ロフト 暑 さ 対策。 ロフトの暑さ対策について

夏に買うべきはコレ! 暑さ対策「ひんやりグッズ」おすすめ10選

ロフト 暑 さ 対策

自分なりの使いかたができるロフト ロフト付きの物件は今でこそ一般的ですが、賃貸物件でロフトのついた物件が見られるようになったのは、1980年代の好景気時代です。 今まで実家暮らしだった学生などが大学や就職といった形で一人暮らしをするときは、ワンルームや1kといった間取りを選ぶことが多いですよね。 そうした若者をターゲットにして限られたスペースで快適な部屋にすべく、ロフトを採用したアパートが建てられました。 友人の家に遊びに行ってロフトがあると、どこかおしゃれに見えたものです。 ロフトは天井を高くとり、屋根裏にできる空間が生まれました。 空間はあるものの、建築基準法上では居室とは認められていません。 しかし、収納スペースにしたり、あるいは寝室として使うなど、空間を十分に活用できる方法はいくらでもあります。 こうした自分なりの使い方ができるのも、ロフトの魅力ですよね。 次項では、ロフトの活用方法をご紹介します。 暑い寒いなどの温度対策も併せてご覧ください。 暑い季節や寒い季節にしか着ない衣類はロフトで収納 一人暮らしで必要となる広さは、8畳ほどともいわれています。 部屋数は多い方がいいとの意見もありますが、毎月の家賃を抑えることも考えなければなりません。 そうなると、一人暮らしでワンルーム、1kに住んでいる方は全体の半数を超えるのではないでしょうか。 しかし、生活をするための家電製品や衣類などを部屋に置くと、部屋のスペースはどんどん狭くなります。 暑い季節にしか使わない水着や、寒いときにしか着ないコートなど、部屋に置いておきたくないといった悩みもでてきますよね。 そこでロフトが活用できます。 オフシーズンの衣類や日用品のストックなど、ロフトに収納すれば部屋を広く使えます。 ただし、生活で生じる匂いは上に上がりやすいため、衣類は衣装ケースに入れて収納し、防虫剤を入れるのも忘れないでくださいね。 扇風機やヒーターなど、季節ものの家電製品をロフトの物置に収納している方もいらっしゃいますが、あまりおすすめしません。 なぜなら、上から下に降ろしたり、下から上に上げたりと、重いものを運ぶのは大変です。 運ぶ際にバランスを崩してしまうと危険ですから、重いものはロフトに上げないようにしましょう。 ロフトを寝室にするときの注意点 物置以外で多いのは、ロフトを寝室として活用する方法です。 ロフトを寝室として使うと、部屋のスペースが広くとれます。 部屋が広くとれると、友人や恋人を招きやすくなりますよね。 そして、秘密基地で寝ているような楽しさも味わえます。 一方、ロフトを寝室にしている方の意見を聞いてみると、ロフトのはしごを上り下りするのが面倒という声もありました。 普段の生活であればはしごの上り下りも慣れてきますが、風邪をひいたときはどうでしょうか。 先ほど重いものをロフトから運ぶことが危険とお話ししたとおり、足を踏み外して怪我をしては大変です。 ロフトを寝室にしたいというかたは、こういったときでも対応できるように、部屋でも横に慣れる環境を整えていきましょう。 また、ロフトは夏に暑い、冬はロフトがあって天井が高く、下の部屋が寒いという声もあります。 