再婚 年金。 再婚した場合の新しい妻の年金

熟年離婚なら必ず年金分割を! 再婚後どのような影響があるのかについて弁護士が解説

再婚 年金

・配偶者(妻)死亡により「遺族給付」(遺族厚生年金とか遺族共済年金)を受給している者(夫)は、60歳未満も存在する ・ご本人が「障害給付」(障害基礎年金)を受給しているのであれば、20歳以上 とはいえ、答えは同じなので 遺族厚生年金を受給させるためには、ご質問者様と再婚相手の双方が次に書く条件に全て合致している事が必要です。 これをクリアした場合、残され妻は年齢に応じて次のように受給できます。 尚、ご質問文には「子」が登場していないので、「遺族基礎年金」は受給できない物としております。 この回答への補足 詳しい回答ありがとうございます。 私は60代後半で無職です。 年金は通常の自分だけの年金を受給しており特別な年金は受給しておりません。 亡くなった妻は3号被保険者でした。 再婚を考えている相手も3号で夫とは離婚、年金は基礎年金しかありません。 気になっているのは、「死亡した者によって生計を維持されていた」と言う点で、万が一再婚後一年も経たない内に私が死亡しても遺族年金は受給出来るのかといったことです。 もう一つは、年金改革案で厚生年金の半分は妻が支払ったと看做してはどうかという事が検討されたようですが、再婚相手は当然私の厚生年金の支払いには貢献していないので受給資格を問われるのではないかということです。 よろしくお願いします。 ご愁傷さまでした。 ご主人が亡くなった後の年金の選択肢は 以下の3つです。 奥さんの場合、再婚などの条件は特に 影響しませんが、年齢や年金の加入条件 で受給内容が変わります。 既に年金を受給されており、会社員と して、働いていた時期があると想定 しますと、以下の選択肢となります。 奥様の老齢基礎年金はどの程度 あるでしょうか? ご結婚前の国民年金の納付期間、 厚生年金などの加入期間。 ご結婚後の社会保険の扶養期間や 厚生年金の加入期間で決まります。 432ヶ月で702,900円です。 あと情報としては、ご主人の 老齢共済年金部分がいくらあるかが 必要です。 おそらくですが、老齢基礎年金は 70万~78万といったところでしょう。 とすると、年250万から老齢基礎年金を 引いた額、172~180万ぐらいが、 老齢共済年金となります。 奥さんの年齢、年金の加入状況により、 内容が変わりますのでご了承ください。 yuseikyosai. yuseikyosai. chikyosai. html Moryouyouと申します。 よろしくお願いします。 ご愁傷さまでした。 ご主人が亡くなった後の年金の選択肢は 以下の3つです。 奥さんの場合、再婚などの条件は特に 影響しませんが、年齢や年金の加入条件 で受給内容が変わります。 既に年金を受給されており、会社員と して、働いていた時期があると想定 しますと、以下の選択肢となります。 Q 遺族年金についてです。 妻は扶養です。 夫である自分が65歳以上になってから死亡した場合、遺族年金が支給されないと聞きました。 本当でしょうか?自分は厚生年金をに300ヶ月以上は納めています。 夫である自分が65歳未満で死亡した場合は、妻に一生、支給されるが、65歳以上で死亡した場合は支給されないため、生活に困ったら生活保護の申請をして下さいと書いているサイトがありました。 本当でしょうか?妻は扶養なため、妻の分としての国民年金は支払っていません。 扶養の妻に国民年金の支払い義務があるのかも、よくわかっていなかったため、妻の分として国民年金を払ったことがありません。 夫である自分が死んだとき、自分の年金が引き続き妻に支払われると思っていましたが、ネットで調査している内に、そうでない冷酷な日本の年金制度に辿り着きました。 本当でしょうか?先進国の日本で、こんな冷酷な制度で運営されているのでしょうか?教えて頂けませんでしょうか?妻と同じような専業主婦で国民年金を支払っていない方はたくさんいらっしゃると思います。 