ドライ イースト 保存 方法。 【最安値2.5円/g】ドライイーストの格安購入と長期保存の節約コスパ情報まとめ

【発酵に差が出る!】ドライイーストの正しい使い方&選び方を理解せよ

ドライ イースト 保存 方法

このライフレシピのもくじ 【】• パン作りに必要なドライイーストは大袋で買うと大変オトクです。 食パン等のポピュラーなパン作りに使うことの出来るサフドライイースト500gは業務用スーパー、製パン材料店、ネット通販等で販売しており約1000円で購入できます。 家庭用のレシピでは平均5gのドライイーストを使うことが多いので100回分となります。 著者は1年で使いきりました。 この際小分けして冷凍しながら使ったのでイーストの劣化はなく作ったパンの膨らみも最後まで問題ありませんでした。 ドライイースト大袋を無駄なく使い切る方法をご紹介します。 用意するもの• サフドライイースト 赤 500g• ポリ袋• スケール• ジップロックコンテナ• ジップロック 小 イーストの選び方 イーストの種類 製パン用のイーストは大きく分けて3種類あります。 それぞれの特徴をご紹介しますと以下のようになります。 ドライイースト製品 製造日から2年間が賞味期限で保存が容易です。 基本的に対粉・糖分量0~12%のパンレシピに使用できます。 一般的な小分けされた製品、サフインスタントドライイースト赤・青・金など。 サフインスタントドライイースト金は 対粉・糖分量12%超のパンレシピに使用できます。 生イースト製品 賞味期限が短く、保存に厳格性が求められます。 対粉・糖分量の制限なく使用できます。 自家製酵母 葡萄、林檎等の果物に自然発生している酵母を培養して得られるもので、培養、保管について一定以上のスキルが求められます。 対粉・糖分量の制限は千差万別です。 人工的な操作が加わっていないので糖分量が多いものは向かないと考えられます。 どんなパンにはどんなものが合っているのか パン生地レシピは大きく分けて2種類あります。 ハード系パン生地レシピ 小麦粉、砂糖、塩、イースト、水以外の材料を使わないもの。 例)食パン、クロワッサン、デニッシュ、ブリオッシュ等 ソフト系で糖分対粉・糖分量12%超のパン(デニッシュ、ブリオッシュ等)には サフインスタントドライイースト金や 生イースト製品が適当でしょう。 それ以外のパンであれば サフインスタントドライイースト赤、 サフインスタントドライイースト青等の ドライイースト、 生イースト製品、 自家製酵母で作ることができます。 無添加にこだわってパン作りをする場合は自家製酵母がいいと思います。 「どんなパンにはどんなものが合っているのか」という条件に加えて入手方法、保存方法、使い勝手を総合判断して使用するイーストを選びましょう。 ポピュラーなパンレシピで糖分量12%を超えるのはブリオッシュ、デニッシュ等限られていますので、今回は使用範囲が広く保存が容易なサフインスタントドライイースト赤についてご紹介します。 ドライイースト大袋を無駄なく使い切る方法 STEP1 計量して小分けする 125gづつ4等分します。 STEP2 ポリ袋に入れる 3つはポリ袋に、残り125gは元の袋に残したままにしておきます。 STEP3 まとめて冷凍保存する ポリ袋に入れたものはまとめて冷凍保存します STEP4 元袋はジップロックに入れて冷蔵 この元袋はしっかりしていますので、このまま使用し使いきれば冷凍保存したドライイーストで補充します。 使用の実際 レシピの1例 くるみパン• 強力粉 300g• ドライイースト 5g• 砂糖 25g• 水 220g• バター 35g• 塩 5g• サラダ油 10g• くるみ 90g 小分けにした元袋のドライイーストを小さじで取り出すか、またはスケールの上に置いたホームベーカリーの内釜に直接計量して入れます。 他の材料も入れて一般的なコースで焼きます。 おわりに この製品は製造日から2年間が賞味期限となっています。 酸化による劣化を防ぐため小分け、冷凍保存が適していると思います。 ドライイースト大袋を無駄なく使い切る方法をご紹介しました。 (Photo by 著者).

次の

ベーキングパウダーの賞味期限はどのくらい?開封後の保存方法と賞味期限切れの使い道!

