小豆 スピリチュアル。 冬至2019年はいつでスピリチュアルな意味は?かぼちゃと小豆とゆず湯って?

江原啓之さんの言う運が良い人の近くにいると運を引き寄せられるという事実の落とし穴って?

小豆 スピリチュアル

すべての人には、人類共通の「使命」がある まず、わたしたち人間には、すべての人に共通する大きな「人生の使命」があると言えます。 では、愛とは何か? これが「愛」です。 ちなみに、「大好き! 大好き! つまり、まずわたしたち人間は、全ての人に共通する「愛で生きる」という使命があるのですね。 といっても、人は全員が違った宿命を持っていますし、因果だって、皆それぞれが違うのです。 そのため、「愛に生きる」のが人生の使命とは言っても、「どういった方法で愛を発揮するのか? 」というのは、皆それぞれで違うのですね。 では、それぞれ違う人生で、「自分の使命」を知るには、どうしたら良いのでしょうか? この答えを書きますと、 使命とは、人生の道すがらで自然に解るものなのです。 昔、「自分探しの旅」なんてのが流行った時期がありました。 では、どうして皆んな自分探しをしたがるのかと言うと、「自分には何か使命があるのではないのか? 」という疑問を、心の中で持っているからなのですね。 つまり、「自分は何のために生まれてきたのだろう? 」とか、「自分が人生でやるべきことは何なのか? 」といったことを、皆知りたがっているのですね。 しかし、わたしに言わせれば、自分探しの旅なんてしなくても、自分のやるべきこと、つまり「使命」は、勝手に解るようになっているのです。 ただ、わたしたち人間は人生80年言われるように、かなり長生きです。 それどころか、今後は、医療テクノロジーの進歩によって、人生は100年になっていくのですね。 という事は、仮に50歳まで生きたとしても、まだ人生の半分なのです。 よく20代や30代の方が、「自分の人生の使命や目的は何なんだろう? 」と悩むようですが、わたしから言わせれば、まだ人生の半分も生きていない様な人が、自分の使命が解ることなんて方が稀なのです。 何故かと言いますと、わたしたちは「学び」を行うためにこの人間界に転生しているわけであり、今20代や30代の方なんて言ったら、まだまだ学びの途中段階なのです。 学びの途中段階にいる人が、他人に愛を発揮する為の「自分の使命」に気づくことなんてのは、ごく稀であり、多くの人にとっては、自分の魂を磨く期間なのですね。 そのため、今30代や40代の方も、自分の使命がわからないなんて方は、言ってみれば当然であり、そんな方は、使命以前に、「今は自分を磨く時期なのだ」という事なのです。 たとえば解りやすいのは、有名なスポーツ選手や、ミュージシャン、社会の仕組みを変えていくような異端児、イノベーター、会社経営者など・・・ こういった人は、傍から見ても解りやすい「自分の使命」に気づく人であると言えます。 そして、こういった人たちは、各々の方法こそ違えど、その最終目的は「愛」なのです。 たとえば、スポーツ選手は、自らの天才的プレーによって人々を感動させます。 ミュージシャンも、音楽によって多くの人を感動させます。 これらは、すべて「愛のある行動」です。 社会に変革をもたらすイノベーターや経営者も、「世の中をもっと便利にしたい」とか、「人々の為になることをしたい」と願う「愛の志し」で動いてるのですね。 しかし、こういった傍から見たわかりやすい行動を取る人を見てしまうことにより、「自分も〇〇さんみたいに、なにか大きな事を成し遂げる使命があるはずだ! 」と考えてしまう人もいるんですよね。 ただ、実際は、このように解りやすい使命を持った人なんてごく一握りしかいません。 と言っても、すべての人には「愛を指針とした使命」がちゃんとあるのです。 たとえば、会社で営業職をやっているサラリーマンの方も、自社の商品によってお客様を幸せにしたいと願う「愛の精神」で動かなければなりません。 専業主婦をしている方は、旦那さんがより稼げるような男になるためにサポートするという愛の精神で行動するのが正解なのです。 子育てをしている方が、「子供を幸せにしたい」と願うのも愛の精神です。 つまり、 多くの人にとっての人生の使命とは、最初に書いた「愛に生きる」と言うことそのものであり、それ以上でもそれ以下でもないのですね。 ただ、どのようにして「愛」を発揮するのか? という方法は、人それぞれの宿命によって違うのですが、その事に、人生の中盤で気づけるかどうか? という事なのです。 たとえば、わたしの場合ですと、子供の頃から絵を書くのが好きでしたし割と得意だったので、若い頃はイラストを描く仕事もしていたのですね。 でも今は、イラスト描きは一切やっていなくて、Web関係の仕事をメインでやっています。 これも、お客さんに対しての「愛のある行動」であり、わたしは「仕事」という活動を通して、自分の使命を遂行しているわけです。 同時に、このブログの運営も、多くの人を不幸から開放して幸せにしたいと願う「愛」でやっているわけなのです。 最近は、仕事よりも、こうして記事を書くことのほうが、より自分の使命に忠実なんじゃないか? 仕事をしている人は、自分が今やっている仕事こそが、お客さんに対する愛を発揮することであり、それがあなたの使命なのです。 定年退職して仕事をしていない方も、家族や知人を含めて、周りの人に対して明るく接するとか、親切にする、といった愛ある行動を取ることが、あなたの使命であると言えます。 そのため、無理に悩んで「自分探し」とかする必要も無いのですね。 4、人生後半に差し掛かったら、この記事に書いてあるような事を「今度は人に教える」という事が、更に愛ある行動を取ることであり、それもまた人生の使命と言える。 読んできただき、ありがとうございました! 2017. 2019. 2019. 」というお題で、あらた[…]• 2019. 28にYoutubeにて動画公開した内容を、文字起こししたものです。 こんにちは、スピリ[…]• 2018. 2019. 自分には価値がないと思っていないかチェ[…]• 2020. 30にYoutubeにて動画公開した内容を、文字起こししたものです。 こんにちは、スピリチ[…]• 2018. 2018. 2018. スピリチュアルで不幸になる人の[…] コメント (6件)• こんにちは! コメントは初めてになります。 この度のお話もとても共感いたしました。 人は皆、人生の主人公なので主人公らしく 何か特別なことをしたい。 特別でありたい。 な思考がありますよね。 なので、今回ような記事を読んだ方、 ライトワーカーの使命が気になった方の 全員が、 これらの言葉をすべてメッセージと思い 行動すべきなのかと思います。 知った時点で動けみたいな。 そのほうが、世の中もっと早く良くなる気がします。 今後も素晴らしい記事を 楽しみにしております。 ありがとうございます。 記事カテゴリ• 118• 141• 16 最近の投稿• 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020.