これでは妻を扶養している夫は65歳前に死亡しないと妻が生活できないことになります。 真実をお分かりの方、お手数をお掛け致しますが、どうか教えて下さいませんか。 お願い致します。 遺族年金についてです。 妻は扶養です。 夫である自分が65歳以上になってから死亡した場合、遺族年金が支給されないと聞きました。 本当でしょうか?自分は厚生年金をに300ヶ月以上は納めています。 夫である自分が65歳未満で死亡した場合は、妻に一生、支給されるが、65歳以上で死亡した場合は支給されないため、生活に困ったら生活保護の申請をして下さいと書いているサイトがありました。 本当でしょうか?妻は扶養なため、妻の分としての国民年金は支払っていません。 扶養の妻に国民年金の支払い義務があるのかも、... A ベストアンサー 支払った額で年金額は変わるので詳しく知りたい場合はネットで調べた方が確実です。 googleで「専業主婦 年金 受給額」等で検索すれば出てきます。 計算なども出来ると思います。 夫が厚生年金を支払っているのであれば、妻は普通に国民年金を支払っているのと同等の権利を持っているはずです。 biglobe. htm 妻は専業主婦前に一度も厚生年金を支払っていないのか? 妻は学生時代などに国民年金を一度も支払っていないのか? などでも金額が変わってきます。 取り合えず、専業主婦は夫が厚生年金を支払っているのであれば、国民年金を支払っているのと同じになるので、最低限それだけはもらえます。 夫が無くなった場合、妻本人の国民年金があるので国民年金分は最低もらえます。 妻本人の国民年金は夫が生きていようと死んでいようと関係なく年金もらえる年齢になればもらえます。 遺族年金が0円だろうと、最低国民年金は妻はもらっている事になります。 Q 私は再婚して妻と二人の子がいます。 二人の子は前妻の子で、今の妻には子供はいません。 二人の子は、最近ですが、既に独立した生計を営んでいます。 62歳の私は、64歳で年金受給を開始しようと思っています。 必要年金加入月数は満たされています。 年金の種類は厚生年金ですが、ネットなどで調べると、「子のない妻」は遺族基礎年金の受給資格がないと書いてあります。 妻には直接産んだ子はありませんが、育てた前妻の子がいる、という状況は「子のない妻」に相当してしまうのでしょうか。 妻もずっと主婦として支えてきてくれて、子を産めなかったというだけで、約100万円の遺族基礎年金がないかもしれないというのは、とても不公平で残酷な気がします。 どなたか詳しい方、教えていただければ幸いです。 A ベストアンサー >62歳の私は、64歳で年金受給を開始しようと思っています。 通常、特別支給の老齢厚生年金はあなたの年齢なら、60歳から支給されるものです、60さいから請求するものです。 これを64歳から受給しても額が増えるなどのメリットは一切ありません。 むしろ、遺族年金のことを考えておられるならなおさら早く手続きしておくべきです。 >「子のない妻」 質問者さんの年金加入状況が不明ですが、例えば、20年以上厚生年金加入されてるなら、あなたが死亡した時、妻が40歳から65歳ならば、 遺族厚生年金+中高齢の寡婦加算(約60万が妻65歳まで)支給されます。 その意味では必ずしも基礎部分は何ももらえないわけではありません。 また、他の方の回答でもあるように、子供18歳以上は遺族基礎の対象とはなりませんので、結果として、後妻だからといっての損はありません、 仮に先妻がおられたとしても同じことになります。 >妻もずっと主婦として支えてきてくれて、子を産めなかったというだけで、約100万円の遺族基礎年金がないかもしれないというのは、とても不公平で残酷な気がします。 ですので、このあたりは、質問者さんの誤解です、 また、夫婦のありかたはそれぞれに異なりますので、年金制度で全部をカバーすることはむずかしいものと思われます。 >62歳の私は、64歳で年金受給を開始しようと思っています。 