ドライ イースト 保存 方法

白神こだま酵母とイースト 他の酵母 との違いは? 今回は、「 白神こだま酵母」というドライタイプの酵母(英語ではyeast・イースト)についてのブログ記事です。 白神こだま酵母は、手軽に使える製パン用の酵母なのですが、イースト菌と呼ばれる他の酵母との違いや特徴についてまとめてみたいと思います。 パン作りに必要な材料といえば、小麦粉、水、酵母、塩、といったところでしょうか。 バターや牛乳、蜂蜜などの副材料を使ったパンを焼くこともあるのですが、ここ最近はシンプルなパンを焼くことが多くなりました。 こちらのようなレーズンなどのドライフルーツ、胡桃やアーモンドなどのナッツ類を加えて焼くこともあります。 少ない材料でパンを焼く場合、素材の味がダイレクトに味に影響するため、ちょっとだけこだわりを持って材料を選ぶといいかなと思います。 オーガニックがどうこうとかではなく、自分が納得した材料でパンを焼いた方がなんとなく気分いい(!)半ば自己満足の域です・笑。 かつては自家製酵母にはまり、レーズン、ヨーグルト、酒粕、りんごなどの酵母を育ててパンを焼いていました。 が、いつしか管理が億劫になってしまい、ぱたりと辞めてしまいました。 今は、手軽に使用できる白神こだま酵母ドライを愛用しています。 先日の焼き比べの記事で使用したのも、白神こだま酵母ドライでした。 他の酵母との香りの違いは歴然で、風味豊かなふんわりしたパンに焼きあがる点が気に入っています。 個性的な香り(におい)と言えばいいでしょうか。 酵母自体に、つんとしたにおいがありまして、好き嫌いがあるようです。 味噌のような?不思議な香りで、パンの焼き上がりも、ほんのりと酵母の香りがします。 この香りが気になるという方は、次の項目の「白神こだま酵母の使い方」を参考にして焼いてみて下さい。 白神こだま酵母ドライという名前、なんともユニークですよね。 白神山地から発見された酵母だから「白神こだま酵母」なんですね。 白神山地は世界自然遺産に登録されている、青森県から秋田県にかけての山岳地帯です。 この、緑色のパッケージの側面にも「ブナの原生林から生まれた」とあります。 腐葉土の中から発見された野生の酵母で、 乳化剤などを使用していない添加物なしの商品です。 ここが一般に市販されている酵母、いわゆる「イースト菌」と呼ばれている商品との違いです。 「白神こだま酵母ドライ」という名称からも想像がつくと思いますが、乾燥(ドライ)タイプの酵母で管理がしやすいです。 酵母にはいくつか種類がありまして、というものもあります。 イースト臭が少なく焼き上がりが良いようですが、賞味期限が短いうえ、冷蔵保存必須なために敬遠される方もいるようです。 セミドライタイプの酵母というものもありまして、冷凍生地に使用されるようです。 は大容量で売られていることが多いため、一般の家庭でというよりは、お店などで使用されることが多いのだろうと思います。 (天然酵母の中には、予め発酵させてからでないと使用できないものもあります。 こちらは北海道産のキタノカオリです。 国産小麦は外国産の小麦粉に比べ、グルテンの含有量が少ないために膨らみにくいと言われています。 それを補う働きをしてくれるのが、白神こだま酵母の安定した発酵力なのだそう。 そのため、砂糖などの 甘味料を使用せずともほんのりと甘いパンになります。 しっとりした焼き上がりで、日持ちがします。 この点も、一般的なイースト菌との違いなのではないかと思います。 砂糖や牛乳などの副材料を使用せずに焼くパンの場合ですが… 一般的なイースト菌で焼いたパンの場合、翌日にはかたくなってしまう場合もありますが、こだま酵母で焼いたパンの場合はしっとりしたままです。 白神こだま酵母の使い方・保存方法 使い方ですが、白神こだま酵母の説明書きによりますと、35度に温めた水に溶かしてから使いましょう、とあります。 具体的に言いますと、(酵母の量にもよりますが)まず加水用の水から大匙1~2ほどを取り分けて35度に温めます。 そこへ、こだま酵母をまんべんなく振り入れ、3分ほどおいて溶かしてから他の材料と混ぜて使用するということです。 この作業は、小皿や小さめのボウルで行うといいです。 と、あるのですが、面倒くさいときは水に溶かさず、直接混ぜる事もあります・笑。 こちらが、白神こだま酵母を直接粉類の上に振り入れた写真になります。 ご覧の通り、酵母の色は薄茶で、粒子は大きめです。 一度、実験的にこのやり方でパンを焼いてみたところ、問題なく焼けたので、忙しいときや億劫な時は直接混ぜるようになりました。 ただ、ひとつ注意して欲しいのが、この方法で焼いた場合、こだま酵母の香りが強く出ている!?という印象を受けました。 ですので、 こだま酵母のにおいが苦手、くさい!と感じてしまう方にはおすすめできない方法ですし、推奨していない使い方です。 こちらの記事では、白神こだま酵母を溶いた様子を載せています。 白神こだま酵母の保存方法に関しては、店頭で冷蔵コーナーに陳列されている場合もありますので、買ってきたら冷蔵庫に入れておくようにしています。 常温で販売されているところもありますし、そこまで神経質にならなくてもいいのかな、とも思っていたのですが、先日気になる一文を発見してしまいました。 これはこだま酵母のパッケージの裏側なのですが、「 お買い上げ後は冷蔵庫にて保存下さい。 」とあります。 冷蔵庫で保管した方が良さそうですね。 封を切ったら早めに使い切りたいという思いから、の大容量・お得タイプのものよりも、10gずつ小分けにされているものを選んで購入しています。 このように10gずつに小分けされたものが5つ入っています。 開封後は冷凍よりも冷蔵保存をお薦めする、との記載がありました。 ぴっちり密閉し、早めに使い切りましょう。 まとめ パンを作るには、酵母がないと膨らみません。 酵母は、発酵させるために必要な材料です。 野生の酵母を培養した天然酵母タイプでありながら、発酵力が強い白神こだま酵母。 その独特な香りから、好き嫌いが分かれてしまう酵母かもしれませんが、これは個人差なので仕方がないと思います。 同じ香りでも、感じ方は人それぞれですから、無理して使う必要もないと思います。 ただ、使用する前にきちんと温水に溶かしてから使う、という工程を省いていた方はぜひ一度、推奨されている使用方法を守ってパンを焼いてみてほしいと思います。 もしかしたら、今までとは違った風味のパンが焼きあがるかもしれません。 omatsurisan.

