アレクサンダー ロッシ。 アレクサンダー・ロッシの成績や彼女は?イケメンでビックリ

アレクサンダー・ロッシ

アレクサンダー ロッシ

「全部俺が悪いことになっている。 これは日本人である以上、仕方がないことです」 ひっくり返ったマシンから生還した 佐藤琢磨(42歳)は日本人メディアに向けた囲み取材で、唇を噛み締めながらこう語り、悔しさを滲ませた。 2017年、アメリカ最大の自動車レース「インディ500」で日本人として初めて優勝したレーシングドライバー、佐藤琢磨が キャリア史上最大のピンチを迎えている。 「」第14戦のオープニングラップで起きた多重クラッシュを巡り、佐藤琢磨がクラッシュの引き金を作ったと猛バッシングを受けているのだ。 NTTインディカーシリーズ2019 第14戦ポコノのスタートシーン【写真:INDYCAR Joe Skibinski 】 今年、スポーツ放送局「 GAORA SPORTS」でインディカー中継の実況アナウンサーとしても携った私は8年ぶりにインディカーを取材するために米国ペンシルヴァニア州・ポコノレースウェイに向かった。 佐藤琢磨 【写真:辻野ヒロシ】 大クラッシュからの生還とバッシング アクシデントは第14戦・ポコノの1周目に起きた。 コーナーが僅か3つしかないハイスピード・トライオーバル(高速三角形コース)のポコノ。 その第2コーナーへ向けての攻防で、 ライアン・ハンターレイ(内側)、 アレクサンダー・ロッシ(真ん中)、 佐藤琢磨(外側)が3台横並びになっていたところ、ロッシと佐藤のタイヤが接触し、佐藤のマシンはイン側へとスライド。 佐藤とハンターレイのマシンがもつれ合うようにイン側のウォールにクラッシュ。 2台はその反動でコースを横断し、アウト側へ流れていく。 そして、後ろから来たフェリックス・ローゼンクビストが佐藤に接触し、ローゼンクビストは宙を舞った。 佐藤のマシンは火花をあげながら裏返しになって停止した。 以下がクラッシュシーンの映像だ。 (NTTインディカーシリーズの公式ツイッター) またもやポコノで起こってしまった大クラッシュ。 私はグランドスタンドでそのシーンを目視していた。 時速300kmを超えるスピードでクラッシュし、裏返った佐藤琢磨のマシンを見た時、大きなクラッシュを見慣れている私でも、恐怖で心臓の動悸が止まらなくなるほどの壮絶なシーンであったのだ。 当然、最悪の事態も想像した。 ここポコノでは 2015年にジャスティン・ウィルソンが死亡(他車のパーツが頭部に直撃)、 2018年にはロバート・ウィケンスがフェンスに直撃して大怪我を負う事故が発生しているからだ。 第2コーナーで発生したアクシデント直後の写真。 佐藤琢磨のマシンは裏返った。 【写真:辻野ヒロシ】 不幸中の幸いで、アクシデントにあった5人のドライバーは無事に生還。 佐藤琢磨もオフィシャルの助けを借りながら裏返しになったマシンから脱出し、5人ともメディカルチェックで問題なしという診断になった。 しかし、その後、 パドックに帰ってきた佐藤琢磨を待っていたのはアメリカのファン達がSNSで発信した強烈なバッシングのコメントだったのだ。 さらに、のペナルティ一覧には、佐藤琢磨に対して「Avoidable Contact/Post-Event Review」(= 避けることができた接触/イベント終了後に検証)という表記がある。 検証結果次第では出場停止など厳しい裁定もあり得る状況になってしまった。 SNSは大炎上。 佐藤琢磨が迎えたピンチ 幸いにも全員が無事に生還できたことは本当に良かった。 しかし、再開されたレース中もレース後も佐藤琢磨のドライビングに対する批判の声は鳴り止まない。 その原因はテレビ中継が映し出した アレクサンダー・ロッシのオンボード映像にあった。 その映像を見ると( 画角が広角であるため)佐藤がロッシを抜くために内側に寄ってきているように見える。 第1コーナーからの立ち上がりでロッシのマシンはやや失速。 スピードが勝る佐藤のマシンが前に出ていたが、完全に抜ききる前に内側にマシンを向けて接触したかのように見える映像だったのだ。 