オロナイン 日焼け。 アトピーの都市伝説?「ステロイドを塗って日光に当たってはいけない」?

オロナイン|大塚製薬

オロナイン 日焼け

どうも、ブログ管理人のしおりんです。 ゆるゆるなアラサー独身女子です。 ^^ 私はほんの数年前までカサカサやザラザラな肌に悩んでいたんですが、 必死になって調べて、いろいろと試してみたの。 そしたら、少しずつ良くなったの。 さて、春になって日差しが強くなってきました。 日差しが強くなると、紫外線が気になりますよね。 ついうっかりと日焼けした経験はありませんか? 日焼けした場合は、そのあとのケアが非常に大事ですよね。 日焼けのケア方法を色々とネットで調べてみると、ナント、オロナインh軟膏がいいと出てますね。 オロナインh軟膏は、私の家の薬箱にも入っています。 でも、本当に使っていいのか、気になったので、オロナインh軟膏の製造元である大塚製薬さんに聞いてみました。 そこで、今回は、「日焼け後のかゆみにオロナインh軟膏を使用してもいいのか?」について、 製造元である大塚製薬さんに直接聞いたところ、意外な話が聞けましたのでお伝えします。 日焼け後のかゆみにはオロナインを使用して効果はありますか? うっかり日焼けした後って、結構お肌がかゆくなりますよね。 カクことはお肌を傷つけて、跡に残るので気合で我慢しますけど、どのように対処していますか? ネットで色々と調べたら、オロナインがいいという記事をよく見かけます。 オロナインは、正式名称がオロナインh軟膏でよく家の薬箱になぜか入っていますよね。 一家にひとつみたいな感じで入っています。 私の家にもあって、子供の頃よく親に塗ってもらいました。 さて、そんなオロナインh軟膏ですが説明書を見ても、日焼けに関することは一切書いていません。 日焼けも軽いヤケドの一種なので、あえて書いていないだけなのか? もしや、ネットによくある都市伝説的な感じで面白おかしく書いているだけなのかと思いました。 成分にオリーブオイルが入っているので美容にもいいとか、書かれていますし、 不安なので 製造元の大塚製薬さんに聞いちゃいました。 オロナインの製造元の大塚製薬さんに聞いちゃった 悩んでいてもしかたがないので、製造元に聞くのが一番いいですよね。 そこで、「製造元に聞いちゃいましたシリーズ第二弾」として、大塚製薬さんに聞いたことをお伝えします。 ところで、大塚製薬さんって聞いて、どの製品を思い浮かべます? 私は、ポカリスエットやカロリーメイトを思い浮かべますね。 10代の頃、カロリーメイトダイエットなんかしていました。 コマーシャルも好きで、満島ひかりさんがコマーシャルで歌っていた中島みゆきさんの「ファイト!」が好きでした。 ^^ まさか、オロナインh軟膏が大塚製薬さんで製造しているとは思いませんでした。 製造元に聞くのは今回で2回目ですが、少し緊張しました。 それでは、ここからは、大塚製薬さんとのやり取りを見て下さいね。 日焼け後のかゆみにオロナインは効果がなかった 大塚製薬さんに電話してスッキリしました。 でもまさか、かゆみには効かないまでも、日焼けには効くと思っていたので驚きました。 お聞きした内容を次のとおりにまとめてみました。 1.日焼け後のかゆみには効果がない オロナインh軟膏は、かゆみ止めではありませんので、効果はありません。 