通常、特別支給の老齢厚生年金はあなたの年齢なら、60歳から支給されるものです、60さいから請求するものです。 これを64歳から受給しても額が増えるなどのメリットは一切ありません。 むしろ、遺族年金のことを考えておられるならなおさら早く手続きしておくべきです。 >「子のない妻」 質問者さんの年金加入状況が不明ですが、例えば、20年以上厚生年金加入されてるなら、あなたが死亡した時、妻が40歳から65歳ならば、 遺族厚生年金+中高齢の寡... Q 妻の両親が厚生年金を受給しています。 (本人達の年金等の知識・認識が浅く、要領を得ない質問になることをお許しください) 父親は69歳で厚生年金を11. 5万円/月、母親は63歳で厚生 おそらく 年金を3. 0万円/月受給しています。 両親は田舎に住んでいますが、現在でも生活費に事欠く状況です。 今後、仮に父親が先に他界した場合、母親の受給額はいくらになるのでしょう。 生活費の援助が必要になると思いますので、今から考えておきたいと思います。 遠隔地に住んでいるため、厚生年金の種類などは確認できていません。 本来は社会保険庁に問い合わせるべきでしょうが、もし詳しい方でおよその事が簡単に分かる方がいらっしゃれば、 ご回答願います。 A ベストアンサー 年金は簡単に言うと、老齢基礎年金と老齢厚生年金の2本建てになります。 (会社員の経験がある場合) なお、公務員の場合は厚生年金の代わりに共済年金となりますが、どちらでも大きな違いはありません。 まず、現状の認識で考えますと、夫は最低15年(おそらく25年)以上は公的年金に加入していたと思われます。 妻も最低15年以上加入していたと思われます。 a 夫:69歳、老齢基礎年金及び老齢厚生年金を受給 金額がかなり少ないことから、厚生年金受給期間が少ない、国民年金未加入期間があるなどの事情があると思われます。 b 妻:63歳、厚生年金3万円受給 これは特別支給の老齢厚生年金と呼ばれる物で、厚生年金独自の給付です。 金額からすると長期ではないが一時会社員として働いたことがあると思います。 まず将来について考えますので妻が65歳以降の場合について考えます。 A 夫、妻共に健在の場合 夫の年金額は変化はありません。 妻の年金は自分自身の「老齢基礎年金」及び「老齢厚生年金」を受給するようになります。 金額はご質問内容からはわかりません。 というのも妻の年金加入期間が満額の40年あれば基礎年金だけで月6.5万円ほどもらえますが、加入期間は現在の特別支給の厚生年金の金額からは推測できないのです。 妻はこの老齢基礎年金に加えて老齢厚生年金をもらいます。 ただ金額は現在の受給額よりも少なくなるでしょう。 B 夫が死亡したとき 妻は3つの選択肢があります。 1 自分自身の老齢年金をそのまま受給する。 しかし今回の例では金額的に損になると思われます。 2 自分自身の老齢基礎年金+夫の遺族厚生年金(夫の老齢厚生年金金額の3/4) 3 1,2の中間です。 夫の遺族厚生年金の2/3と自分の老齢厚生年金の1/2を受ける 上記のうち一番金額の大きい物を選択します。 なお、夫が妻65歳以前に死亡した場合は中高年寡婦加算がもらえ、その後65歳からは経過的寡婦加算がもらえるのですが、妻が65歳以降に夫が亡くなった前提ですから今回は算定に含めませんでした。 どちらにしても夫・妻が健在(且つ妻は65歳以上)の場合よりも少なくはなります。 ただどの程度減額になるのかは夫と妻の加入歴次第で変わります。 これ以上のご回答を知りたい場合は、まず夫、妻の加入歴をきちんと調べるしかありません。 年金制度は複雑ですから、夫、妻の生年月日と加入歴がわからないと金額的にも相当異なる答えが出てきてしまいます。 なお本人以外が社会保険庁に問い合わせても教えてはくれません。 (当人がいけない場合は代理人となりますが、詳細は社会保険庁に問い合わせて下さい) では。 年金は簡単に言うと、老齢基礎年金と老齢厚生年金の2本建てになります。 (会社員の経験がある場合) なお、公務員の場合は厚生年金の代わりに共済年金となりますが、どちらでも大きな違いはありません。 まず、現状の認識で考えますと、夫は最低15年(おそらく25年)以上は公的年金に加入していたと思われます。 妻も最低15年以上加入していたと思われます。 a 夫:69歳、老齢基礎年金及び老齢厚生年金を受給 金額がかなり少ないことから、厚生年金受給期間が少ない、国民年金未加入期間がある... Q 娘に遺族厚生年金を受給する資格があるかもしれないと思い質問させて頂きます。 できれば専門家の方にお答え頂けると助かります。 4年ほど前に諸事情で離婚、私と娘は遠い街に引越し、 貧しいながらも穏やかに暮らしています。 元夫は毎月欠かさず養育費を3万円振り込んでくれており、 今年の夏にはパパに会いたいという娘のために 航空券も取ってくれるという約束になっていましたが・・・ 先日、元夫が病で急死したことを知りました。 享年65歳でした。 私は初婚、元夫は私との結婚が再婚になります(先妻との間には子供も。 すでに成人)。 出会った当初から、元夫は施設育ちで、 親兄弟とは縁が切れていて天涯孤独だと聞いていたため 情けないですが元夫の家族、親戚の方とは一切お会いしたことがありませんでした。 実際当時は疎遠だったと思います。 電話はもちろん年賀状のやり取りも知りません。 なので今回も、当然私のもとに連絡があるはずもなく、 ここふた月ほど元夫と連絡が取れなくなり、養育費の振込もなくなり 心配になって勤め先に電話をしたところすべてを知りました。 お葬式にも間に合いませんでした・・・。 葬儀は元夫の両親がすでに他界している為、 ご兄弟が行ったということで、思い切って連絡をしてみたところ けんもほろろ、きちんとしたお話さえもさせて頂けませんでした。 (当たり前ですね・・・存在さえ知らない元嫁からの連絡なんですから・・・) お線香をあげさせてほしいとお願いしたのですが、納骨が終わったらお墓へどうぞ。 と言われました。 亡くなった後のアパート等の処理は、会社の方とこの兄弟の方がして下さったようです。 長くなりました。 ややこしいですがこの場合、受給は可能でしょうか? 可能であれば、手続きの方法を教えて頂きたいです。 相続に関しては元々資産家でもないですし、 持ち家があるわけでもないので期待もしていませんし、 相続放棄しろと言われればそれでもいいと思っています。 ただ、せめて父親が残してくれたたったひとつの繋がりとして 娘に受給させてやりたいと思っています。 なんだか感情的になり申し訳ありません・・・。 ちなみに、年金手帳などの重要書類は、恐らく元夫の兄弟が管理してると思います。 手続きに必要な書類はどういったものがあるのか、 どこの年金窓口へいけばいいのか、 ご存じの方、教えてください。 宜しくお願いします。 娘に遺族厚生年金を受給する資格があるかもしれないと思い質問させて頂きます。 できれば専門家の方にお答え頂けると助かります。 4年ほど前に諸事情で離婚、私と娘は遠い街に引越し、 貧しいながらも穏やかに暮らしています。 元夫は毎月欠かさず養育費を3万円振り込んでくれており、 今年の夏にはパパに会いたいという娘のために 航空券も取ってくれるという約束になっていましたが・・・ 先日、元夫が病で急死したことを知りました。 享年65歳でした。 私は初婚、元夫は私との結婚が再婚になります(先妻と... A ベストアンサー 書類の提出は、どこの年金事務所でも受け付けてもらえます。 必要な書類ですが、「年金請求書(国民年金・厚生年金保険遺族給付)」に必要な書類を添付します。 添付する書類は戸籍謄本など(詳しくは年金事務所でお尋ねください)相談者さんが自分で取得できるもの以外に亡くなった元ご主人様の年金手帳(基礎年金番号通知書、年金証書)や死亡診断書が必要となります。 これらの入手が難しいのであれば、年金事務所の方に相談にしたらいかがでしょうか? なお、この文面を見る限り娘さんは18歳の年度末まで遺族厚生年金を受け取れるように見受けられますが、生計維持関係の認定などの問題もあり、断定的なことを言うことができません。 