ラインモバイル 非通知。 LINEでメッセージの通知を切る方法とトーク履歴の削除方法

ラインの通知とは?ポップアップでの内容表示・非表示設定・着信・音の変更などLINE通知まとめ

ラインモバイル 非通知

通知が出る2つの場所• ロック画面(スマホの待ち受け)• (iPhoneはさらに画像・スタンプも表示できる) オフにしているとただ「」とプッシュ通知が出るだけです。 それに対してLINEアプリのアイコンには「点」や「数字」が付きます。 ちなみにAndroidの点は「通知ドット」でiPhoneのは「通知バッジ」という名前です。 マニアックですね(笑) ・の設定については別ページでやり方を詳しく紹介しています。 そちらもぜひ読んでみてくださいね。 トークを開かなくても通知だけで既読を付けずに読めるの?【ポップアップ】 ・がわかったところで、続いてはポップアップ通知についてです。 ラインを開いていないときにスマホ画面に出る表示では トーク内容の全文を読むことは不可能となっています。 LINE内で「メッセージ通知の内容表示」をオンにしていれば、既読を付けずに最初の部分だけはチラッと確認できますよ。 いい機能だったんですけどね・・・残念ながら廃止になってしまいました(涙) もし既読を付けずに中身を見たいなら「未読で読むアプリ」を入れれば可能ですよ。 は別ページで詳しく紹介しているので、ぜひそちらも読んでみてくださいね。 音が鳴らないときは?好きな音にできるの?LINEの通知音の設定について やについてわかったところで、ラストは通知の音にも触れておきますね。 LINEの通知が来たときに鳴る音は「この人はこれ、あの人からはこれ」というように個別の設定はできません。 でも、Androidなら じぶんのオリジナルの音をLINEの通知音に設定できます。 あと、音が鳴らないときはだいたい「LINEの通知音の設定がオフ」「スマホのLINEアプリへの許可がオフ」「スマホの音量設定がミュート」のどれかが原因です。 についても別ページでさらに詳しくまとめているので、ぜひそちらを読んでみてくださいね!.

次の

LINEで非表示にした友だちから通知は来るの?

ラインモバイル 非通知

Chromeでサイトを閲覧している時、下のような通知が来たことはありませんか? この場合はFacebookですが、「許可」をするとそのサイトの新着情報をChromeが通知してくれるようになります。 確かにそのサイトに興味がある人には便利な機能なのかもしれませんが、ほとんどの人はウザいと思うでしょう。 これはChromeの機能の一種ではあるのですが、Chromeが設定しているわけではなく、対象のサイトが通知設定をおこなっています。 実はこのブログでも以前導入していたのですが、ウザいだけで読者さんに迷惑だと思いやめました。 同じようにウザいと思う人も多いと思うので、今回はこの通知を非表示にする方法をご紹介します。 Chromeの通知を非表示にする Chromeの右上にあるメニューから「設定」をクリック。 一番下に「詳細設定」とありますので、そこをクリックして展開します。 「コンテンツの設定」をクリック。 「通知」をクリック。 初期状態だと「送信する前に確認する」がオンになっているので、これをオフにします。 オフにするとすべてのサイトの通知をブロックします。 ただし、こちらでブロックしても、すでに通知を許可しているサイトの通知はブロックされません。 その場合は個別にブロックをしましょう。 「許可」にしているサイトの横にある3つの黒丸をクリックして「ブロック」を選択すればOKです。 「削除」すると再度許可設定するのが面倒になるので、ブロックのほうが良いです。 再度「許可」にしたい場合は同じ操作で「許可」にしてください。 すべての通知をブロックしたけど、やっぱり通知を許可したいサイトがある場合は、個別に登録することもできます。 「許可」のところにある「追加」をクリックします。 許可したいサイトのURLを入力して追加します。 スマホ版Chromeの通知をオフにする スマホのChromeでも通知をオフにすることができます。 Chromeアプリを開き「メニュー」>「設定」から「通知」をタップします。 「ON」の部分をオフにすればOKです。 まとめ 今回は「Chromeで表示されるウザい「通知」を非表示にする方法!」をご紹介しました。 お気に入りのサイトがあって、そこの情報がすぐに欲しい時は便利かもしれませんが、正直通知ばかり来ても作業が中断されてウザいだけです。 興味ない人はブロック設定をしておいてください。 なにかわからないことがあれば、お問い合わせフォームよりご相談ください。 この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