かゆみ止めではないので、当然といえば当然ですよね。 2.日焼けにも効果はない ここが意外でした。 オロナインh軟膏の説明書を読むと、ヤケド(軽い)に効果があると書いてありました。 だから、オロナインh軟膏にも効くと思っていました。 しかし、そもそも考え方が間違っていました。 オロナインh軟膏は、軽いヤケドを治すものではなかったんですね。 大塚製薬さんがハッキリとおっしゃっていましたが、オロナインh軟膏は殺菌剤です。 皮膚は、カラダの外側から表皮(ひょうひ)、真皮(しんぴ)、皮下組織の三層構造からなります。 表皮には角層があり、角層にはバリア機能という外部から細菌の侵入から守る機能があります。 軽いヤケドをすると、ヤケドした箇所のバリア機能が低下しているので、細菌が侵入して化膿することがあります。 しかし、殺菌剤であるオロナインh軟膏を塗ると、化膿を防ぐ効果があります。 だから、軽いヤケドにも効果があると書かれていました。 私は、大きな勘違いをしていましたね。 軽いヤケドに効能と書いてあると、オロナインh軟膏を塗ると軽いヤケドが治ると思っていました。 思い込みは危険ですね。 ネットの記事では、炎症を抑える効果があるというのもよく目にします。 日焼けした箇所を冷やしてから、オロナインh軟膏を塗ればいいと書いてありました。 そもそも炎症とは、日焼けした皮膚が赤くなり、発熱した状態のことです。 日焼けで一番重要なことは、すぐに冷やすことです。 徹底的に冷やすことで炎症を抑える効果があります。 日焼け後の症状も早くよくなります。 なので、冷やしてからオロナインh軟膏を塗っても、オロナインh軟膏の効果で炎症が治まったわけではありません。 だからといって、日焼けした後すぐに、オロナインh軟膏を塗ると激痛が走るかもしれませんので使わないでください。 それでも日焼け後にオロナインを使うには 画像引用元:大塚製薬ホームページ「こだわりの製品オロナイン」より 画像引用URL: 大塚製薬さんに電話で確認して、日焼け後のかゆみや日焼けそのものにも、 オロナインh軟膏は、効果がないとわかりました。 オロナインh軟膏は、日焼けした後に使う必要がありませんよね。 それでも、オロナインh軟膏を使う場合は、日焼け後の化膿止めですね。 日焼けも一種の軽いヤケドですので、オロナインh軟膏は軽いヤケドの化膿止めを効能としています。 化膿しやすい体質の人は、日焼けあとにも使っていいと思います。 尚、使う場合は、自己責任でお願いします。 まとめ いかがだったでしょうか? 今回は、日焼けした後のかゆみにオロナインは使えるのか、 製造元である大塚製薬さんに聞いたことについてお伝えしました。 大塚製薬さんは、大変丁寧に私の質問に回答していただきました。 この場を借りて、お礼を申し上げます。 正直言って、オロナインh軟膏は使えると思っていました。 思い込みはいけませんね。 ネットには色々な記事がでてますので、わからない場合はメーカーさんに直接聞くのが一番いいですね。 『製造元に聞いちゃいましたシリーズ』第二弾でしたが、 また、機会がありましたら、製造元に聞いてみたいと思います。 最後まで、お読みくださいまして、ありがとうございました。 ムヒの意外な使用法が聞けましたので、合わせてお読みくださいね。 日焼け後の正しい対処法がわかりますので、合わせてお読みくださいね。