また、もちろん亡くなった元ご主人様が遺族厚生年金の要件を満たしていることが前提となります。 まずは一度、お近くの年金事務所に出向いて相談を受けることをお勧めします。 A ベストアンサー NO1の回答の中の説明ですが、正しくありません、書かれてるのは妻65歳以降の場合のみのことです。 夫が妻65歳未満に亡くなれば妻本人の年金と遺族厚生との選択となります。 また、質問の遺族年金はわざわざ遺族給付と言う必要はないと思われます。 >受給者本人が選択したパターンで年金給付されたが、現時点では次のようになる。 ・残された妻本人に老齢厚生年金が支給される場合 遺族厚生年金の金額から老齢厚生年金の金額を控除した金額 この金額がゼロ又はマイナスとなる場合には、遺族厚生年金は支給されない。 簡単に言えば、結果として、遺族厚生年金と残された妻本人が受け取る老齢厚生年金のいずれか高いほうの金額が支給となる。 ・残された妻本人に老齢厚生年金が支給されない場合 遺族厚生年金が全額支給される また、質問者の話では、必ずしも2カ月分の報酬比例部分かどうかは判別できず、単純に4分の3とはいえません、また、(夫の)厚生年金加入期間も不明であり、長期加入の場合、寡婦加算がつく場合とそうでない場合とでは大きく金額は異なります、よって簡単に遺族厚生年金の額を推測するには無理があります。 おおざっぱな簡単な推測はあてになりません。 また、蛇足ながら、結婚を考えるのに今後の収入を考えるのは無理もないですが、遺族年金の計算はどうなのでしょう、個人的には疑問です。 NO1の回答の中の説明ですが、正しくありません、書かれてるのは妻65歳以降の場合のみのことです。 夫が妻65歳未満に亡くなれば妻本人の年金と遺族厚生との選択となります。 また、質問の遺族年金はわざわざ遺族給付と言う必要はないと思われます。 >受給者本人が選択したパターンで年金給付されたが、現時点では次のようになる。 ・残された妻本人に老齢厚生年金が支給される場合 遺族厚生年金の金額から老齢厚生年金の金額を控除した金額 この金額がゼロ又はマイナスとなる場合には、遺族厚生年金は... Q 年金の受給について教えてください。 私の年金加入状況は、 ・会社員時代の厚生年金が236か月 ・退職後、フリーターとなり国民年金(第1号被保険者)が59か月 です。 このまま国民年金を支払い続け、会社員時代の236か月と合算し、300か月を越えたら年金がもらえるのだろうと考えていました。 先日、70歳すぎの某企業の社長に、 「厚生年金を25年払っていないなら、厚生年金はもらえないよ。 あと6年どこかで働いて厚生年金を払いなさい」と言われました。 この論でいくと、今まで236か月納めつづけてきた厚生年金は、厚生年金単独として25年(300か月)納めないと高齢者になってから一銭も受給できない、ということになります。 そうでしたっけ? 混乱しています。 自分の解釈では、 年金は2階建て構造で、1階の国民年金、2階の厚生年金で、厚生年金を納めている=自ずと国民年金を納めていることになる。 よって、国民年金はまずもらえる。 で、厚生年金は300か月とは関係なく、納めた分の比率でもらえる(国民年金にプラスして)、と理解していました。 今後は、フリーターのまま、あるいは社会制度が完備した企業での契約社員やパートでの雇用の両方が考えられます。 この社長の言うことが本当なら、フリーターのままでいるのは損に思います。 厚生年金の受給について、どうぞご教示をよろしくお願い致します。 年金の受給について教えてください。 私の年金加入状況は、 ・会社員時代の厚生年金が236か月 ・退職後、フリーターとなり国民年金(第1号被保険者)が59か月 です。 このまま国民年金を支払い続け、会社員時代の236か月と合算し、300か月を越えたら年金がもらえるのだろうと考えていました。 先日、70歳すぎの某企業の社長に、 「厚生年金を25年払っていないなら、厚生年金はもらえないよ。 