次の

LINEゲームの招待やメッセージ、プレゼント通知をオフ(拒否)にする方法

ラインモバイル 非通知

1:こちらはソフトバンクです。 おかけになった電話番号への通話は、お客様のご希望によりお繋ぎできません。 2:こちらはソフトバンクです。 おかけになった電話番号への通話は、お客様の申し出により現在お断りしております。 3:この電話はお受けできません。 4:この電話はお繋ぎすることができません。 5:この電話はお客さまのご都合によりお繋ぎできません。 6:せっかくお電話いただきましたが、この電話をお受けすることができません。 7:電話番号をお間違えではないですか?この電話はお繋ぎできません。 8:おかけになった電話番号への通話は、お客様のご希望によりお繋ぎできません。 9:This is SoftBank. 出典: ソフトバンクの場合、ドコモやauと比べて少々手間がかかります。 事前にネットワーク暗証番号の設定が必要 LINEモバイルで電話の着信拒否機能を使うためには、最初に1回だけLINEモバイルのマイページから「ネットワーク暗証番号」という4桁の暗証番号の登録が必要です。 この、「ネットワーク暗証番号」の設定をしてから非通知拒否設定を行わないと、LINEモバイルの音声通話SIMを挿している端末から「148」の電話をかけても先に進むことができないのでこの点には十分ご注意くださいね。 ちなみに、すでに「ネットワーク暗証番号」の再設定をしたい場合はLINEモバイルのマイページから設定することができますよ。 それは、 公衆電話や海外からの電話は着信できてしまう点です。 ソフトバンクの回線を契約している端末のみ、自動的に非通知拒否設定をすることができません。 さらに、非通知でかかってきた電話に1秒でも出る必要があり、勇気が必要です。 ソフトバンクの場合はあくまで、かかってきた非通知電話に対して設定できる仕組みになっており、ドコモやau回線と比べるとやや不便かもしれません。 乗り換える際に非通知電話は自動的に拒否したい気持ちが強ければ、ドコモかau回線を選んで契約するようにすると良いですね。 まとめ いかがでしたでしょうか。 簡単に非通知拒否設定がしたい、という方にはぴったりですよね。 ただし、公衆電話や海外からの着信には適用されないことと、ソフトバンクの回線でlineモバイルを契約している方は月額100円のナンバーブロックサービスを利用して非通知の着信を自動的に拒否してしまいましょう。 大手キャリアに契約していなくてもこの、非通知拒否設定は使用可能ですので、非通知拒否設定に不安のある方はぜひ参考にしてみてくださいね。 管理人の私ばたおですが、これまで大手キャリア(ソフトバンク)のスマホを長年使い続けてきましたが、LINEモバイルに乗り換えた結果、年間10万円以上節約することに成功しました。 その体験談を次の記事で紹介していますので、乗り換えを検討されていらっしゃる方はご一読いただければ幸いです。 はじめまして、ばたおです。 長年大手キャリアの携帯電話を使い続けていましたが、 夫だけの給料では厳しく、子どもにお金がかかるので、 ここで家族で生活費の見直しをしようと、 それまで個人で月1万円以上かかっていた携帯代を見直し、格安スマホに乗り換え、 家族で年間10万円以上を節約することに成功。 それまで携帯代に消えていたお金が旅行代など自分の使いたいお金に変わりましたし、なんだか得した気分になれている、そんな毎日をおくれています。 むしろ、「もっと格安スマホに詳しくなろう!」と向上心を持つこともできています。 今はお金に多少の余裕も持てていますし、毎日前向きに生きています。 なんだかんだ、 「格安スマホに失敗しないで乗り換えたい」と考えるアナタへ 有力な情報を発信していきます。

次の