批判の声に対して、 佐藤琢磨は普段それほどマメに発信しているわけではないツイッターで、画像付きで自分の主張を発信した。 「一言言う必要がある。 チャンピオンシップを考えればロッシと絡んでしまったことは申し訳ない。 ロッシはハンターレイと僕の間で行き場がなくなったように見える。 シーム(路面の縫い目)を見れば、ロッシは明らかに上(外側)に動いている。 僕たちは接近戦のレースをし、不運にも接触してしまった」 出典: 佐藤琢磨のツイートは批判の声に対してさらに油を注ぐ形となり、ツイッターは炎上状態となった。 そして、 佐藤は(テレビ中継では使われていない)自身のオンボード映像を添付して、ツイッターでさらに主張を展開した。 「ロッシに責任があると言う意味ではない。 僕は事実を述べただけで、僕は前のツイートで謝った。 では、これを見て欲しい。 僕は真っ直ぐ走っていたんだよ」 出典: 佐藤の壮絶なクラッシュシーンを含むオンボード映像は20万回以上再生され、それを見たファンからは佐藤に対する理解の声とそれでも止まない批判の声が入り混じり、今もなお外野の議論は終わらない。 ここまでのツイートは日本人メディアの囲み取材の前に発信されたものである。 ふと疑問に思った。 なぜ彼はここまで自分自身のドライビングをSNSで主張したのか? 壮絶なクラッシュの後、ファンが誰かの責任を問うためにSNSに投稿して炎上状態になるのは日本のレースでも同じだが、日本のレースでは渦中の選手やチーム、メーカー、関係者は口を噤むのが常で、コメントを発するタイミングはかなり慎重である。 特に選手自らがアクシデントについて詳しく言及するのはほとんど見られない。 レイホール・レターマン・ラニガンレーシングからインディ500と同じ黄色のMI-JACK(マイジャック)カラーでポコノに挑んだ佐藤琢磨【写真:辻野ヒロシ】 理不尽な判定に徹底抗戦する姿勢 日本人メディアの囲み会見の前に記者達はすでにツイートを読んでいたが、彼はオンボード映像を見せながら改めて自分の主張を説明した。 佐藤自身は真っ直ぐ走っていたところ、3台の内、一番内側にいたハンターレイが外側に動き、行き場を失ったロッシが外側に動き、接触したと言うのが佐藤の主張だ。 佐藤琢磨:「 僕だって人にワザワザ突っ込んでいくようなドライビングをするわけないし、良いレースをしたいし、去年のこと(ロバート・ウィケンスの事故)もあったからターン2(=第2コーナー)に向けて全く無理はしていないわけですよ。 でも、なぜ僕だけが審議対象になっているのか腑に落ちないので、最終ジャッジでAvoidable Contact(=避けることができた接触)という判断を取り下げてほしいと思っている」 佐藤琢磨はチームと協力し、レース後の審議となっている今回のアクシデントの裁定について徹底的に抗戦する構えだ。 佐藤琢磨【写真:辻野ヒロシ】 「No Attack, No Chance」(攻めなければ、チャンスはない)を信条とする彼の姿勢は日本だけではなく、現地のテレビ中継でも実況アナウンサーがそのフレーズを多用するほど、彼の代名詞になっている。 それと同時にライバル達も彼が隙あらば攻めて来る選手であることを強く認識しているのも事実だ。 ただ、今回は彼が自らアクシデントを誘発していないことはオンボード映像からも明らかである。 それでも止まない批判の声。 そして、彼だけが審議の対象となり、責任を問われている。 四面楚歌の状況の中、所属チームの「 レイホール・レターマン・ラニガンレーシング」は声明を発表し、ドライバーを支持する考えを示した。 「チームは我々のドライバーを支持し、彼らが高いレベルでレースをすることにおいて絶対的な信念を持っている」 出典: 今回のクラッシュに関して、インディカーがレーシングアクシデント(=誰の責任もないレース中の事故)と判断するか、佐藤に対してペナルティを下すか、という公式の裁定は8月21日(日本時間)現在も出ていないが、チームが佐藤のオンボード映像と共にチーム側の検証結果を示したことでファンも少しずつアクシデントの状況を理解し始めている。 鳴り止まなかったバッシングの声は、佐藤が声をあげ、チームを動かしたことで、少しずつ小さくなり始めている。

