油かすって何。 自然栽培・自然農法って何だろう?

有機肥料の種類別の特徴まとめ|有機肥料と化成肥料は何が違うの?

油かすって何

そもそも「油かす」とは大阪の南河内地方で昔から食されてきた郷土料理です。 牛の腸を油でじっくりと時間をかけて揚げ、余分な油分が抜けて肉の旨味が凝縮された、美味でしかも栄養価も高い食材です。 まわりはカリカリと香ばしく、中はぷるぷるとした独特の歯ざわりが特徴です。 この「油かす」を手間暇かけて開発した特製のダシを使ったうどんにトッピングしたものが当社オリジナルの「かすうどん」です。 この「かすうどん」は、1995年の当社店舗のオープンより瞬く間にたくさんのファンを生みました。 最近では当社を真似たかすうどん店が多くオープンしているほどです。 日本の文化は2分すれば関東を中心にした東の文化、関西を中心にした西の文化とに大きく分かれます。 肉といえば関西人にとって牛肉です。 関西の中心は大阪、その大阪でも南に位置する河内は人間も一風変わっているようにその独自の文化は食い物にも及んでいます。 河内人は肉好きです。 牛肉は捨てるものが無く、内臓もみんな口に入ります。 牛腸、特に小腸は外周りに脂肪がいっぱい付いていて、溶けて油となるのでその油で揚げました。 カットされた小腸は脂肪の溶けない部分と共に高温の油でしっかり収縮して塊となります。 これを河内の人たちは<かす>と呼びます。 かすは手軽に鍋料理やスープに牛肉風味を加えることが出来ます。 刻んでおけば牛肉の香ばしい匂いと味がたっぷりの具ともなります。 一度口にすれば忘れられないほど印象的で、かすを加えて料理の味が引き立つゆえに外食産業では大変に重宝されており、外食産業がますます繁盛している現代日本ではかすの用途は更に開発されその使用量も今後飛躍的に増えること請け合いです。 今から20年前、当社の津野社長は独立を志しそれまで働いていた外食産業の会社を辞めて自ら外食産業へ参入を計画しました。 彼は日本人になじみのうどん屋に目をつけました。 言うなればうどん屋は昔からの日本の伝統的外食産業です。 今も日本の街角の至る所にうどん屋は有り特に珍しいものではないが、彼はうどん屋の古いイメージを革新しようとしているのです。 若い世代にも受け入れられるようなうどん屋、それは外観ばかりではなくうどんの味にも及ばなくてはなりません。 そこで、河内人でもある彼はかすに目をつけました。 これをうどんのスープに使えば他店に無い、新しい味を持つうどんメニューが作れるとアイデアがひらめいたのです。 こうして生まれたのが彼独自の発想によるメニューの<かすうどん>です。 たちまち評判となってかすうどんは他店の真似するところとなり今もかすうどん屋は増え続けています。

