ハリガネ サービス ace。 ハリガネサービスAce(エース)ネタバレ64話(最新話)!考察や感想も!【苦手意識】

【スポーツ】ハリガネサービスACE

ハリガネ サービス ace

スポンサーリンク ハリガネサービスAce エース 71話までのあらすじ インターハイ3日目、沖縄代表謝名高校と試合開始。 すぐに対応してきた相手校のビーチバレーに基づいた攻撃にすぐには対応できない豊瀬。 対応しきれないまま試合は進み、謝名の勢いが止まりません。 鴫澤を一瞬意識してしまいながらも強打を打ち込む大船。 決まったかのように見えたスパイクは伸びのあるディグに拾われてしまいました。 さらに相手方からのドロップショットが大船の前に落ちてしまいます。 豊瀬2-3謝名 監督の指示により、大船と五十嵐が交代しました。 ベンチに下がった大船には冷静に声をかけます。 「ちょっとここで外からゲームを見なさい」 一方、コートに入った五十嵐はコートメンバーに声をかけます。 「とりあえずよぉ、アイツらのやることにいちいちびっくりすんのやめよーぜ」 五十嵐はメンバーひとりひとりを見つめながら語ります。 「アウトドアにインドアにない強みがあるように、インドアにもアウトドアにない強みがあんだろ」 ハリガネサービスAce エース 72話「柱 」のネタバレ 後衛の役目 豊瀬5-7謝名 豊瀬6-7謝名 豊瀬6-8謝名 ダイジェストでの点取シーンが続きます。 連続特典はどうにかされていないものの、点差を詰められない豊瀬。 豊瀬7-8謝名 主将と下平の2枚ブロックに謝名の後衛メンバーからスパイカーへと声がかかります。 「アングルまたれてる」 「ライン前出てるよ」 10番のスパイクは松方の腕を弾き飛ばしました。 豊瀬7-9謝名 連続得点 2枚ブロックがついても決定力が落ちない相手高校にベンチメンバーは困惑気味。 よく相手コートを見ていると称賛する久場に猫田が指摘を入れました。 移動攻撃であることを相手の後衛が気がつき点がなかなか取れない状態であることに コート内の松方も同じことに気付いている様子で相手の様子をよく観察します。 (このままだと謝名に逃げ切られる、どこかで連続得点が必要だ。 ) 松方は下平をじっと見つめました。 (豊瀬で一番ブレイク率が高いのは、下平のサーブ番だ。 ) サーブ時のMB さて、その下平のサーブ。 2回目にしてすぐに無回転サーブは相手に拾われてしまいました。 しかも、奇跡とか偶然ではなく、確実に拾いに来て成功しています。 今回下平が選択したのは無回転サーブではなく、わざとネットの上部にあててネットインさせる方のサーブ。 白帯にあたり、相手コートのネットすぐそばに落ちたサーブ。 ところがそのスレスレの位置ですらも瞬発力に自信のある謝名高校はさらりと拾って見せました。 下平は切り替えろと己を奮い立たせるも、なぜか前を向いたまま軽い足取りで後退します。 下平が下がる様子を見た松方も不思議そうに下平を見ています。 そして謝名高校の後衛メンバーは下平がかなり下がったことに気がつき指示をだしますが、しかし、スパイカーが打ち込みを行った瞬間に下平は前衛位置に向かって猛ダッシュを試み、しっかりと拾って見せたのです。 豊瀬8-9謝名 金田の脳裏には、かつて下平が言い切った言葉が思い出されていました。 「レシーブももっとうまくなるよ、金田くんと変わる必要がなくなるぐらい」 有言実行してみせた下平を複雑な笑みを浮かべながら見つめる金田。 監督は小さくガッツポーズをとりながら思いを馳せました。 (それでいい。 相性が悪いから調子が悪いからいいプレイができなくてもしかたない、お前はそれじゃダメだ。 中だるみ防止でテンポ良く試合を見るにはちょうどいいのはわかっているのですが、 分析好きの血が騒ぐー!! 誰が得点決めたの、豊瀬だけでもいいから教えて欲しい。 試合中に松方も言ってましたが、ブレイク欲しいですよね、 バレーボールってシーソーゲームになったまま進むことが多いから、どこかで流れを変える連続得点が欲しい。 監督が下平に求めるのは、チームが劣勢になっても空気を悪くすることなく流れを変えられるような 精神面の支柱になることなのかもしれませんね。 事実、無回転もネットインも通用しないってわかってからの下平にはそれを叶える片鱗が見えたかもしれません。 レシーブを成功させることを優先させようって気持ちの切り替えができてましたし。 確かにMBがサーバーだったときって後衛範囲でのレシーブはちゃんと参加するけど、前に飛び出るイメージって掴みにくい(後衛にいるとブロックやスパイクは禁止なので)から、謝名のひとたちも虚を突かれたのかもしれないです。

