次の

アンドレ・ザ・ジャイアント

アンドレ スク

ビアンカ・アンドレスク(カナダ)が飛行機の機内で心温まるメッセージを受け取ったと、米メディアのBaselineが紹介している。 見知らぬ乗客から、メッセージの書かれた紙ナプキンを渡されたアンドレスク。 その乗客はすぐにその場を立ち去ったが、メッセージを読んだ彼女は感動のあまり涙を流した。 その紙ナプキンには、「私には、小さな娘が2人います。 娘たちはあなたにとても影響を受けています。 2人ともテニスをしているわけではありませんが、あなたの成し遂げたことは理解しています。 あなたのお陰で2人は、頑張れば不可能なことなど決してないのだと学んだのです。 1人の親として、子供たちがあなたから受けたポジティブな影響に心から感謝します。 ありがとう。 あなたのこれからの道のりが、私たちがあなたから受け取るのと同じくらい、喜びの多いものでありますように。 いちカナダ人より」と綴られていた。 「どなたがこのメッセージをくださったのか分かるなら、直接ありがとうと伝えたいわ」とアンドレスクは語った。 彼女は自身のソーシャルメディアに、その紙ナプキンの写真にメッセージを添えて投稿している。 「アスリートとして最高なことよ。 時々、自分がどれほど人々の人生に影響を与えることができるのか分からなくなってしまうの。 だから、このメッセージを読んだ時は涙が出てきた。 とても満たされた気持ちになったわ。 私は常に、世の中のためになることをしたいと思ってきたし、人々の人生にいい影響を与えられる人間になりたいと思っているの。 もちろん今回のことで終わりではないわ。 この先も、もっと大きな影響を与えていきたいと思ってる。 それを成し得るテニス選手という職業であることをありがたく思うわ。 この紙ナプキンをくださった方や、日頃から励ましの言葉をくださるファンの方々には心から感謝したい。 感謝しきれないくらい、ありがたいと思っているわ」 今夏の「全米オープン」で優勝した19歳のアンドレスクは、先日の「チャイナ・オープン」以降の大会には出場していないが、世界4位までランキングを上げており、カナダの女子テニス選手として史上最高位を記録している。

次の

ナダル5時間死闘 19回目のGS優勝 女子は19歳アンドレスク

アンドレ スク

ほかの多くの人々はただちに、セレナの棄権を知った直後のアンドレスクのふるまいを讃える言葉を発し、その中にはカナダのジャスティン・トルドー首相もいた。 トルドー首相はツイッターを通し、アンドレスクを「全カナダのインスピレーション」と呼んだ。 彼はその日曜日、「今日、君はテニスファンにスポーツマンシップとは何たるかを見せた」とも書いた。 テニスにおける女性の平等の権利のため戦ったことで知られるテニスの偉人、ビリー ジーン・キングもまた、ソーシャルメディアを通しての声援に参加し、アンドレスクは「彼女の年齢を超えた成熟レベルを見せた」と言った。 「女性はお互いをこのように扱い合うべきなのよ。 彼女のセレナへの感情移入とサポートは賞賛に値するものだった。 競技者と女性が、女性をサポートする!」とキングはツイートした。 この勝利でアンドレスクは世界ランキング14位に浮上した。 彼女は今季38勝5敗の戦績を誇っており、その中にはニューポートビーチ、インディアンウェルズの優勝が含まれる。 そして日曜日の勝利は、彼女が棄権なく完了することができた試合だけを対象にすると、17連勝目に当たった。 彼女はこの期間に故障のため2度の棄権あるいは試合途中でのリタイアをしていた。 彼女はまたトップ10選手に対し非常に高い勝率を誇ってもいる。 アンドレスクはこの熱い勢いを、8月26日から始まるUSオープンへと持ち込むことになるだろう。 「多くの故障を潜り抜けたあとだけ、いま私は自分の身体の声に耳を傾けたい」とアンドレスクは言った。 「そして私の身体は無理をし過ぎるな、休息をとりUSオープンに備えろ、と言っているの」。 右が優勝したビアンカ・アンドレスク(カナダ)、左がケガのため試合を途中棄権することになったセレナ・ウイリアムズ(アメリカ) TORONTO, ON - AUGUST 11: Bianca Andreescu CAN and Serena Williams USA hold their championship trophies after the Rogers Cup tennis tournament final on August 11, 2019, at Aviva Centre in Toronto, ON, Canada.

次の