次の

意外と奥深いスピリチュアルの世界。占いやジンクスに潜む意味 | 女性の美学

小豆 スピリチュアル

赤飯、あんこ、汁粉など日本人にとって なじみが深い小豆ですが、 栄養分に優れた豆類であり、 免疫力を高め、デトックス効果を 促進してくれる食材と言えます。 赤い小さな粒に含まれた 力は強力なものがあります。 健康的な豆と言えば大豆… と思い浮かべる人が多いですが、 実は小豆こそ健康に優れた豆類とも言えます。 特に今回はそんな小豆から作られる 小豆の赤汁について詳しく紹介します。 そんな小豆は日本では古くから愛され また中国の漢方医学でも 小豆は重宝されていました。 漢方学における小豆の効能 漢方の考え方では、 水毒は不必要な水分が体内にたまった 「痰飲(たんいん)」という状態のこと、 身体の各部分でむくみ、冷え、 アレルギー、鼻水など いろいろな症状が出ます。 水分が余っているのなら 水分を控えれば良い、 と安易に考える人も多いのですが、 それは短絡的過ぎます。 水毒を抑えるのは水分摂取 そういう訳ではないのです。 過度な水分制限は 脱水症状を引き起こすこともあり、 適切な免疫力、健康管理のために 適切な量の水を飲むのは大切です。 余分な水分を排出する小豆の力 つまり、最も大切なのは、 余分な水分をスムーズに排出 できるように体質を変えること。 そこでおすすめなのが 「小豆の赤汁」なのです。 小豆には優れた利尿作用があることが、 昔から知られていますが、 これは、小豆の外皮に利尿や便通を促進する サポニンという成分が含まれているからです。 中国では処方名を「赤小豆(せきしょうず)」と呼び、 生薬としての長い歴史もあります。 漢方における小豆の効果は ズバリ水毒の解消です。 小豆の赤汁のデトックス効果 「小豆の赤汁」は、 一晩水につけた小豆を ゆでた煮汁のことで、 小豆の赤い色が煮汁にうつっているので 赤汁と呼びます。 漢方では、小豆の有効成分は 皮に含まれているとされ、 その多くは水溶性です。 「小豆の赤汁」の成分には、 皮に含まれる有効成分が たっぷりととけ込んでいるという訳です。 飲む量は、1日にコップ1杯 むくみが強くなる午後や、 こってりとした食事をとる夕食前に 飲むのがおすすめです。 小豆の赤汁の作り方 甘みをつければ お汁粉のように美味しいですが、 ここでは健康のため、 甘みなどはつけず、 そのまま飲むことをオスメします。 どうしても甘みが欲しい場合は 身体を温める働きのある なつめか黒砂糖を加えると良いでしょう。 ・小豆の赤汁の作り方 材料(2~3杯) ・小豆…おおさじ4 ・水…900ml 作り方 ・ステップ1. 豆はさっと洗ってから ボールまたは鍋に入れ、 分量の水を加えてそのまま 一晩おきます。 ステップ2. ステップ1.を鍋に入れ火にかけ、 約30分煮ます。 途中あくを取り、 豆をのぞいて出来上がりです。 …以上を参考に、 水毒に効果のある小豆の赤汁の 成分で免疫力、デトックス効果を 高めて行きましょう。