次の

米ぬかで肥料を作ろう! 簡単にできるぼかし肥料の作り方

油かすって何

その通りじゃ!これだけの過程を経るので、 油粕の効果が効き始めるまでには数週間程度の時間がかかるんじゃよ 油粕は窒素を多く含んでいますが、上記のような過程を経るため効果の発現が遅い 「緩効性の肥料」と知っておくと良いでしょう。 2.発酵の過程で熱やガスが発生する 様々な過程を経て土壌を変化させていく油粕ですが、未発酵の油粕が土壌で水分に触れて発酵していく過程で 「熱」や 「炭酸ガス」を発生させます。 油粕を単なる肥料と思って土に撒き、すぐに作物を植えてしまうと、発酵の過程で発生するガスにさらされて根が枯れてしまうことがあります。 油粕を使った失敗の多くが、この肥料焼けによって作物や植物をダメにしてしまうというものなので注意しましょう。 3.地表に撒くとコバエが大量発生する 油粕の失敗例で多いのが 「コバエが大発生」してしまったという物です。 特に未発酵の油粕をプランターの地表面に撒いてしまったりすると、ほぼ確実にコバエがやってきて卵を産み付け、一瞬で大繁殖してしまいます。 また、コバエ同様に 悪臭も苦情の原因になることがあるので、未発酵の油粕を家で育てている鉢に使うのはお勧めできません。 近隣から苦情が来ることもあるくらいなのでやめておきましょう。 さらには、油粕を土の表面に撒いた後に水がかかると、 地表をカチカチに固めてしまい通気性が悪くなってしまいます。 畑の場合は土をかき回すことで改善できますが、鉢やプランターでは不可能なので、このような理由からも鉢植えに使う事は避けた方が良いでしょう。 既に一度発酵・分解させてあるので、使用後すぐに肥料成分が溶け出す• 基肥よりも追肥に向いている• 油粕だけでは足りない成分を、骨粉や米ぬかを配合することで補っている商品が多い• 悪臭やコバエの誘引は未発酵よりややマシな程度で依然注意が必要• 形状に粉末タイプのものはない 粉末タイプの油粕があればそれは未発酵のもの 未発酵の油粕は、もともと春に効果が出ることを見越して、冬の間に屋外の樹木の根元に撒くことが利用法としてが多かったようです。 寒い冬の間に土の中で発酵がすすんでいくので、ガスやコバエの発生はさほど問題にならなかったのですが、これを温かい時期に家庭のプランターで利用すると大変なことになるります。 また、発酵油粕は未発酵のものに比べて、 ガスの発生や効果発現が遅いなどの欠点がなく、追肥としても使えるというのが大きな違いといえるでしょう。 ただし、安価な発酵油粕の中には発酵の度合いが未熟なものも少なくないので、油粕特有のデメリットを避けたい場合は完熟発酵している油粕を選ぶようにしましょう。 <油粕 未発酵 > ・未発酵の油粕を基肥に利用する場合は、 3週間~1か月以上前に土に混ぜ込んでおく ・発酵油粕を追肥で利用する場合は、作物から 3㎝以上離して土に置き、軽く土をかぶせる ・基肥として使う場合の目安は、1坪あたり 800~900g ・追肥として使う場合の目安は、1坪あたり 400~450g どのような肥料も根や茎葉に直接触れる場所には巻かないというのは当然ですが、油粕の場合は濡れることで発酵が進みガスが発生することや、コバエをおびき寄せてしまう事、団粒化が進んで土の表面を固めてしまうことがあるので注意しましょう。 油粕を使った液肥の作り方 油粕は、水と混ぜて発酵させることで比較的簡単に即効性のある液肥を作ることができるので、以下に作り方をご紹介します。 【油粕液肥の使い方と作り方の注意点】• 発酵の過程で内容物が膨張する可能性があるので、ペットボトルの8分目程度になるように文量を調節する• 作成段階で悪臭を発するので、特に夏は日陰の風通しの良い所で保管する• 夏場の直射日光に当てられると、内容物が噴出することがあるので保管場所に注意する• 施肥の際にも悪臭を発するので、室内やベランダでの利用には向かない• 液肥自体の効力は1か月程度しか持たないので、完成したら早めに使いきる• 散布頻度を上げたい場合は、30倍希釈などにして散布する 希釈後の液肥を土壌に散布した後に、悪臭やコバエが寄ってくる心配はさほどありませんが、原液はかなり悪臭が漂いますので、管理するときには気と付けた方が良いでしょう。 スポンサーリンク.

