バク 宙 死亡。 「バク転」と「バク宙」の違いとは?分かりやすく解釈

試合中の死亡事故

バク 宙 死亡

かつてのスターたちが大集結して話題を呼んでいるインディアン・スーパーリーグ。 その裏でインドからなんとも痛ましいニュースが飛び込んできた。 海外メディアが『Times of India』が配信した話として報じている。 インドのカウゾールという街で行われた試合で同点となるゴールを決めたピーター・ビャクサングズアラさんが悲劇に見舞われた。 23歳のビャクサングズアラさんは得点を祝うべく宙返りのセレブレーションをみせたが頭から落下してしまった。 ビャクサングズアラさんはこれによって脊髄を痛め、すぐさま病院へと搬送された。 (怪我に気付かなかった同僚がその上に飛び乗ったと伝えられているが、映像を見る限りそうは見えない) 病院の関係者が『Times of India』に語ったところによれば、医師が痛めた脊髄を修復しようと試みたが、容態が悪化しビャクサングズアラさんは日曜日に息を引き取ったという。 ビャクサングズアラさんは亡くなる前に自分の目を提供したとインド東部ミゾラム州のフットボール当局者は語っているそうだ。 (移植手術のために角膜を提供することに同意したということだろうか) 「ピーターはナショナルリーグでのプレーを夢見るとても才能豊かな選手だった。 彼の死は我々すべてにとってとてもショックなこと。 みな彼は回復すると思っていた」 また、『inkhel』によれば、病院で受けたCTスキャンの結果、脊髄は重度のダメージを負っていたそう。 首から下は麻痺しつつも少しずつ回復の兆しもみせていたというが、4日5晩に渡り戦った後に最後は力尽きたそうだ。 葬儀は月曜日に執り行われるとされている。

次の

スター集結のインド…23歳の逸材がバク宙に失敗し死亡

バク 宙 死亡

ここまで、 人によって簡単な方が違う事と、 2つの技が全くの別物だということをお伝えしました。 では、 先に練習するべきなのは 人によって簡単な方から練習した方が良いのか?というと、 必ずしもそうとは言えません。 僕の個人的な見解では、 まず"バク転"の方から練習するべきだと考えます。 それはなぜか? バク宙〜バク転の順番で 習得しない方が良い理由として2つあります。 変なクセがついて、なかなか修正するのに苦労するから• 恐怖心が強まるから それぞれどういうことか解説します。 バク転は 斜め後ろに跳ばなければいけないため、 跳んだ後の着手までの時間が長いバク転になってしまい、 地面をしっかり押せずに潰れてしまいます。 "斜め後ろ"に跳ぶ感覚は "上"に跳ぶ感覚より 難しいため、 先に習得した方が良いと僕は考えます。 バク転はバク宙に比べ 滞空時間が短く、 "着手"という運動も加わってきます。 そのため、バク宙に慣れてしまうと斜め後ろに跳んで "着手"するということに 恐怖心が強まってしまいます。 これは僕の経験として、実際に感じた事があるので、やはりバク転をまず習得し、恐怖心を無くす方が良いかと考えます。 バク宙の恐怖心はバク転に比べると小さいものです。 もちろん、個人差はありますしバク宙から練習した方が良い場合もありますので1つの意見として参考にして頂けたら幸いです。 変なクセがついて、なかなか修正するのに苦労するから• 恐怖心が強まるから というわけで今回は、 バク転やバク宙のどちらの方が簡単で、先に習得するべきなのはどちらなのかについて解説致しました。 ここまでお読みいただき誠にありがとうございます。 練習する際はぜひの方で動画だけご覧いただけますので、チャンネル登録して頂いてご活用ください。 あと、アクション映画のアクション・アクロバットシーンに挑戦するという謎の企画も上げているのでぜひこちらもご覧ください!.

次の

【悲報】ボディビル世界王者 バク宙に失敗して死亡 ※GIfと動画あり※

バク 宙 死亡

具体的なバク宙のやり方のレクチャーですが、 バク宙のやり方の流れとしては、• しっかりと腕を振り上げて上に飛ぶ• 高く飛んだ時に足を曲げて抱え込む• 足を抱え込んだ流れで後ろに回る• 足を伸ばして着地する このようになります。 この流れに沿って、バク宙のやり方とコツ、 練習方法のレクチャーをしていきます。 バク転と違って後ろに飛ばず、上に飛んで高さを出すことが大事なので、 必ず覚えておきましょう。 あと、バク宙は失敗すると大怪我に繋がる技なので、 必ず練習の際はマットなどを用意して失敗しても怪我をしにくいようにしてください。 しっかりと腕を振り上げて上に飛ぶ バク宙は上にジャンプすることがとても大事です。 高さを出さないと、上手く回れずに落下してしまいますので、 まずはしっかりと高く飛ぶ意識づけの練習をしましょう。 高く飛んだ時に足を曲げて抱え込む 高く飛んだら、次に足をしっかりと折り曲げて抱え込みましょう。 抱え込みが上手くできないと、空中での回転が上手くいかないので、 ここも重要なポイントです。 しっかりジャンプして高い位置で抱え込む練習もしましょう。 足を抱え込んだ流れで後ろに回る ジャンプして垂直に足を抱え込む意識が身についたら、 次は抱え込みながら、ジャンプした勢いを後ろに流しながら回転します。 この際に、 後ろに飛ぶようにすると高さが出なくなるので、 上に飛んで回る意識が大切です。 上に飛んで後ろに倒れながら足を抱え込むと、 自然と回転するので、後ろに飛んで回転する必要はありません。 足を伸ばして着地する 着地の際は、抱え込んだ足が地面に向くように回転しながら地面に着地します。 この際に、足を伸ばさないと着地がカッコ悪い&うまく着地できなくなります。 さらに 足を曲げて着地すると、膝で顎を打っちゃいますので、 抱え込んだ足を回転から緩やかに伸ばして着地しましょう。 一連の流れでバク宙の完成 一連のやり方を覚えたら、バク宙にトライします。 しっかりとコツやポイントを意識して飛んで、 バク宙を完成させましょう。 バク宙ができない場合 バク宙を練習してもうまくできないという方は、 ・怖くてうまく飛べない ・背中or頭から落ちる ・着地が上手くできない のどれかだと思います。 この3つに関しての対処方法を説明します。 怖くてうまく飛べない また、バク宙もその場でいきなり飛ぶことは結構ためらってしまいがちになるので、 動画のようにロンダートから飛んでみると思い切りがついて飛びやすいです。 背中or頭から落ちる 背中・頭から落ちる場合は、 高さが出ずに回転しているか、回転する感覚を掴めていないので、 しっかりと ジャンプしてから腰を軸に回転する練習を心がけましょう。 着地が上手くできない 着地が上手くできないのは、 体を丸めたまま着地しているか、 伸ばすタイミングが早いかなので、 足が上に来たタイミングで緩やかに体を伸ばしていくようにしましょう。 バク宙ができたら フォーリア(バッファロー)、コークスクリューなどの他のアクロバット技もチャレンジして習得しやすくなります。 また、バク宙でアクロバットに対する恐怖心がとれたらもっと様々な技にもトライしてみてください。 この記事を読んだ人におすすめ•

次の