次の

マンガ全巻セットが日本最安値!コミチョク本店

ハリガネ サービス ace

ハリガネサービスACE ネタバレ感想 72話 「柱」 ハリガネサービスACE 72話 ネタバレ感想! 2020年6月25日 木 発売の週刊少年チャンピオン30号掲載! 大船の集中力低下を見抜き、いち早くベンチに下げた山縣先生は流石といえる。 しかし、状況は決してよくはない。 それでも一歩リードしてるのは謝名で、9-7・・・ 豊瀬がブロックを固めても謝名の決定力は落ちない。 その理由として、後衛プレイヤーの的確な声だしがあった。 基本中の基本とはいえ、ちゃんと声を出して指示をし、 その言葉を信頼して、全力でそこに打ち込む。 これってチームとして相当な信頼関係がなければ難しい事なのかもしれない。 謝名高校の一体感は今まで豊瀬が闘ってきたチームの中でもズバ抜けている気がする。 個々の選手にとりわけ突出したものがなくても、それを補うだけのチーム力が、 謝名にはあるんだろうな。 しかし、豊瀬だって負けてはいない。 チームワークで言うと、豊瀬ってイマイチ感はあるが、 やはり個々の能力が高いからな。 あと前述とは矛盾するが、連携攻撃に関してはレベルが高い。 これはひとえに練習の賜物・・・それと司令塔である松方の力によるものか。 気付けばスコアは豊瀬8-9謝名。 豊瀬も食らいついてはいるものの、このままでは謝名が逃げ切るだろう。 どこかで連続得点 ブレイク し、流れを変えたいところだ。 豊瀬で一番ブレイク率が高いのは下平のサーブ番の時!! 今がまさにその時である!.

次の

【ネタバレ】ハリガネサービスACE 第2話「下平 対 金田」【漫画感想】

ハリガネ サービス ace

ハリガネサービスACE ネタバレ感想 72話 「柱」 ハリガネサービスACE 72話 ネタバレ感想! 2020年6月25日 木 発売の週刊少年チャンピオン30号掲載! 大船の集中力低下を見抜き、いち早くベンチに下げた山縣先生は流石といえる。 しかし、状況は決してよくはない。 それでも一歩リードしてるのは謝名で、9-7・・・ 豊瀬がブロックを固めても謝名の決定力は落ちない。 その理由として、後衛プレイヤーの的確な声だしがあった。 基本中の基本とはいえ、ちゃんと声を出して指示をし、 その言葉を信頼して、全力でそこに打ち込む。 これってチームとして相当な信頼関係がなければ難しい事なのかもしれない。 謝名高校の一体感は今まで豊瀬が闘ってきたチームの中でもズバ抜けている気がする。 個々の選手にとりわけ突出したものがなくても、それを補うだけのチーム力が、 謝名にはあるんだろうな。 しかし、豊瀬だって負けてはいない。 チームワークで言うと、豊瀬ってイマイチ感はあるが、 やはり個々の能力が高いからな。 あと前述とは矛盾するが、連携攻撃に関してはレベルが高い。 これはひとえに練習の賜物・・・それと司令塔である松方の力によるものか。 気付けばスコアは豊瀬8-9謝名。 豊瀬も食らいついてはいるものの、このままでは謝名が逃げ切るだろう。 どこかで連続得点 ブレイク し、流れを変えたいところだ。 豊瀬で一番ブレイク率が高いのは下平のサーブ番の時!! 今がまさにその時である!.

次の