あと6年どこかで働いて厚生年金を払いなさい」と言われました。 この論でいくと、今まで236か月納... Q 遺族年金に関して過去レス読みましたが、微妙なラインにある部分で質問です。 彼女37歳(サラリーマンの妻でした)は現在遺族年金をもらっています。 「子供はいません」 将来、同棲しても、お互い配偶者を失った者同士なので、結婚はしないでパートナー(恋人)的にお付き合いしようと言っています。 1 周囲からみれば事実婚ですが、別会計で一緒に暮らす場合は、遺族年金の支給停止対象になるのでしょうか?(住所変更で、私の借りている家の住所に住む形になります) 2 子供がいない場合、40歳からの高齢加算は無い様に規定が読めますがどうでしょうか? 3 同棲した以降に、事実婚と認定されてしまった場合、さかのぼって返金要求されるのでしょうか? 同棲しても、私側の都合で、私が先に死んだ場合や別れた場合に、彼女の生活を保障出来る環境を作ってやれそうもないので。 遺族年金が停止しない様にしてあげないと、彼女の老後が心配です。 A ベストアンサー 1 、 3 遺族厚生年金は、その遺族が婚姻したときに失権することとされていますが、この「婚姻」には、届出をしていないが、事実上婚姻関係と同様の事情にある者を含むこととされています。 この「失権の要因となる」事実婚は、具体的にどうやって認定するとかいう定めがないですが、「遺族となる」事実婚については、同居しており収入が一定の額未満であれば、普通認められますので、逆に考えれば同居していることにより生計維持関係のある事実婚とされ、遺族厚生年金が失権してしまう可能性があります。 このあたりは社会保険庁がどのくらい厳しく審査するのかにもよりますが、事実婚認定されてしまうと返還しなければなくなるのは確実なので、心配であれば社会保険事務所に確認した方がよいかと思います。 もっとも、やぶへびになる可能性もありますが・・・。 2 ごちゃごちゃになっているようです。 もともと中高齢寡婦加算は、子供がいる場合には加算されません(支給停止となります)。 これは、子供がいる場合、遺族基礎年金が支給されるからです。 中高齢寡婦加算は、遺族基礎年金が支給されないような寡婦に対して、遺族基礎年金の代わりに支給するものということです。 また、40歳に達していない寡婦に対しては、40歳に達するまでの間、中高齢寡婦加算が停止されます。 これは、「中高齢」寡婦加算という名前のとおり、ある程度の年齢に達するまでは、職について収入を得るということが難しくないので、自助努力により対応してくださいということのようです。 1 、 3 遺族厚生年金は、その遺族が婚姻したときに失権することとされていますが、この「婚姻」には、届出をしていないが、事実上婚姻関係と同様の事情にある者を含むこととされています。 この「失権の要因となる」事実婚は、具体的にどうやって認定するとかいう定めがないですが、「遺族となる」事実婚については、同居しており収入が一定の額未満であれば、普通認められますので、逆に考えれば同居していることにより生計維持関係のある事実婚とされ、遺族厚生年金が失権してしまう可能性があります。 Q 当時、20歳の時に結婚して、21歳で夫が死にました。 彼は精神病で、私は彼が支えられるのではないかと思って結婚したのですが 結局彼は自殺してしまいました。 彼が自殺した事を彼の親族にめちゃくちゃに攻められ、今はもう何の縁もありません。 一周忌なども断られ、全く縁がない関係となり、姻族終了届けも出しています。 今は28歳になりました。 働いていると、色々な男の人にお付き合いをしないかといわれましたが、私自身全くそんな気持ちになれなくて、でも、最近やっとお付き合いに対して前向きになってきました。 実は、以前夫の死後働いた場所で、未亡人だと明かすと、既婚者の男の人からの誘いや、セクハラなどの被害が物凄く多く、私自身が軽く扱われているようで それ以来周囲には全く未亡人である事を明かさなくなりました。 