次の

自分で出来る霊障から身を守る対策。生き霊や低級霊のお祓い方法。

小豆 スピリチュアル

2019 冬至 北半球. 13:19 12月22日日曜日 時間はすべて日本時間です。 中国では冬至を境に太陽の力が復活するという考えから、 『易経』には「一陽来復」という言葉が残されています。 また古代の中国では、冬至の日を一年の始まり、 太陽の復活の日として暦を読んでいた事もあり、 冬至の日はおめでたい日とされてきました。 昔からこの日を一年の境目として祝う習慣があり、 旧暦11月1日が冬至にあたった年は、「朔旦冬至」と言って特に喜ばしいとされ、 宮中では祝宴が催されたと言います。 クリスマスは、太陽の復活を祝う古代ヨーロッパの祝祭と、 キリストの生誕が結びついたもので、 その年の冬至が12月25日だったため、 諸説あったキリストの降臨日が12月25日になったといわれています。 2018-11-09 11:41 冬至のスピリチュアルな意味は? 冬至は、1年で昼が最も短く、 夜が最も長い日とされています。 つまり暗い闇の時間が最も長い日。 いわば「闇の日」といったところでしょうか。 陰と陽でいえば、「陰」が最大化する日ですね。 こう聞くとなんだか開運には程遠い、悪い印象を持つかもしれませんが、 陰=悪、というわけではありません。 東・西、男・女、のように、陰・陽も、 ただそういった両極の性質であるというだけ。 暗い闇でじっとしている期間がなければ、 植物の種も芽を出しませんよね。 また、見方を変えればこの日を境に、 どんどん昼の時間が長くなる、スタートの日です。 冬至にスピリチュアルな意味があるということですが、 スピリチュアルとはどういう意味なのかご存知ですか? スピリチュアルとは、ラテン語のspiritusに由来する、 キリスト教用語で、『霊的であること』『霊に関するさま』 また、英語では、『宗教的な』とか『精神的な物事』ということとされています。 冬至は、二十四節気のうちの七十二候に分けられた季節を表す名称で、 天文学という自然科学の一分野でも定義付けられている呼ぶ方です。 スピリチュアルという抽象的な概念に対して、自然科学という学問との繋がりは、 今一つ感じにくいのですが、古くからの言い伝えや風習には、 科学では表現しきれない部分があるようです。 冬至は太陽の力が一番弱まった日であり、この日を境に再び力が甦ってくる。 昼間の時間が一番短いけれど、明日からは少しづつ、昼間の時間が長くなる。 まさにv字回復的な気分になります。 冬至に向けて 陰がどんどん大きくなってきていたものが 冬至で極大し、 冬至を過ぎると 陽がどんどん強く大きくなっていくわけですね。 このことを一言で表す、冬至の別名が 「一陽来復 いちようらいふく 」 これからどんどん幸福がやってきますよ、 運気が上昇しますよ、という、パワー溢れる言葉です。 冬至になると特別な「一陽来復御守」を頒布する神社もあります。 また、世界に目を向けてみても、 夏至や冬至に合わせて造られた建造物はたくさんありますし、 冬至に合わせて神事が行われていた文明は数多くあります。 風水発祥の地である中国でも、 その昔 冬至を1年の始まりとしていた時代もあったり、 冬至には宮中で祝賀儀式が行われていたなど、 古来から人々は冬至をとても重視してきました。 最近の日本では冬至はせいぜい 「ゆず湯に入る日」「かぼちゃを食べる日」というイメージぐらいで、 それすら実際しない方も多くなってきているようですが、 冬至は1年に1度の、運気が好転・上昇する「スタートの日」なのです。 とにかく冬至に運気を好転させるチャンスがあるなら、 そのチャンスが存分に活かせるように必要なもの、 それはやっぱり健康です。 