アンズbooks。 るるぶスパリゾートハワイアンズ

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:レガシー |ヴィレッジブックス

アンズbooks

ジャンルでさがす• これから出る本をさがす• フェア• ジャンルでさがす• ジャンルでさがす• 電子洋書• フェア• ジャンルでさがす• 和雑誌• 海外マガジン• これから出る本をさがす• 和雑誌• フェア• 海外マガジン• ジャンルでさがす• DVD• フェア• ジャンルでさがす• フェア• 北海道・東北• 北関東・千葉• 神奈川• 中部・北陸• 中国・四国• ウェブストアに14冊在庫がございます。 (2020年07月18日 18時20分現在) 通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。 入手できないこともございます。 【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。 尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。 内容説明 ころされそうになったトイプードルのアンズ。 ひろわれて、シェパードのけいさつ犬のいる家にやってきました。 「けいさつ犬になりたい!」とコツコツとくんれんをつづけ、けいさつ犬のしけんをうけることに。 「あんな小さな犬にはむり」と、まわりはあきれます。 アンズがけいさつ犬になれる日はくるのでしょうか。 著者等紹介 鈴木博房[スズキヒロフサ] 警察犬指導士・茨城県動物愛護推進員。 警察犬指導士歴33年のベテラン。 現在までに11頭のシェパードと1頭のトイプードルを警察犬に育てている 宮尾和孝[ミヤオカズタカ] イラストレーター。 出版社内容情報 やる気と根性があれば、なんでもできる。 そんなことを教えてくれる、トイプードルのアンズが警察犬を目指す物語。 鈴木 博房[スズキ ヒロフサ] 著・文・その他 宮尾 和孝[ミヤオ カズタカ] イラスト.

次の

がんばれ、アンズ! / 鈴木 博房【作】/宮尾 和孝【絵】

アンズbooks

2000年にマーベルで手がけた『アルティメット・スパイダーマン』を大ヒットさせた後、『デアデビル』『エイリアス』など多くの作品を成功に導き、マーベルの中心を担うライターとして『ハウス・オブ・M』などの大型クロスオーバーや『ニューアベンジャーズ』『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』など数多くのタイトルを手がけている。 80年代から高い人気を保つベテランで、『アンキャニーX-MEN』などのX-MEN関連タイトルを始め数多くの作品を手がけてきた。 ゴジラのファンとしても有名で、ダークホース・コミックスでゴジラのコミックを数作手がけている。 マーベルやダークホースなどで多数の作品を手がける。 マーベルでの代表作に『パワーパック』『グウェンプール』などがある。 添付の解説文を読むと、本書は同名の原本のvol. 1の邦訳版との事。 構成としては、 ・アベンジャーズとの共闘を描いたエピソード(2話分) ・全12章からなるエピソードの内、何故か6章のみ ・シーハルクとガモーラの共闘を描いた短編 ・ロケットとペット・アベンジャーズ(ヒーローたちのペットで構成されるアベンジャーズ?)との共闘を描いた短編 ・一切、ガーディアンズの面子が登場しないペット・アベンジャーズのみ(?)の超短編が6話分 という様な感じ。 短編集に近い構成。 12章の内の6章だけがピックアップされている様な点は試し読みに近いものも感じる。 別紙の注意書きに、全12章分の簡単な粗筋が記載されており、大凡の事は分かるものの、何故、ここだけなのかという疑問は残る。 又、ガーディアンズと銘打ちながら、最終的には、直接関係ないエピソードで完結しているという荒技(?)。 一つ一つのストーリーは決してつまらないものではないが、全体を通すと、編集(構成)が荒っぽいという感想。 本書はタイトルの「ガーディアンズ:チームアップ」が 示す通り、映画によって莫大な人気を得るに至った 宇宙のヘンテコヒーローチーム「ガーディアンズ・ オブ・ギャラクシー」の面々が、アベンジャーズを はじめとする様々なキャラクターと共演を果たした 数々のエピソードを収めた内容となっています。 「マーベルNOW!」以降のファルコンがキャプテン・ アメリカだったりソーが女性になっていたりする、 新生アベンジャーズがガーディアンズとチームアップ する話が冒頭に据えられており、本書は映画だけでは なく現行のアメコミ邦訳を追う等してある程度の 原作知識があった方が楽しめる、中級者以上に向けた 作りになっているとは思いますが、その意味では なかなか粒ぞろいの内容にもなっています。 そもそもガーディアンズの邦訳自体が現在あまり 恵まれた状態にはないため、原作AoUから登場した 元イメージ・コミックスのキャラ・アンジェラや、 スパイダーマンことピーターの同級生・フラッシュが ヴェノムとなってそれぞれガーディアンズに所属 しているという「今そんなことになってんの!?」 的なちょっとした情報や、原作ではどちらかと言うと 良い人寄りでヒーローとの共演も多いという、 ロナン・ジ・アキューザーの活躍を拝めるだけでも ファンにとっては嬉しい収穫だったりします。 そんな本書で個人的に一番面白かったのは、 マーベルを代表する美形ヒロインに何故か 緑肌が二人もいて、そんな彼女たちがどういう わけか共闘するハメになるエピソードで、 狂犬のガモーラさんとノリのいいシーハルク 姐さんがはっちゃける武勇伝は一見の価値アリ。 果てには、ガーディアンズの宇宙犬・コスモや インヒューマンズの超能力犬・ロックジョーを 中心として彼らが「動物版アベンジャーズ」を 密かに結成していたなどという話にまで及び、 共通点と隙さえあれば世界観や作風の垣根を 軽く乗り越えてなんでもチームアップさせて しまうマーベルの懐の深さやなりふり構わなさを ここでも垣間見ることができ、お腹一杯です。