次の

日焼けのかゆみにはオロナインがいいの?効果はあるのかメーカーに聞いてみた

オロナイン 日焼け

オロナインH軟膏といえば、誰でも知っている国民的軟膏として親しまれていますよね。 オロナインをとりあえず家に置いておくと安心…。 ケガしたらオロナイン塗っとけば治りそう!? と思い多くの人が子どもの頃から使ってきたと思います。 常備しておく軟膏の定番であるオロナインは、現在でもSNSやインターネット記事などで様々な活用法が話題となり多くの人に拡散されています。 そんな中、オロナインは日焼けにもおすすめ! と書かれた記事も目にしますが、本当なのでしょうか? 今回は、オロナインH軟膏の使い方や日焼けについて解説します。 オロナインH軟膏ってどんなもの? オロナインは何にでも使えると思われていることが多いため、その効能効果をしらない人は意外と多いと思います。 オロナインH軟膏は、大塚製薬によって1953年から販売されている軟膏です。 切り傷やすり傷、しもやけ、ひび、軽いやけど、ニキビ、水虫などにきくとされ、 ステロイドを使っていないため多くのかたが使ってきたようです。 代表的な有効成分はクロルヘキシジングルコン酸塩酸で、消毒・殺菌効果があるとされています。 その他には、皮膚を保護するステアリルアルコール、保湿成分のサラシミツロウやオリブ油、グリセリン、ワセリンなどが入っています。 ただ、使用上の注意として湿疹や虫刺されや化粧下には使わないことと記載があります。 実際のところ、皮膚トラブルがおきたらとりあえずオロナインという訳ではなかったようですね。 また、深い傷や広範囲にわたるものなども適していないため注意が必要です。 オロナインにまつわる気になるウワサ オロナインの活用法について、様々な意見がインターネット記事やSNSにあがっています。 実際にはどんなウワサや美容法があるのでしょうか。 まず、オロナインを塗るとシミが消えるという説です。 それから、日焼け後のアフターケアに用いることでかゆみがひいたり、日焼けがよくなる説です。 また、スキンケアに効果的という意見もあります。 スキンケアとしては、鼻パックの前に塗っておくと毛穴の汚れがきれいに落ちる、乾燥肌の保湿に良い、などの説があります。 これらのウワサは実際に本当なのでしょうか。 日焼け後のアフターケアにオロナインは使える? オロナインに関する活用法の中でも多く紹介されているのが、日焼け後のアフターケアに関することです。 日焼け後にオロナインを塗ることで、日焼けの症状がよくなると紹介されています。 オロナインが実際に日焼けを治すのか知るには、まずは日焼けについて知ることが大切です。 日焼けは軽い肌のやけど! オロナインを塗りたくなるような日焼けの症状と言えば、紫外線を浴びた肌が赤くヒリヒリした状態になったり、ほてったり、皮がめくれたり、かゆくなったり、水膨れができたりする状態です。 こういった状態になるのは、紫外線B波(UVB)による日焼けが原因です。 UVBが最も多くなるのは夏で、レジャーや外出の時に一気に日焼けしてしまう強いパワーが特徴です。 日焼けで皮膚が真っ赤になってしまうのは、紫外線を浴びることで分泌されるタンパク質の一つ、プロスタグランディンEが関わります。 プロスタグランディンEが作られて肌の真皮に届くと、血管を広げるため血流が増加し、肌が真っ赤な状態になります。 そして、痛みを感じる神経を敏感にさせるためヒリヒリ感を感じる原因にもつながります。 UVBによる日焼けは皮膚表面の組織が炎症を起こしている状態になり、軽いやけど状態にあると表現されています。 この日焼けはサンバーンや 日光皮膚炎とも呼ばれています。 日焼けの程度によっては、軽視できるものばかりではなく、ひどい場合は水膨れになったり、ヒリヒリ感やほてりがひかず眠れないほど辛い思いをすることもあります。 こうした場合には、できるだけ早いタイミングで皮膚科への受診が必要となります。 サンバーンは紫外線を浴びてから4~5時間くらいで肌が赤くなりはじめ、ピークを迎えるのは24時間後頃と言われています。 ヒリヒリ感がある場合、2~3日は続くのが一般的ですが、日焼けの程度により異なります。 サンバーンには、特に色白な肌の場合や肌が弱い場合にはひどくなりやすいといった特徴があります。 日焼けにオロナインを塗ると治る? オロナインが日焼けを治すのに効果的かどうか見ていきましょう。 