戸籍も独立し、今は一人戸籍となっています。 周囲にも完全に独身と思われていて、今お誘いを頂いている男性は素敵な方なのですが、未亡人という事を明かすと、全くよいことがなくて 正直躊躇っています。 結婚するのならば、秘密で結婚する事は出来ませんか・・・? 出来ないですよね・・・。 私の中でのあの結婚は、一年で、しかも首を絞められるなどして、逆らっては怖い状態での結婚届もしぶしぶだった背景もあり、うまく行かなかった結婚でしたが 私も、彼を支えていくなどとおこがましいことを考え、どこか自分で酔っていたのだと思います。 ただ、彼の存在は私の中ではとうに終わってしまったことで もう、私は私の人生を歩んでいるので、色眼鏡で見られるのが辛くて仕方ありません。 未亡人と明かしたら、私をありのままに見てくれる人など、いないような気がします。 もう完全に終わってしまったあの、何年も前の出来事は、私にはどうすることも出来ず むしろ、夫がいるからとハッキリいえるくらいであれば よかったのかもしれませんが、今は完全に終わってしまった、お墓すらも行く事が出来ない状態で、今更ながらに周りに色眼鏡で見られるのが辛いです。 未亡人と聞くと、やはり男の方は構えるものですか? やはり、嫌がられるでしょうか。 前の夫の事が気にかかるものだと思いますが、私の状態では何も語るような物はありません…。 皆様のご意見を聞かせてください 当時、20歳の時に結婚して、21歳で夫が死にました。 彼は精神病で、私は彼が支えられるのではないかと思って結婚したのですが 結局彼は自殺してしまいました。 彼が自殺した事を彼の親族にめちゃくちゃに攻められ、今はもう何の縁もありません。 一周忌なども断られ、全く縁がない関係となり、姻族終了届けも出しています。 今は28歳になりました。 働いていると、色々な男の人にお付き合いをしないかといわれましたが、私自身全くそんな気持ちになれなくて、でも、最近やっとお付き合いに対して前向きになっ... A ベストアンサー No. 2です。 お互いに存命で離婚してしまった場合は、「離婚したってことは、この人にも何か問題があるんじゃないか?」とも思われることもありますが死別であればどうしようもないことです。 どんなにいい人で、どんなに素晴らしい夫婦であっても、死は止めることが出来ないですから。 むしろ相手の方は「亡くなった旦那さんに悪いかも」とか「まだ亡くなった旦那さんが胸に残っているのかも」と思うことの方が多いように思います。 過去を悔んでいるのかもしれませんが、乗り越えている途中のように思います。 必要なのは下を向いて悔んだり「私なんて」と卑下することではなく、前を向くことだと思いますよ!.

次の

もう年金を貰ってる方と再婚した場合その方が亡くなった場合遺族年金は支給...

再婚 年金

「婚活」にチャレンジするシニアが急増しているそうです。 ある番組で、「婚活の相手に望むことは」と聞かれた女性が、「経済的な安定」と答えていました。 婚活といえばどんな世代でも経済的な問題は付いてくるものですが、シニア世代では特にお互いの年金が気になるのではないでしょうか。 では、60歳以降のカップルが再婚することで、受け取る年金にはどんな影響が出るのでしょう。 配偶者加給年金と遺族年金に注目してみましょう。 配偶者加給年金とは、年金版の扶養家族手当です。 厚生年金に20年以上加入していた人で、65歳未満の配偶者がいれば年額39. 3万円程度が老齢厚生年金に加算されます。 配偶者加給年金の対象者となる配偶者かどうかは、特別支給の老齢厚生年金の定額部分または原則65歳から支給される老齢厚生年金の受給権が発生したときの状況で判断されます。 受給権を取得したときに、対象となる配偶者がいれば加算されます。 それでは、再婚した相手も加給年金の対象者となるのでしょうか。 すでに老齢厚生年金を受給している人が再婚した場合、再婚相手が加給年金の支給要件を満たしていたとしても新たに加給年金が加算されることはありません。 これに対して、受給権取.

