乃木坂卒業。 乃木坂46佐々木琴子、卒業発表「3月いっぱい」 今後の芸能活動は未定

乃木坂46の卒業メンバー!一覧!現在は何をしているの?

乃木坂卒業

『西野七瀬写真集 風を着替えて』(集英社/西野七瀬、川島小鳥) 乃木坂46の絶対的エースといわれる 西野七瀬がグループから卒業することを9月20日に発表した。 突然の卒業に悲しみの声をあげるファンも多く、インターネット上で大きな話題となっている。 しかし、西野の卒業は自身のブログで発表された。 西野は「おしらせ」というタイトルの記事で、「約7年間本当にお世話になりました。 わたくし西野七瀬は年内の活動をもって乃木坂46から卒業いたします」と宣言した。 活動は今年いっぱいだが、卒業コンサートは来年開催という変則的なパターンになっているようだ。 西野といえば、押しも押されもせぬ乃木坂の人気メンバーとして知られる。 過去に発売された21枚のシングルではすべて選抜メンバーに抜擢されており、ラジオ番組『レコメン!』(文化放送)がリスナーから投票を募る恒例イベント「女性アイドル顔だけ総選挙」でも毎年高順位をキープするなど、多くの支持を集めている。 昨年の第5回では、乃木坂の齋藤飛鳥や欅坂46の渡辺梨加、長濱ねるといった美女たちを抑えて7位に食い込んだ。 女優としては、2018年1月期のドラマ『電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-』(テレビ東京系)でヒロインの天野アイを演じたことが記憶に新しい。 同ドラマは、20年以上前に連載されていた桂正和の漫画『電影少女』(集英社)をベースとした作品だ。 西野のアイ役は、リアルタイムで漫画を読んでいたファンから「長年頭の中で描いていたアイそのものにしか見えない」「漫画の実写化って聞いてメチャクチャ不安だったけど、西野のアイはハマり役だった」と称賛を浴びた。 一方で、「セリフが全部棒読み」「非人間的な役だからハマっただけ」との声もあり、賛否両論を呼んだ。 西野の卒業発表を受けて、元乃木坂の生駒里奈はインスタグラムを即座に更新。 「新たなスタートを応援出来るのも、アイドルの素晴らしいところ。 だから、ちゃんと見ていてくださいね」と西野の門出にエールを送っている。 ファンからは「卒業しても応援し続ける! でもやっぱりさびしいな……」「あと3カ月で卒業か。 今日は1日、なぁちゃんがセンターの曲を聴いて過ごそう」などと卒業を惜しむ声が続出している。 一方で、厳しい意見も見られる。 「かわいいけど、乃木坂の看板が外れたら需要ないと思う」 「トークで前に出ることもないし、歌唱力や演技力があるわけでもない。 エースだったけど卒業後はパッとしない、前田敦子の二の舞いになりそう」 「ななみん、生駒ちゃんに続いてエースが消える……乃木坂崩壊の始まり」 「年内で卒業なのに卒業コンサートは来年ってどう考えてもおかしい。 最後まで金目当ての運営」 「一部のファンには衝撃だろうけど、国民の大多数は無関心です」 なかには、「思ったより早かったけど、文春砲の影響なのかな」といった声も。 いずれにしても、西野は来年に卒業コンサートを控えている。 最後の公演では、立派に有終の美を飾ってほしい。 (文=編集部).

次の

乃木坂46、白石に続き生田も卒業か…“この娘たち誰?”状態で早くも正念場か

乃木坂卒業

人気アイドルグループ・の(21)が26日、3月いっぱいでグループから卒業することを公式ブログで発表した。 佐々木は「久しぶりのブログ更新になってしまいすみません。 皆さんにお伝えしたい事がありブログを書いています。 私は3月いっぱいで乃木坂46を卒業します」と報告した。 「私は加入前から乃木坂46が好きでした。 だから初めてオーディションを受けて、運良く合格できました。 当時は中学生だったので、若いうちからアイドル活動の楽しさや厳しさ、芸能の仕事とはどのようなものかを学ぶことができました」とこれまでについて感謝。 一方、「普通の学生生活をしてみたかったな、と思うことが何度もありました。 でも、普通の学生だったら経験できないようなことを経験できたり、お会いできないような方々と話せたりして、今の私の人格があるのだと思うと加入できて良かったなと思います」とこれまでの活動をしみじみ振り返った。 卒業後は「加入前のように乃木坂46をファンとして応援していこうと思います。 私は今、それがすごく楽しみです」。 また今後の芸能活動は「卒業後をどうするかは、これからスタッフさんとお話しして決めていく予定です」とした。 最後に「乃木坂46としていられるのは残り約2ヶ月間です。 これからもよろしくお願いします」と結んだ。 佐々木は1998年8月28日生まれ、埼玉県出身。 13年3月、乃木坂46の2期生オーディションに合格した。 大のアニメ好きで知られ、ラジオ番組では自身の冠コーナーも担当している。 禁無断複写転載 ORICON NEWSの著作権その他の権利は、株式会社oricon ME、オリコンNewS株式会社、またはニュース提供者に帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。 また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。 各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。

次の

乃木坂46の卒業メンバー!一覧!現在は何をしているの?

乃木坂卒業

画/彩賀ゆう (C)まいじつ 『』のに、何と〝卒業白紙撤回〟説が持ち上がっている。 彼女は今年1月にグループからの卒業を発表。 しかし、正式な卒業日(卒業コンサート)は、いまだ発表されていないのだ。 【関連】ほか 「最初、5月に卒業コンサートを行うという話がありました。 一方で、本人は誕生月である8月まで頑張りたいとも言っていました。 しかし、そのどちらもハッキリしていないが今の状況です」(芸能ライター) 3月25日発売のシングル『しあわせの保護色』が、本人参加の最後の曲ということになっているが…。 「新型コロナウイルスの関係で、5月のコンサート開催は難しいという声が圧倒的。 となると8月が有力ということになりますが、感染学の専門家は7月、8月でも新型コロナ問題は続くと言っています。 東京五輪ですら1年延期になったのですから、彼女のような人気者でも安易に卒業コンサートはできないでしょう。 もしくは年度末の来年3月。 いま社会全体が不安定なときですし、白石も状況を見て判断すると思います。 ただ彼女も運営も、利益ゼロの〝コンサートなし〟だけは避けたいところでしょう」(同) 一方で、このままウヤムヤのままならば、いっそのこと「卒業白紙撤回」「在籍継続」という案もアリとの声も…。 「本音では白石は乃木坂を辞めたくない。 かつてが作った29歳の誕生日までというAKBグループ最年長在籍記録を抜きたいと思っている。 すでに『』のは堂々と30歳以上も在籍することを宣言。 小嶋を完全に抜くつもりです。 白石は25歳のとき『卒業を考えています』と公言したために、墓穴を掘って辞める形になった。 本当は柏木と年長勝負をしたいのです」(アイドル雑誌編集者) 卒業コンサートができないなら、留まる理由にもなる。 後進にも目立った存在がいない以上、居直って残ることを咎めるファンも少ないだろう。 「柏木との年長記録対決を見たいファンも一定数いるはずですよ」(同・編集者) こんな状況だけに、白石の〝決断〟を期待したいものだ。

次の