その健康のためには、 かぼちゃも柚子湯も力強い味方になってくれそうです。 2018-09-28 19:53 冬至にかぼちゃを食べたりゆず湯に入る由来は? 冬至には、かぼちゃ・小豆粥などを食べるという習わしは、 この日に村里を巡って春を呼び戻すという神の子を祀り、 その供え物を神様と一緒にいただく『直会』の風習からきていると言われています。 冬至にかぼちゃを食べるという習慣は、野菜が不足しがちなこの時期に、 ビタミンやカロチンを補給するという目的があります。 現代と違って、年中食べ物が手に入らなかった時代には、 夏場に収穫したかぼちゃの中でも出来の良いものは、 冬場の栄養源として大事に保存して食したのです。 こうしたことから、この日にかぼちゃを食べると、 風邪を引かないと言われるようになったのです。 html 昔から冬至に「ん」のつくものを食べると「運」がつくといわれ、 食べられてきました。 『ん』の付く食べ物というと、 ・南京(なんきん=かぼちゃ) ・にんじん ・だいこん ・れんこん ・うどん ・ぎんなん ・きんかん などのことで、これら7種類の食べ物を、冬至の七種 ななくさ と言ったそうです。 冬至の七種を食べると縁起が良いということですが、 全部の食材を一つにして食べる鍋焼きうどんや、けんちんうどん、 おでんにしてもいいかもしれません。 体も温まって風邪もひかないかもしれません。 ここで『きんかんは?』となりますが、 きんかんは昔おばあちゃんが、 のどが痛いときに氷砂糖ときんかんを煎じて飲ませてくれました。 きっと喉の炎症にきんかんが効くのだと思いますが、 きんかんゼリーなどのデザートとして食べればいいですよね。 ん(運)が付くだなんてただの語呂合わせのようですが、 季節のもの・旬のものは栄養価も高く、その時期必要な栄養素が摂れるということで、 昔の人の知恵なのではないでしょうか。 是非とも冬至には冬至の七種を少しでも食事に取り入れて、 体はポカポカ、運気もパワーアップしましょう! また、「金柑」と「銀杏」は、「金銀財宝に困らない」ということで、 金運アップにおすすめです。 まあるい形も金運の象徴ですしね。 ところで、冬至にかぼちゃを食べる由来もそうですが、 げん担ぎ以外でもその理由はあるそうです。 かぼちゃは本来夏の野菜です。 貯蔵が効くので冬まで美味しく食べられるのもそうですが、 元は南方から渡ってきた野菜である事から、 夏や南は陽の気を持つものとして、 一年でもっとも陰(太陽の力が弱い日)に陽を多く含む物を食べる という意味もあるのです。 ・ゆず湯に入る! 定番ですが、冬至のゆず湯はぜひ入りましょう。 冬至の頃からは寒さも厳しくなり、 風邪やインフルエンザも猛威をふるいますよね。 ゆずには風邪予防に良いと言われるビタミンCやリモネンが含まれていますから、 これらが溶け込んだゆず湯でしっかり体を温めると、 湯冷めもしにくくなりますし、季節的にも最適です。 また、 昔は今と違って毎日のようにお風呂に入らなかったので、 お湯に浸かる事自体がお浄めの意味があったようですが、 そこにさらに香りの強い柚子を入れる事によって、 邪気を払うといった意味もあったようです。 また、融通が効く湯治=柚子が効く冬至 といった語呂遊びの要素もあったと言われています。 2k件のビュー• 3k件のビュー• 1k件のビュー• 3k件のビュー• 14k件のビュー• 7k件のビュー• 2k件のビュー• 8k件のビュー• 8k件のビュー• 9k件のビュー• 9k件のビュー• 8k件のビュー• 5k件のビュー• 4k件のビュー• 1k件のビュー カテゴリー• 最近の投稿• メタ情報• お問い合わせ•

次の