何か対策はあるのでしょうか。 夏場は寝れないほど暑いロフト さまざまなことに活用できるロフトは夏に暑く、冬は暖かい空気がロフトに流れるため、下の部屋が寒いという点があります。 ロフトが夏に暑い理由のひとつに、天井や天井裏の熱が関係しています。 とくに、アパートの2階や3階など、屋根から近いロフトは天井や天井裏にこもった熱を感じやすいのです。 断熱シートの有無によっても熱の伝わり方は軽減できるので、引っ越しを考えている方であれば、夏場の暑いときに内見してみるのも手段です。 しかし、夏のロフト状況を知らずに引っ越したかたや、今まさに暑さに困っている方は、どうしたらよいのでしょうか。 暑い空気は上に溜まりやすく寒い空気は下に溜まりやすい ロフトの気温が高くなってしまう原因は、部屋の上部に溜まりやすい暑い空気によるものです。 この暑い空気を循環させることがポイントになってきます。 天窓があれば、定期的に窓を開けて、暑い空気を逃がしましょう。 このとき、下の部屋の窓も開けておくと、空気の流れができて効率良く暑い空気を外に出せますよ。 また、天窓がなかったり、空気を部屋全体に循環させたいときは、サーキュレーターがおすすめです。 サーキュレーターは真っすぐ風を送ってくれるので、ロフトにこもっている暑い空気を循環させてくれます。 扇風機よりも遠くまで風を送れますし、片手で持ち上げられるコンパクトな商品が多いため、ロフトに上げやすいといった面もありますよ。 また、ちょっとした裏技ですが、ペットボトルに水を入れて凍らせたものをサーキュレーターの前に置くと、涼しい風に感じるため、過ごしやすくなります。 ペットボトルは結露しますので、結露した水滴が床に付かないように、少し深さがある器に乗せましょう。 エアコンを付けっぱなしで寝ると寒いという方は、ぜひやってみてくださいね。 下の部屋が寒いときは床と窓に対策 暖かい空気は上に溜まりやすく、反対に寒い空気は下に溜まる傾向があるとお話ししました。 暑い季節のときはロフトを寝室にするとダイレクトにこもった空気を感じてしまいますが、冬は下の部屋で寝るよりも暖かく感じるかもしれませんね。 しかし、ロフトがあることで天井が高くなることから、下のフロアが寒いといった現象が起きます。 暖房器具を使っていても、なかなか部屋が暖まりません。 そんなときは、床や窓に対策することがポイントです。 まず床ですが、フローリングの部屋にアルミシートを敷いてから、カーペットを敷きましょう。 たったこれだけで、部屋が温かく感じます。 足からくる冷えや暖房効率も上がるので、お試しください。 続いて窓対策ですが、一番安く効果的なのが、梱包用のクッションシートです。 プチプチとも呼ばれるシートを、マスキングテープや両面テープを使って窓に貼り付けるだけで、断熱効果が高まります。 貼るときは、プチプチした面を窓に付けましょうね。 また、暑さ対策でお話ししたサーキュレーターも、空気を循環させるため、暖房器具と一緒に使うことをおすすめします。 上手にロフトを使おう ロフト付きの物件は、温度対策を行えば有効活用できます。 1部屋なのに、2部屋分の使いかたができるなんて、とてもお得ですよね。 せっかくのロフトを使わないのは、もったいないです。 暑さや寒さ対策を行って、あなたの使いやすい空間を作ってみてください。