日焼けが治るというウワサは、具体的には日焼けによる赤みが消える、ヒリヒリ感が消える、かゆみが消えるといった効果について紹介されているものが多いです。 オロナインが日焼けに効果的と言われるのは、ネット上の記事ではオロナインに 軽いやけどに効能があるためのようです。 サンバーンは軽いやけど状態のため、オロナインがきくということにつながっているようです。 オロナインの有効成分であるクロルヘキシジングルコン酸塩酸は消毒・殺菌作用があるため、日焼けでむけた皮膚の化膿感染予防にはなると思います。 そして、オロナインには痒みを抑える成分は入っていないので、日焼けによる痒みを抑える働きもありません。 オロナインはどんな皮膚トラブルにも使えると思っていたというかたは多いのではないでしょうか。 効能効果にあわせて正しく使いましょう。 日焼けしたらどうする!? 日焼けしたらどんな対処法が良いのでしょうか。 サンバーンを起こした後の対処法の原則は、冷やす、保湿、さらなる日焼けを予防する、の3つです。 サンバーンを起こしている肌は、やけどしているのと同じ状態ですから、まずは冷やすことが大切です。 冷たいタオルや保冷剤を巻いたタオルで冷やして、できるだけ炎症を抑えることを意識しましょう。 赤みやヒリヒリ感が1日でとれない場合は、次の日やその次の日にも、空き時間に定期的に冷やしましょう。 日焼け後の肌はとてもデリケートです。 長時間冷やし続けたり、保冷剤などの冷たいものを直に当てるのはやめましょう。 冷やしたら、保湿も大切です。 ヒリヒリ感がある時には、何も塗らない方がいいのではと思うかもしれませんが、日焼けした肌はいつもより多くの水分を必要とし、炎症により蒸発しやすいため、注意が必要です。 ヒリヒリしている肌に刺激の多い基礎化粧品は使えないため、美白効果やアンチエイジンング効果などをうたっている美容成分たっぷりの基礎化粧品は避けた方がよい場合があります。 低刺激な化粧水などをたっぷりと使って、 しっかり水分を補うことが大切です。 ヒリヒリ感がない場合や落ち着いた場合は、美容成分がたっぷり含まれた基礎化粧品を使うことができます。 肌の状態が落ち着いたタイミングで切り替えましょう。 そして、さらに日焼けしないことも重要です。 日焼けした肌はダメージを受けているぶん、日焼けしやすい状態になっています。 日陰に入るなど日焼けする場を離れたり、日焼け止めでさらに日焼けしないことに注意が必要です。 最近では、お湯で落とせるタイプの日焼け止めも多く販売されています。 日焼け後の肌には軽く落とせるタイプの日焼け止めを使用し、こまめに塗り直しながら対策しましょう。 保湿にオロナインは使える? インターネット記事やSNSでは、オロナインが保湿アイテムとして優秀だと紹介されているものもあります。 水と合わせてオロナインを使うことで、肌に伸びやすくおすすめだと言われています。 例えば、片方の手にオロナイン、もう片方の手は水で濡らして合わせ、オロナインを乳化してクリームのよう使用する方法なんかが紹介されていました。 お風呂上がりに身体を拭かず、そのままオロナインを塗ると適度に水分と合わさって伸びやすいと紹介されているものもあります。 化粧水や精製水と混ぜて使用することを、オロナイン水や水溶きオロナインと呼ばれているようです。 しかし、オロナインの使用上の注意として化粧下には使用できないと記載されているので自己責任で試されるのは良いと思います。 ひどい日焼けの場合 ヒリヒリ感がとれない、ほてって眠れない、水膨れができた…など、症状が重い場合は躊躇せずに皮膚科へ受診し適切な措置をとりましょう。 もちろん、日焼けをしないように普段から注意することも大切です。 最近では、様々なタイプの日焼け止めが販売されています。 塗るタイプの日焼け止めは種類も多く手軽に取り入れられますが、飲むタイプの日焼け止めにも注目が集まってきています。 飲む日焼け止めは、紫外線を浴びたあとの肌が受けるダメージを減らすもので、飲まない時よりも サンバーンとして現れる症状を軽くすることが期待されています。 紫外線自体をブロックするのではなく、ダメージを軽減するためのものなので、日焼けしないというわけではありません。 塗るタイプの日焼け止めと併用して使うと便利です。 まとめ いかがでしたか? 今回は、オロナインが日焼け後のケアによいのかどうかを解説しました。 オロナインはとても身近なアイテムですが、きちんと効能や使い方の注意点を確認し使用することが大切です。