次の

再婚後の遺族年金

再婚 年金

ひとりになったとき、一番の心配はお金のこと。 そんなとき頼れるのが遺族年金。 初婚であっても再婚であっても、高齢の方にとって重要なことは、お互いの価値観の一致や残された時間を一緒に過ごすことがあります。 でも、楽しいことばかり考えている年齢でもないのも事実でしょう。 やがてやってくるパートナーとの別れを踏まえると、その後の人生設計を考える必要性があるのです。 そしてそのベースになるのが、やはりお金です。 貯金や資産があればいいのですが、理想の金額には届かないこともあるでしょう。 そこで今回取り上げるのがです。 遺族年金というのは、亡くなった配偶者の生前の職業によって変わります。 国民年金から出る「遺族基礎年金」と、厚生年金から出る「遺族厚生年金」です。 はそれぞれで異なるため、ポイントをまとめてみたいと思います。 自営業は遺族基礎年金だけ まずは遺族基礎年金についてです。 生前に自営業をされていた場合には、遺族基礎年金のみが支給されることになります。 一方、会社員だった場合には、遺族厚生年金と遺族基礎年金が支給されることになります。 遺族基礎年金の受給要件としては、主に次のとおりです。 亡くなった方によって生計が維持されていたこと• 18歳未満の子どもがいること その他に「年収が一定額以下であること」という要件もありますが、ここでは上記の2つの用件を満たしていれば遺族基礎年金が支給されることになります。 ちなみに、妻の年齢による支給期間などの制限などはありません。 遺族厚生年金はシニア婚ならほぼもらえそう 遺族厚生年金については、遺族基礎年金と同じように亡くなった方によって生計が維持されていたことが大前提になります。 そして、支給される場合の年齢の用件は、妻は常に受け取ることができます。 ただし、30歳未満の場合には受給期間は5年とされています。 逆に妻が亡くなった場合には、夫が55歳以上の場合だけ支給されることになっています。 ただし、遺族基礎年金と同時に受給できないこともあるので、その場合には60歳まで支給が止められてしまいます。 とはいえ、遺族厚生年金に関しても、高齢の方同士の結婚・再婚であっても問題なく受給ができると考えることができます。 会社員の方が遺族年金の面で守られている? 遺族基礎をもらうことを前提にして話をすると、自営業の人よりは会社員の方が何かと守られてると言えるかもしれません。 会社員であれば遺族厚生年金と遺族基礎年金の両方がもらえるので、金額は大きくなります。 これは国民年金と同じ感覚だと思います。 会社員で厚生年金に入っていた人は、定年後に国民年金だけの人よりも多くの年金をもらうことができます。 そう考えると、再婚をするのであれば会社員の人の方が有利といえそうです。 一方で自営業は在職中のメリットがあります。 たとえば家族を役員にしたりするのもその例でしょう。 それに会社員だともらえる給料はある程度決められていますが、自営業ならビジネス次第でより多くのお金を稼ぐことができます。 そういったことをトータルで考えていく必要があるので、再婚をするときには相手の職業の中身だけではなくて、その先にあることもしっかり考えておく必要がありそうです。 手続きは年金事務所で は年金事務所、もしくは役場の年金窓口で行うことができます。 亡くなった方の年金手帳、死亡が確認できる書類、亡くなった方との関係がわかる書類などが必要になるので、前もって用意しておきましょう。 ただ、これらは基本的な書類で、年金を請求する人によってはさらに書類が必要になることも多々あります。 そうなると、専門的な知識が必要になったり時間がかかったりするので、場合によっては行政書士に依頼するのもアリかもしれません。 【関連記事】.

次の