次の

アレキサンダー・ロッシ

アレクサンダー ロッシ

アンドレッティ・オートスポートのアレクサンダー・ロッシは、インディカー・シリーズ第14戦ポコノの1周目に、チームメイトのライアン・ハンター-レイ、佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン)と接触。 タイトル争いに大きく響く、痛いリタイアとなった。 このクラッシュに巻き込まれたフェリックス・ローゼンクヴィスト(チップ・ガナッシ)はセーファーバリアに乗り上げる格好となってしまい、危うくキャッチフェンスに巻き込まれてしまうところだった。 これは1年前のポコノで重傷を負ったロバート・ウィケンスのクラッシュを思い起こさせるものだったが、ローゼンクヴィスト含め、ドライバーたちに大きな怪我はなかった。 ロッシはメディカルセンターの近くでNBCスポーツ・ネットワークのインタビューに答え、次のようにコメントした。 「僕は実際にリプレイを見てみたんだ」 「間違いなく、良いスタートが切れなかったのは僕自身のせいだ。 ただクラッシュの時はスリーワイドになっていて、ライアン(ハンター-レイ)がインサイド、僕が真ん中、タクマがアウトサイドにいた」 「タクマはどうしてあのようなドライビングが受け入れられると思えるのか理解できない。 昨年あのようなことがあったのにだ」 「500マイルのレースであのコーナーをあのスピードで横切ろうとしたのは恥ずべきことだし、腹立たしいよ。 僕のチャンピオンシップにも影響があるかもしれない」 「ここから立ち直り、レースで勝つ心構えをするには数日かかるだろう。 今はそれだけに集中したい」 一方のハンター-レイも自身の見解を述べた。 「個人的にあれは馬鹿げていたと思う。 全員無事だったことを神に感謝したい。 僕たちはみんな、昨年の教訓から学んだと思っていた。 このレースの1周目までは……」 「僕の視点から話をすると、僕はロッシにかなり近い距離で並びかけながらも、とてもクリーンに走っていた。 そしたら突然何かが起こって、僕は後ろ向きになった。 そして後方集団が僕の方に向かってきているのが分かったんだ。 それからフェリックスがフェンスに向かって飛んでいくのを見た」 NBCスポーツ・ネットワークのコメンテーターで、自身もチャンプカーやインディカーで活躍したポール・トレーシーは、次のように語った。 「これは私の考えだが、サトウはサスペンションか何かを調べる必要があるんじゃないか? 私は取るに足らない出来事によって、(レース再開を)待たされた。 ロッシの言ったことに完全に同意する」 Read Also:クラッシュの責任はどこに? 佐藤琢磨とロッシの意見、ツイッター上で対立ポコノ決勝:パワーが今季初優勝! 佐藤琢磨、多重クラッシュで0周リタイア.

次の

【INDYCAR 第3戦】アレクサンダー・ロッシが伝統のロングビーチで快走、今季初勝利…佐藤琢磨は好走見せるも21位

アレクサンダー ロッシ

アンドレッティ・オートスポートのアレクサンダー・ロッシは、インディカー・シリーズ第4戦グランプリ・オブ・ロングビーチの決勝レースで、85周中80周でリードラップを取ると共に、2位に20秒の大差をつけてトップチェッカー。 インディカーでの自身通算6勝目を挙げた。 ロッシはこの勝利で、チーム・ペンスキーのジョセフ・ニューガーデンから28ポイント差のランキング2位に浮上することとなった。 レース後ロッシは、今回の勝利を亡くなった祖父のドナルド・ラッセルに捧げると語った。 「僕は今朝、従兄弟からメールを受け取った。 それはショッキングな知らせだった」 そうロッシは語った。 「彼は歳を取っていたから、大きな驚きではなかった。 でも、僕が尊敬する人物だったんだ」 「ストレート・アロー・クラブというのがあったんだ。 彼はそこで、僕が子供の頃からいろんなことを教えてくれた。 愚かなことをせずに、正しいことをまっすぐにしなさいとね。 彼が退任することになったから、これからは僕がそのクラブの会長ということになるだろう」 なおロッシの今回の20. 2359秒差という勝利は、ロングビーチの歴史上最大の圧勝劇である。 チームのCEOであり、ロッシのストラテジストであるロブ・エドワーズは、レース中盤に右フロントブレーキがやや過熱していることを無線で伝えた。 しかしロッシは、それは問題にはならなかったと語った。 「何が違うのだろうと思い続けるわけではなく、答えがあって良かったよ」 そうロッシは語った。 「ブレーキの問題であることが分かった時、僕はブレーキングゾーンを手前にするだけで良かった。 ラップタイムの出し方が少し違っただけだ。 それが、僕らがしたことだ。 ブレーキを浪費しないようにしたんだよ」 「というのも、このコースは常にブレーキ温度に影響を及ぼす。 それは、僕ら全員が対処しなければいけないモノだ。 1日中それをマネジメントしていた。 でも、レース後に何人かのドライバーと話をしたけど、コースは滑りやすくなったと思う。 それはいつも以上だった。 気温が上がるにつれて、誰もが最後のスティントに苦労したと思う」 そのことは心配ではなかったかと尋ねられたロッシは、次のように語った。 「いや、差が開き続けたので、それは問題なかった」 レースのスタート時とリスタートでスコット・ディクソン(チップ・ガナッシ)を退けることができたのが、勝利を手にする上で重要だったとロッシは語る。 「常に重要な瞬間がある。 スタートとリスタートで、スコットが僕のすぐ横にいた。 僕らはブレーキングで、彼を確実に抑えなければいけなかった」 「アウトラップも、いつもとてもトリッキーだ。 それは他のマシンも一緒だけどね。 そしてコース上でのポジションを守ることを確実にしたい……しかし間違って欲しくないんだけど、それをするのは難しいんだ」 「マーカス(エリクソン)を抜くのにも苦労した。 彼は周回遅れだったんだけど、抜くのには少し時間がかかった。 それもチャレンジングなことだった。 でもそのくらいだ。 それ以外のことは、とてもスムーズな1日だった」 「でもね……もっともっと速く走らなければいけない。 後ろには、本当に速いドライバーたちがたくさんいる。 だから、リラックスすることなど全くできないんだ」.

次の