次の

オロナイン|大塚製薬

オロナイン 日焼け

日焼けした肌全体を優しく冷やすのがポイントですので、タオルを冷水や氷水に浸して、ヒリヒリする肌にそっとのせます。 お肌が熱を持っている状態なので、すぐにタオルが温まってしまうかと思いますが、繰り返しタオルを冷やしながら、 お肌のヒリヒリ感がなくなるまで冷やすとよいでしょう。 タオルがすぐに温まってしまう場合は、タオルに 保冷剤を包むのも効果的です。 確かに冷えピタは冷やすのに効果的ですが、剥がす時にお肌をひっぱって傷つけてしまうことがありますので、剥がす時に注意が必要です。 日焼けで赤い肌が痛いときの保湿応急処置 お肌を冷やしてヒリヒリ感が和らいでも、日焼けした肌は 非常に乾燥していますし炎症の心配もあります。 できるだけ早くキレイに治すために、自宅でできる 簡単応急処置をみていきましょう! アロエやオロナインで皮膚の乾燥と炎症を防止 日焼けのヒリヒリ感が落ち着いても、まだお肌には赤みや熱が残っています。 赤い皮膚の炎症を抑えるためには、 アロエや軟膏で保湿するのがオススメです。 日焼けのアフターケアに有効なアロエベラ アロエには、アロインやアロエエモジンなどのアントラキノン系の成分が含まれるため、 赤みや炎症を防ぐ働きがあります。 また、殺菌作用・解毒作用・消炎抑制・解熱作用・皮膚の修復作用・紫外線による損傷治癒作用などさまざまな作用があり、アロエさえあれば医者いらずとまで言われています。 さらに、メラニン色素を作り出す酵素チロシナーゼの働きを抑制する作用もあるなど、アロエは日焼け後のアフターケアに欠かせない植物です。 アロエ製品が自宅にない場合は、最寄りの薬局などでいろいろ売っています。 日焼け後には、火照った肌にも 優しく馴染むジェルタイプがおすすめです。 うちに常備しているのは、こちらの「ホリカホリカ」というアロエジェルです。 無香料なのでお肌にもムダな負担もありません。 サンバーン後の皮膚にオロナイン アロエなんて家にないし薬局にも行けない!という場合には、とりあえず常備しているオロナインでも日焼け後のケアが可能です。 オロナインには、 抗菌作用や消炎作用があり、説明書きにも日焼けを含むやけどに有効と書かれています。 オロナインは、適量を手に取って、日焼けで痛い部分にやさしく塗ります。 日光でやけどした肌はデリケートですので、 あまり強くこすったり塗り込んだりしないように注意です。 自己判断せずに医療機関を受診して正しい処置を受けてください。 水分補給で体内から日焼け肌を保湿 日に焼けた後は、全身のお肌が乾燥している状態なのはもちろん、体中の水分も足りない状態で 脱水症状が起こりやすくなっています。 そのため、お水をたっぷり飲んで水分補給をしてください。 ただ、一度に吸収できる水分量は成人の人で200-250ml(約コップ1杯程度)と言われています。 そのため、一度に飲んでも意味がありません。 30分ごとなどこまめな水分補給を心がけてください。 お水の中でも弱アルカリ性のお水は吸収しやすいのでおすすめです。 体が火照って暑いと、ついついビールをくいっと行きたくなりますが、アルコールは利尿作用が高く、ただでさえ水分不足の体からさらに水分を出してしまうことになります。 また、アルコールは血流がよくなるので赤くなったお肌が余計に熱をもったり、かゆくなってしまうこともあるので極力避けた方が無難です。 