次の

30cm四方の涼感スペース 目から味わう涼しさでエコな暑さ対策を

ロフト 暑 さ 対策

ロフト付きの部屋って憧れますよね? 私も田舎から上京する時、ロフトに憧れてロフト付きのアパートを借りました! だって、階段を登ってそこで寝るなんて、秘密基地みたいで楽しそうじゃないですか! でも、夏になると、 高い位置にあるロフトはとても暑くて、 「都会の夏ってこんなに暑いのー!? 」と思ったことを覚えています。 もう少し涼しく出来ないものか… 熱は上にこもるので、どうしてもロフトは暑くなっちゃうんですよね。 「こんなんじゃ眠れない! 」結局ロフトは物置きになってしまいました。 夏に暑いということは、冬には温かいということなので、 夏は物置に、冬は寝床につかうのもいいかもしれませんが、 荷物の引っ越しも大変だし、何より、あの秘密基地みたいなロフトで寝たい!! そんなあなたのために、 ロフトの暑さ対策をまとめてみました! スポンサーリンク エアコンは扇風機と一緒に使うと省エネに! 部屋にエアコンがあるなら エアコンを付けましょう! エアコンはどうしても電気代がかかるイメージで、 敬遠しがちですが、 扇風機と併用することによってエアコン効率がぐっと上がります。 冷気は下にたまるので、 下から上に向かって扇風機を回します。 そうすると空気が循環して、部屋全体の温度がうまく下がるのです。 この時、直接ロフトの方に扇風機を向けず、 反対側の壁に向けるようにしましょう。 エアコンをかけた部屋で直接体へ向けて風を当てると、 体が冷えすぎる原因になります。 エアコンの 設定温度は26度から28度を目安に、 自分に合った温度設定にしてください。 次に風量についてです。 微風や弱風が風も弱くて節電されるように思われがちですが、 実は 一番電気代がかからないのは「自動」に設定することです。 エアコンは、設定温度まで温度が下がるまでが1番電気代がかかります。 ですのでその間、ダラダラと温度を下げていたら 逆に電気代がかかることになるのです。 自動にしておけば、設定温度までは一気に下げてくれて、 そこからは弱い風に切り替わるので1番節約になります。 エアコンを タイマーにして寝る場合、 3時間以上の設定にするようにしましょう。 なぜかというと、しっかり冷えたように感じる部屋でも、 日中、壁や天井に溜まった熱が、また温度を上げてしまうからです。 これでは、せっかくエアコンをつけて寝たのに、 明け方には暑くて寝苦しいということになってしまいます。 なので、エアコンを付けて寝るときは、 押し入れやクローゼットを開けて、 壁や天井もしっかり冷えるまでエアコンを回しましょう。 換気扇を有効活用して部屋の温度を下げる もし、エアコンは電気代がかかるのでなるべく使いたくないという場合は、 換気扇で空気を入れ替えるという方法があります。 まず、部屋の 窓を少しだけ、5センチくらい開けて、換気扇を回します。 換気扇は、部屋についていなければ台所の換気扇でも構いません。 換気扇を回すと、窓の隙間から勢いよく外の空気が入ってきて、 中にこもった熱気を外に出すことができます。 窓は少しだけ開けたほうが、勢いよく空気が入ってきます。 その時、 窓の隙間の前に扇風機を部屋に向けて回すと、 満遍なく部屋を冷やすことができます。 私は寝る前に換気扇を回すようにしています。 お風呂に入るときに換気扇を回しておけば、 寝るときに部屋がぐっと涼しくなっていますよ。 ですが、この方法には デメリットがあって、 1つめは、 外が雨の日や、夜の気温が25度を超えるような熱帯夜の場合、 全く効果がないからです。 この場合、 熱中症などの心配もありますので、 エアコンをつけたほうがいいかもしれませんね。 もう一つは、 窓を開けながら寝ると、不用心だと言うことです。 一階に住んでいて、なおかつ鉄格子が無いような窓の場合、 開けっ放しにして寝るのは難しいと思います。 この場合、部屋が程よく冷えるまでの間換気扇を回しておいて、 寝るときはエアコンにシフトするという方法のほうが安心ですね。 スポンサーリンク 日中、熱を極力部屋に取り込まない 熱は、7割が窓から、その他、換気口や壁、天井から部屋に侵入してきます。 まずは窓から熱が部屋に入らないようにしましょう! アパートだと、窓にすのこをかけるのは難しいと思います。 私も、洗濯物を干す為に外に出るのに邪魔になるので、 結局外してしまいました。 ネジで固定することもできないので、 ベランダの他の窓にかけるのも、難しそうですね。 アパートの日除け対策だと、 遮熱シートか、シェードがオススメです。 このシェードは、 外に取り付けるカーテンのようなものですね。 これなら、物干し竿からベランダの縁に渡してかけれるし、 内側には洗濯物も干せます。 私も、100円均一のシェードを買ってきて、ベランダに取り付けていました! 程よく日差しが遮られて涼しいですよ。 日差しが強いときは霧吹きで濡らしておくと、 蒸発するときに放熱してくれるのでオススメです。 遮熱シートは窓に貼るタイプのものです。 窓によっては遮熱シートを貼れないものもあるので、 不動産屋さんに確認してから貼ったほうがいいかもしれませんね。 まとめ それでは、暑い夏、 ロフト付きのアパートで快適に過ごすための方法を振り返ってみましょう! こんにちは、たかふみです! ぼくは小3のときに発達障害と診断され、周りにバカにされながらも何とか生きてきました。 21歳のときに何故か急に足が痛くなって100mも歩けなくなってしまったこともありました。 ある時、医者を疑わずに 20年間飲んでいた病院の薬が覚醒剤みたいなものだった ということを知ったんです。 「マジかよ!」と思って猛勉強しました。 そしたら、分かったんです。 日本には間違った健康常識で溢れかえっていることを! ぼくもついこの前までウソの健康常識にうまく操られてきた1人です。 学校やテレビでは正しい健康知識を学べなかったんです。 自分と同じようにつらい思いをする人が少しでも少なくなればいいなと思って 勉強してきたことや過去の体験を発信していきます。