次の

アンズ

アンズbooks

2000年にマーベルで手がけた『アルティメット・スパイダーマン』を大ヒットさせた後、『デアデビル』『エイリアス』など多くの作品を成功に導き、マーベルの中心を担うライターとして『ハウス・オブ・M』などの大型クロスオーバーや『ニューアベンジャーズ』『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』など数多くのタイトルを手がけている。 80年代から高い人気を保つベテランで、『アンキャニーX-MEN』などのX-MEN関連タイトルを始め数多くの作品を手がけてきた。 ゴジラのファンとしても有名で、ダークホース・コミックスでゴジラのコミックを数作手がけている。 マーベルやダークホースなどで多数の作品を手がける。 マーベルでの代表作に『パワーパック』『グウェンプール』などがある。 添付の解説文を読むと、本書は同名の原本のvol. 1の邦訳版との事。 構成としては、 ・アベンジャーズとの共闘を描いたエピソード(2話分) ・全12章からなるエピソードの内、何故か6章のみ ・シーハルクとガモーラの共闘を描いた短編 ・ロケットとペット・アベンジャーズ(ヒーローたちのペットで構成されるアベンジャーズ?)との共闘を描いた短編 ・一切、ガーディアンズの面子が登場しないペット・アベンジャーズのみ(?)の超短編が6話分 という様な感じ。 短編集に近い構成。 12章の内の6章だけがピックアップされている様な点は試し読みに近いものも感じる。 別紙の注意書きに、全12章分の簡単な粗筋が記載されており、大凡の事は分かるものの、何故、ここだけなのかという疑問は残る。 又、ガーディアンズと銘打ちながら、最終的には、直接関係ないエピソードで完結しているという荒技(?)。 一つ一つのストーリーは決してつまらないものではないが、全体を通すと、編集(構成)が荒っぽいという感想。 本書はタイトルの「ガーディアンズ:チームアップ」が 示す通り、映画によって莫大な人気を得るに至った 宇宙のヘンテコヒーローチーム「ガーディアンズ・ オブ・ギャラクシー」の面々が、アベンジャーズを はじめとする様々なキャラクターと共演を果たした 数々のエピソードを収めた内容となっています。 「マーベルNOW!」以降のファルコンがキャプテン・ アメリカだったりソーが女性になっていたりする、 新生アベンジャーズがガーディアンズとチームアップ する話が冒頭に据えられており、本書は映画だけでは なく現行のアメコミ邦訳を追う等してある程度の 原作知識があった方が楽しめる、中級者以上に向けた 作りになっているとは思いますが、その意味では なかなか粒ぞろいの内容にもなっています。 そもそもガーディアンズの邦訳自体が現在あまり 恵まれた状態にはないため、原作AoUから登場した 元イメージ・コミックスのキャラ・アンジェラや、 スパイダーマンことピーターの同級生・フラッシュが ヴェノムとなってそれぞれガーディアンズに所属 しているという「今そんなことになってんの!?」 的なちょっとした情報や、原作ではどちらかと言うと 良い人寄りでヒーローとの共演も多いという、 ロナン・ジ・アキューザーの活躍を拝めるだけでも ファンにとっては嬉しい収穫だったりします。 そんな本書で個人的に一番面白かったのは、 マーベルを代表する美形ヒロインに何故か 緑肌が二人もいて、そんな彼女たちがどういう わけか共闘するハメになるエピソードで、 狂犬のガモーラさんとノリのいいシーハルク 姐さんがはっちゃける武勇伝は一見の価値アリ。 果てには、ガーディアンズの宇宙犬・コスモや インヒューマンズの超能力犬・ロックジョーを 中心として彼らが「動物版アベンジャーズ」を 密かに結成していたなどという話にまで及び、 共通点と隙さえあれば世界観や作風の垣根を 軽く乗り越えてなんでもチームアップさせて しまうマーベルの懐の深さやなりふり構わなさを ここでも垣間見ることができ、お腹一杯です。

次の