紫外線を避けて炎症の悪化を防止 日焼けした後のお肌は炎症している状態なので、皮膚にダメージを与える 紫外線は極力避けたいところです。 皮膚が修復しようと頑張っているところにさらに紫外線を浴びると、肌の修復リズムが崩れてしまいシミやシワの原因になってしまいます。 また、過度の日焼けが続くと皮膚ガンの危険性もでてきます。 日焼け後に外出する際は、 薄手の長袖を着たり、日傘をさすなどしっかりと紫外線対策をしておでかけしましょう。 日焼け止めクリームなどはお肌に負担をかける成分が多いため、日焼けで傷んだ皮膚には、UV効果のある乳液やファンデーションなどのほうがおすすめです。 スポンサーリンク 日焼けで痛い肌にシミシワ防止の美容ケア 日焼けで真っ赤になって痛いほどヤケドをしたお肌は、 皮膚組織にダメージを受けています。 最後に、ソバカスやシワやシミを作らないための 美容ケア方法を要チェックです! ビタミンCを補給してメラニンを抑える 日焼けをすると、真皮層にあるメラノサイトという細胞がメラニン色素をつくります。 メラニン色素は焼ければ焼けるほど出てきて濃くなり、肌の内側から色をつけてこれ以上日焼けをしないようにガードをします。 それによって、肌が黒くなったり、シミやそばかすができてしまいます。 そこで登場するのがビタミンCです。 ビタミンCは メラニン色素が出るのを抑制し、色を薄くする働きがあるため、日焼け後のケアに最適です。 ビタミンCは、レモンやいちご、グアバなどの果物や赤ピーマンなどの野菜、イモ類などに多く含まれています。 ただ、食べ物に含まれるビタミンCは水溶性で、水に溶けやすく熱に弱いので、できるだけ 新鮮な生で食べるのがおすすめです。 ビタミンCは一度に大量に摂取しても吸収率が低下し残りは尿から出てしまうため、こまめに摂取する方が効果的です。 食物で頻繁に摂取するのが難しい場合は、市販のビタミン剤などで補給してもよいでしょう。 錠剤が苦手なお子様には、ラムネのように食べられるビタミン菓子がおすすめです。 オリヒロのビタミンCはレモン味のラムネでとても美味しく、子供たちも喜んで食べています。 ブースターオイルで肌の保湿を高める 日焼けでダメージを受けた肌はとても乾燥しています。 シワの一番の原因は乾燥ですので、サンバーン後の美容ケアには保湿が欠かせません。 アロエを塗ったり、体内から水分補給したりもよいですが、いつもの 化粧水の前にブースターオイル(化粧水や美容液の浸透性をより高めてくれる導入オイル)を少量塗ると、簡単に保湿効果がアップします。 お肌の角質層にある細胞間脂質は水分と油分の層がミルフィーユのように重なり合ってできています。 そのため、水分と油分をバランス良く与えてあげることが美肌のカギです。 良質な植物オイルのブースターオイルでお肌を保湿した後に、化粧水を入れることで、水分と油分をバランスよくお肌に取り入れることができます。 植物性のブースターオイルにもいろいろありますが、エイキンの「ビタミンC入りローズヒップオイル」は、オーガニックのローズヒップオイルにビタミンCが入っていて、肌になじむしっとり感がすごいです。 日焼けで痛い肌の対処法まとめ 赤くてヒリヒリして痛い日焼けの対処法をお伝えしてきました。 まずは 冷やしてヒリヒリや熱を持ったお肌を沈静化させてあげることがポイントです。 そのあとは、赤みを抑え、乾燥を防ぐためにアロエやオロナインで十分ケアしてあげると早く治るのでおすすめです。 シミやシワの予防にはビタミンCを摂取してあげることもお忘れなく!.

次の