次の

化成肥料の成分や原料って何?有機肥料との違いを徹底比較

油かすって何

ぼかし肥料とは ぼかし肥料とは、米ぬかや油かすといった有機肥料に土や籾殻を加えて発酵させた肥料のことをいいます。 土に米ぬかなどの肥料分を加えて薄めたことから、薄めるという意味の「ぼかす」という言葉が使われるようになりました。 微生物に分解されることで効き目が表れる有機肥料には、効果が出るまでに時間がかかるというデメリットがあります。 ですが、発酵させてから使用するぼかし肥料には微生物が多いため、作物への効果が出やすいのが特徴です。 また、有機肥料はゆっくりと吸収されるため、肥料としての効果が長持ちします。 しかし、有機肥料は肥料焼けを起こしやすいため、作物の状態を観察しながら土に混ぜて施肥することがポイントとなります。 米ぬかを使ったぼかし肥料の作り方 米ぬかを主原料としたぼかし肥料の作り方は、肥料に必要な三要素である窒素・リン酸・カリのバランスを保つために、米ぬか・油かす・カキ殻石灰を3:1:1の分量で使用します。 今回は、油かすなどの有機肥料を使用しますが、魚粉や鶏糞、コーヒーかすなども使用することが可能です。 また、有機肥料と水だけでも発酵しますが、発酵促進剤を混ぜることで発酵を促すことができて失敗のリスクを軽減させることができるでしょう。 材料 ・米ぬか ・油かす ・カキ殻石灰 ・発酵促進剤 ・水 作り方 1. 原材料と水を混ぜる 原材料となる米ぬかや油かす、その他の材料と水を混ぜます。 素手で混ぜても問題ありません。 水が多すぎると腐敗の原因となりますので、少しずつ水を加えながら混ぜていきましょう。 混ぜた肥料が手で握ると固まり、指で押せばパラパラと崩れるくらいの硬さが目安です。 日陰で発酵させる 混ぜ合わせた肥料は、直射日光を避けた場所で保管します。 ナイロン袋に入れて密封した状態で発酵させましょう。 発酵の途中で酸素が入ると、水と二酸化炭素に分解されてしまいます。 分解されると発酵が進まなくなりますので、しっかりと空気を抜きましょう。 通常の肥料のように、発酵熱は出ないので温度調整のために混ぜる必要はありません。 出来上がり ぼかし肥料を作るために必要な期間は、気温によって発酵の速度が異なるため、時期によって変わってきます。 発酵が早い夏の時期なら1カ月、冬には2~3カ月程度で発酵が終わり、肥料として使えるようになります。 ぼかし肥料の使い方 ぼかし肥料は、植付け時に使用する「元肥」としても、生育途中に施肥する「追肥」としても使うことができます。 有機肥料の場合、施肥から効き始めるまで2週間程度かかりますが、ぼかし肥料は種類によって速効性があって持続性が続くため、施肥から数日間で効果が出始めるでしょう。 これまで使用していた肥料と同様の頻度や量のぼかし肥料を用いると、肥料焼けをおこしやすくなったり、窒素過剰になり虫がつきやすくなってしまうので注意しましょう。 元肥として使う場合 植付け時にぼかし肥料を使う場合は、必要となる肥料の半分の量のぼかし肥料を使いましょう。 しかし、これまでも述べているように、ぼかし肥料は有機肥料と比べて速効性があり窒素成分も多いとされているため、窒素過剰となって葉が繁茂したり、病害虫にかかりやすくなったりするリスクも考えられます。 使い方としては、全体に混ぜ込まずに、上層の3分の1程度に混ぜたほうが効果的です。 追肥として使う場合 追加で肥料を与える際には、少量のぼかし肥料を土に撒きます。 土に混ぜ込まず、表面にまくだけで効果を発揮します。 元肥と同じく、使用するぼかし肥料が多いと窒素過剰となってしまうため、使用量には十分注意しましょう。 ぼかし肥料で有機栽培を始めよう ぼかし肥料の特徴は、使用頻度や施肥量を注意すれば化学肥料を使わなくても速効性や持続性が期待できる肥料です。 比較的簡単にできますので、有機栽培を始めたいという方は、米ぬかを使ったぼかし肥料を作ってみてはいかがでしょうか。

次の