次の

夏に買うべきはコレ! 暑さ対策「ひんやりグッズ」おすすめ10選

ロフト 暑 さ 対策

サーキュレーターとは!?扇風機との違いは? そもそもサーキュレーターってなんだよって事にちょっと触れると、サーキュレーターとは循環機?みたいな感じです。 扇風機が体に直接当てて冷やすのに比べて、サーキュレーターは室内全体の空気を循環させて部屋全体を冷やします。 そのため扇風機は広い面に柔らかい風を送る感じですが、サーキュレーターは強い風を一点に送る感じになっております。 いやいや、たかがサーキュレーター如きで冷えないでしょ!?って思われるかもですが、これがまぁ意外にも冷えるんですね。 当たり前ですが、冷房と組み合わせて使うことでより一層部屋が冷えますし、熱がこもりがちなロフトの暑さ対策にもなります。 リンク サーキュレーターのメリット 上にもうすでにちょろっとメリットを書いてしまいましたが、改めてサーキュレーターの実力について書いていこうと思います。 実は僕は最初は自分の体に直接当てて扇風機のように使っていたのですが、本来の使い方を試してみようと思い、 部屋の上の方に向けて首振りで使ってみたら本当に部屋全体がひんやりしました。 本当驚きました。 なんかサーキュレーターの回しもんみたいになりますが、体感2度くらい涼しくなる感じです。 もちろん真夏日なんかはエアコンと併用しないときついですがエアコン温度を27度くらいでも十分部屋全体が涼しくなります。 エアコンが1時間3円~30円近い数字らしいので、それだけでもサーキュレーターの電気代の安さがわかりますよね。 朝とかそこまで暑くない時間帯はサーキュレーターだけで全然過ごせますので、大分電気代の節約になるのかなと思います。 サーキュレーターって扇風機と比べてかなり小型なので、持ち運びも簡単です。 我が家の足場が悪い梯子でもサーキュレーターなら普通にロフトまで持ち込めます。 去年はロフトが暑すぎて寝れない為、下のソファーで寝て体バッキバキなんてことがよくありましたが、今ではロフトで普通に寝れております。 というか冬こそ真価を発揮するとか・・ 空気を循環させるサーキュレーターは冬場上にたまった暖気も循環させ、部屋全体を均一な温度にしてくれるらしいです。 冬場ってやっぱり足元冷えますもんね。 それが解消されるならそれこそ最高ですよね! ただこれに関してはまだ試してないのでわかりかねますが。。。 どうしても雨で外に干せない時ありますよね。 そんな時は洗濯物に風を当てれば乾く時間が早くなり、生乾き臭も軽減されます。 浴室乾燥機よりも断然安い電気代で使えるので、お財布にも優しいです。 まとめ サーキュレーターは本当に買ってよかった という訳でサーキュレーターを買ってよかった!って話でした。 いや本当にこれは良い買い物をしたな!と自画自賛できる代物です。 ほぼ毎日使っていますし、1年中使えるのは本当重宝しますよね。

次の