次の

【赤・金・青サフ(saf)】ドライイーストの種類と保存方法・HB基本の食パン

ドライ イースト 保存 方法

リンク ドライイースト「サフ saf 」は種類によって用途が異なります さて、最近パンサークルでも、ドライイーストは「サフ」を買う人が増えてきたような。 私がお世話になっているパン教室の先生もサフ使用です。 創業150年以上の歴史を持つ、世界最大のイーストメーカーであるフランスのルサッフル社。 スーパーではカメリアのドライイーストしかおいていない事が多いですが、カルディコーヒーに行けば手に入りますよ。 もちろんアマゾンでもOK。 サフのドライイーストはこのように種類が分かれています。 インスタントドライの赤サフを使っている人が一番多いのではないでしょうか。 糖分が12%までのリーンな生地向け。 食パンやフランスパンなど糖分が少ないシンプルなパンに使われます。 グルテンを強化してくれる ビタミンCが添加されています。 冷水で使うと発酵力が弱まります。 使う時もキャップを外してサラサラと使えるので、非常に便利。 欠点は、 大量ってこと。 でも冷凍庫に保存して、1年じゃ全然へこたれない。 2年たってもちゃんと膨らみました。 (そこの所は自己判断でヨロシク!) 赤サフ 低糖性。 糖分が5%までのリーンな生地向け。 食パンやフランスパンなど糖分が少ないシンプルなパンに使われます。 グルテンを強化してくれる ビタミンCが添加されています。 冷水で使っても大丈夫。 MEMO インスタントドライの場合は、冷凍することによって発酵力が弱まっているので、一度常温に戻してから使います。 セミドライ の場合は、常温に戻さずそのまま使えます。 イースト菌の生存確認方法 長期間保存していると発酵力が弱まり、パンが上手く膨らまない事があります。 小さな泡がぷくぷく出たら、イースト菌はまだ健在。 でも泡が出ない場合は、もう使えませんということになります。 ドライイーストはパン作りになくてはならない存在。 自分が作る種類に合わせてイーストの種類を選ぶと、より美味しいパンが誕生するのかも。

次の